【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【和室の窓】カーテンのプロが教える7つのスタイルと選び方

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーが「和室の窓」に合う7つのスタイルを紹介します。

新築や引っ越し・リフォーム等で、「和室にどんなカーテンを選べばいいか分からない」というご相談をいただくことがあります。

和室は障子や襖のイメージが根強く、いざ和室の窓となるとカーテンに迷ってしまうのかもしれません。

和室といえば、古くから日本の誇れる技術がたくさん詰まった空間。

できるだけ和の雰囲気に調和した、和室の窓に相応しいカーテンスタイルを選びたいものです。

この記事では、和室にふさわしい7つのウィンドウトリートメントと、選び方をご紹介しますので参考になれば幸いです。

新築戸建てのカーテン予算と選び方新築戸建てのカーテンにかかる費用(予算)と選び方

※リビングのカーテン選びはこちらをご覧下さい

和室の窓に合うカーテンは?

まず和室には、どのようなカーテンスタイルが合うのでしょうか?

ここ数年、新築のお宅を拝見すると必ずといっていいほど、和室はリビング続きだったり「畳コーナー」として目にする機会が多くなりました。

和室が以前のような独立した部屋ではなくなり、多くは仕切りのない形でリビングに隣接されているため、襖や障子などは全く目にしないことも。

このように、和室がリビングと一体化することでカーテン選びも決して地味なものではなく、現代風な「和モダン」を意識した商品に移行しつつあります。

なので和室のカーテンスタイルも、空間全体のバランスや窓の配置、使い勝手に合わせて形を選ばなくてはいけません。

とはいえ、どんな商品が合うのか分からないもの。

つい迷いがちな和室のカーテン選びですが、和室にもぴったりのアイテムはあります。

では順番にみていきましょう。

和室の窓にぴったり7つのスタイル

①和室を古風に演出する・カーテン

画像提供 東リ

窓掛けの王道「カーテン

悩んでる方も多いように、一見、和室にカーテンはどうなの?と思われがちですがそんなことはありません。

カーテンには、和室にぴったりの色柄を表現したものがあり、小紋柄や、つゆ草・水仙・ささの葉などの植物柄も多く、和の風情を感じさせる落ち着いたデザインが豊富に揃っています。

