クロス職人の親方ブログ

【壁紙・クロスの選び方】もう迷わない「プロ」が教える基本編

壁紙・クロスの選び方

室内装飾アドバイザー

この記事は”室内装飾アドバイザーが執筆しています。
壁紙選びでお悩みでしたら、最後までお付き合いください。

壁紙を選ばないといけないのに…

「なかなか決められない!」

という方が多くいらっしゃいます。

趣味は人それぞれですが 「どう選べばいいのか基本が知りたい」 という方も多いのではないでしょうか。

そこで、壁紙選びで迷った時に「知っておきたいポイント」「部屋ごとに選ぶ方法」を紹介します。

ちなみに、本題に入る前の前提としてですが、あなたが作りたいお部屋のスタイルを決めて壁紙を選ぶのも大事な作業です。

ですので、「自分好みのスタイルが分からない」という方は下記の診断シュミレーションツールも試してください。

ということで、この記事を読むことで壁紙選びがスムーズに進めば幸いです。

壁紙・クロスの種類を紹介

早速ですが、壁紙には「ビニールクロス」以外にも大まかに下記のような種類があります。

壁紙の種類

壁紙の種類は豊富です。

  • ビニールクロス
  • 織物・布
  • 珪藻土・自然素材
  • 和紙・紙
  • 不燃壁紙・無機質壁紙
  • 吸放湿・通気性

このようにいろんな壁紙がありますが壁紙ごとに費用が違います。

中でも自然素材や布織物などで価格が高い傾向にあり、一般的には工事単価を下げる目的でビニールクロスが主流になっています。

そんなビニールクロスには以下の機能がありますので、チェックしてください。

ビニールクロスの機能

  • 消臭・ルームエアー
  • フィルム汚れ防止・抗菌
  • 耐久性アップ
  • 抗アレルゲン・抗ウィルス
  • マイナスイオン
  • リフォーム推奨

製造メーカーごとに呼び名は違いますが、機能自体は同じような内容になっています。

このように、「ビニールクロスには機能がある」という事を知っておけば、デザインを考える前に「トイレには消臭機能」「寝室にはマイナスイオン」などと選択に幅が生まれます。

ただし、機能が付いた壁紙は一般的に1000番商品と言われるカタログにしかありません。

アパートなどに良く使う安価な量産品では、防カビ機能が付いた物しかありませんので「機能性壁紙を使いたい」と思った時には注意が必要です。

壁紙の材質や機能を詳しくまとめた記事がありますので、詳しく知りたい方は参考にして下さい。

壁紙の種類や機能【豆知識】壁紙の種類や特徴が2分でわかる!クロスの材質や機能を解説します

壁紙のメーカーのカタログ・サンプル・見本帳が見たい場合は参考にして下さい。

壁紙選び:天井と壁の選び方

天井と壁では「壁紙」を変えた方が良いのでしょうか?

