クロス職人の親方ブログ

【知らなきゃ損!】連窓のプレーンシェードを安く抑える選び方

連窓

カーテンの専門家

カーテン業界歴15年。窓装飾プランナーのマドカです。

二連や三連窓のシェードを節約したい方におすすめの記事です。

戸建てや新築の窓によくみかける、横並びの「連窓」。

連窓は室内にたくさんの光を採り込み、お部屋全体が明るい雰囲気になりますよね。

今回は、連窓にプレーンシェードをご検討中の方に、価格を安く抑えるお得な情報をお届けします。

プレーンシェード【プレーンシェードの特徴】メリット・デメリットも解説します

連窓ってどんな窓?

三連窓 スリット

「連窓」は、2つ以上の窓が横ならびに繫がっている形態です。

掃き出し窓だったり、腰高窓や縦長のスリット窓にも多くみられます。

では連窓にプレーンシェードを設置する場合、価格を安くおさえるにはどのような方法があるのでしょうか。

連窓のプレーンシェードの費用を安く抑えるには?

電卓

一番安く抑えられるのは、「プレーンシェードを1台で製作する」方法です。

つまりシェードを2台や3台に分割するよりも、1台で作るほうが価格も割安なんです。

そのため、連窓を「全体で1つの窓」と考えるなら、窓の数だけシェードを購入するより1台で製作したほうがお得ですよね。

連窓に1台のシェードはデメリットもある?

とはいえシェードを1台で購入した場合、連窓を個別に開閉するときは、ひとつの窓を開けるたびに毎回シェードを上げたり下げたりしなくてはいけませんので、空気の入替えが面倒だったり、部分的な目隠しができなくなってしまいます。

こんな時は、プレーンシェードを窓の大きさに合わせて1台ずつに分割するか、あるいは2台に分けるほうが使いやすいですが、台数が多くなると1台で製作するより割高になってしまうのが悩みどころです。

1台でお得な【連窓プレーンシェード】

そこで便利なのが、1台のメカで幕体を4枚まで独立して昇降できる「連窓プレーンシェード」です。

1台といっても、先にお伝えした布を1枚で仕上げる大きなシェードとは違い、1台のメカに2~4枚の布が連なっている状態のプレーンシェードになります。

これはそれぞれの窓の大きさに合わせて布を割り付ける方法なので、シェードを1台ずつ分割して購入するよりもかなりお得なんです。

では、イメージを見てみましょう。

連窓プレーンシェード(3連窓)

連窓 プレーンシェード

こちらは、シェードを3枚に分割した連窓プレーンシェード

窓ガラスが3枚並んでいるので、その大きさに合わせて布を3枚に分けていますが、プレーンシェード本体は1台のメカ(昇降器具)になっています。

連窓プレーンシェード(4連窓)

連窓 プレーンシェード

こちらは、シェードを4枚に分割した連窓プレーンシェード

窓ガラスが4枚並んでいるので、その大きさに合わせて布を4枚に分けていますが、本体は1台のメカになります。

このように「連窓プレーンシェード」なら分割して操作ができますので、窓の一部だけシェードを開けてみたり、視線のコントロールも自在です。

1台ずつ買うよりも、使い勝手がよくてお財布に優しいというわけですね。

「連窓プレーンシェード」は何cmまで作れるの?

この連窓プレーンシェードは、オーダー商品になります。

横幅は270cmまでの対応プレーンシェード4枚まで分割することができますから、一般住宅の窓でもある程度の大きさまでは作れるでしょう。

但し、昇降機能の構造上、コード式限定の製作となっています。

※コード式についてはこちらの記事をご覧ください。
ローマンシェード【ローマンシェード徹底解説】全6種類の使い方やメンテナンスの完全ガイド

  • 連窓の横幅は270cmまで対応
  • シェードは1台で4枚まで分割できる
  • 操作方法はコード式のみ

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

「連窓プレーンシェード」いかがでしたか。

最後にもう一度だけまとめます。

  • 横並びの窓には連窓プレーンシェードがお勧め
  • 1台のメカにシェード4枚まで対応できる
  • 連窓プレーンシェードは巾270cmまで製作が可能
  • 操作方法は「コード式」限定

サッシの大きさに合わせるのなら、シェードを1台ずつ購入するよりも断然お得な方法ですので、費用をできるだけ抑えたい方はぜひ参考にしてください。

つっぱり棒に通せるシェード【小窓のシェード】賃貸でもOK!つっぱり棒でおしゃれに簡単取付 プレーンシェード 生地交換【プレーンシェード】生地の取り外しと取りつけ方の手順 ローマンシェード【ローマンシェード徹底解説】全6種類の使い方やメンテナンスの完全ガイド シェードカーテンのたたみ代【シェードカーテンの取付け】たたみ代(たまり)が窓にかからない方法【正面付け】