カーテンは開け閉めもスムーズなので、出入りの多い和室の窓にも向いていますし、お手入れやお洗濯も手軽にできます。

和室をよく利用される方の中には、「カーテンじゃないと落ち着かない」という意見もあるほど。

カーテンは古くから慣れ親しんできたものだからこそ、どこかしら安心感を覚えるのかもしれません。

さらに、生地をたっぷり使えるカーテンには、ヒダとヒダの間に空気の層ができ、和室に断熱効果をもたらしてくれます。

なので和室を寝室代わりに使うという方でも、暖かさを感じられゆったりとくつろぐのに最適です。

個人的にカーテンをお勧めしたい和室の窓は、縁側に設けられた窓です。

昔ながらの和室に多くみられる形状で、カーテンに和柄を取り入れるととても良く映えますし、空間に趣きが感じられます。

一方で和室にカーテンを使うデメリットとしては、リビング続きの場合、スタイルが「ちぐはぐなイメージになりがち」なこと。

そのためリビングと隣り合わせの和室にカーテンを使う場合は、スタイルの統一感にも気を配る必要があります。

また、カーテンは左右に束ねると生地がかさばるため、和室の窓まわりをすっきり見せたい時には向いていないでしょう。

※和室の障子を外してカーテンを取けたい時にはこちらの記事をどうぞ。

突っ張りカーテンレールのアイデア2【カーテンの取り付け】壁に穴をあけられない時は突っ張りレールがお薦め

※和室にぴったりのカーテンを集めてみましたのでイメージの参考に。
和室にぴったりの和柄カーテン15選はこちら

②和室をモダンに演出する・プリーツスクリーン

和室に合うプリーツスクリーン 画像 ニチベイ

生地をじゃばら状に折りたたむ、スタイリッシュな「プリーツスクリーン

和室のモダンな演出にぴったりで、和室にはプリーツスクリーンといわれるほど認知度も高まっています。

プリーツスクリーンの素材は、不織布(ふしょくふ)と呼ばれる、繊維を織らずに熱などで接着して絡み合わせたシート状の布です。

やわらかな光を採り入れる和紙調和織布、光を遮る遮光生地も揃っており、和室のイメージや窓の環境に合わせて選べます。

さらに、1台の商品でレース地と厚地を操作できるツインタイプがあり、採光と目隠しが手軽にできるのも魅力のひとつ。

ツインタイプの布は上下の配置で伸縮しながら開閉するので、1台で2種類の布を操作しても生地がコンパクトに納まります。

なので、窓枠の内側に設置してもすっきりと納まり、両サイドの光漏れはほとんどありません。

プリーツスクリーン ツインタイプ【プリーツスクリーン】ツインタイプで絶対に後悔しないための選び方

プリーツスクリーンは和室に取りつけると、来客時にも自慢できるほどの小粋でおしゃれなアイテムだといえます。

一方デメリットとしては、大きい窓の場合、スクリーンの全開時に操作が重く感じられることです。

なので出入りの多い掃き出し窓や、頻繁に開閉する窓には向いていないでしょう。

因みに、プリーツスクリーンのツインタイプでは、「コード式」ではなく「チェーン式」を選ぶとスクリーンが自動で下降するのでお勧めです。
※コード式の場合は昇降共に手動です。

またプリーツスクリーンはお洗濯ができないため、ハンディモップ等でのお手入れになります。

プリーツスクリーンの選び方【プリーツスクリーン】上手な選び方のポイントを解説します 和室のプリーツスクリーンプロが厳選!和室におすすめのプリーツスクリーン【20選】

③和室をすっきりと演出する・シャープシェード

画像提供 スミノエ

生地のうら側に等間隔の横バーが入る「シャープシェード

シャープシェードは、水平なバーにより美しくたたみ上がるため、和室のスマートな演出に向いています。

選ぶ素材によってはバーが目立ちにくくなりますが、薄手の生地や明るい色を選ぶと、窓からの光でバーが透けて見え、シャープシェード本来の表情が活かされます。

和室に向いているシェードの柄は、光沢のある無地も美しいですし、どこか懐かしさを思わせる和柄や植物柄、小花柄などもおススメ!

バーのアクセントで素材やデザインの美しさが強調されるので、和室の落ち着いた空間をモダンに引き立たせてくれます。

またシャープシェードはカーテンと同じ素材で作れるので、リビングにはカーテン、和室にはシャープシェードというように、同じ生地で統一したり、異なる色柄でコーディネートを楽しむこともできます。

シャープシェードのデメリットとしては、水平なバーが入ることにより、たたみ上げた時の生地の溜り(たたみ代)が大きくなる点が挙げられます。

なので、和室でも窓枠の内側(枠内)に取りつける場合は、向いていないでしょう。

シャープシェードは生地を取り外してお洗濯ができます。(一部できないものもあります)

シャープシェードシャープシェードの特徴と取り付け方法|メリット・デメリットも

④和室を上品に演出する・パネルスクリーン

画像提供 東リ

横方向にスライドさせて開閉する「パネルスクリーン

スタイリッシュな要素に加え、襖のようなイメージもあり、和の空間にもぴったりです。

シェードと同様カーテンと同じ素材で作れることから、和室にパネルスクリーン、リビングはシェードやカーテンという使い方もできます。

パネルスクリーンの場合は、あえて大きめの柄を選ぶと和室の窓にインパクトを与えますし、地模様や流線模様など落ち着いた柄なら和モダンを演出する効果があります。

また、無地をベースに裾にだけ柄を取り入れれば、襖のような雰囲気が楽しめたりセンスも光ります。

パネルスクリーンは、窓の横幅に対し2枚~6枚のパネルで製作するのが一般的ですが、1枚あたりは約30cm~80cm程度の大きさになります。

つまりパネルを全開したときには、窓の両端がふさがってしまうので、窓の大きさや出入り等については考慮しなくてはいけません。

和室の家具と干渉しなければ、できるだけ窓の開口部が狭くならないよう、パネルの製作サイズを大きめにするのが理想的です。

パネルスクリーンは、お洗濯ができます。(一部できないものもあります)

