クロス職人の親方ブログ

【プリーツスクリーン】上下が開く!アップダウンスタイル

ニチベイ プリーツスクリーン アップダウンスタイル

窓装飾プランナーのマドカです

上が開くプリーツスクリーンをご存知ですか?

先日お客様(A様)から、

「プリーツスクリーンで上が開く商品はありませんか?」

このような問い合わせをいただきました。

お話を聞いたところ

  • リビングと寝室にプリーツスクリーンを検討中
  • リビングは窓の上をあけて外の景色が見たい(目隠しも必要)
  • 寝室はベッドに横たわって腰窓から夜空を眺めたい

というご要望です。

そこで今回は、A様と同じような願望をお持ちの方にぴったりのアイテム。

大手国内メーカー「ニチベイ」のプリーツスクリーン、アップダウンスタイルをご紹介したいと思います。

【ポイント最大24倍】ニチベイ プリーツスクリーン もなみ 和室 洋室 取付簡単 コトカ アップダウンスタイル チェーン式 幅200×高さ180cm迄

価格:40,370円
(2019/11/15 16:54時点)
感想(0件)

上も開くプリーツスクリーン・アップダウンスタイル

ニチベイ プリーツスクリーン アップダウンスタイル

ニチベイのプリーツスクリーンアップダウンスタイルは、画像のように「上下どちらからでも開閉できる」のが最大の特徴です。

アップダウンスタイルは、スクリーンを好きな位置で止められますので、中央だけを目隠しにしたり、通気や採光を自由に調整することができます。

また上が開くので、夜には月や星空を眺めたり、室内でくつろぎながら「花火を観賞する」という楽しみ方もできますよね。

このようにアップダウンスタイルなら、一般住宅の窓はもちろん、間仕切りに利用したり店舗などの目隠しにも最適です。

一般的なシングルスタイルとツインスタイルは、上が開かない

プリーツスクリーン

通常プリーツスクリーンといえば、

  • 1枚の生地を操作する「シングルスタイル」
  • 2枚の生地を操作する「ツインスタイル」

この2タイプが一般的です。

しかしこのシングルスタイルとツインスタイルは、下は開いても、上は固定されているので開くことができません。

そのため、窓の上部を開けたいときは、アップダウンスタイルがお勧めです。

プリーツスクリーンの選び方【プリーツスクリーンの特徴】遮光機能やメリット・デメリットも解説します

アップダウンスタイルは「シングルのみ」製作可能

プリーツスクリーンのアップダウンスタイルは、シングルスタイル(1枚操作)のみの製作となります。

そのため、2枚のツインスタイルには対応していないので、生地を選ぶ場合は「レース生地か不透明生地」のどちらか1種類の選択になります。

オーダーカーテンの専門店なら、「ニチベイのアップダウンスタイル」といえば直ぐに伝わりますので、生地選びに迷った時は遠慮なく相談してみましょう。

プリーツスクリーン「アップダウンスタイル」の使い方

アップダウンスタイルには、次のような使い方があります。

ニチベイ プリーツスクリーン アップダウンスタイル

  • ①下を閉じたまま、上部からの光を採り入れたり空を眺めることができます。
  • ②上下を開くことができるので、空間の間仕切りにも最適です。
  • ③上からの太陽光や視線を遮り、お庭や外の景色を楽しむことができます。
  • ④全閉して室内のプライバシーが守れます。

操作方法

アップダウンスタイルの操作方法には、

  • コード式
  • ループコード式
  • チェーン式

この3つのタイプがあります。

プリーツスクリーン アップダウン コード式

「コード式」は、昇降も調光も1本のコードで操作します。

プリーツスクリーン アップダウン ループコード式

「ループコード式」は、2種類のコードが付いていて、昇降は操作コード調光はもうひとつのコードでそれぞれ使い分けて操作します。

プリーツスクリーン アップダウン チェーン式

「チェーン式」は、ボールチェーンとコードの2種類の紐が付いています。

昇降はボールチェーンで行い、手前に軽く引いて手を離すと自動的にスクリーンが下降します。

調光はコードで操作します。

窓装飾プランナーのマドカです

使いかたは、こちらのニチベイさんの動画が参考になりますよ。

 出典:ニチベイ

プリーツスクリーンのアップダウンスタイルは「割高」に

このように、上が開くだけでとても開放感がありますよね。

とはいっても、皆さんが気になるのはアップダウンスタイルのお値段ではないでしょうか。

価格の面では、一般的なプリーツスクリーンのシングルスタイルに比べるとやはり高めです。

また、掛け率や割引率などの違いから販売店によってお値段が違ってくると思いますので、参考までに、このページのアイキャッチでご紹介しているスクリーンの生地「コトカ」を例に、メーカー希望小売価格を記載してみました。

ちなみに同じ商品でも、コード式やチェーン式といった操作方法によって価格は違いますので、一般的なシングルスタイルと上が開くアップダウンスタイルの2パターンでご紹介したいと思います。

※価格は、現時点(令和元年11月15日現在)でのメーカー希望小売価格です。

※参考生地(コトカ):W1800mm✕H1800mm。

「コトカ」シングルスタイルの場合。

コード式定価48,000円(税抜)
ループコード式定価50,400円(税抜)
チェーン式定価54,800円(税抜)

「コトカ」アップダウンスタイルの場合。

コード式定価60,100円(税抜)
ループコード式定価62,500円(税抜)
チェーン式定価66,900円(税抜)

いかがでしょうか。

それぞれ3つの操作方法で差額を計算してみると、どれも12,100円と同じ差額になりました。

定価だけをみると高額でちょっと驚くかもしれませんね。

けれど実際にオーダーで注文する場合は、販売店ごとにこの定価からの割引価格で購入することができます。

おそらく平均すると、定価の35%~45%くらいの割引率になるのではないでしょうか。

プリーツスクリーンのアップダウンスタイルは、大手通販サイトでもオーダーすることができます。

【ポイント最大24倍】ニチベイ プリーツスクリーン もなみ 和室 洋室 取付簡単 コトカ アップダウンスタイル チェーン式 幅200×高さ180cm迄

価格:40,370円
(2019/11/15 16:54時点)
感想(0件)

※プリーツスクリーンについてはこちらの記事もどうぞ。

プリーツスクリーンの選び方【プリーツスクリーン】上手な選び方のポイントを解説します プリーツスクリーン ツインタイププロが教える!【プリーツスクリーン】ツインタイプで絶対に後悔しないための選び方

※ハニカムスクリーンのアップダウンスタイルはこちらの記事をどうぞ。

ハニカムスクリーン アップダウンスタイル【ハニカムスクリーン】上が開く!アップダウンスタイル

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ニチベイのプリーツスクリーン「上下が開くアップダウンスタイル」をご紹介しました。

例えば一般的なプリーツスクリーンのツインスタイルでも、上側にレース生地を配置すればうっすらと外の景色を楽しむ事ができますが、外の景色をクリアに楽しむならアップダウンスタイルが向いていますね。

このように、上が開くプリーツスクリーンをお探しならぜひ参考にして下さい。

【ポイント最大24倍】ニチベイ プリーツスクリーン もなみ 和室 洋室 取付簡単 コトカ アップダウンスタイル チェーン式 幅200×高さ180cm迄

価格:40,370円
(2019/11/15 16:54時点)
感想(0件)

おすすめのカーテン屋