クロス職人の親方ブログ

【新築戸建ての窓】カーテンレールを自分で取り付けるのは大変です

新築の戸建て

窓装飾プランナーのマドカです

新築のカーテンレールの取付けはどうしますか?

新築一戸建て、とくに建売住宅の場合は、ほぼカーテンレールが付いていません

そのため、入居前に慌てて準備される方も少なくないようです。

カーテンを使うためにはレールが必要ですから、カーテンレールを「自分で取付ける」のか、それとも「業者に依頼する」のか、この2つの選択で悩む方もいらっしゃると思います。

DIYが得意な人にとっては自分で取り付けるほうが費用も抑えられますし、わざわざ業者を招く手間も省けますが、DIYに慣れていない場合は、新築の窓に自分でカーテンレールを設置するには大きなリスクを伴います。

そこで今回は、新築のカーテンレールの設置にお悩みの方へ、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

電動カーテンで目覚める女性【後付けで超便利】カーテンが自動開閉できる!【モー二ンプラス(mornin’plus)】

新築一戸建てにカーテンレールが設置されない理由

カーテンレール 業者に依頼

まず、建売住宅(新築一戸建て)にカーテンレールが付いていない理由には、

  • カーテンレールを自由に選ぶ
  • カーテン以外の選択肢もある(ブラインドやロールスクリーン等)

主にこの2つの点が挙げられます。

カーテンレールを自由に選ぶ

まず1つ目は、カーテンレールにも選択肢があるということです。

新築の場合「カーテン」や「カーテンレール」は基本的にオプションですから、どこで購入するかは自分達で決めることができるんですね。

カーテンレールにも色んな種類があり、シンプルなレールが好きな人もいれば、目立つ装飾レールでインテリアを楽しみたい人もいます。

とくに新築は、施主側の理想やこだわりを形にするものですから、カーテンレールひとつをとってもコーディネートに影響するといえるでしょう。

カーテン以外の選択肢もある

2つ目は、カーテン以外の選択肢もあるということです。

たとえば窓装飾(ウィンドウトリートメント)には、カーテンの他にも

ブラインド類(横型ブラインド・縦型ブラインド)

スクリーン類(ロールスクリーン・プリーツスクリーン・ハニカムスクリーン)

ローマンシェード(シェード全般)

こういったスタイルがあります。

カーテンの場合はレールとセットで準備しなくてはいけませんが、これら3つのタイプは「上下に開閉する昇降型」でヘッドレールと一体型になっているので、カーテンレールを準備する必要がないんです。

なので、もし「新築の窓」に最初からカーテンレールが付いていたとすると、ブラインドやロールスクリーンを選びたい場合はレールが邪魔になったり、無駄になる可能性もあるということなんです。

マンションの場合は、カーテンレールが初めから設置されていることが殆どですが、戸建住宅の場合は「施主側のこだわり」や「自由な選択」という意味でもカーテンレールの設置や種類は後から決められるようになっています。

こうしたことから、多くの新築一戸建ての窓はカーテンレールがオプションになっていますが、もしもレールが設置されていれば必然的にカーテンに絞れるため、カーテン派の人にとってはレールが無いことが少し面倒かもしれませんね、、。

新築物件に自分でカーテンレールを設置するときの注意点

新築のカーテンレール取付けで注意すること

というわけで、新築住宅にカーテンレールを設置する場合は、

●自分で取付ける

●専門業者に依頼する

この2つの選択肢があります。

冒頭でもお伝えしましたが、DIYに自信がある方は別として、工具の扱いに慣れていない方が「新築の窓」にカーテンレールを取り付けるのは容易な作業ではありません。

なぜなら、新築は「窓の数が多い」ことや、それぞれ「正しい位置に設置できない可能性がある」ためです。

カーテンレールの取付けで最も重要なのは、下地のある場所にしっかりネジ留めするということ!