※パネルスクリーンには2パターンの取り付け方法があります。

パネルスクリーン|2種類の取り付け方と間仕切りの活用

⑤和室をシンプルに演出する・ロールスクリーン

画像提供 東リ

シンプルですっきりとした印象の「ロールスクリーン

ロールスクリーンの素材はカーテン同様ポリエステルが主流ですが、大きく分けて2つのタイプに分かれます。

一つは、生地に特殊な加工を施す、パリッと硬い風合いのハードなロールスクリーン。

一方は、カーテンと同じファブリックを使用した、柔らかな風合いのソフトなロールスクリーンです。

ソフトタイプのスクリーンはカーテンと同じ生地で作れるので、リビングと和室を同じ色柄でコーディネートしたり、リビングのカーテンには無地、和室には和柄のロールスクリーンという楽しみ方もできます。

この場合は素材も統一しやすく、リビング続きの和室でも自然に馴染みやすくなるでしょう。

一方、特殊加工のスクリーンには、和紙をイメージした素材や和模様のプリントといったバリエーションがあります。

色やデザインも豊富なので、あえて古風なデザインを選ぶのも、趣きのある演出効果につながります。

ロールスクリーンのデメリットとしては、窓とスクリーンのすき間による光漏れが挙げられます。

なので和室でも、窓枠の内側(枠内)に取りつける場合や、遮光が必要な窓には向いていないでしょう。

ロールスクリーンは生地を取り外してお洗濯ができます。(一部できないものもあります)

ロールスクリーンの光漏れ対策【ロールスクリーンの遮光】すき間からの光漏れを解消するアイテム

⑥和室を涼し気に演出する・天然木のロールスクリーン

和室 天然木ロールスクリーン ニチベイ華紋 (経木)

天然木を使用した涼し気な印象の「ロールスクリーン」

木目調の家具や自然素材に溶け込みやすく、和室のイメージにぴったりです。

ひとつひとつに微妙な色のバラつきが生じるのは、天然木ならではの魅力!

木の特性を活かした、和室に伝統と趣きを感じさせるウィンドウトリートメントです。

ロールスクリーンだけでなく、シェードスタイルにも対応しています。

天然木のロールスクリーンのデメリットも、窓とスクリーンのすき間による光漏れが挙げられます。

なので和室でも、窓枠の内側(枠内)に取りつける場合は、向いていないでしょう。

天然木のロールスクリーンはお洗濯ができないので、ハンディモップ等を使ったお手入れになります。

和室 天然木ロールスクリーン

ロールスクリーン シェード

⑦風情のある和室を演出・竹製ロールスクリーン

和室 竹製ロールスクリーン ニチベイ望月(竹経木)

天然の竹を使用した風情のある「ロールスクリーン」

使うほどに竹ならではの奥深さが増し、和室のナチュラルな雰囲気造りにぴったりです。

こちらもロールスクリーンと、シェードスタイルに対応しています。

天然竹のロールスクリーンのデメリットも同様に、窓とスクリーンのすき間による光漏れが挙げられます。

なので和室でも、窓枠の内側(枠内)に取りつける場合は、向いていないでしょう。

天然竹のロールスクリーンはお洗濯ができないので、ハンディモップ等を使ったお手入れになります。

和室 天然木ロールスクリーン

ロールスクリーン シェード

おしゃれな和室空間の実例和室のおしゃれな部屋づくり・和のインテリア実例【 30選】

和室のカーテン・素材の選び方

では和室の窓には、どのようなカーテンの素材が合うのでしょうか?

本来はコットンやリネンなどの自然素材が向いているといえますが、このような天然素材はある意味デリケートなもの。

丈夫でシワになりにくくお手入れのしやすいポリエステルなら、自宅でのお洗濯も簡単ですし、カーテン以外のシェードやロールスクリーンも洗濯機で洗えます。

最近では、ポリエステルでも綿や麻の風合いを表現したものが多数販売されているので、ナチュラルな演出にはこうした素材を積極的に取り入れるのもいいでしょう。

また和室は、太陽光の影響で畳がダメージを受ける可能性もあります。

なので陽ざしの強い南向きや西向きの窓には、遮光生地の使い分けも必要です。

その他プリーツスクリーンの不織布には、目を楽しませる独特な和の趣きを表現した素材があります。

  • 光を受けて陰影を浮かび上がらせるもの
  • 手漉き和紙の様な長繊維を散りばめたもの
  • 独特の透け感を表現したもの
  • 和紙の手揉み加工の様にアレンジしたもの

