おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【壁紙の張り替え業者】クロスのリフォーム業者を選ぶ方法と予算の比較

クロスの張り替えを考える

親方

クロス職人の親方です。

壁紙の張替えリフォームを検討されてる方に向けた記事です。

壁紙(クロス)は一般的に5年~10年で張り替えます。

「寿命があるなんて知らなかった」という方もいると思いますが、壁紙(クロス)は汚れたり劣化しますので張り替える事を前提に設計されています。

ということで「壁紙を張り替えたい」という方に向けてリフォーム業者の選び方や、リフォーム費用についてお伝えしたいと思います。

具体的には

  • 壁紙(クロス)の張り替え「リフォーム」できる業者の種類
  • 壁紙リフォーム業者の選び方
  • 壁紙リフォーム業者ごとの予算

このあたりについて紹介します。

*壁紙の寿命については関連記事をご覧ください。

壁紙の寿命【壁紙・クロスの寿命】一般的に何年で張り替える?壁紙の耐用年数・壁紙 クロスはどのくらい長持ちするのか
おすすめのリフォーム比較サイト

壁紙(クロス)の張り替え「リフォーム」できる業者の種類

壁紙張替えの業者

実際に「壁紙の貼り替え」のリフォームをする場合、以下の業者のいずれかに工事を依頼します。

  • リフォーム専門業者
  • 工務店
  • インテリア専門(内装屋)工事店
  • クロス工事の職人さん

これ以外にも「住宅メーカー」や「設計事務所」でも壁紙のリフォームはできますが、費用的に高くなりますのでここでは省きます。

大きく分けて4つの業種からリフォームを依頼する会社を選びますが、実際の工事は「クロス職人」さんが手掛けます。

しかし、知り合いでもいない限りクロス職人さんに直接するのは稀です。

理由はと言うと…

  • リフォームの予算決め
  • リフォームの材料(壁紙)選び
  • 工事日程の打合せ

このような細かい打合せに不慣れなクロス職人さんは、お客さんから直接受注することを嫌がる傾向にあります。

ですので、一般的には「仲介業者」と壁紙リフォームの契約します。

このあたりを踏まえつつ詳しく説明したいと思います。

もう一度言いますが「壁紙の張替えリフォーム」ができる工事店は以下の通りです。

  • リフォーム専門業者
  • 工務店
  • インテリア専門(内装屋)工事店
  • クロス工事の職人さん

詳しくひとつずつ見ていきます。

リフォーム専門業者

仕上りの満足度 ★★★★
予算(6畳の壁紙) 50,000円~100,000円
安心度 ★★★★★
総合評価 ★★★★

リフォームに強い専門業者です。

リフォーム専門業者の「メリット」「デメリット」を見ていきます。

リフォーム専門業者に依頼する場合のメリット

  • 専門業者なので工事の流れがスムーズ
  • 豊富な経験があるので壁紙選びのアドバイスが適切
  • 破損するような物への配慮がしっかりしている
  • クレジットカード支払いの対応ができる
  • 腕の良いお抱え職人さんが多数いるため仕上がりが綺麗

壁紙のリフォームなら「リフォーム専門業者」が経験豊富でおすすめです。

壁紙の下地に問題が発生した時も対応が早いです。

また、損害保険へ加入してますので、万が一「家具」などが破損しても安心できます。

リフォーム専門業者に依頼する場合のデメリット

  • 工事単価が高い傾向にある
  • 沢山の顧客を抱えてるので対応が遅れることもある

デメリットはこんな感じです。

リフォーム専門業者を選ぶときの注意点として、あまりにも安いところに依頼すると「雑なクロス屋さん」を手配される可能性もあります。

建築業界では珍しいことではありませんが、各業種の専門職を自社で雇い入れることはありません。

つまり、リフォーム専門業社に依頼してもクロス職人は「外注」というのが一般的だということです。

なので、下請けのクロス屋さんの腕次第で仕上りに差が出ます。

工務店

工務店は「新築」「リフォーム」の取扱いができます。

仕上りの満足度 ★★★★
予算(6畳の壁紙) 50,000円~100,000円
安心度 ★★★★★
総合評価 ★★★★

お住まいの地域にある工務店に壁紙の張り替えリフォームを依頼する場合。

工務店に依頼する場合のメリット

  • 知り合いがいる工務店の場合、要望を伝えやすい
  • 打合せの際に気付かなかった工事個所も指摘してくれる
  • 土日や祝日も工事してくれる場合がある
  • クレジットカード決済ができる

