おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【賃貸のお風呂】タイル張りの床をシートでリフォームする費用

賃貸のお風呂リフォーム前

親方

内装工事の親方です。

賃貸物件でお風呂の床に浴室用シートを貼りました。

「賃貸物件なのであんまり予算を掛けたくない」

というオーナーも多いですが、いかにも昭和というイメージの物件では入居も決まらないのではないでしょうか。

ちなみに、お風呂の床がタイル張りだと

  • 冬場は冷たい
  • こまめに掃除しないとカビが生える
  • 見た目が古臭い

こんなイメージから入居を敬遠されることも多いですよね。

そんな「タイル張りのお風呂の床」を私がリフォームしてきましたので、「費用や工事期間」、「工事の流れ」を紹介したいと思います。

賃貸物件のお風呂リフォーム

タイル張りのお風呂の床

お風呂の床リフォーム
  • リフォーム費用:62,000円
  • 工事期間:4日
  • 費用対効果:高

ざっくりですが、内容はこんな感じになりました。

リフォーム後の床がこちら

お風呂の床リフォーム

いかがでしょうか。

まるでユニットバスの床のように清潔で綺麗に仕上がりましたよね。

実際に…

  • 冬場は冷たい
  • こまめに掃除しないとカビが生える
  • 見た目が古臭い

このようなイメージが払拭されましたので、少なくとも「お風呂の床が原因で入居が決まらない」なんてことは回避できそうです。

早速、安いリフォーム業者を探したいというオーナーさんは「リフォーム見積もり比較サイト」を利用することをおすすめします。

参考:リフォーム比較プロで見積もり比較する

ということで、次章ではリフォームの流れを紹介したいと思います。ちなみに、リフォーム見積もり比較サイトについては後ほど詳しく説明します。

賃貸お風呂の床リフォーム工程

それでは、タイル張りのお風呂の床をシートにリフォームする手順を手短に見ていきます。

手順1
左官工事
タイルに浴室用のシートを直接貼ることも出来ますが…

かなりの荒業です。つまり、仕上りが悪いです。

なので、タイルを平滑にするべく左官屋さんにモルタルを塗ってもらいます。

手順2
乾燥期間
モルタル(セメント)には乾燥期間が必要です。

しっかり乾燥させて仕上ないと、後々「シートの剥がれ」などの問題が生じます。季節や環境にもよりますがモルタルを薄塗すれば丸1日で乾燥するのではないでしょうか。

手順3
浴室用床シート貼り
モルタルが乾燥していることを確認したら、「浴室用床シート」を貼ります。
手順4
防水処理
シートの中に水が入らないよう「コーキング」で防水処理します。
手順5
完成
コーキングが乾燥したら完成です。

浴室の床リフォームはこのような工程です。

仮に、入居中の場合でも3~4日の間だけお風呂の使用を我慢すればリフォームできます。

要するに…

  • お風呂の床タイルをどうにかして欲しい
  • お風呂の床に生えたカビをどうにかして欲しい
  • 地震でタイルにヒビが入ったのでどうにかして欲しい

浴室の床シートでリフォーム出来る事を知っていれば、このようなリクエストにも対応できます。

ただし、手抜きにならないためのポイントがありますので解説します。

浴室用シートのリフォームで抑えたいポイント

ポイントは次の3つです。

  • モルタルをしっかり乾燥させる
  • シート用の接着剤に気を付ける
  • コーキングでしっかり防水する

繰り返しになりますが、お風呂は水を使う空間ですので「防水」が何より大切です。

つまり、リフォームを急いでしまうと防水が甘くなり、せっかくリフォームしたお風呂のシートが剥がれてしまう可能性があります。

さらに、接着剤は「エポキシ系」のような水に強いものを使って貰いましょう。

お風呂の床「リフォーム状況」

画像を使いながら、もう一度リフォーム内容をご確認ください。

リフォーム前

賃貸のお風呂リフォーム前

お風呂床のタイル

モルタル(セメント)処理

モルタル処理

モルタルの乾燥期間

浴室用シート貼り

床に接着剤塗布

浴室シート

浴室シートの敷き込み

コーキングで防水処理

防水処理コーキング

リフォーム完成

浴室シート完成

一括見積りサイトで最適な業者を探す

先程も触れましたが、リフォーム業者を探すなら「リフォーム見積もりサイト」を使ってください。

なぜなら、リフォーム見積もりサイトの利用は無料ですし、インターネットで完結するため非常に手軽です。

しかも、リフォーム見積もりサイトを使えば、悪徳業者に高いリフォーム代を請求される危険もありません。

賃貸物件のリフォームで、おすすめのリフォーム見積もりサイトは「リフォーム比較プロ」です。

リフォーム比較プロは累計利用者数30万人を超える総合リフォーム比較サイトです。

自宅にいながら「スマホ」や「パソコン」から気軽に複数社の見積もりを取寄せることができます。

チェックポイント
  • 3~4社の相見積りが比較できる
  • 必要事項が少なく「60秒」で無料見積りが取れる
  • 厳選された加盟店の工事だから安心
  • 自分にあったリフォーム会社をじっくり選べる

リフォーム比較プロ」で相見積もりを取り、業者を「比較」すれば自分の条件にあった最安値の会社を探せます。

しかも、リフォーム比較プロでは、あなたがお住まいの地域にある専門業者3〜4社の見積を無料で取寄せ「見積り内容を比較」することが出来ます。

また、リフォーム比較プロでは厳格な審査基準も設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。

評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できます。

専門家に気軽な相談が出来るのでリフォームの失敗がありません。

賃貸物件は投資ですので、空き部屋を作らないことがセオリーですが古くなったお部屋をリフォームするとなると「それなりの費用」が必要です。

要するに、慎重な業者選びが必要になるという事ですよね。

という事でこの記事は以上です。