おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【お部屋をイメチェン】アクセントクロスの張り替え費用ってどのくらい?

アクセントクロスでお部屋をイメージチェンジ

お部屋の壁紙を部分的に変える「アクセントクロス」ですが、気分転換やイメチェンしたいときでも手軽なので紹介します。

親方

クロス工事の親方です。

お部屋全部の壁紙を変える予算は無いけど、お部屋のイメージを変えたいという人にはアクセントクロスがオススメです。

アクセントクロスなら「DIY」でも簡単に挑戦できますので、手先が器用な方なら綺麗に貼れると思いますし「専門業者」に依頼してもそんなに高くはありません。

ちょっとお部屋を模様替えしたいという方に向けて詳しく解説しますので、興味あると言う方はどうぞご覧ください。

アクセントクロスとは

アクセントクロスは一般にもかなり広がってますので説明するまでもないと思いますが、知らないという方のために一応説明したいと思います。

まずは画像をご覧ください。

サンゲツのアクセントクロス

引用:サンゲツ

この画像は壁の1面をアクセントクロスにしたパターンですが、アクセントクロスにこれといった決まりはありません。

つまり、どこに使ってもOKという訳です。

天井にアクセントクロス

引用:サンゲツ

この画像は天井にアクセントクロスを使ったパターンです。

黒系の壁紙を天井につかうと、シャープな印象になりますよね。

寝室のアクセントクロス

引用:サンゲツ

こちらは寝室に柄のあるアクセントクロスです。

全部真っ白の壁では殺風景で冷たい印象を受けますが、お部屋の1部分にアクセントクロスを使うことで「高級感」や「おしゃれ」に見せることも可能ですよね。

このように、部分的に違う壁紙を使う手法が「アクセントクロス」という訳です。

DIYでアクセントクロス

この章は自分で壁紙を貼ってみたいという方に解説します。

どんな順番でアクセントクロスのDIYに取り掛かれば良いのか分からないという場合ですが…以下の順番を試してください。

手順1
位置を決める
まずは、お部屋のどの部分にアクセントクロスを貼るか考えることからスタートします。

上記した通りアクセントクロスは自由なので、自分の好きな部分を決めればOKです。

自信がないからヒントが欲しいという人は関連記事をどうぞ。

アクセントクロスの使い方【そうだったのか!】アクセントクロスを使う場所をプロがズバリ教えます
手順2
採寸する
アクセントクロスを使いたい場所が決まったら、必要な数量を計算して壁紙を注文します。

壁紙の測り方は…

【計測方法】壁紙DIYで必要なクロス数量の測り方

この記事を見てもらえば分かると思います。

手順3

壁紙は何百種類もありますので、自分の好みに合うアクセントクロスが必ず見つかります。

大手通販サイトでも沢山の品ぞろえから選べます。

DIYに自信がないという人は貼って剥がせるという便利なアクセントクロスもあります。


シールタイプなら、いま貼ってある壁紙を剥がさずにおしゃれに出来ます。

つまり、失敗してもOK。

普通の壁紙は上から貼れないので、既存の壁紙を剥がす必要がありますが「シール」のアクセントクロスは手間いらずで便利です。

手順4
DIYでアクセントクロス
アクセントクロスの準備ができたら実際に貼っていきます。

壁紙の張り方はプロのクロス屋さんがYoutubeに投稿してますし検索しても沢山のサイトが見つかります。

私も説明してますので、良かったら関連記事をどうぞ。

壁紙リフォーム施工後【アクセントクロスをDIY】自分で壁紙張り替えにチャレンジしたい人が読むべき記事
手順5
アクセントクロス完成
このような順番がオーソドックスです。

DIYのアクセントクロス費用

それではアクセントクロスをDIYした場合の大まかな費用を説明します。

というか、自分で貼るなら材料代と工具代が全てです。

大手通販を紹介しましたが「15m工具付き」で1万円くらいでしたよね。

このあたりが目安ですが「1万円~2万円」でDIYできるんじゃないかと思います。

アクセントクロスを専門業者に依頼する

前提として、専門業者に依頼すれば「失敗」することはありません。

なので…

「絶対に綺麗にしたい」「失敗したくない」

こんな方は初めから「専門業者への依頼」1択が良いと思います。

アクセントクロスを使ったら、他の部分まで気になってしまう人も多いので、すぐに対応してくれる専門業者を見つけておくと安心ですよね。

さらに、アドバイスをもらうことも出来るので

「この位置で良いのかな~??」

と迷ってしまう人にもおすすめは専門業者への依頼です。

そこで気になるのが「専門業者に依頼」したときの費用ですよね。

専門業者のアクセントクロス費用

アクセントクロスを業者に依頼した場合に必要な費用は

「壁紙代金+工事代金」

このような業者が一般的だと言えます。

つまり、材料費と工賃という訳ですが「クロス職人」を1日頼んだ時の人件費が

「1万5千円~3万円」

時間に関係なく人件費としてこのくらいが相場です。

なので、材料費が5千円なら

「人件費1万5千円~3万円」+「材料費5千円」=「合計2万円~3万5千円」

ということになります。

とはいえ、業者によって人件費の設定はかなり違いますし、クロス屋さんの技術力にも差があります。

分かりやすく言うと、高くて下手な業者もあるから注意が必要ということです。

まとめ

少額の予算でおしゃれなお部屋を実現できる「アクセントクロス」を紹介しました。

説明の通りですが、器用な人なら「DIY」でも大丈夫ですし「専門業者」に依頼しても費用的に高くありません。

アクセントクロスは費用対効果の高いインテリアですので、ぜひ取り入れて素敵なお部屋で暮らしてください。

この記事は以上ですが「アクセントクロス」については関連記事もオススメです。

アクセントクロス【アクセントクロスとは?】プロが徹底解説!7つのポイントを押さえて「実例」「選び方」「失敗しない方法」を伝授

人気記事壁紙張り替え業者を探す方法

人気記事壁紙張り替えの最安値業者を探す方法

人気記事リフォーム見積もりサイトを徹底比較