工務店に依頼する場合のデメリット

  • 工務店の下請け業者が工事するため職人の選択肢がない
  • 費用が高い工務店もある
  • 壁紙選びの知識が少ないこともある

工務店でも社員としてクロス職人さんがいるわけではなく「外注」になります。

クロス工事は外注ですが、打合せや施工管理などにたけていますので安心して依頼できると言えます。

ただし、外注先に丸投げで工事中には一切顔を出さない工務店もありますので依頼する際には見極めが必要です。

 インテリア専門(内装)工事店

仕上りの満足度 ★★★★
予算(6畳の壁紙) 35,000円~100,000円
安心度 ★★★★
総合評価 ★★★★

インテリアや内装工事に特化した専門店に依頼する場合。

インテリア専門(内装)工事店に依頼する場合のメリット

  • 壁紙(クロス)工事が専門なので知識が豊富
  • 比較的単価が安価にリフォームできる
  • 仕上がりに満足出来る
  • センスの良い壁紙を提案してもらえる

インテリア専門(内装)工事店に依頼する場合のデメリット

  • クレジットカードによる支払いに対応していないケースがある
  • 壁紙(クロス)以外の工事が発生したときは価格が高くなる

リフォームの内容が壁紙の張替えだけなら「内装工事店」でOKです。

しかし、壁紙の下地を交換する必要がある場合は専門外の工事になるため「割高」になってしまう傾向があります。

壁紙(クロス)の職人さん

仕上りの満足度 ★★★
予算(6畳の壁紙) 35,000円~80,000円
安心度 ★★★
総合評価 ★★★

壁紙の職人さんに直接依頼する場合。

職人さんに依頼する場合のメリット

  • 各形態の中で一番料金が安い
  • 専門職なので知識が豊富
  • 工事する人間と直接話が出来る
  • 休日でも対応してくれる

職人さんに依頼する場合のデメリット

  • 打合せなどを嫌がられる
  • 養生などの作業が雑な場合がある
  • 腕の良い職人さんを探すのが困難

価格を抑えるなら、クロス屋さんに直接依頼するのが1番安いです。

しかし、腕の良い職人さんを見つけるのが難しいという問題もあります。

知り合いにクロス屋さんがいるという場合でも、充実した打合せや壁紙選びのアドバイス、現場管理などを過度に期待するのは難しいかも知れません。

壁紙の張り替えは結局どこに依頼するのが正解なのか?

壁紙の張り替えを依頼するなら結局どこがいいのでしょうか?…。

私は内装工事店を経営しています。

なので、個人のお客様から直接「壁紙の張り替え」のご相談をいただくこともありますし、リフォーム工事店や工務店の下請けの仕事も受注しています。

そんな私が「壁紙の張り替え」を考えてる方にお勧めしたい業者はと言うと…

「内装工事店がおすすめですよ」

このように宣伝したい気持ちは山々ですが…

リフォーム業界には口で言えないような本当に色々な会社がありますので安易にオススメは出来ません。

それでも「おすすめ」をお伝えするなら「相見積でリフォーム業者を探しましょう」となります。

具体的には「相見積もり」を取寄せ「金額」や「人間性」を見て決めるべきだと思います。

「安かろう悪かろう」ではお金の無駄遣いになりますし、人間的に好きになれない人に我が家のリフォームを頼むのも嫌ですよね。

壁紙のリフォームは10年に1度くらいのイベントですので、頻繁に模様替えする訳でもなければ費用も馬鹿になりません。

おすすめのリフォーム比較サイト

親方

少しですが、ここだけの話をしたいと思います。

壁紙の張替えは会社によって考え方が違う

上記したように、私は「リフォーム工事店」や「工務店」経由の仕事も受注してるわけですが、本当に会社によってリフォームに対する考え方は違います。

たとえば…

「下地に問題があるので対応して下さい」

このようにお願いしても、すぐにお客さんと打合せし対応してくれる会社もあれば…

「予算がないからそのままクロスを貼っていいよ」

こんな対応の会社もあります。

自分のお家だったらと考えたら、ちょっと怖くないですか?

