クロス職人の親方ブログ

【床鳴り】 クッションフロアで解決!アパートのフローリング最安補修

親方

この道30年内装職人の親方です。

フローリングの「床鳴り」を修理してきましたので記事にしたいと思います

「ギシギシ」

「ギーギー」

フローリングの床鳴りで困ってませんか?

気になる床鳴りを低価格で完全に止めたいなら、フローリングをビス止めしてクッションフロアを上張りするのがベストな選択です。

理由は沢山あります。

  • 費用が安い
  • 床鳴りが止まる
  • メンテナンスが楽
  • 修理後の床鳴りも未然に防げる

とくに、修理したにも関わらず「また床鳴りが起こった」という事がありません。

つまり、追加料金の心配がなく床鳴りと完全にオサラバできるという訳です。

ということで、この記事ではフローリングの床鳴りを止めてクッションフロアを貼ったらどのくらいの費用が必要なのかをお伝えしようと思います。

床鳴り修理はクッションフロア上張りがコスパ最強

初めに費用をお伝えしようと思います。

部屋の大きさは「ワンルーム」12畳ほどの物件です。

ビス止め費用8000円
ドア下カット5000円
クッションフロア上張り42000円
合計55000円

ご覧の通り「55000円」という費用で床鳴りが完全に止まりました。

しかも、古くなったフローリングが明るくお洒落な床に生まれ変わりました。

床鳴りフローリングビフォー

床鳴りするフローリング

フローリングの剥がれも目立っていますし、床色のせいでお部屋が少し暗い印象を受けます。

床鳴りフローリングアフター

床鳴りフローリング工事後の画像

明るいクッションフロアを上張りし、お部屋の印象が大きく変わりました。

床鳴り修理の最安値業者を探す

アパートやマンション、戸建てなど建物の種類に関係なく床鳴りは起こりますが、床鳴り修理の方法や費用は業者によって異なります。

ぶっちゃけ、高い業者もあるし安い業者も見つかります。

例えば、今回の案件では15万円以上の見積もりもありましたので、その差は3倍ほど。

とはいえ、修理・補修内容は同じです。

同じ内容なら安い方が良いに決まってますよね?

つまり、安い業者を探さないと損しますし、ネットを使えば簡単に良心的な業者を見つけることができます。

床鳴り修理の良心的な業者を探す方法

床の業者を探すなら「リフォーム見積もりサイト」を検索して業者の比較をしてください。

もちろん利用は無料ですし、インターネットで完結するため非常に手軽です。

しかも、リフォーム見積もりサイトを使えば、悪徳業者に高いリフォーム代金を請求される危険もありません。

そんなリフォーム見積もりサイトでは「リフォーム比較プロ」がおすすめです。

リフォーム比較プロは累計利用者数30万人を超える総合リフォーム比較サイトです。

自宅にいながら「スマホ」や「パソコン」から気軽に複数社の見積もりを取寄せることができます。

チェックポイント
  • 3~4社の相見積りが比較できる
  • 必要事項が少なく「60秒」で無料見積りが取れる
  • 厳選された加盟店の工事だから安心
  • 自分にあったリフォーム会社をじっくり選べる

リフォーム比較プロ」で相見積もりを取り、業者を「比較」すれば自分の条件にあった最安値の会社を探せます。

また、リフォーム比較プロでは、あなたがお住まいの地域にある専門業者3〜4社の見積もりを無料で取寄せ「見積り内容を比較」することが出来ます。

ちなみに、リフォーム比較プロでは厳格な審査基準も設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。

評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できます。

専門家に気軽な相談が出来るのでリフォームの失敗がありません。

フローリングの床鳴りを止める修理の手順

ここからは床鳴りを自分で修理したいという方に向けて作業手順を解説したいと思います。

と言っても、手順自体はそんなに複雑ではありません。

手順1
ビス止め
根太を探し床全体に30㎝ピッチでビスを打ち込みます
手順2
ドアの隙間をチェック
クッションフロアは2㎜くらいの厚みがありますのでドア下に隙間があるか確認します
手順3
クッションフロア貼り
床鳴りが止まったことを確認し、クッションフロアを上張りします
手順4
完成
 

ポイントを詳しく説明します。

根太を探しビスで止める

ビスを打つ

フローリングの下地(根太)は303㎜ピッチでフローリングの流れとは逆に組まれています。

要するに、どこかに根太を見つけることが出来れば全部の根太を見つけることが出来るという事です。

ドリルなどで床に穴をあけて目視することをお勧めします。

フローリングにビスを打った画像

このように、フローリング全面にくまなくビス締めします。

墨ツボで根太の位置に目印をつけるとビス打ち作業が捗ります。

TJMデザイン(TJM Design)
¥2,355 (2020/10/27 05:53:10時点 Amazon調べ-詳細)

ドアの下をカットする

ドアの下をカンナで削る

今回の案件では押し入れのドアがギリギリで隙間がほとんどありませんでした。

ですので、クッションフロアを上張りしたらドアが開きません。

という事で、カンナを使い3㎜程度ドア下を削りました。

角利産業(Kakuri Sangyo)
¥1,436 (2020/10/27 05:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

えんぴつと定規を使い、削りたいラインを引いておくと目安が分かりやすく上手くいきます。

クッションフロアを貼る

クッションフロア

クッションフロアの貼り方については、この記事で説明すると非常に長くなりますので、以下の関連記事でご確認ください。

【CFのⅮⅠY】洗面所のクッションフロアの貼り方をプロが徹底解説 トイレの床にクッションフロア【トイレの床の費用】床抜けの危険があるボコボコをクッションフロアで補修 クッションフロアで床リフォーム【補修】クッションフロアのⅮⅠY!フローリング剥がれの修理

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では「床鳴り」の修理、対応策について記事にしました。

最終的な結論としてフローリング全面にビスを打ちクッションフロアを上張りすることで対応するのがコスパ的にも最強だと思います。

あと、くれぐれも業者を探すときには「比較」することを推奨します。

という事でこの記事は以上になります。