クロス職人の親方ブログ

【プレーンシェード】生地の取り外しと取りつけ方の手順

プレーンシェード 生地交換

シェードは、カーテンと同じように自宅でのお洗濯ができます。

とはいっても「生地の外し方が分からない」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、プレーンシェードの「生地の取り外し方」と「生地の取り付け方」について、簡単な手順をご紹介します。

プレーンシェード【プレーンシェードの特徴】メリット・デメリットも解説します

プレーンシェード・生地の取り外し方

プレーンシェードの生地をはずす手順は、このような流れです。

  • シェードは降ろした状態にする
  • 裾のウェイトバー(おもり)を外す
  • コードアジャスターをリングから外す
  • 昇降コードをリングテープから外す
  • ヘッドレールから生地を取り外す
  • コードが絡まないように軽く結ぶ

では順番にみていきましょう。

手順①:シェードは降ろした状態にする

プレーンシェード

まず最初に、シェードの生地は降ろした状態にします。

手順②:裾のウェイトバー(おもり)を外す

プレーンシェード 生地の外し方1

シェードの裾に入っているウェイトバー(おもり)を取り外します。

シェードの操作コードが付いている側に「開口部」があるので、そこからスーッと引き出します。

ウェイトバーは長いため、抜き出す際にはご注意ください。

手順③:裾のコードアジャスターをリングから外す

プレーンシェード 生地の外し方2

裾のコードアジャスターという部品をリングから外します。

フック式になっているので、簡単に取り外すことができます。

※シェードの種類によっては、巻きついた紐をほどく必要があります。

手順④:昇降コードをリングテープから外す

プレーンシェード 生地の外し方3

昇降コードを生地裏面のリングテープから抜いていきます。

リングの形状がコードを真横から差し込める形になっているので簡単に外せます。
(リングはアルファベットのCの形に似ています)

※この時リングの位置にペンで目印を付けておくと、生地をセットする際に元の位置が分かりやすいです。

手順⑤:ヘッドレールから生地を取り外す

プレーンシェード 生地の外し方4

コードを全部はずしたら、次にヘッドレールから生地を取り外します。

マジックテープになっているので着脱は簡単ですが、優しくゆっくりと剥がしましょう。

手順⑥:コードが絡まないように軽く結ぶ

プレーンシェード 生地の外し方5

生地を取り外したら、昇降コードが絡まないように軽く結びまとめておきます。

これで取り外しは完了です。

プレーンシェード・生地の取り付け方

次に、プレーンシェードの取り付け方の手順です。

外した時と、ほぼ逆の流れになります。

  • 結んだ昇降コードをほどく
  • 生地をヘッドレールに取り付ける
  • リングテープと昇降コードの位置を合わせる
  • コードアジャスターをリングにセットする
  • 昇降コードをリングテープに通す
  • ウェイトバーを差し込んで完了

手順①:結んだ昇降コードをほどく

プレーンシェード 生地の取付け方

結んでいた昇降コードをほどきます。

手順②:生地をヘッドレールに取り付ける

プレーンシェード 生地の取付け方

生地をヘッドレールに取り付けていきます。(マジックテープに貼り合わせる)

手順③:リングテープと昇降コードの位置を合わせる

プレーンシェード 生地の取付け方

このとき、生地裏面のリングテープの位置と昇降コードの位置を合わせるように取り付けましょう。

取りはずす際に目印をつけたところに合わせます。

手順④:コードアジャスターをリングテープにセットする

プレーンシェード 生地の取付け方

裾のリングテープに、コードアジャスターをひっかけてセットします。

手順⑤:昇降コードをリングテープに通す

プレーンシェード 生地の取付け方

昇降コードをリングテープに順番に通していきます。

コードはリングの横から差し込めるようになっています。(Cの形です)

手順⑥:ウェイトバーを差し込んで完了

プレーンシェード 生地の取付け方

最後に、ウェイトバーを裾の開口部から差し込めば完了です。

連窓【知らなきゃ損!】連窓のプレーンシェードを安く抑える選び方

まとめ

普通のカーテンにくらべると、シェードの場合は「ボトムレールやコードの取り外し等」がちょっと面倒かもしれませんが、このように生地を外せばお洗濯で清潔さを保てます。

またシェードの柄に飽きたとしても、生地だけを新しく注文することも可能なので、本体をまるごと買い替える必要がありません。
(※注.数年ごとに本体の仕様が変わるため、生地だけの交換ができない可能性もあります)

お洗濯の際には必ず洗濯表示のラベルを確認してから、洗濯用ネットに入れて洗うようにしましょう。