おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【ローマンシェード徹底解説】全6種類の使い方やメンテナンスの完全ガイド

ローマンシェード

窓装飾プランナー

今回は、窓に色んな表情を与えてくれるローマンシェードについて解説します

ローマンシェードというカーテンスタイルをご存知ですか?

「名前は知ってるけどどんな種類かさっぱり…」という方も多いと思います。

この記事では、窓をおしゃれに演出するローマンシェードについて詳しくお伝えします。

ローマンシェードって?

ローマンシェードは、1枚に仕立てた布を昇降器具に取りつけ、「ひも」や「チェーン」で操作する窓装飾エレメントです。

カーテンが左右に開くのに対し、上下に開閉するスタイルになります。

「プレーンシェード」や「バルーンシェード」など、違う形の種類があり、これら全てを総称してローマンシェードと呼びます。

ローマンシェードの役割

ローマンシェード

ローマンシェードは上下に昇降するため、「日差しの調整」や「高い建物からの視線を遮る」という使い方に向いています。

といっても、大きい窓(掃き出し窓)に使用する際は、出入りのたびに「上げ下げ」しなくてはいけないので、できるだけ「開閉の少ない窓」や「腰高窓」におすすめです。

ローマンシェードは、主にカーテンと同じ素材で作られるので、使う生地によって、遮光遮熱などの機能をもたせることができます。

遮光にしたい場合は、はじめから遮光付きの生地を選ぶ方法と、好きな生地に遮光裏地をつけるという方法も。

ダブルタイプなら、「窓側に遮光生地」「部屋側にレースや透け感のある生地」にすると、遮光性と装飾性を両立することができますし「レースだけの組み合わせ」や「厚地だけの組み合わせ」など、機能性という点でもさまざまな使い方があります。

素材も自由に選べるのがローマンシェードの魅力です。

ローマンシェードの種類と特徴

ローマンシェードには、大きく分けて次の6つの形と、それぞれ特徴があります。

  • プレーンシェード
  • シャープシェード
  • バルーンシェード
  • オーストリアンシェード
  • ムースシェード
  • ピーコックシェード

では順番にみていきましょう。

プレーンシェード

プレーンシェード

最もシンプルなスタイルです

プレーンシェードは、布を降ろしたときはフラットな状態で、布を上げると柔らかくたたみ上がるのが特徴です。

窓の大きさを問わず設置することができます。

また無地から柄ものまで、対応できる生地の種類が豊富なのも魅力のひとつ。

カーテンやスクリーン等、他のアイテムにも合わせやすく、どんなテイストのお部屋にもコーディネートが楽しめます。

シャープシェード

シャープシェード シングル

和のテイストにも合うスタイルです

シャープシェードは、等間隔に入れたシェーパーバー(細長い横棒)が特徴のスタイルです。

シェードを降ろした時は平面でフラットな状態ですが、シェードを上げると規則的にたたみ上がります。

直線的なラインがきっちりとした印象を与え、プレーンシェードに比べると、よりスタイリッシュな仕上がりです。

バーの入れ方には「表面にテープを付ける方法」や「生地をつまんで表側にラインをつくる方法」などがあります。

シャープな横のラインが強調されるため、洋室だけでなく和室のテイストにもぴったりで、障子代わりに使われることも。

薄地の場合はバーの形が透けてみえやすく、厚地や裏地をつけたシャープシェードはバーが透けにくくなります

バルーンシェード

バルーンシェード

エレガントなスタイルです

バルーンシェードは、生地を降ろした状態では、通常のレースカーテンのように真っ直ぐストレートな仕上がりですが、生地を上げるとバルーン(風船)のようにボトムが丸く変形しながらたたみ上がります。