参考のために書きますが、私が依頼された物件の約8割は天井と壁を統一しています。

つまり「天井と壁」を分ける必要はないとなります。

好みの問題で「天井と壁を分けたい」という場合には以下のことを頭に入れると良いと思います。

  • 天井を明るくすると天井は高く、お部屋は広く感じられる
  • 天井を暗くすると、落ち着いた空間になる

天井と壁を一緒にした方が良い場合

見切り材(廻り縁)が無い場合は天井と壁を揃えた方が良いと思います。

理由をいうと「天井と壁を統一することで空間を広く見せる事が出来るから」です。

見た目の印象でも、同じ壁紙を使う方がスッキリします。

天井と壁を分けた方が良い場合

天井と壁を分けるときですが、基本的には

  • 天井を高く見せたい
  • 落ち着いた空間にしたい

このような効果を望むなら「天井と壁」は変えた方が良いですね。

「天井と壁」の結論として「自分の好みや見た目を優先して大丈夫」といった感じになります。

といっても、特別な理由が無い限りは「天井と壁の壁紙は分ける必要はない」と私個人的には考えてます。

プライベートな空間で「デザイン」を楽しみたいなら、オリジナルの雰囲気を演出しても良いのではないでしょうか。

「天井と壁」について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ

壁紙を部屋ごとに選ぶ方法

部屋ごとに壁紙を選ぶ場合には「壁紙の機能」を考えて選ぶことが多いのですが「機能は必要ない」という場合は、家具やカーテンの色を考慮すると壁紙は決めやすくなります。

また、床の色やドアなどの配色バランスを見ながら壁紙を選ぶのも一般的です。

一般論ですが「下が濃く、上が明るい空間」が良いとされています。

もう少し分かりやすく言うと「床→壁→天井」という配色です。

といっても、色味のある壁紙は使わず「無地の白い壁紙」で全て統一するケースもあります。

この場合「シンプルで洗練されたイメージ」に仕上がります。

頭の中だけではなかなかイメージできないので、部屋ごとの施工事例を紹介します。

リビングの壁紙・クロスの選び方

リビングには「お洒落な壁紙を使いたい」という方が多いのですが、全体と同じ壁紙でも構いません。

センスや好みは人それぞれですが、人が集まる「リビング」というスペースでは落ち着いた配色が基本です。

リビング壁紙の選び方を詳しく知りたい場合は参考にして下さい。

リビングの壁紙はどう選ぶのか【リビングの壁紙】プロが徹底解説!LDKクロスの選び方「参考20選」

和室の壁紙・クロスの選び方

和室の壁紙も「選ぶのが難しい」という方が多い場所です。

ビニールクロスでは無く「和紙」や「じゅらく」などの壁紙も良く使われます。

詳しく説明した記事がありますので、参考にして下さい。

和室の壁紙【和室の壁紙】実例ありの完全ガイド!プロが教える和室に合うクロスの選び方

トイレの壁紙・クロスの選び方

トイレに使う壁紙は「消臭機能がついた物」が人気ですが「柄のある物」や「色のついた壁紙」でお洒落にしたいという方も多くいます。

施工事例を参考にイメージして下さい。

トイレの壁紙・クロス選び【解決】トイレの壁紙(クロス)プロが教える選び方「参考施工例30選」

洗面所の壁紙・クロスの選び方

洗面所はお風呂が近く「かび」が気になるスペースです。

なので「防かび機能」を考えがちですが、その他にも注意したい壁紙の選び方があります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

洗面所の壁紙【洗面所の壁紙】プロが本音でおすすめするクロスの選び方「これで決まり」

子供部屋の壁紙・クロスの選び方

子供部屋には年齢に応じた可愛い柄や、キャラクターの壁紙、落書きが落とせる壁紙を使う方が多くいます。

子供部屋の壁紙は「自由度の高い」デザインで問題ありませんので、お子さんに任せてもいいのではないでしょうか。

ただし、あまりにも「幼児向けのデザイン」にすると「子供が成長した時に困るかもしれない」と少しだけ考えるべきかも知れません。

関連記事にまとめてますので、子供部屋の壁紙選びで迷ってる方は是非ご覧ください。

【子供部屋にアクセントクロス】成長しても後悔しないための賢い戦略

寝室の壁紙・クロスの選び方

寝室は、一日の疲れを取る場所なので、落ち着いた色にまとめるという方が多いです。

特に「マイナスイオンなどの機能」がついた壁紙の中から落ち着いた色(ベージュ、アイボリー)を選ぶ人が多いです。

寝室で良く使う「壁紙の機能」を紹介します。

  • マイナスイオン機能
  • アレルギーカット機能
  • 通気性機能・消臭機能

柄や色にこだわりが無いのなら「機能重視」で落ち着いた色を選ぶと失敗しません。

寝室の壁紙の選び方を詳しく説明した記事がありますので参考にして下さい。

寝室の壁紙の選び方【寝室の壁紙】現場のプロが解説!ベッドルームに使うクロスの選び方

書斎の壁紙・クロスの選び方

書斎は自分だけの時間を謳歌できる開放感あふれる空間だという方も多いと思います。

とは言っても、書斎の壁紙選びには3つのポイントがあるのはご存知でしょうか?

