クロス職人の親方ブログ

プロが教える!【プリーツスクリーン】ツインタイプで絶対に後悔しないための選び方

プリーツスクリーン ツインタイプ

窓装飾プランナーの マドカです

プリーツスクリーンのツインタイプは「上下の生地の配置」に注意しましょう。

1台で2種類の生地が操作できる、プリーツスクリーンのツインタイプ

日差しやプライバシーをコントロールできるのでとても便利です。

そんなツインタイプでは「レース生地」と「不透明生地」を、上下どちらに配置するか悩む方も多いのではないでしょうか。

実はプリーツスクリーンのツインタイプは、上下の生地の選び方で役割が大きく変わってしまいます。

なので最初の選択を間違えると、後々、使い勝手や居心地に悪影響が出る可能性も…。

しかし、今回お伝えするポイントを抑えておけば「やっぱり逆にしておくべきだった」と後悔はしなくて済むはずです。

そこで本記事では、プリーツスクリーンのツインタイプで後悔しないための、生地の配置を決める選び方について解説します。

プリーツスクリーンのツインタイプって?

プリーツスクリーン ツインタイプ

そもそも、プリーツスクリーンのツインタイプがどんな商品なのかというと、

  • 上下に開閉させる
  • 1台で「薄地と厚地」の2つの役割を果たす

つまり1台のプリーツスクリーンで、レース生地になったり厚地になったり、または半分ずつというような使い分けができます。

カーテンに例えると、レースカーテンと厚地のドレープカーテンが1枚で繋がったようなものですね。

生地の配置がとても重要!

繰り返しになりますが、そのプリーツスクリーンツインタイプは、上下の生地の選び方がとても重要なんです。

つまり、日中に光を採り込む「レース生地」、そしてプライバシーを守る「不透明生地」。

この2種類の生地を上と下のどちらに配置するかで居心地が変わったり、「外からの視線」や「光の採り入れ方」に大きな影響が出てしまいます。

なので、ツインタイプの生地を決める最初が肝心なのです。

さらにこの上下の配置は、プリーツスクリーンを注文したあとに変更することはできません

プリーツスクリーンのツインタイプで後悔しない選び方

プリーツスクリーン

ではどのように選べばいいのでしょうか。

日中の日射しをコントロールする「レース生地」をポイントにみていきましょう。

レース生地を(上側)に配置する

こちらの画像は、プリーツスクリーンのレース生地を「上側に配置」した場合のイメージです。

プリーツスクリーン ツインタイプ

採光しながら外の視線をシャットアウトする

窓が道路側に面していたり1階の窓よりも低い位置に人通りがある場所では、部屋の中でくつろいでいる時に外の視線が気になりますよね。

このような場合は、プリーツスクリーンの(上側)をレース生地・(下側)を不透明生地にするのがおすすめです。

そうすると「外の視線を防ぎつつ、上からは光を採り入れる」ことができます。

分かりやすくまとめると、プリーツスクリーンの上側をレース生地下側を不透明生地にした方が良いケースは、次のような例です。

  • 外の目線が窓よりも低い位置にある(傾斜道など)
  • 隣の家の窓が同じ高さにある
  • 光を入れながら仮眠をとりたい
  • 部屋の明るさも確保しつつ室内のプライバシーも守る
  • おもちゃ等で部屋が散らかりやすい(小さいお子様のいるご家庭)

レース生地を(下側)に配置する

そしてこちらの画像は、プリーツスクリーンのレース生地を「下側に配置」した場合のイメージです。

プリーツスクリーン ツインタイプ

外の風景を楽しみながら、上からの視線や強い日差しをカットする

プリーツスクリーンのレース生地を下側に配置すると、雪見障子のような使い方ができます。

たとえば、「高い建物やビルの窓からの視線は気になるけど、お庭や外の景色を眺めたい…」という場合ですね。

こんな時は、プリーツスクリーンの(上側)を不透明生地・(下側)をレース生地にするのがおすすめです。

そうすると太陽の光や上からの視線をコントロールしながら、外の風景も楽しむことができます。

こちらも分かりやすくまとめると、プリーツスクリーンの上側を不透明生地下側をレース生地にした方が良いケースは、次のような例です。

  • 強い日差しが入る
  • 光を遮りながら、庭の様子や外の風景を楽しみたい
  • 隣の家の2階からの視線が気になる
  • 高層ビルなど高い位置からの視線が気になる

このようにプリーツスクリーンのツインタイプでは、レース生地と不透明生地の上下の配置によって使い勝手が変わってしまいます。

そのためお店側と何も相談せずお任せしたり適当に決めてしまうと、後から後悔することになるかもしれません。

近くのオーダー専門店や信頼のあるネットショップは、購入前にきちんと説明してもらえるため安心ですが、たとえば自動見積りで購入できる通販サイトなどを利用する場合は、使い勝手を確認せずに決めてしまわないよう「窓の状況」をしっかり把握しておきましょう。

プリーツスクリーンのツインタイプを使い分ける

また、同じ部屋にプリーツスクリーンを2台以上設置する場合は、窓の方角や外の環境にあわせて使い分けるのがお勧めです。

プリーツスクリーン ツイン

画像のように、ひとつの部屋で複数のプリーツスクリーンを設置する際には、「光の入り方」や「視線の防ぎ方」を考慮して上下の生地と配置を選ぶようにしましょう

  • 上から光を入れつつプライバシーを守るときには、レース生地を上・不透明生地を下にする。
  • 上からの視線防止と日差しが眩しいときには、不透明生地を上・レース生地を下にする。

※上側が開くプリーツスクリーンをお探しの方はこちらの記事をどうぞ。

ニチベイ プリーツスクリーン アップダウンスタイル【プリーツスクリーン】上下が開く!アップダウンスタイル

プリーツスクリーンで「遮光」にする際の注意点

また、プリーツスクリーンで「遮光」を選ぶという方も多くいらっしゃると思いますが、遮光生地を選ぶ際に注意しておきたいのが、昇降コードの小さい穴から漏れる光です。

たとえば暗くしたい部屋にプリーツスクリーンを使うときは、コード穴からの光漏れが気になる可能性もありますので、プリーツスクリーンの種類にも注目する必要があります。

近年では、コード穴を無くしたプリーツスクリーンが発売されていて一般的なものに比べると少し割高にはなりますが、遮光を重視する場合は是非チェックしてみてください。

国内大手メーカーのタチカワでは、コード穴の無い「ゼファー」と「フィーユ」が発売されています。

プリーツスクリーンの選び方【プリーツスクリーンの特徴】遮光機能やメリット・デメリットも解説します

プリーツスクリーンフィーユは楽天市場でもご覧いただけます。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は「プリーツスクリーンのツインタイプで絶対に後悔しないための選び方」についてお伝えしました。

このようにツインタイプでは、薄地厚地を上下どちらに配置するかで使い勝手に影響が出てしまうことをお分かりいただけたのではないでしょうか。

生地の配置は、お伝えしたように注文した後の変更ができないため決める段階がとても重要です

また完全な遮光にする際は「コード穴からの光漏れ」だけに限らず、「窓の上下や左右からの光漏れ」にも注意する必要がありますね。

光りの入り方や外からの視線は、日常生活に大きく影響するため、プリーツスクリーンを選ぶ際のポイントとしてしっかり抑えておきましょう。

※カーテン選びのお店に迷った時はこちらの記事もどうぞ

おすすめのカーテン屋