無事に取付けができたと思っていても、実はネジが短かすぎて下地に届いていなかったり、うっかり下地の無い場所に取りつけてしまい後になってレールが落下したというトラブルも少なくはありません。

こうなると失敗の結果、せっかくの真新しい新築の壁に不要な穴をあけてしまうことに繋がりますので、ご自身でカーテンレールを設置する場合は、壁の下地ネジの長さにも注意することを忘れないでくださいね。

自分でカーテンレールを取付ける際に必要なものと豆知識

自分でカーテンレールの設置を行なうには、主に次のものを準備する必要があります。

  • 脚立
  • メジャー
  • 下地探し(下地センサー)
  • えんぴつ
  • キリ
  • 電動ドライバー
  • ノコギリ(※レールをカットする場合)
  • 取り付けネジ ※30mm~35mmくらいが理想
  • カーテンレール

カーテンレールの種類には、大きく分けて

装飾性カーテンレール

機能性カーテンレール

この2種類のタイプがあり、取付けにはそれぞれの特徴を知っておくことが大切です。

装飾性カーテンレール(装飾性を重視)

装飾レール出典:TOSO

装飾性カーテンレールは、「天然木」「スチール」「アルミニウム合金」などを使用して作られるインテリア性の高いカーテンレールで、形や種類も豊富です。

窓のおしゃれな演出には欠かせませんが、一般的な機能性レールに比べるとコストも割高になります。

装飾レールで注意したいのは、両端に「キャップ」や「ギボシ」と呼ばれる大きめの飾りが付いていること。

この「飾り部分の長さ」を考慮していないと、エアコン壁際にぶつかって取付けができなくなる可能性もありますので、レール全体の長さをチェックしておきましょう。

装飾レールには「長めの取付ネジが付属」していますので、しっかりと下地部分に取付けることができれば落下の危険性は少ないといえます。

また、装飾レールは窓のサイズに合わせてカットする必要があります。

※装飾レールのカーテンの測り方についてはこちらの記事をどうぞ。

装飾レールのカーテン採寸【カーテンの採寸】装飾レールの測り方をサクッと解説します【注意点も】

機能性カーテンレール(機能性を重視)

機能性レール
出典:TOSO

機能性レールは、日常でつかいやすいシンプルなカーテンレールです。

さまざまな窓の形に対応できるものが揃っています。

機能性レールを取り付ける前に注意しておきたいのは取付けネジの長さですが、機能性レールを注文する場合はこの取付けネジが付属されていません

これは建築物によって「下地の厚さ」や「取り付け環境の違い」があるためです。

つまり付属するネジの長さが統一できないということなんですね。

一般的な石膏ボードの厚みは「9.5mm」「12.5mm」「15mm」ですが、短いネジでは下地まで届かなかったり、ギリギリ届いたとしても後からカーテンレールが落下する危険性もありますので気をつけたいところです。

こうした状況から取付けネジは自分で準備する必要があるわけですが、ネジのサイズは念のため「30mm~35mm」くらいの長めのものを用意しておくと良いでしょう。

機能性カーテンレールも、窓のサイズに合わせてカットする必要があります。

※機能性レールのカーテンの測り方についてはこちらの記事をどうぞ。

カーテンの採寸 機能性レール【カーテンサイズはレールで決まる】角型・機能性レール編

簡単そうでリスクもあるカーテンレールの取付け

コツさえ掴めれば自分でカーテンレールを取り付けることも可能ですが、正しい位置に取付けをしなければ新築の壁や床に傷をつけるリスクもありますので十分注意しましょう。

新築のカーテンレールは専門業者に依頼するほうが安心

新築カーテンレールの取付は専門業者に任せる

ということで、新築の窓にカーテンレールを設置する場合は、費用がかかるとはいえ専門家に頼むほうが余計なストレスを抱えなくて済むと思います。

またカーテンレールを取扱う専門業者は、カーテンだけでなくレールの種類や取り付けに関する知識も豊富です。

たとえば窓の状況をみて、

  • 下地の場所や障害物との干渉
  • カーテンが美しく見える位置(高さ)
  • 光漏れをおさえる方法

これらを瞬時に判断することができますし、やはり専門知識があるのと無いのとでは、カーテンを長く使う上での安全性にも影響しますので、DIYに自身の無い方はプロに任せるほうが安心だといえるでしょう。