下請けである以上は、打合せで決まったことに首は突っ込めませんので言われた通り工事しますが、案の定クレームになるケースも多くあります。

そうなるとお客さんは、実際にクロス工事をした私に不信感を持ちますのでちゃんと補修しても気に入ってくれませんよね。

というか、下地の問題を解消しなければ補修で綺麗になることはありません。

たった1度だけお客さんと「打合せ」してくれればこんなことにはならないのに…

担当者の性格でせっかくのリフォームが台無しになるケースも珍しくありません。

なので、これから壁紙の張り替えをしようと言う方は大いに悩み、ゆっくり確実にリフォーム会社を決めた方が良いと思います。

これらを踏まえ、良いリフォーム会社を正しく見極める方法として…

「相見積もりを取る」の一択です。

壁紙の張り替えするなら必ず相見積もりを取る

全部が悪徳リフォーム会社だと疑ってかかれという訳じゃありませんが、相見積もりを取ってみると価格の違いに驚くこともあると思います。

実際に業者を比較すると「10万円くらい差がある」のはざらです。

金額の話をしましたが、予算が安ければ良いという訳でもありません。

つまり、費用対効果が高いことが大事だと思います。

「うちは他所に比べると少し高いけど仕上り満足度は高い」

このような会社は間違いなく良いリフォーム会社ですよね。

逆に…

「うちはどこにも負けない価格に自信があります」

なんていう会社の裏側は「クレーム担当部署」があるような苦情の絶えない会社かも知れません。

価格を抑えるために「打合せ」の数を減らし、下請け業者の単価を下げれば良い仕事ができる訳ありません。

なので、相見積もりを取寄せたらチェックして欲しいのは「工事単価」と「必要経費」です。

具体的には安すぎても不安ですし、高すぎてもダメとなります。

結論として、最低でも3社から見積りを取寄せると簡単に比較できます。

おすすめのリフォーム比較サイト

壁紙張替え業者を選ぶとき「相見積」は失礼なのか?

新築とリフォームの壁紙施工の違い

壁紙の張り替え業者を探すとき「相見積」をとるのは失礼なのでしょうか?

Yahoo知恵袋にリフォームについての相談がありましたので引用します。

リフォーム業者に
詳細な見積もりを出して貰った後で、値段的にとても予算より高いので、
他社に相見積もりを取ってもらう事は出来ますか?

あまりやりたくないのですが、友達に聞いたら「それは高い!絶対少なくとも2社には相見積もりをとったほうがいい」と言われました。

主人は自分がお金を出すのに「相見積もりを取るぞ!」と言いながらなかなか動かないのでどうしたらいいか困っています(-。-;

こちらとしてももう死ぬまで住む積もりのところなので、キッチンやお風呂はかなり良いものを使いました。
ちらのほうの値引率は高いのですが、その材料と同じ位のリフォーム代がわかると言うのは少し腑に落ちません。
エコカラットや壁紙など、全室リフォームしますがフローリングは変わりません。

4LDK 89平米のマンションです。

だいたいの相場はいくらぐらいなのでしょうか?
それと値切った場合職人さんの質が落ちると言う話を聞きました

引用:Yahoo知恵袋

質問者は1社から見積りを取り「高い」と感じてるようですね。

ご主人さんもまったく動いてないようですが「相見積もり」の必要性を感じているようです。

繰り返しになりますが、リフォームの場合「相見積もり」は必須です。

リフォームすれば自分がお金を払うことになりますので、施工業者はじっくり選ぶ必要があると思います。

「でも相見積もりってリフォーム会社に失礼じゃないの?」

このように考える人も沢山います。

業者から見れば勿論「相見積」は嫌ですが、今の世の中「相見積」をしない人の方が珍しく、私もしょっちゅう相見積もりに参加しています。

話しは少し脱線しますが、家電を購入するときも比較するのは当然ですし「車」の購入でも比較するのは当たり前ですよね。

なんなら「相見積もり歓迎」というリフォーム店もあるくらい一般的です。

壁紙張替えの予算

壁紙張替えの予算

この章では、壁紙リフォームができる各形態ごとの大まかな工事単価を知りたいという方に説明します。

リフォーム専門業者 1000円~2000円/㎡
工務店 1000円~2000円/㎡
インテリア専門工事店 800円~1800円/㎡
壁紙(クロス)職人さん 800円~1500円/㎡

