おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

リノベーション・リフォームで仮住まいが必要なレベルはどのくらい?

親方

内装工事の親方です。

壁紙の貼替くらいなら「住みながら」でもできますが、本格的なリフォーム・リノベーションをするなら…仮住まいが必要です。

住まいをリフォームしたいけど「住みながら」できないか?…そんな質問を良く受けます。

間取りを変えるような本格的なリノベーションではハッキリ言って大変です。

それでは、どのくらいの規模で「仮住まい」を検討するべきか、この記事で紹介しようと思います。

水回りのリフォーム

水回りのリフォーム

水回りのリフォームをお考えなら、自分がどのくらい我慢できるかがポイントになります。

水回りと言っても

  • 台所のリフォーム
  • お風呂のリフォーム
  • トイレ・脱衣室のリフォーム

このような種類がありますので、ひとつずつ詳しく見ていきます。

台所のリフォーム

台所(システムキッチンなど)を交換するなら、ついでに「リビング」のリフォームもという方が多いのですが、この場合は工事期間が1週間を超えるようならウイークリーマンションなどの「仮住まい」をお勧めします。

リビング・台所は生活の中心なので「リフォーム」業者の出入りが気になります。

業者側からみても工事がやりづらいので、無理して住むメリットがありません。

お風呂のリフォーム

ユニットバスの交換ていどのリフォームなら、ほとんどの場合「住みながら」で問題ありません。

とはいえ、工事当日はお風呂が使えない可能性がありますので「銭湯」などの考慮は必要です。

トイレ・脱衣室のリフォーム

トイレや洗面・脱衣室のリフォームも「住みながら」でOKです。

ただし、工事中はトイレが使えません。

住まい全体のリノベーション・リフォーム

住まい全体のリフォーム

水回り限定ではなく「住まい全体」を工事する場合は、住みながらのリフォームはお勧めできません。

しかし、下記あたりに耐えられるというのなら施工業者に相談すれば「住みながら」でも大丈夫かもしれません。

  • 騒音がひどい
  • ホコリやニオイがひどい
  • 足の踏み場がない

このあたりが我慢できれば「住みながら」のリフォームOKかもですね。

ちなみに、工事中の状況はこんな感じです。

住みながらリフォーム

住みながらのリフォームの様子

足の踏み場がない状況

いかがでしょうか?

画像のお宅は壁を取ったりするフルリフォームなのですが、仮住まいを選ばれました。

ほかにも、マンションをスケルトンにするような「リノベーション」でも住みながらリフォームするのは厳しいですね。

住みながらのリフォームは割高になる

職人

仮住まいを勧めてきましたが、リフォーム依頼者の強い希望があれば住みながらのリフォームは可能です。

例えば、リビングのリフォーム中には違う部屋で生活するなどですね。

しかし、住みながらのリフォームでは工程に大きな問題が出るのも事実です。

造作などの大工工事が数か所あるのにも拘わらず、部屋ごとのリフォームの場合は作業が捗りません。

つまり、職人さんの手間賃が余分に必要です。

それ以外にも「養生」にかかる費用もかさみます。

何と言っても、いちばんの懸念は「職人さんが嫌がる」という点です。

私も住みながらのリフォームを数えきれないほど経験しましたが、依頼した職人さんにはかなり頭を下げてきました。

嫌々の工事なので、手抜きする職人さんも見受けられます。

なので、リフォームで綺麗にしたいという希望があるなら「仮住まい」をお勧めします。

ちなみにですが、割高になるリフォーム費用分で借家は見つかると思います。

住みながらではリフォームできない例

無理な例

どうしても「住みながら」リフォームしたいという場合でも、以下のような工事では無理なので紹介します。

  • スケルトン
  • 全体的な間取りの変更
  • プライバシーを守りたい

結局、大掛かりになればなるほど費用やストレスがかかりますので、実際のリフォーム業者とよく相談して決めるのが良いと思います。

まとめ

リフォーム・リノベーションは「住みながら」できるのか?という内容で記事にしました。

ご覧いただいた通りですが、リフォーム業者の立場から本音を正直にいうと「借家」に仮住まいされたお客さんの方が円満な関係を築けます。

さらに、出来上がりにも満足いただいてます。

逆に「住みながら」リフォームされた方はクレーマーになることもありましたので、工程が2週間以上の場合は「借家」での仮住まいを強くお勧めして終わりたいと思います。

相見積もりを取って予算を確認する

これからリフォーム検討するなら、相見積もりで予算を調べたり信頼できる業者を探すのは必須です。

リフォームをしている多くの方が無料で使える「見積り一括サイト」で調査しています。

面倒な勧誘もありませんので、ご自宅のリフォーム予算を確認してみてはいかがでしょうか。

このあたりが有名でおすすめできます。