このように、カーテンやスクリーンなどの窓を装飾するアイテムには、

和室のイメージにぴったりで、なおかつ趣を最大限に引きだせる様々な素材が揃っています。

和室のカーテン・色柄の選び方

次に、色や柄の選び方をみてみましょう。

色の選び方

和室 色

和室の窓には、できるだけ淡いトーンの色が似合いますが、建具や家具などに合わせた濃い目の色を選択する場合もあります。

色のコーディネートで役立つのは、明るさの明度と、彩りの彩度を合わせた「トーン」と呼ばれるもの。

トーンは明るい~暗いというように、それぞれの色調で分類されています。

なので、リビング続きの和室や畳コーナーの場合には、色のトーンを合わせると馴染みやすく、トーンが違えば個性的な演出になります。

統一感を出したい場合は、リビングとカーテンのスタイルが違っても、同じ色調で選べばコーディネートが上手くまとまります。

和室の窓にも多く使われるのは、一般的にグリーンベージュブラウン系のアースカラーですが、薄めのピンクや紫、ラベンダーや薄めのオレンジなども調和しやすい色です。

このような淡い色使いには、落ち着きやなごみの演出効果があるので、クロスや建具、畳のトーンにも馴染むものを選ぶと自然と調和します。

一方で個性を演出したい場合は、あえてグレー系やこげ茶などのダークな色を取り入れると、淡い色とは正反対の凛としたイメージになり、スタイリッシュな和空間が完成します。

落ち着きのある和室の演出には淡い色、インパクトのある和室の演出にはダーク系の色が似合うでしょう。

基本的にはどのような空間でも、色選びに絶対コレ!という決まりはありません。

ですが、和室は趣や風情を感じたいスペース。それぞれの和室テイストに沿った窓の色選びをする事で、居心地の良い和空間になるのです。

 柄の選び方

和室 柄

和室の窓に合うカーテンの柄は、たとえ大柄でも、目を疲れさせるような派手なものはタブー。居心地が悪くなってしまいます。

なので、できるだけ和のイメージが残る上品で落ち着いた柄を選ぶのがおススメです。

和室の窓のカーテンスタイルは、他の部屋にくらべると比較的選びやすいといえます。

なぜなら、「和柄」に特化した生地が多く、和に相応しいデザインが多数用意されているからです。

たとえばリビングのように多目的な空間は、選ぶスタイルから生地の種類までが幅広く、色柄も数多くの商品から絞っていく必要があるため少し時間がかかります。

一方で、和室は選択肢が大きく分けられ、カーテン?それともプリーツスクリーン?というように、まずスタイルを決めることで更に柄が絞りやすくなります。

このようにスタイルさえ決まれば、あとは和柄の中から、好みの素材やデザインを選ぶことができるのです。

●和室に向いている柄の例、地模様植物柄優しい小花柄葉っぱ小紋柄笹柄水仙など…。

和室のカーテン・スタイルの決め方

ここまで和室に合うカーテンスタイルや色柄の選び方についてご紹介しましたが、スタイルに迷ったときは、まず開閉方向で考えると良いです。

窓の配置や家具とのバランス、使い勝手を考慮してスタイルを絞るようにします。

左右に開閉する方が使い勝手がよければ、「カーテン」「パネルスクリーン」。
上下に開閉する方が使い勝手がよければ、「プリーツスクリーン」「シャープシェード」「ロールスクリーン」という流れで決めていくと入り口がスムーズに運びます。

和室のカーテンに遮光は必要?

よく意見が分かれる部分ですが、和室に遮光は必要でしょうか?

どちらかといえば、和室には優しい光を取り入れるくらいの方が趣きを演出できるでしょう。

けれど和室の方角によっては、強い陽ざしの影響で畳ヤケ家具の色あせが生じる可能性もあります。

このような理由をふまえ、明るさを採り入れるなら遮光は不要ですし、陽射しの影響が気になる場合は、和室にも遮光生地を選択するようにしましょう。

まとめ

和室の窓に合う、7つのカーテンスタイルをご紹介しました。

一見難しそうにみえる和室のカーテン選びですが、このように和のインテリアに相応しい窓アイテムは色々とあります。

どのスタイルを選んでも、それぞれの和空間にマッチしていれば決して失敗にはならず、個性を表現することができるのです。

大切なのはデザインにこだわるように、和室の窓や機能に応じた使い勝手を考えること。

その流れで、リビングとのバランスの良いコーディネートが必要になります。

日本古来の伝統や趣きがつまった和室は、私たち日本人にとっての特別な空間です。

和の柄や情緒に触れながら、和室のカーテン選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)