クロス職人の親方ブログ

【猫・犬の壁紙対策】賃貸や持ち家がペットで「ボロボロ」になる前に手を打とう

壁紙や床のペット対策

親方

クロス工事の親方です。

室内でペットを飼うと壁紙や床が「ボロボロ」になりませんか?…早めに対策することをお勧めします。

クロス工事の見積にお伺いすると「猫ちゃん、ワンちゃん」が壁や床をガリガリと傷つけて下地の交換も必要になるケースがあります。

「クロスの貼替えだけじゃダメでしょうか?」

こんな風にいわれると、お客様の視線が痛く感じるのですが残念ながら下地の交換は避けられない案件もあるのです。

ちなみに「下地の交換」が必要な場合、予算は壁紙貼替の2倍強になってしまいますので、負担が重くのしかかるのではないでしょうか。

ということで、ペットが内装をボロボロにする前の対策を記事にしようと思います。

賃貸でペットを飼う前に対策

猫の爪とぎ

持ち家の場合なら退去時の現状復旧がありませんので、自己責任という考え方もできますが「賃貸」では退去時に費用が膨らんでしまいます。

とくに「猫の爪とぎ」は強力で、クロス下地のプラスターボードまでガリガリになることもしばしば。

なので、ペット可物件だとしても「ペット保護シート」をお勧めします。

ペット保護シート

ペット保護シートはポリエステル製の薄いシートです。

貼って剥がせるタイプのアクリル系粘着剤でくっつけますので、退去時に剥がしてしまえば壁紙はイーダメージ。

ペット保護シート

見た目も透明なので、インテリア性を損ないません。

とはいえ、猫が立ちあがったときにシートより上に手が届くと爪痕が残りますので、立ち上がっても保護できる位置に設置してください。

ワンちゃんの場合、壁での爪とぎはしませんが「床」を引っ掻く習性がありますので「ペット保護シート」を床に設置することをお勧めします。

クッションフロアは耐久性がありませんので、心配なら「転ばぬ先の杖」ということで試してください。

持ち家のペット対策

持ち家の場合でも「ペット保護シート」でOKですが、ペットに対応してる壁紙(スーパー耐久性)もありますので紹介します。

壁紙自体を貼替えるメリットは金額です。

ペットが爪とぎしそうなお部屋をグルっと一周、床から70cmくらいまで貼替えることで「ペット保護シート」より安価に対応できます。

天井から床まで全部貼替える必要がなく、クロスに飽きたら「色・柄の変更」の貼替も安価です。

【サンプル】 FE-1620 サンゲツ ファイン 壁紙 (クロス) 糊なし 〈防かび〉 キズ&衝撃に強い スーパー耐久性 (ペット対応) (FE-1620)
サンゲツ(Sangetsu)

スーパー耐久性(ペット対応)壁紙

サンゲツから発売されている「スーパー耐久性」のクロスです。

文字通り耐久性に優れた壁紙で3つの機能を備えています。

引っ掻きキズに強い

壁紙表面に特殊配合したフィルムが付いています。

一般的なビニルクロスより引っ掻き強度が優れていますので、かなりの確率でペットのキズを防止できます。

しかし、なかには腕力の物凄く強いボス猫ちゃんもいますので‟絶対大丈夫”だとはメーカーも言っていません。

衝撃に強い

物を当てればキズになる一般的なビニルクロスの3倍ほど耐衝撃性に優れています。

汚れ防止性・耐薬品性・抗菌性

スーパー耐久性壁紙は、表面フィルム加工により汚れが落ちやすく、お手入れ次第で清潔な状態をキープできます。

ペット対応クッションフロア

ペット対応消臭フロア

フローリングでワンちゃんが滑ってるところを見た経験はないでしょうか?…。

滑る床はワンちゃんへの負担が大きく「腰」「足」のダメージを負ってしまいます。

消臭快適クッションフロアはキズに強く消臭機能がある

滑るワンちゃんを可哀想だと感じたら、ぜひ使って欲しいのが「ペット対応消臭快適フロア」です。

消臭快適フロアは一般的な家庭用クッションフロアより厚みがあり、キズに強いクッションフロアです。

詳しく見ていきます。

消臭機能

クッションに消臭剤が練りこまれてます。

キズがつきにくい

厚みがあるので衝撃に強く、ペットの引っ掻きにも強くなってます。

ペット対応消臭快適フロアについては関連記事で詳しく深堀してますのでどうぞご覧ください。

【ペットの床材】消臭機能つきクッションフロアなら犬も滑らない

本格的なペット対策を考える

いろんなペット対策商品を紹介しましたが、もしも私ならどうするか?..。

参考までにお伝えします。

結論は床と腰壁に「消臭快適クッションフロア」を貼ります。

腰壁まで消臭クッションフロア

こんなイメージです。

床から90cmの高さに巾木のような見切り材を回し、見切り材から下は全部「消臭快適クッションフロア」

恐らくですが、この方法がいちばん耐久性もあり、ペットにも優しいのではないでしょうか。

費用的な面を考えても、耐久性があるのでコスパ最強。

デザイン的にも落ち着いた雰囲気になると思われますのでバッチリです。

私の案に賛同いただける方は、ぜひ「DIY」にチャレンジしてください。

「綺麗にする自信がないから安い業社か知りたい!」

こんな方には、安い業者が見つかるこちらの記事をお勧めします。

クロス職人さんに依頼する方法【格安】1番安い壁紙張替え業者を教えます!クロス職人に直接依頼で「クロスが激安」

6畳のお部屋で費用を見積るとすれば「5万円~10万円」くらいかなと思います。

親方

お金はかかりますが「ペット」にも「飼い主」にも最善策だと思います。

まとめ

この記事では「ペット」から内装を守るということで商品や、その手法を紹介しました。

冒頭でお伝えした通り「賃貸」にお住まいでしたら、なんらかのペット対策をすることを強くお勧めします。

退去時の清算で大金を支払った入居者さんを数多く見てきましたので、この記事を最後まで見てくださった方をお救いできれば本望です。

あなたがたとえ持ち家だとしても、下地まで交換が必要なリフォームは費用が高くつきます。

そうなる前にペット対策してみてはいかがでしょうか。

追記:実際にペット対応リフォームを承りましたので記事にしました。

良かったらこちらの記事もどうぞ。

人気記事壁紙張り替え業者を探す方法

人気記事壁紙張り替えの最安値業者を探す方法

人気記事リフォーム見積もりサイトを徹底比較