クロス職人の親方ブログ

和室に合うカーテンの「素材・色・柄」について【専門家が解説】

和室に合うカーテンの素材.色.柄

カーテンの専門家

カーテン業界歴15年。窓装飾プランナーのマドカです。

この記事では、和室にふさわしいカーテンの素材・色・柄をご紹介します。

伝統的な障子が少なくなりつつある現在の和室空間ですが、その和室のカーテン選びでは素材色柄に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

和室だからといってカーテンの色や柄にも特別な決まりがあるわけではないので、本来は自分の好きなものを選ぶことが、居心地の良い空間を造り上げるコツです。

ただ和室をセンス良くまとめるには、やはりカーテンの色あわせやデザイン選びも重要になってきます。

そこで今回は、和室に似合うカーテンの「素材」「色」「柄(デザイン)」についてお伝えしますので、どんな色や柄を選んだらいいか分からない…という方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

※和室のカーテン選びにお悩みの方は、こちらの記事をどうぞ。
【和室の窓のカーテン選び】プロが教える「7つの窓装飾」

和室に合うカーテンの素材

まず、和室に合うカーテンの素材をご紹介します。

リネンのカーテン

リビングや寝室とは違って、和室は日本古来の伝統的な部材(畳や障子など)によって造られてきた空間ですよね。

そんな趣きのある和室の窓装飾(カーテンブラインド・プリーツスクリーン等)には、次のような素材がよく似合います。

  • 和紙調
  • 木目
  • 綿・麻(天然素材または天然素材風)
  • ジャガード織

1つずつみていきましょう。

和紙調

和室の窓に「プリーツスクリーン」をお考えの方には、和紙調の素材がおすすめです。

和紙といえば、何となく襖や障子に通じるイメージがあるのではないでしょうか。

窓装飾の中でも、唯一「和紙のような素材感を楽しめる」のがプリーツスクリーンで、室内のプライバシーも適度に保ちつつ優しい日差しを採り込めるので、和室にぴったりです。

ただ遮光が必要な場合には、和紙調だと光を通してしまいますから、遮光素材を選ぶことをおすすめします。

和室の鴨居【鴨居のカーテン】障子を外して「プリーツスクリーン」を取り付けました

木目

和室の窓に「ブラインド」をお考えの方には、天然木木目調の素材がおすすめです。

いわゆる木製(ウッド)ブラインドですね。

その中でも和室に選ぶのなら、個人的には「桐のブラインド」がふさわしいと思います。

桐の軽さと木目のナチュラルな質感が、優しい和のイメージにぴったりです。

桐のウッドブラインド【軽さが魅力!桐の木製ブラインド】特徴やメリット・デメリットについて

綿・麻(天然素材または天然素材風)

和室の窓にスタンダードでナチュラルな「カーテン」をお考えの方には、綿(コットン)麻(リネン)がおすすめです。

天然素材の中でも独特なシャリ感のあるリネンは、畳との相性も良くて、使うほどに味わいがでてくるところも和室の雰囲気にぴったりだといえます。

ただ100%の天然素材だと「伸び縮み」や「シワ」が気になって洗濯やお手入れに迷う方も多いかもしれませんね。

そういう場合は、リネン調天然素材風のファブリックスにも注目してみてください。

近年ではポリエステルと綿や麻の混合素材だったり、自然素材ではないけれど見た目は「綿や麻のような質感」のフェイク生地が続々と発売されています。

こうした素材の主な特徴は、伸縮性が少なくシワになりにくいという点です。

自宅での水洗い(お洗濯)もできますし、純粋な天然素材よりも低価格なので和室にも取り入れやすいと思います。

和室にナチュラルなカーテンを選ぶ時には、このような「天然風の素材」もチェックしてみると良いでしょう。

ジャガード織

和室の窓に高級感のある「カーテン」や「シェード」をお考えの方には、ジャガード織がおすすめです。

ジャガード織りには模様が直接編み込まれているので、印刷したプリントデザインとは違って、生地に立体感と高級感があります。

また色褪せや色落ちの心配も少ないですから、和室をモダン風にコーディネートするには相応しい素材と言えます。

和室に合うカーテンの色

次に、和室に合うカーテンの色をご紹介します。

和室のカーテン引用:サンゲツ

和室 色

和室の窓には派手な印象のビビッドカラーよりも、落ち着きのある「淡い色」や「シックな色」がよく似合います。

中でも人気の色は、

  • グリーン系
  • ベージュ系
  • ブラウン系

このような自然界に多くみられるアースカラーですが、そのほかにも、

  • 薄ピンク
  • ボルドー
  • カーキ色
  • 薄オレンジ色
  • 藍色
  • 薄紫
  • 紺色

などは和室にも相性が良い色です。

とくにカーテンの色選びのポイントになるのは「建具」や「畳の色」ですね。

建具にはベージュやブラウン系が多いので同じような色を選ぶ方もいらっしゃると思いますが、畳の色と相性の良い色を選ぶのもおすすめですよ。

今どきの琉球畳は、

「青磁色」

「グレージュ」

「若草色」

「白茶」

「墨色」

等々、色のバリエーションも豊豊富なので、こうした畳の色もカーテンの色を決めるときの目安になります。

また市松敷きだと1種類の畳が光の加減で2色にみえるので、そのどちらかの色をカーテンの色に選んでも良いですし、畳の色がダーク系の色だったらカーテンはそれよりも明るい色を選ぶと良いです。

