おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

プレーンシェードの特徴|メリット・デメリットも

プレーンシェード

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーがプレーンシェードの特徴と「メリット・デメリット」について解説します。

窓をフラットにすっきりと演出する「プレーンシェード」

プレーンシェードとカーテンの組み合わせだったり、ブラインドとコーディネートするなど色々なスタイリングが楽しめます。

この記事では、プレーンシェードの特徴とメリット・デメリットについてお伝えします。

シャープシェードシャープシェードの特徴と取り付け方法|メリット・デメリットも

プレーンシェードの特徴

プレーンシェードは、操作コードによって布を上下に昇降させる窓装飾です。

布を降ろせば絵画のようにフラットになり、布をたたみ上げると窓がすっきりみえます。

カーテンが左右に開くのに対して、プレーンシェードは上下に開け閉めするので、高い位置からの目隠しや光を遮るのに向いています。

また、シェードは大きな窓でも2台や3台と分割せずに、1台で製作することができるのも特徴のひとつです。

シェードはカーテンと同じ素材で製作できる

さらにシェードはカーテンと同じ生地で作れるので、ファブリックの質感を楽しめることや、スタイルは違っても色や柄を統一した窓の演出ができます。

プレーンシェードには、1枚の布で作るシングルタイプと2枚の布で作るダブルタイプがあり、それぞれ1台で操作ができる仕組みです。

操作方法もコード式ドラム式の2種類がありますが、コード式は比較的小さいサイズの窓に向いており、ドラム式は小さい窓から大きい窓にも適しています。

  • コード式 → 価格が安い・紐を上げ下げする
  • ドラム式 → コード式に比べて価格が高め・操作が軽く大きい窓にも向いている

取付けの前に注意したい点は、布を全開した時のたたみ代(生地のたまり)が約15~25cm前後になるため、窓枠の上にシェードの布がかぶり開口部が狭くなってしまうことです。

布がかぶらないように窓の開口部を大きくとるためには、窓枠の上方向20cm前後あたりにシェードを取付ける必要があります。

とはいえ、壁に下地が入っていないと取り付けることができないので、下地の位置をしっかりと確認しておくことが大切です。

また「高さの低い掃き出し窓や腰高窓」にプレーンシェードを設置する際は、布をたたみ上げた時に、どれ位の目線になるかチェックしておくのも良いでしょう。

プレーンシェードその①・ドレープ生地(厚地)

プレーンシェードのシングルダブル、3つのパターンをご紹介します。

プレーンシェード

厚地のドレープ1枚で製作する「プレーンシェード・シングルタイプ」

レース生地が必要ない場所におすすめです。

プレーンシェード 裏面

こちらはシェードを裏側から見た時のイメージ。

裏面は生地をたたみ上げるためのリングテープと昇降コードがついています。

プレーンシェードその②・レース生地

プレーンシェード レース生地

レース生地1枚で製作する「プレーンシェード・シングルタイプ」

ドレープ生地が必要ない場所におすすめです。

プレーンシェードその③・ダブルタイプ

プレーンシェード ダブルタイプ

1枚台にドレープとレースを組み合わせた「プレーンシェード・ダブルタイプ」

2つの機能が必要な場所におすすめです。

レース生地とドレープ生地は、前後どちらに配置するか選べるのも魅力です。

このように、窓の環境やお部屋の目的にあわせてスタイルを選ぶことができます。

ではプレーンシェードのメリットとデメリットをみてみましょう。

連窓【知らなきゃ損!】連窓プレーンシェードを安く抑える選び方

プレーンシェードのメリット

プレーンシェードのメリットには、次のようなものがあります。

  • カーテンと同じ生地を使ってコーディネートができる
  • 窓周りがすっきりとした印象
  • 高さが自由に調整できるので好きな位置で目隠しができる
  • ファブリック本来の素材感と柄そのものが楽しめる
  • 生地を取り外してお洗濯ができる
  • モダンでおしゃれな印象
  • 大きい窓でも1台で製作が可能