次の記事では、施工例30選と書斎の壁紙選び3つのポイントについて詳しく解説していますので知りたいという方はぜひご覧ください。

書斎の壁紙選び【事例30選】書斎の壁紙(クロス)3つの選び方「ポイントをプロが解説」

住まい全体の統一感を考える壁紙の選び方

部屋ごとに色んな壁紙を使う事で、機能的で楽しめる住まいになりますが、あまりにも多くの色を使い過ぎるとバラバラで統一感がない空間になります。

沢山の色を使いたい場合、色のトーンを合わせるなどの工夫で統一感を意識しましょう。

壁紙選びの施工事例【おしゃれな壁紙】お部屋が激変!参考にしたいクロスの施工例50選

壁紙・クロスのサンプルを用意する

壁紙のサンプル帳は小さいため、小さな見本だけで全体を想像するのは大変です。

壁紙は貼ってみるとカタログで見たときよりも明るく見えます。

壁紙のサンプルは大きなものを取り寄せる事ができるので、壁紙の候補が見つかったら工事業者に依頼して大きなサンプルを用意して貰いましょう。

届いたサンプルを実際の壁に当てる事で壁全体がイメージしやすくなります。

壁紙を選ぶうえでのコーディネート術を書いた関連記事もありますので参考にしてください。

壁紙のサンプル【個人でもOK?】壁紙のサンプルってどうすれば貰えるの?クロスの生地見本 お部屋をおしゃれにする壁紙選び【壁紙だけでお部屋がおしゃれ】写真を見て真似できる簡単な方法

アクセントクロスで壁紙選びに幅を持たせる

アクセントクロスを使うケースが増えています。

  • 壁の一面にアクセントクロス
  • 天井のデザインを変えるアクセントクロス
  • 「柱」や「出入隅」にアクセントクロス

このような部分的な場所へアクセントクロスをポイント的に使うことで、お部屋の雰囲気が大きく変わります。

アクセントクロスについて知りたい方はご覧ください。

アクセントクロス【アクセントクロス】サルでもわかる7つのポイントをプロが徹底解説!「実例」「選び方」「失敗しない方法」を伝授

建築士やコーディネーターに相談する

壁紙選びが難しい場合は専門家に選んで貰うのも一つの方法です。

一般の人には難しいと思えることでも「デザイナー」や「プランナー」「コーディネーター」は専門家です。

あなたの希望を上手に取り入れ「全体の統一感」を見ながら希望に沿った壁紙を選んでくれます。

テレビCMでおなじみの「知識・スキル・経験」を売り買いできるフリーマーケット「ココナラ」でも1000円~3000円というお手頃な価格で専門家がアドバイスしてくれます。

専門家の登録者数もかなり多いので、自分と相性の良い専門家を見つけて「プロ」におしゃれを依頼する方法もあります。

詳しくは関連記事をどうぞ

壁紙選びはプロに依頼【壁紙選びはプロにまかせる】ココナラの専門家をつかって「おしゃれ」なお部屋

壁紙の色選びで迷わないという考え方

どうしても決められず、壁紙の色で迷ってる方には【迷ったらどうぞ】壁紙の色選びで消耗する必要は無いかもしれない話という記事もありますので参考にしてください。

壁紙選びで消耗しない【迷ったらどうぞ】壁紙の色選びで消耗する必要は無いかもしれない話

壁紙の張替えリフォームで「壁紙選びが必要」と言う方はこちらもどうぞ

壁紙リフォームの選び方で悩む女性【壁紙張り替えの材料】壁紙の選び方だけで仕上がりが変わる?失敗を防ぐ方法

まとめ

壁紙・クロスの選び方を記事にしました。

最後に要点を箇条書きでまとめます。

  • 壁紙の種類を決める
  • 壁紙の機能で選ぶ
  • 部屋ごとに選ぶ場合は統一感を心がける
  • 大きなサンプルを取り寄せる
  • アクセントクロスでお洒落を演出する

上記の説明を読んでも壁紙が選べない場合は、クロスはそのうち張替えると考えれば、少しは気楽に選べるかもしれません。

よろしければ関連記事もどうぞ

書斎の壁紙選び【事例30選】書斎の壁紙(クロス)3つの選び方「ポイントをプロが解説」 ナチュラルな部屋のカーテン選び【ナチュラルインテリア】お部屋のカーテン選びと色のあわせ方 【経験談】人気の壁紙ってどんなクロス?30年のキャリアで語ります お部屋のおしゃれな模様替え【センス抜群】壁紙のコーディネート!おしゃれな実例でポイントを解説 お部屋をおしゃれにする壁紙選び【壁紙だけでお部屋がおしゃれ】写真を見て真似できる簡単な方法 カーテンコーディネートのコツ【カーテンのコーディネート】空間をおしゃれにみせる「6つの方法」 壁紙業者の探し方【壁紙業者の探し方】5分で分かるクロス張り替え業者を選ぶ方法「クロス職人のおすすめ」 壁紙リフォームの選び方で悩む女性【壁紙張り替えの材料】壁紙の選び方だけで仕上がりが変わる?失敗を防ぐ方法 マンションのリフォーム・リノベーション【マンションのリフォーム】プロが厳選!おすすめの会社「リノベーション」