【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

和室に合うカーテン選び|種類と素材や色柄の選び方

新築や引っ越し・リフォーム等で、「和室にどんなカーテンを選べばいいか分からない」というご相談をいただくことがあります。

そもそも和室にカーテンは合う? カーテン以外は?など…

和室のイメージで最初に浮かぶのは、障子や襖・畳などの伝統的で誇らしい日本文化です。

和室特有の風情は残したままで、ふさわしい商品を選びたいものですね。

ここでは、和室に合う窓装飾エレメントをご紹介します。

リビングのカーテンの選び方についてはこちらをご覧ください

和室に合うカーテン(スタイル)の種類

日本家屋ではあたりまえの和室も、洋風建築が進むにつれ、貴重な空間になりつつある気がします。

ここ数年、新築のお宅を拝見すると必ずといっていいほど、和室はリビング続きだったり「畳コーナー」を目にする機会が多くなりました。

和室が以前のような独立した部屋ではなくなり、多くはリビングに隣接され、襖や障子さえあまり目にしないことも。

このように和室がリビングと一体化することで、カーテン選びも決して地味なものでなく、現代風な「和モダン」を意識した商品に移行しつつあります。

本来あるはずの障子が設置されず、改めてカーテンを選ぶ必要があるため、悩んでいる方も多いのが和室のカーテンだといえます。

和室には、一体どんなスタイルのカーテン(窓装飾エレメント)が合うのでしょうか?

ここでは、和室にぴったりの7つのスタイルをご紹介します。

和室を古風に演出する・カーテン

画像提供 東リ

窓掛けの王道「カーテン
一見、和室にカーテンはどうなの?と思われがちですがそんなことはありません。

カーテンには、和室にぴったりの色柄を表現したものがあり、小紋柄や、つゆ草・水仙・ささの葉などの植物柄も多く、和の風情を感じる落ち着いたデザインが豊富に揃っています。

和室をよく利用される方の中には、「カーテンじゃないと落ち着かない」という意見もあるほど。

カーテンは古くから慣れ親しんできたものだからこそ、どこかしら安心感を覚えるのかもしれません。

さらに、生地をたっぷり使えるカーテンは、ヒダとヒダの間に空気の層ができるため、和室に断熱効果をもたらし、寝室代わりに使うときでも暖かさを感じられ、ゆったりとくつろぐのに最適です。

和室にぴったりの和柄カーテン15選はこちら

和室をモダンに演出する・プリーツスクリーン

画像提供 ニチベイ

生地をプリーツのように折りたたんだ、和モダンの「プリーツスクリーン

和室にぴったりで認知度も高まっています。

プリーツスクリーンは、カーテン生地とは別の素材(不織布)からできていますが、不織布は、繊維を織らずに熱などで接着し、絡み合わせたシート状の布です。

やわらかな光を採り入れる和紙調のものや、光を遮る遮光タイプも揃っているので、和室の方角やイメージに合わせて選ぶことができます。

また、1台の商品でレース生地と厚地を操作できるツインタイプがあり、調光と目隠しが手軽にできるのも魅力のひとつ。

プリーツスクリーンは、不織布をじゃばら状に折りたたみ開閉するので、余分なスペースが必要なく窓枠内でもコンパクトに納まります。

和室をすっきりと演出する・シャープシェード

画像提供 スミノエ

生地のうら側に等間隔の細いバーが入る「シャープシェード」は、生地が綺麗にたたみ上がりモダンなイメージで和室にも調和します。

薄手の生地を選ぶと、窓から差し込む光が透過してバーを浮き立たせ、シャープシェード本来の表情が活かされます。

また、シャープシェードはカーテンと同じ生地で作れるのも特徴です。

リビング続きの和室や畳コーナーの場合、はき出し窓にはカーテン、腰窓にはシャープシェードというように、同じ生地を使ったコーディネートが楽しめます。

和室を上品に演出する・パネルカーテン

画像提供 東リ

横方向にスライドさせて開閉する「パネルスクリーン」は、襖を開けるようなイメージがあり和室にもぴったりです。

シェードと同様カーテンと同じファブリックで作れることから、和室にはパネル、リビングにはカーテンという使い方もできます。

パネルスクリーンは、窓の横幅に対して2枚~6枚のパネルで仕上げるのが一般的ですが、1枚あたりの大きさは約30cm~80cmになるため、パネルを全開した時に窓の開口部が狭くなってしまいます。

そのため和室に利用する場合は、窓の両端に障害物がなければ、できるだけパネルが納まるスペースを広く確保するのが望ましいです。

和室をシンプルに演出する・ロールソフト(ロールカーテン)

