クロス職人の親方ブログ

【シェードカーテンの取付け】たたみ代(たまり)が窓にかからない方法【正面付け】

シェードカーテンのたたみ代

カーテンの専門家

カーテン業界歴15年。窓装飾プランナーのマドカです。

シェードカーテンの「取り付け位置」にお悩みではありませんか。

新築やお部屋の模様替えで、シェードカーテン(ローマンシェード)を検討されていらっしゃる方も多いと思います。

シェードカーテンの魅力は、何といっても好きなカーテン生地で作れることですよね。

お気に入りの生地が見つかれば、カーテンとお揃いでコーディネートが楽しめます。

またフラットですっきりしているのに、布を上げるとヒダが折りたたまれるところも特徴的です。

そんなシェードカーテンには、取り付けの際に確認すべき点がありますので、この記事でご紹介します。

これから購入される方は、ぜひ参考にしてください。

【シェードカーテンの購入】で確認すべきこと!

繰り返しですが、シェードカーテンを購入する前には、事前に確認していただきたい注意点があります。

それは、窓の上部に生地のたまりができるということです。

この生地溜まりをたたみ代(たたみしろ)といいますが、これが窓の開口部に大きく影響してしまいます。

つまりシェードを全開したときでも、約15cm~20cm前後のたたみ代が下がってくるので、そのぶん窓の面積は小さくなります

ですから、シェードカーテンを「カーテンボックス内」や、窓枠の内側に設置する「天井付け」の場合にはとくに注意が必要になりますね。

一方、窓枠の外側に設置する「正面付け」の場合は、取り付け方をちょっと工夫すれば窓の面積を広くつかえるので、その取り付け方をご紹介します。

ちなみに、シェードカーテンのたたみ代の大きさは「シェード本体の高さ」によって少しずつ変わりますので、約15cm~20cmというのは目安としてお考えください。

窓装飾プランナー

シェードカーテンを購入する際には、念のためお店の人にたたみ代が何cmくらいになるのかを確認しておくといいですね。

【シェードカーテンの取付け】たたみ代(たまり)が窓にかからない方法

この取り付け方は、シェードカーテン(ローマンシェード)の「正面付け」に該当する方法です。

ローマンシェードのたたみ代出典:ニチベイ

こちらは、正面付シェードカーテンの理想的な取り付けです。

画像のように、ローマンシェードを生地のたまり分(たたみ代の大きさ)だけ窓枠より上に取付けることで、シェードを全開しても生地が窓に被らないので、窓ガラスを最大限に開口することができます。

正面からみた感じもすっきりとしていますよね。

このような正面付けの場合は、

「窓枠(木枠)に取り付ける」

「壁に取り付ける」

この2つの方法がありますが、シェードを壁に取りつけるときは、ネジがきく下地場所の確認も重要です

ローマンシェードのたたみ代が窓にかからない取り付け方

また、取付金具の「奥行き調整ブラケット」や「ブラケットスペーサー」を利用すれば、シェードが窓枠にあたらないよう調整することができますので、窓枠に出幅や厚みがあっても取り付けられます。

この奥行き調整ブラケットは、ローマンシェードを注文する際に無料で選べますが、ブラケットスペーサーは主に有料(1個あたり200円前後)のオプションになっています。

たたみ代を含むシェードカーテンの採寸方法

シェードのたまり(たたみ代)を含む「正面付けの採寸方法」については、こちらを参考にしてください。

ローマンシェードの採寸方法

  • 横幅 → 窓枠の外側実寸法以上。
  • 高さ → 窓枠の外側実寸法にたたみ代分をプラスしてください。

壁にはピンポイントの位置に、ネジがきく木下地(部材)が入っていますので「シェードを正面付け」にする際は、その下地部分を探す必要があります。

シェードのたたみ代の大きさが、ちょうど窓にかからないくらいの高さに下地があると良いのですが、建物の構造がそれぞれ違いますので難しいかもしれません。

ただ、窓の使い勝手にあわせてバランスの良い取り付け高を選ぶことが、シェードの正面付けのポイントになると思います。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、シェードカーテン(ローマンシェード)のたまり(たたみ代)について、注意点と取付け方をお伝えしました。

シェードを設置したあとに、窓ガラスの面積が小さくなって後悔しないように、購入前にはぜひチェックしてくださいね。

こちらの記事もお役立てください。

プレーンシェード【プレーンシェードの特徴】メリット・デメリットも解説します プレーンシェード 生地交換【プレーンシェード】生地の取り外しと取りつけ方の手順

おすすめのカーテン屋