これは和室の広さにもよりますが、濃い色ばかりが目立つとお部屋が狭く感じたり圧迫感にもつながるため、色のバランスにも注意しましょう。

リビング続きの和室は、空間全体の色合わせを重視する

また「リビング続きの和室」や「小上がりの畳コーナー」は、リビングの一角としてひときわ目立つ場所になりますよね。

来客をもてなしたり家族みんなが集まる空間だけに、カーテンも人目につきやすくなりますので、空間全体の色使いには特に注意したいところです。

なので、和室のカーテンをリビングのカーテンと同じ色で揃えれば統一感が出せますし、別の色を選ぶ場合は家具の色に合わせるなどして、和室の窓だけが「ちぐはぐ」な印象にならないように気をつけましょう。

 和室に合うカーテンの柄

最後に、和室に合うカーテンの柄(デザイン)をご紹介します。

和室に合うカーテンの柄引用:サンゲツ

和室 柄

和室の窓には、無地(または地模様)小花柄植物柄紋様幾何柄など和をモチーフにした上品なデザインがよく似合います。

また、新築の和室によくみかける縦長や横長の「スリット窓」にシェードやロールスクリーンを選ぶ際には、大柄のデザインもおすすめですね。

連窓だったら連続した模様にすることで、窓辺にリズム感が生まれます。

ただ掃き出し窓の場合は、柄が主張し過ぎるとせっかくの和室も落ち着かない印象になってしまうので、大柄のデザインを選ぶ場合は「窓の大きさ」や「空間の広さ」を考えることも大切です。

実は「柄が選びやすい」和室の窓装飾

そもそも「柄選び」という点では、和室のカーテン(窓装飾)はほかの部屋よりも選びやすいのが特徴です。

というのも「和柄」の素材は、カーテン(ファブリックス)にも、プリーツスクリーンにも、ロールスクリーンにも揃っているからです。

例えばリビングのように多目的なお部屋の場合は、生地の種類も数ある色柄の中から絞っていく必要があるため選択肢が多くなっていますが、和室のカーテン選びは、「和」のイメージに合うデザインが初めから準備されています。

要するに、和室の窓装飾は「カーテン」または「プリーツスクリーン」というように、スタイルさえ決まれば柄が絞りやすくなるものです。

スタイル選びには少し時間がかかっても、柄選びに関しては割とスムーズに運ぶといえるでしょう。

●和室に向いている柄の例、地模様植物柄優しい小花柄葉っぱ柄小紋柄笹柄水仙など…。

また和紙調のプリーツスクリーンには、和のイメージにふさわしい巧みな技術で表現されたものもありますので、和室にプリーツスクリーンを選ぶ際には、そのデザインにも注目してみてください。

  • 光を受けて陰影を浮かび上がらせるもの
  • 手漉き和紙の様な長繊維を散りばめたもの
  • 独特の透け感を表現したもの
  • 和紙の手揉み加工の様にアレンジしたもの

和室のカーテンに遮光は必要?

では、和室の窓に遮光機能は必要でしょうか。

これは和室の環境によっても異なりますが、とくに太陽光の眩しさや、室内のプライバシーが気にならないのであれば、遮光機能は必要ないといえます。

とはいえ「南向きや西向き」の和室では、強い日差しによる畳焼け家具の色あせが生じやすいので遮光素材が向いていますし、また和室を寝室として使う場合は、遮光素材の方が安眠できるといえるでしょう。

住まいの環境や価値観も人それぞれですが、とくに新築の場合は、実際にそこで生活してみなければ分からない点もありますので、もしも遮光で悩んだときには、代替えのカーテンで数日様子をみるというのも一つの対策だと思います。

和室に合うカーテンの「素材・色・柄」について【専門家が解説】:まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では、和室に合うカーテンの「素材・色・柄」についてお伝えしました。

もう一度ポイントをまとめます。

  • 和室に合うカーテンの素材 → 和紙調・木目・綿や麻(天然素材風も)・ジャガード織
  • 和室に合うカーテンの色 → 緑・ベージュ・茶・薄ピンク・ボルドー・カーキ・薄オレンジ・藍色・薄紫・紺色
  • 和室に合うカーテンの柄 → 無地・地模様・小花柄・植物柄・紋様・幾何柄

和室の窓のコーディネートで迷った時には、ぜひ参考にしてください♪

【和室の窓のカーテン選び】プロが教える「7つの窓装飾」