画像提供 東リ

シンプルかつ柔らかな風合いの「ロールカーテン(ロールソフト)」も、カーテンと同じファブリック素材で作れるのが特徴です。

カーテンと色や柄を揃えたコーディネートがしやすく、和室にも馴染みやすいです。

デザインは和柄や小紋柄などの古風なものを合わせると、ロールカーテンを採り入れた和モダンなコーディネートが完成します。

和室を涼し気に演出する・天然木のロールスクリーン

和室 天然木ロールスクリーン ニチベイ華紋 (経木)

天然木を使用した涼し気な印象の「ロールスクリーン」

ひとつひとつに、微妙な色のバラつきが生じるのは天然木ならではの魅力。
和室に伝統と趣きを感じさせます。

ロールスクリーンと、シェードに対応しています。

和室 天然木ロールスクリーン

ロールスクリーン シェード

風情のある和室を演出・竹製ロールスクリーン

和室 竹製ロールスクリーン ニチベイ望月(竹経木)

天然の竹を使用した風情のある「ロールスクリーン」

使うほどに竹ならではの奥深さが増して、和室にぴったりです。
ロールスクリーンと、シェードに対応しています。

和室 天然木ロールスクリーン

ロールスクリーン シェード

和室に合うカーテンの素材

丈夫でシワになりにくく、お手入れのしやすいポリエステルがおすすめです。

また畳焼けも気になる場所ですから、デリケートな綿やリネンなどの天然素材はあまり向いていないと言えます。

最近では、ポリエステルでもリネンや綿のような素材感を表現したものがあるので、ナチュラルな演出にはこういった素材を採り入れるのもいいでしょう。

その他にも、プリーツスクリーンに使われる素材として、和の趣を感じさせる商品があります。

●光を受けて陰影を浮かび上がらせるもの
●手漉き和紙の様な長繊維を散りばめたもの
●独特の透け感を表現したもの
●和紙の手揉み加工の様にアレンジしたもの

このように、和室の風情を感じることができる様々なファブリックが存在します。

和室に合うカーテンの色柄の選び方

色の選び方

和室 色

和室はできるだけ落ち着いた色を選ぶのがおすすめです。

色のコーディネートで役立つのは、明度と彩度を合わせた「トーン」です。トーンは、明るい~暗いなどというようにそれぞれの色調でまとめられています。

例えば、和室とリビングのカーテンに統一感を出したい場合は、同じトーンで組み合わせると失敗の少ないコーディネートになり、違うトーンの色を合わせると個性が活かされます。

和室の色として一般的に相応しいのは、グリーンベージュブラウン系のアースカラーですが、薄めのピンクや紫・ラベンダーカラーも案外調和しやすい色です。

淡い色使いには、和室を和ませ落ち着きを与えてくれる効果があります。

反対に個性を演出したい場合は、ダーク系を使えばモダンなイメージになり、ポイントで明るい色を取り入れればアクセントにもなります。

色選びに絶対コレ!という決まりはありませんが、それぞれの和室の雰囲気に調和した色選びをする事が大切です。

 柄の選び方

和室 柄

和室のカーテンに合う柄は、他の部屋にくらべ比較的選びやすいといえます。

たとえば、リビングのように多目的空間は選ぶスタイルも幅広く、色や柄も数多くの商品から絞っていく必要があるため迷ってしまいがちです。

これに対し和室は、「和」という空間を活かせるスタイルを選べば柄も絞りやすくなり、和に相応しいデザインが用意されています。

なので、和室はカーテンかプリーツスクリーンかという具合に、スタイルを決めてしまうことで柄が選びやすくなります。

●和室に向いている柄の例、地模様植物柄優しい小花柄葉っぱ小紋柄笹柄水仙など…。

●無地を選ぶ場合は、風情のある和のインテリアや生け花など存在感のあるものを飾ると、和室にアクセントが生まれます。

和室のカーテンスタイルは開閉方向で絞る

和室のカーテンスタイルを決める入り口として、まずは開閉方向を決めることです。

左右に開閉するなら、「カーテン」「パネルカーテン」。
上下に開閉するなら、「プリーツスクリーン」「シャープシェード」「ロールソフト」という流れで決めていくと絞りやすくなります。

和室に遮光は必要?

光を入れたい時には遮光は必要ないと言えますが、和室は畳焼けが気になる場所でもあります。

和室の方角や光の入り方を考慮し、仮に西向きで強い陽射しが差し込む場合は遮光生地がおすすめです

まとめ

和室は、素晴らしい日本文化を表現できる空間です。
和の柄に触れながら、スタイル選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

カーテン選びで迷ったら、お気軽にご相談下さい。

インテリアショップWORK’s
フリーダイヤル:0120-117-806
メールでのお問い合わせはこちらから

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)