ヒダをたっぷり取った柔らかさが特徴で、生地はウェーブの出やすいシアーや薄手のドレープが多く使われます。

トップ部分は、「ギャザーヒダ」「3ッ山ヒダ」「ボックスヒダ」などがあり、好みに応じて選ぶことができる商品もあります。

また、バルーンの裾部分は「フリル付き」と「フリル無し」が選べるので、お部屋の雰囲気に合わせられるのも魅力。

フリル付きなら華やかでエレガントに、フリル無しなら甘くなり過ぎずナチュラルな印象に仕上がります。

オーストリアンシェード

オーストリアンシェード

ゴージャスなスタイルです

オーストリアンシェードは、全体の細かいウェーブが特徴で、生地を降ろしたままの状態で窓を飾るのが一般的です。

たっぷりのヒダでボリュームがあるので、豪華な窓辺をするなら、まさにぴったりの窓装飾だといえます。

全体に使用する生地量が多いため、ドレープラインが美しくみえるよう、素材としては軽くて柔らかな「ボイル」や「オーガンジー」が使われます。

伝統的な優美さと気品に満ちたデザインで大きな窓を飾り、華やかな空間を演出するのに適したスタイルです。

高貴な場所やホテル、ホールなどでも広く利用されています。

ムースシェード

ムースシェード

リズミカルなスタイルです

ムースシェードは、裾の中央を、1本のコードで引き上げるスタイルです。

柔らかな素材のもつドレープ性を活かし、主に装飾目的で使われる優雅で繊細なフォルムになっています。

連続した小窓につかうと、窓に表情が生まれ、リズミカルな窓辺が演出できます。

横長の窓よりも、特徴的なボトムの形を活かせる「縦長の窓」に向いています。

ピーコックシェード

ピーコックシェード

華やかなスタイルです

ピーコックシェードは、降ろした状態はフラットに、たたみ上げるとボトム部分が扇状(半円形)になる個性的なスタイルです。

その形が孔雀が羽を広げたように似ているところから、ピーコック(クジャクの意)と呼ばれています。

生地は「無地や柄もの」が主流ですが、ストライプ柄を使用すると、個性的な視覚効果が得られるという楽しい面も。

機能性よりも装飾性を重視したスタイルで、巾と丈の比率により縦長の窓に多く使われています。

「シングル」と「ダブル」がある

ここまでは、ローマンシェードの代表的な6つのスタイルをご紹介しました。

この中でもプレーンシェードシャープシェードについては、次の2通りの使い方があります。

1枚仕立てのシングルシェード

プレーンシェード

シングルシェードは、1台の昇降器具に「1枚のシェードを吊す」スタイルです。

2枚仕立てのダブルシェード

ダブルシェード

一方ダブルシェードは、1台の昇降器具で「2枚のシェードを前後に吊す」スタイルになります。
(※ツインシェードとも呼ばれます)

ダブルシェードには、次の4つのパターンがあります。

  • (前幕)プレーン+(後幕)プレーン
  • (前幕)シャープ+(後幕)シャープ
  • (前幕)プレーン+(後幕)シャープ
  • (前幕)シャープ+(後幕)プレーン

このように、前後の種類を変えることもできるので、空間のイメージや好みに合わせてオリジナルが作れます。

さらに「レースを手前」にしたり「厚地を手前」にしたりと、配置が選べるのも最大の魅力です。

無地と柄のコーディネートや、素材の組み合わせが自由に楽しめるので、窓辺に色んな表情を与えてくれます。

ローマンシェードの操作方法

では、ローマンシェードの操作には、どのような方法があるのでしょうか?

主に次の4つの方式があります。

  • コード式(ひも)
  • ドラム式(チェーン又はコード)
  • ハンドル式(手動)
  • 電動式(スイッチ又はリモコン)

これらの操作方法は「窓の大きさや使い勝手」「取付け位置」などに合わせて、選べるようになっています。

ドラム式の場合は、「チェーン」や「ループコード」という方法もあり、商品の用途に応じて選ぶことが可能です。

順番にみていきましょう。

コード式

小窓や軽い素材に適した操作方法です

ヘッドレールに通した昇降コードを直接操作して、ストッパーで停止させる方式です。

昇降コードを直接引っ張るので、大きな窓や重い素材の場合は、操作が重く感じられるかもしれません。

「ダブルシェード」でコード式を選択する際には、前後2枚のシェードを2本のコードで別々に操作します。

その場合、片側で2枚のシェードを操作する「片側操作」と、両側で2枚それぞれのコードを振り分ける「両側操作」があります。

ドラム式(シングルタイプ)

操作が軽く大きな窓に適した方法です

ヘッドレールに内蔵されたドラムで昇降コードを巻き取り、クラッチ(ストッパー)で停止させる方式です。

チェーンやループコードを引いて操作します。

コード式に比べると軽い力でスムーズに操作できるので、大きな窓や重量のある布を使用する場合に向いています。

ドラム式(ダブルタイプ)