上記の表では「㎡あたりの単価」を書きましたが、平米単価には養生や家具移動などの経費を含まない場合もあります。

さらに…

「一軒家の壁紙リフォーム」

「マンションの壁紙リフォーム」

「アパートの壁紙リフォーム」

このような「住まいによる違い」もあります。

詳しくは関連記事で説明していますので、もっと知りたい方はどうぞご覧ください。

壁紙(クロス)を張り替える前に考えたいこと

壁紙張替えのポイント

壁紙の貼り替えをする場合、業者選びや予算も大事ですが以外と忘れがちな事をお伝えいたします。

予算や経費にも繋がる事ですので前もって覚えておくと工事になった時に慌てません。

住まい全体の壁紙(クロス)を張り替える場合

住まい全体の壁紙を貼り替える場合、ホコリも出ますし普段の生活も覗かれる事になります。

ホコリの舞う中で食事を取ったり、寝るのが耐えられない場合は工事期間の最中はどこか寝泊り出来る場所を探し自宅では生活しないのが良いでしょう。

工事業者も残業して早く終わらせたいと思っていても、人が暮らしている中の工事は気も使いますし、住人の生活の事を考えますので遅くまで作業できません。

壁紙(クロス)の張り替えは人が住んでいると残業をしない為、作業が進まないというケースもあります。

どこか別の場所で生活すると伝える事で作業が進み、業者も助かりますので値引き交渉ができるかもしれません。

一軒家の壁紙リフォーム【一軒家の壁紙リフォーム】張替え予算や成功のポイントが分かる完全ガイド|戸建て・一戸建ての住宅のクロス貼替

部分的に張り替える場合

住まい全体を貼り替えるのではなく、例えばリビングだけの壁紙を張り替える場合を考えます。

部分的なリフォームでも荷物を収納できるスペースが必要になります。

荷物が置いてあるまま工事すると家具が破損したり、動かすために家具を引きずって、床にキズがついてしまったりと予想しない事が起こるかもしれません。

業者側から見ても、家具がなければ床全体を養生できますので、余計な破損もありませんし作業が捗ります。

ですので、家具やTV等の荷物を工事に関係ない他の部屋や空スペースに移動する事を考えておきましょう。

※壁紙リフォームを成功させたいという方は関連記事もぜひご覧ください。

壁紙のリフォームが分かる【完全ガイド】壁紙のリフォームがすべて分かる!プロが教えるクロス貼替

相見積もりを取って予算を確認する

繰り返しですが「壁紙の張り替え」を検討するなら、相見積もりで予算を調べたり信頼できる業者を探すのは必須です。

壁紙のリフォームをしている多くの方が無料で使える「見積り一括サイト」で調査しています。

面倒な勧誘もありませんので、ご自宅の壁紙リフォーム予算を確認してみてはいかがでしょうか。

このあたりがオススメですが、一括見積サイトごとに詳しく説明します

無料で使えるおすすめリフォーム一括見積サイト

リショップナビの詳細
チェックポイント

  • 部分的なリフォームにも対応
  • 大手〜中小規模のリフォーム会社が参加
  • リフォーム会社と直接やり取りが不要
  • リフォーム保証制度あり

公式サイトで調べる

リフォーム比較プロの詳細

チェックポイント

  • 地域密着のリフォーム会社3〜4社の比較ができる
  • 全国の小規模な工務店が多く参加
  • 相見積もりが早い
  • 安価にリフォームしたい人向き

公式サイトで調べる

タウンライフリフォームの詳細
チェックポイント

  • リフォームのアイデアやプランが貰える
  • 「成功するリフォーム7つの法則」が貰える
  • 大手〜中小工務店が登録
  • リフォーム規模にかかわらず良対応

公式サイトで調べる

まとめ

壁紙(クロス)の張替は比較的安価にできるリフォームです。

5年~10年が壁紙の耐用年数だとされていますので、寿命だと思ったならば早めに貼り替える事をおすすめします。

最後にポイントをまとめたいと思います。

  • 壁紙リフォームを依頼する業者の「形態」を決める
  • 壁紙の張替えだけなら内装工事店がおすすめ
  • 壁紙以外のリフォームもあるならリフォーム業者がおすすめ
  • 部分的なクロスの張替えもできる

こんな感じです。

ということで、この記事は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)