クロス職人の親方ブログ

【重ね張り】クッションフロアやフローリングを剥がさなくても大丈夫?

親方

この道30年内装職人の親方です。

既存の床材を剥がさずに重ね張りしたい方に向けた記事です

クッションフロアの重ね張りについて紹介しようと思いますが・・・

「そもそも、クッションフロアを重ね張りしても問題ないのだろうか?」

という、疑問にお答えするなら「状況に合わせて対処」すればクッションフロアの上にクッションフロアを重ね張りしても問題ありませんし、フローリングなどの木質系床材の上にクッションフロアを重ね張りしても問題ありません。

また、重ね張りには以下のメリットがあります。

  • ゴミ(廃材)が出ない
  • 既存の床材を剥がす手間がいらない
  • 下地が平滑で綺麗に仕上がる
  • 費用を抑えることができる

結局のところ、既存の床材を剥がさずに上貼りしますので手間が省けて作業は捗ります。

とはいえ、重ね張りするには注意点がありますので解説したいと思います。

クッションフロアを重ね張りするときの注意点

早速本題に入りますが、クッションフロアを既存の床材に重ねて貼る時には以下のポイントに注意が必要です。

  • 塵(枠周りの段差)の確認
  • 既存床材の浮き
  • ドアが当たらないか確認する

ひとつずつ見ていきます。

塵(枠周りの段差)

クッションフロアには2㎜程の厚みがあります。

ですので、框(かまち)や敷居などの高さは2㎜以上なければなりません。

この段差のことを「塵(ちり)」と言いますが、塵(ちり)が無ければクッションフロアの小口が見えてしまいますし、剥がれてしまう原因になります。

重ね張りするときには「2㎜程度の塵(ちり)があるか?」確認してください。

もし、塵(ちり)が無いようでしたら・・・

  • 既存床材を剥がす
  • 抑え金具などで押さえる

このような処置が必要です。

既存床材の浮き

既存の床材に浮きがあれば、重ね張りしたクッションフロアも当然浮いてしまいます。

つまり、クッションフロアを重ね張りするなら浮きを直す必要があります。

浮きを直す方法は2つです。

  • 浮いた部分をカットしてパテをする
  • 浮いた部分に接着剤を入れる

このどちらかの方法で浮きを直してからクッションフロアを重ね張りしてください。

ドアが当たらないか確認する

適当な塵(ちり)があり、床材に浮きが無かったとしてもドアを開け閉めする際にクッションフロアに当たってしまえば傷の原因になります。

ですので、ドア下に十分な隙間があるか確認する必要があります。

もしもドアに隙間が無ければ・・・

  • 床材を剥がす
  • ドア下をカットする

このどちらかが必要になります。

重ね張りしたクッションフロアの仕上りは綺麗なのか?

クッションフロアを重ね張りする最大の不安は「仕上がり」ではないでしょうか?…。

「重ね張りで綺麗に仕上がるんだろうか?」

このような疑問を持つのは当然だと思います。

そこで、実際に重ね張りしたビフォーアフターの画像がありますので見ていただこうと思います。

クッションフロア重ね張りののビフォー

キッチンのクッションフロア

施工前のクッションフロア

クッションフロアのビフォー

一昔前に流行ったクッションフロアの上にフローリング調のクッションフロアを重ね張りしました。

以下は仕上りの画像です。

クッションフロアの重ね張りアフター

キッチンのクッションフロアに重ね張りしたアフター

クッションフロアを重ね張りした画像

重ね張りしたクッションフロア

清潔感のあるフローリング調のクッションフロアになりお部屋のイメージがガラッと変わり素敵になりました。

ご覧の通り重ね張りしても仕上がりに不備はありませんし、言われなきゃ重ね張りしたのかさえも見分けがつきません。

クッションフロアを重ね張りすると料金は安い

冒頭でも少し触れましたが、クッションフロアの重ね張りなら費用を抑えることができます。

理由は次のようになります。

  • 下地にかかる費用が不要
  • 作業時間の短縮
  • 産業廃棄物が少ない

当然と言えば当然ですが、重ね張りなら新たに下地を作る必要もありませんし、ゴミの量も少ないわけですので費用も安く上がります。

とはいえ、注意が必要なのは「高い業者に頼んでしまう事」です。

せっかく重ね張りで料金を抑えることができても、そもそもが高い業者を選んでしまっては安くなるはずがありません。

ですので、クッションフロアを業者に依頼する際には「業者の比較」が必須という事になります。

業者の比較方法は意外と簡単なのですが、知らない方も多いので少しだけ紹介します。

リフォーム業者を比較する方法

リフォーム業者を探すなら「リフォーム見積もりサイト」を使って比較してください。

なぜなら、リフォーム見積もりサイトの利用は無料ですし、インターネットで完結するため非常に手軽です。

しかも、リフォーム見積もりサイトを使えば、悪徳業者に高いリフォーム代を請求される危険もありません。

そんなリフォーム見積もりサイトでは「リフォーム比較プロ」がおすすめです。

リフォーム比較プロは累計利用者数30万人を超える総合リフォーム比較サイトです。

自宅にいながら「スマホ」や「パソコン」から気軽に複数社の見積もりを取寄せることができます。

チェックポイント
  • 3~4社の相見積りが比較できる
  • 必要事項が少なく「60秒」で無料見積りが取れる
  • 厳選された加盟店の工事だから安心
  • 自分にあったリフォーム会社をじっくり選べる

リフォーム比較プロ」で相見積もりを取り、業者を「比較」すれば自分の条件にあった最安値の会社を探せます。

さらにリフォーム比較プロでは、あなたがお住まいの地域にある専門業者3〜4社の見積もりを無料で取寄せ「見積り内容を比較」することが出来ます。

また、リフォーム比較プロでは厳格な審査基準も設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。

評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できます。

専門家に気軽な相談が出来るのでリフォームの失敗がありません。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事の内容を簡単にまとめたいと思います。

  • 重ね張りは費用を抑えることができる
  • 塵や浮き、ドアなどの干渉が無ければ重ね張りできる
  • 費用を抑えたいなら高い業者を避け、相見積もりで業者を比較する

という事でこの記事は以上です。

親方

内装リフォームの事例をもっと見たいという方は関連記事もどうぞ
畳をフローリング(クッションフロア)【最安値】和室の畳をフローリングにしたいならクッションフロア 賃貸のお風呂リフォーム前【お風呂】タイル張りの床をシートでリフォームする費用 キッチン台所の床リフォーム【水漏れ?】キッチンの床リフォーム費用「台所の床が抜ける前に対応」 ペット対応壁紙・ペット対応クッションフロア【犬猫に効果的】ペット対応壁紙・ペット対応クッションフロアの評価 【リビングのリフォーム】築30年の一軒家|壁紙張り替え費用を紹介 フローリングのリフォーム【フロアタイル】耐用年数や費用を紹介|ボコボコしたフローリングのⅮⅠYにおすすめ! [/box]

人気記事壁紙張り替え業者を探す方法

人気記事壁紙張り替えの最安値業者を探す方法

人気記事リフォーム見積もりサイトを徹底比較