小窓や軽い素材に適した操作方法です

前後2枚のシェードを、1本のチェーンで操作するワンチェーン式が一般的です。

手前のシェードは手前側のチェーン、奥のシェードは奥側のチェーンで操作します。

チェーンを引くと引いた分だけシェードが上昇し、止めたい位置で手を離すと停止するので、2枚の操作もカンタンです。

再度チェーンを2cmほど引くとストッパーが解除されて、スピードコントローラーにより適度な速度で自動下降します。

途中で止めたい場合は、再度チェーンを2cmほど引きます。

※前後のシェードを2本のシェードで操作する「ツーチェーン式」もあります。

ハンドル式

天窓や傾斜窓に適した方法です

ハンドルを手で回してシェードを昇降させる方式です。

「天窓」や「傾斜窓」につかわれることが多い操作方法です。

電動式

高窓に適した方法です

ヘッドレールに内蔵されたモーターの力で、ドラムを回転させて昇降を行なう方式です。

「スイッチ」や「リモコン」で操作するので、大型窓に取り付ける場合や重量のあるシェード、また手の届かない高窓に向いています。

さらに、複数のシェードを一斉に、または単独で操作するなど必要に応じた開閉も可能。

コンセントに差し込むだけで、使用可能な製品もあります。

ローマンシェードのメンテナンス

ローマンシェード メンテナンス

日常的なお手入れ方法としては、「ハンディモップ」や「布」などでシェードの汚れを取り除きます。

多くのローマンシェードは、カーテンと同じ素材でできているので、生地を取りはずして自宅でのお洗濯も可能です。

その際には、シェードに付いている取扱い絵表示に従って洗濯を行ないますが、生地の種類によって洗えないものもあるため、きちんと確認するようにしましょう。

取り外し方の一般的な手順をみていきます。

シェードの取り外し方

ご紹介したように、ローマンシェードには色々な種類があるので、製品や寸法によって「コードの通し方」や「付属部品」が異なります。

それぞれの取扱い説明書に従って、シェードを取り外しましょう。

ここでは、プレーンシェードの手順を例に挙げてみます。

  • ①シェードを一番下まで降ろす
  • ②裾のウェイトバーを外す
  • ③昇降コードを外す
  • ④生地(シェード)を取り外す
  • ⑤コード類が絡まないように束ねる

 

①シェードを一番下まで降ろす

プレーンシェード

シェードを一番下まで降ろした状態にします。

②裾のウェイトバーを外す

 

プレーンシェード 生地の取り外し方

裾のウェイトバーを外します。

(裾の折り返し部分に開口部があるので、そこから引き出します)

③昇降コードを外す

 

プレーンシェード 生地の外し方2

コードアジャスターから昇降コードを外します。

※コードをほどく際に、紐を通してあるリングの位置にペンやマジックで目印をつけておくと、取付けの際に調整の手間が省けるので便利です。

④生地(シェード)を取り外す

プレーンシェード 生地の外し方3

ヘッドレールから生地を取り外します。

(上部はマジックテープになっているので簡単に剥がせます)

⑤コード類が絡まないようにまとめておく

プレーンシェード 生地の外し方5

昇降コードは、抜き終わったら絡まないように軽くまとめておきます。

シェードの取り外け方

取り付け方は、逆の手順です。

  • ①昇降コードをほどく
  • ②生地をヘッドレールに取り付ける
  • ③裾のコードアジャスターをリングテープにセットする
  • ④紐をリングテープに順番に通す
  • ⑤ウェイトバーを裾の開口部へ差し込む

①昇降コードをほどく

昇降コードをほどく

束ねていた昇降コードをほどきます。

②生地をヘッドレールに取り付ける

プレーンシェード 生地の取付け

生地をヘッドレールに取り付けます。

③裾のコードアジャスターをリングテープにセットする

プレーンシェード 生地の取付け方

裾のコードアジャスターをリングテープにセットします。

④紐をリングテープに順番に通す

プレーンシェード 生地の取付け リングテープに通す

昇降コードの紐をリングテープに順番に通します。

⑤ウェイトバーを裾の開口部へ差し込む

プレーンシェード 生地の取付け ウェイトバーを差し込む

ウェイトバーを裾の開口部へ差し込めば、取付けは完了です。

シェードのスタイルは違っても、「上部マジックテープ」と生地裏面の「操作コード」による構成という点に於いては共通しているので、生地の取り外しと取り付けは、このような流れになります。

まとめ

いかがでしたか。

ご紹介したように、ローマンシェードには色んな種類があるので、お部屋のテイストや好みに合わせて選ぶことができます。

「普通のカーテンじゃつまらない」と感じたときでも、窓辺にひと味違うエッセンスを与えてくれるのがローマンシェード。

どんなテイストのお部屋でも、幅広いコーディネートが楽しめます。

カーテンはもちろんそれ以外のアイテムとも相性が良いので、窓周りの演出に悩んだらぜひ思い出してみて下さい。