一つずつ解説しますね。

カーテンと同じ生地を使ってコーディネートができる

シェードはカーテンと同じ色だったり、違う色、または柄を揃えたコーディネートが楽しめます。

大きい窓には「カーテン」、小さい窓には「プレーンシェード」というように、同じ空間でもスタイルを変えることで窓の印象が変わります。

窓周りがすっきりとした印象

ファブリックパネルのように、フラットに仕上がるので窓がすっきりとみえます。

高さが自由に調整できるので好きな位置で目隠しができる

上下に昇降するので、自分の好きな高さで布を止めることができます。

たとえば高い建物からの視線を防いだり、直射日光を遮ることも可能です。

ファブリック本来の素材感と柄そのものが楽しめる

大きな柄やお気に入りのデザインがそのまま活かされるので、絵画を飾っているような演出が楽しめたり、カーテン生地の柔らかな質感を感じられます。

生地を取り外してお洗濯ができる

シェードは、生地を取りはずして自宅でもお洗濯ができます。(※一部できない商品があります)

※生地の取り外し方については、こちらを参考にして下さい。

プレーンシェード 生地交換プレーンシェード|生地の取り外しと取りつけ方の手順を解説します

シンプルでおしゃれな印象

プレーンシェードは平面でシンプルな形ですが、布をたたみ上げた時のヒダの美しさはとてもスタイリッシュです。

どんな空間にも合わせやすくて窓がワンランクお洒落にみえます。

温かみのあるナチュラルな空間から、モード系のスタイリッシュな空間まで様々なシーンにぴったりのアイテムです。

大きな窓でも1台で製作が可能

大きな窓でも1台で製作できるのが、プレーンシェードの特徴ともいえます。

プレーンシェードのデメリット

プレーンシェードのデメリットには、次のようなものがあります。

  • 出入りの多い窓は上げ下げが面倒
  • 風にあおられると裾のバー(重り)が窓枠にあたり音がする
  • 布をたたみ上げる際、両端がごわつく場合がある(形状記憶も可能)
  • 窓枠に取り付けると窓の開口部が狭くなる

一つずつ解説しますね。

出入りの多い窓は上げ下げが面倒

プレーンシェードは上下に開閉するアイテムなので、シェードを開けっ放しにできる場所なら特に問題はありませんが、頻繁に出入りする大きな窓(掃き出し窓)にはあまり向いていないです。

風にあおられると裾のバー(ウェイト)が窓枠にあたり音がする

小窓や腰高窓の場合、窓を開けて空気の入れ替えをすることがあります。

その際に、シェードが風にあおられて裾の重りが窓枠にあたると、カツンと音がするため耳障りになる可能性があります。

布をたたみ上げる際、両端がごわつく場合がある(形状記憶も可能)

シェードを降ろしたときは真っ直ぐな布ですが、たたみ上げる際には布の両端がシャクシャになる場合があります。

とはいえ、これは素材や生地の厚さにより影響するためで、全ての生地がそうなるわけではありません。

画像でみるとこんなイメージです。

プレーンシェードの形状記憶加工
出典:リリカラ

左側は一般的なプレーンシェード。右側は「形状記憶加工」のプレーンシェードです。

このように形状記憶加工をすると、シワになりにくくてヒダの張りを美しく保つことができます。

一般的な加工でも、素材によって仕上がりが異なるため綺麗にたたまれる商品もあります。

きっちり感を楽しむなら「形状記憶加工」自然な風合いを楽しむなら「スタンダード加工」がお勧めです。

窓枠に取り付けると窓の開口部が狭くなる

特徴で述べた通り、プレーンシェードは布を全開すると、窓の上方向に生地のたまり(たたみ代)ができます。

なので、窓の高さや取付ける位置にも配慮しましょう。

シェードの取り付け方法シェードの取り付け方法

プレーンシェードは高い?

一般的にカーテンに比べると、シェードの方がお値段が高くなります。

とはいえ、カーテンの場合はレールも購入する必要がありますが、シェードはカーテンレールを準備する必要がないので価格が変わらないケースもあります。

まとめ

このように、プレーンシェードはファブリックの特性を活かして、窓をおしゃれに演出することができます。

スマートでナチュラルな持ち味があり、カーテン以外のアイテムとも相性が良いです。

どんな商品にもそれぞれメリットやデメリットがありますが、窓の大きさや配置、使い勝手を考慮して選ぶと、ライフスタイルに合った快適な商品選びができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)