クロス職人の親方ブログ

【カーテンレール】余ったランナーはどうする?【プロが教える豆知識】

カーテンランナー

お部屋の窓にカーテンを付ける場合、カーテンのフックを1つずつレール側のランナー(リング)に掛けていきますが、その際ランナーが余ってしまうことがありますよね。

こんな時、「そのままで良いのか」それとも「外したほうが良いのか」。。深刻な問題ではないけれど、何となく気にかかりませんか。

そこで今回は、カーテンレールのランナー(リングランナー)が余ったときの、ちょっとした豆知識をご紹介します。

窓装飾プランナーのマドカです

因みに、カーテンレールにぶら下がってるリングの事を「ランナー(リングランナー)」、カーテンに付いてる部品を「フック」と呼びます。

※カーテンレールのランナーが足りなくてお困りの方はこちらの記事をどうぞ。
【解決】カーテンランナーが足りない!フックが多いときの対処法

余ったランナーは外してもOK!外さなくてもOK!

機能性カーテンレール

上の画像でみると、カーテンレールに沢山並んでいる輪の部分がランナーになります。

このランナーが余ったときは、正直「外す」も「外さない」も自由なんですね。

例えば、ランナーが多くてもカーテンの開閉に支障はないため、そのまま残すケースが目立ちますが、中にはレールに残ったランナーが気になる方もいらっしゃると思います。

ただ、どちらの場合でも小さなメリットとデメリットがありますので、参考までにご紹介します♪

「余ったランナーを残す場合」のメリット・デメリット

ランナーありのカーテンレール

余分なランナーをカーテンレールに残すと、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

退去時やカーテンの掛け替えなどの際に、不足したランナーをレールに戻す手間が省ける。

デメリット

ランナーが沢山余っている場合、カーテンを閉めた時に上部の隙間からランナーが見えてしまうことがある。(主にAフックの場合)

※フックについてはこちらの記事をどうぞ。

カーテンフックについて【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

「余ったランナーを取り外す場合」のメリット・デメリット

ランナーなしのカーテンレール

一方で、余分なランナーをカーテンレールから取り外すと、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

カーテンレールに余分なランナーが残らないため、カーテンを閉じても見栄えが良く、すっきりして纏めやすい。

デメリット

余ったランナーを取り外す作業。また退去時やカーテンの掛け替えの際に、不足したランナーをカーテンレールに戻す手間がかかる。

窓装飾プランナーのマドカです

このように、ちょっとしたメリット・デメリットはありますね~。

【プロ直伝】ランナーが余った時のカーテンの上手な取付け方

ランナーがあまったカーテンレール

そこで、ランナーが沢山余ってもに気にならないように、カーテンを上手に掛けるコツをお教えします。

その手順は次の通りです。

  • ①予めカーテンフックとランナーの数を確認する
  • ②カーテンは内側(開く側)からランナーにかける

①最初にカーテンフックとランナーの数を確認する

カーテンを掛ける前に、フックの数ランナーの数をそれぞれ確認しておきます。(このひと手間がポイントです♪)

もしもランナーがたくさん余っている時は、ランナーを1~2コずつ飛ばしてカーテンを掛けていくとバランスがとれます。

またランナーの余った数によって、「レールから取り外すか外さないか」を判断されても良いですね。3つくらいなら目立ちませんが、多すぎると装飾性に欠けますので。

窓装飾プランナーのマドカです

余ったランナーは、できるだけカーテンの中央部分よりも、両端のヒダのあいだに入れるほうが目立たないです。

②カーテンの内側(開く側)から順にランナーにかける

次に、カーテンをレールに掛けるときには

両開きの場合は「内側から」。

片開きの場合は「開く側から」。掛けていくのがおすすめです。

例えば、ランナーを数えないままレールの端(外側)からカーテンを掛けていくと、ランナーが多く余った場合、カーテンの中央(正面の目立つところ)にランナーが溜まるので美しくみえません。

また内側からカーテンを掛ける場合も、ランナーを数えていないと、最後のほうでレールの端にランナーが溜まります。

こうなるとカーテンを束ねる際に纏めにくくなる可能性がありますので、レールの両側からヒダのあいだに向けて均等にランナーを入れるとバランスが良いでしょう。

窓装飾プランナーのマドカです

最初にカーテンフックとランナーを数えておくと「余った個数」が把握できますので、レールのどちら側からカーテンを取付けてもバランスよくランナーを余らせることができます。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、カーテンレールのランナーが余った時のちょっとした豆知識をご紹介しました。

カーテンを掛けたあとにランナーが余っても特に問題視することではありませんが、気になる方はぜひ参考にしてください♪

※興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

カーテンフックとランナー【解決】カーテンランナーが足りない!フックが多いときの対処法 カーテンレール【カーテンレールが外れそう】グラグラするときの対処法とは? 電動カーテンで目覚める女性【後付けで超便利】カーテンが自動開閉できる!【モー二ンプラス(mornin’plus)】 突っ張りカーテンレールのアイデア2【カーテンの取付け】壁に穴をあけられない時は「つっぱりレール」がお薦め!

おすすめのカーテン屋