おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

カーテンフックについて

窓装飾プランナーのマドカです

カーテンのフックタイプで迷った経験はありませんか?

カーテンを取り付けるには、必ずフックという名前の部品が必要になります。

近年、このフックは、ほとんどのカーテンに付属されているので自分で準備する必要はありません。(※一部例外あり)

とはいっても、オーダーの場合には購入時にフックタイプを確認する必要があるため、その違いを知っておきましょう。

そこで今回は、

  • カーテンフックとは?
  • AフックとBフックの違い
  • カーテンの取付け方で決まるフックの選び方

このような内容でお届けします。

カーテンフックとは?

カーテンフック

カーテンフックとは、カーテンをレールに吊るす(引っ掛ける)ための部品です。

スチール製のフックなどもありますが、主に市場に出回っているのは「アジャスターフック」と呼ばれるものです。

このアジャスターフックには、レールが見えるAフックと、レールが隠れるBフックの2種類があります。

一見どちらを選んでも良さそうですよね。

でもカーテンを美しくみせるには、このフックの選び方もポイントのひとつ。

またAフックとBフックの選択を間違えると、カーテンが天井に閊えてしまったり、長さ(総丈)に大きく影響してしまいます。

では、2つのフックの違いをみていきましょう。

AフックとBフックの違い

カーテンフック

先に述べたように、カーテンに最も多く使われているのは、アジャスターフックです。

カーテンのAフックイメージ

こちらはAフックを使ったカーテンのイメージです。

Aフックの場合は、画像のように「カーテンレールが見える」状態になります。

Aフックはどのようなカーテンレールにも対応できますが、主に装飾性レールや、カーテンボックス内、そして窓側に配置されているカーテンレールに使うことが多いです。

カーテンのBフックイメージ

一方、こちらはBフックを使ったカーテンのイメージです。

Bフックの場合は、画像のように「カーテンレールが隠れる」状態になります。

Bフックは、主に機能性レールを隠したいとき、またはレールの上からの光漏れを軽減するときにおすすめです。

カーテンのAフックとBフック

上の画像で、Aフックは高い位置、Bフックは低い位置になっているのがお分かりいただけますか。

この高さとカーテンレールのリングランナー(輪)の位置が合うことで、美しいオーダーカーテンが出来上がります。

元々アジャスターフックの本体は同じものなのですが、カーテンのお仕立て時に、指定されたAとBどちらかの形でカーテンに付属します。

つまり、カーテンが手元に届いた時に

  • 上の方に配置されているのがAフック(天井付け)
  • 下の方に配置されているのがBフック(正面付け)

ということになります。

アジャスターフックの微調整にも注意が必要!

このアジャスターフックは微調整できるのが大きなメリットなのですが、調整できるからと言って適当に決めてしまうと、カーテンの総丈(全体の長さ)に影響してしまいます。

これはどういう事かというと、そもそもカーテン本体の長さ(総丈)が変わる訳ではないので、仮にフックで調整してもカーテン全体が「上に上がるか」または「下に下がるか」のどちらかという事。

例えば、Aフックを下の方に下げ過ぎてしまうと、フック本体が丸見えになってカーテンの裾が床に着いてしまいます。

一方で、Bフックは最初からカーテンのヒダ上部が長めの設定なので、フックを上に上げ過ぎてしまうと、カーテンが天井に閊えたり、裾が窓の高さよりも短くなってしまいます。

そのため微調整はできるけれど、結果として、裾が短くみえたり床に引きずってしまう可能性もあるので注意しておきたいですね。

因みに、アジャスターフックの可動範囲(微調整できるサイズ)は、

  • Aフックなら、上方向に約1~2cm。下方向に約3~4cm。
  • Bフックなら、上方向に約3~4cm。下方向に約1~2cm。

この程度カーテンの長さが調節できます。

このように、アジャスターフックは約5cmの範囲内で高さの微調整ができるようになっていますが、正しい採寸で調節をせずに済むことがカーテンを美しく見せるコツです。

では、フックはどのように選べば良いのでしょうか。

※カーテンの測り方についてはこちらの記事をどうぞ。

カーテンの採寸方法【カーテンの採寸方法】カーテンの正しい測り方について

カーテンの取付け方で決まるフックの選び方

フックの選び方は、カーテンレールの種類と取りつけ方で判断することができます。

一般的な二重吊りの場合

カーテン二重吊り フックタイプ

一般的な2本の機能性レールに、カーテンを取り付ける場合

室内側のドレープ(厚地)カーテンは「Bフック
窓側のレースカーテンは「Aフック」になります。

カーテンボックスの場合

カーテンボックス内 フックタイプ

箱型や、天井埋め込み式のボックス内にカーテンを取り付ける場合

どちらのカーテンも「Aフック」になります。

装飾レールと機能レールの組み合わせ

装飾レールと機能レールのフックタイプ

室内側が装飾レールの場合、ドレープカーテンは「Aフック
後ろ側が機能レールの場合、レースカーテンは「Bフック」になります。

装飾レールダブル付の場合

装飾レールダブル付けのフックタイプ

2本とも装飾レールの場合は、どちらのカーテンも「Aフック」になります。

※カーテンのヒダについては、こちらの記事を参考にして下さい。

カーテンのヒダ倍率【カーテンのヒダについて】 1.5倍ヒダや2倍ヒダとは?

まとめ

フックの仕組み、お分かりいただけましたか?

微調整ができるから気にしなくて大丈夫。という方もいらっしゃると思います。

たかが1cmでも、上下の丈に大きく影響してしまうので、カーテンのサイズはたとえ1cmでも大切に考えましょう。

特にオーダーカーテンに於いては、ぴったりサイズが美しいものです。

AフックとBフックの違いを理解して、美しいカーテン選びに役立てて下さい。

おすすめのカーテン屋