但し、業者にレールの取付けを依頼する場合は、カーテンレールの購入が条件になってしまう可能性も高いので、予算を含めて検討する必要性がありそうです。

窓装飾プランナーのマドカです

お住まいの地域によっては、カーテンレールの設置だけを引き受けてくれる業者さんが見つかるかもしれません。

せっかくのマイホームに傷をつけないためにも

実は自分でチャレンジした結果、新築のカーテンレールの取付けに失敗したというケースも決して少なくないのです。

新築では窓の数も多くなるため、自分で全ての窓のカーテンレールを取り付けるまでには結構時間もかかってしまいますよね。

そのためレールの設置が全て完了するまで他のことに集中できなかったり、実際にも、

  • 「不要なところに穴を開けてしまった」
  • 「レールが水平になっていない(斜めに取り付けてしまった)」
  • 「ネジが下地まで届いておらず落下した」

などの事例もあり、せっかくの新しいマイホームに傷跡を残すことにも繋がります。

新築では準備することが山ほどありますので、カーテンの取り付けに時間を取られると精神的なストレスを感じることもあるようです。

こうしたことからも、自分で無理にカーテンレールを設置するより専門家に任せるほうが精神的にも安心ですし、プロが取付け作業をすばやく完了してくれることで自分たちの時間を有効に使うことができると思います。

カーテンレール取付費用はどれくらい?

では、業者にカーテンレールの取付けを依頼すると費用はどれくらいかかるのでしょうか。

一般的な相場でみると、窓1ヵ所あたりおよそ3,000円~15,000円前後のようです。

ただ地域によって異なりますので、「カーテンレールの種類」や「取り付け箇所」によって条件が変わったり、高いところでは出張料金を含め30,000円前後になる業者もあるようです。

これとは別にカーテンレールの代金が必要になってきますから、窓が多いほどやはり料金は割高になりますよね。

そうすると自分で取付けたほうが、はるかに費用も抑えられるとは思いますが、価格を優先するか長い期間の安心を対価として払うかの選択になるのではと思います。

窓装飾プランナーのマドカです

窓の数が多くなると、割引率が大きくなる可能性も十分ありますよ。

カーテンレールが設置されていない時の対処法

カーテンレールの取付に悩む女性

最後にちょっとしたアドバイスなのですが、入居日の目前になってカーテンレールがなかったらやっぱり慌てますよね。

カーテンレールは付いていると思っていたのに、今さらオプションなんて言われればショックも大きいものです。

でもそんな時は決して慌てずに、

●カーテンレールを取付ける必要があるのか

●カーテン以外のスタイルも相応しくないか

という点にも注目して本当に欲しいものがみつかるまでは、突っ張り式のカーテンレールで様子をみる、、というもの一つの方法だと思います。

突っ張り式なら価格も安いですし、壁に穴を開ける必要もありませんので、とりあえずの期間は辛抱するというのもありなのではないでしょうか。

※つっぱり式のカーテンレールについてはこちらの記事をどうぞ。

突っ張りカーテンレールのアイデア2【カーテンの取付け】壁に穴をあけられない時は「つっぱりレール」がお薦め!

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

拘り抜いて手に入れた新築一戸建ては、やはり何をするにも慎重になりますよね。

なので、カーテンレールを自分で取付ける場合もリスクの心配は付きまとうものです。

少しでも不安を感じているのなら、万が一の失敗を防ぐためにも「専門業者にカーテンレールの取付けをお任せする」ことが安心への近道だといえるでしょう。

※こちらの記事もお役立てください。

新築戸建てのカーテン予算と選び方【プロが教える】新築一戸建てのカーテンにかかる費用と予算について【実例付】 カーテンとレールのおしゃれな窓スタイリング【おしゃれなカーテンレール】窓辺を美しくみせるコーディネート【32選】

【即日出荷可能】すぐに届く!オーダーカーテン通販おすすめ【3選】

【プロが選ぶ】安くておしゃれ!レースカーテン通販おすすめ【3選】

【激安】プロが選ぶ!安くておしゃれなカーテン通販おすすめ【3選】

おすすめのカーテン屋