おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

トイレの壁紙(クロス)張替え「業者」or「DIY」どちらが正解?

トイレの壁紙張替えは業者に依頼する

親方

クロス工事の親方です。

トイレの壁紙が汚れてきたから綺麗にしたい….そんな方に向けた記事です。

壁紙(クロス)は経年劣化する建材なので、ある程度の期間で汚くもなりますし、剥がれてくることもあります。

※実際の耐用年数が知りたい方は関連記事をご覧ください。

壁紙の寿命【壁紙・クロスの寿命】一般的に何年で張り替える?壁紙の耐用年数・壁紙 クロスはどのくらい長持ちするのか

とは言え、全体的に見て「トイレ」の壁紙だけ気になる場合どうすれば良いのでしょうか?

選択肢は4つですよね。

  • 壁紙張替えを「業者」に頼む
  • 自分で「DIY」する
  • トイレ以外も汚れるまで待ち「業者」に頼む
  • 汚いのを我慢し、あきらめる

こんな感じだと思います。

私の経験上ですが、トイレの壁紙だけ「業者」に頼むのは気が引ける…という方も多いですし、DIYは「難しそう」「面倒くさい」という方も多いです。

なので、この記事では「トイレの壁紙」が汚れて気になる方にプロの意見をお伝えしようと思います。

トイレの壁紙が汚れたら「業者」に貼替てもらう

サッサと結論から言いますが、トイレの壁紙が気になる方は…プロに依頼するのが正解です。

もちろん「DIY」にチャレンジしたいという方もいると思います。

そんな方はYoutubeのような動画サイトで「クロスの貼り方」を検索すれば詳しく解説されてる物もありますので、自分で「DIY」することは可能だと思います。

しかし、プロに依頼するメリットは多く、デメリットが見当たりません。

  • 料金は「DIY」と変わらない
  • 仕上りが綺麗
  • 半日~1日でトイレが綺麗になる

こんな感じですが、深堀りしたいと思います。

業者の壁紙張替え料金は「DIY」と変わらない

トイレの壁紙を貼り替える予算ですが「業者」と「DIY」では若干「業者」の方が高いです。

とは言え、はっきり言ってしまえば、そんなに大差はありません。

具体的には

  • DIY⇒1万円~2万円
  • 業者⇒1万5千円~3万円

このくらいの違いです。

と言っても、高い業者に頼めばもう少し開きがあるとは思います。

しかし「知識」や「技能」の勉強に費やす時間を考えると決して高いというわけではなく、むしろ安いです。

これは「トイレ」という狭い空間だからこそ「金額」の差が小さいということになります。

というのも、クロス業者の単価は「1㎡」で計算しますので「10㎡」程度しかないトイレでは㎡単価2000円だとしても「2万円」くらいにしかならないためですね。

もし、予算の面で躊躇してるなら「見積り」を取り、安い業者に依頼することをお勧めします。

※安い業者については後述します。

クロス屋さんに頼めば仕上りが綺麗

業者といっても、素人に毛が生えた程度の人に依頼するのは止めた方が無難です。

壁紙が汚くなったから「貼替」えたいのに、仕上りが不満では「お金」の無駄使いになってしまいます。

これは「DIY」でも同じで、やりがいはあるかもですが…たぶん綺麗になりません。

理由はかんたんです。

トイレの壁紙貼替が綺麗に出来ない理由

  • 便器が邪魔
  • 狭いので作業性が悪く失敗しがち
  • 狭いので失敗した部分が目立ちやすい

まだまだありますが、トイレのクロス貼替は「プロ」でも嫌がるスペースだということは間違いありません。

なので、ちゃんとした「クロス屋さん」に頼むことをお勧めします。

業者に頼めば「半日~1日」でトイレが綺麗になる

時間的な面が一番大きいと思います。

「トイレの壁紙が汚れたから綺麗にしたい」という希望が、業者に頼むことですぐに解決します。

例えば…

いますぐ業者を探し、依頼すれば「半日~1日」のうちに、あなたのトイレは綺麗になります。

悩んでる時間がもったいないですよね。

仮に「DIY」なら…

  • 材料の注文
  • 道具の注文
  • 既存壁紙を剥がす
  • 下地処理
  • クロスを貼る

このような流れになりますが「壁紙の測り方」や「壁紙の剥がし方」「下地処理の方法」などと調べることがたくさんあります。

さらに…壁紙のDIYに慣れてないので、作業時間もかなり必要になります。

このような、数えきれないストレスを受けるくらいなら「プロ」に依頼した方が建設的ですよね。

それでは、業者に依頼するコツを紹介します。

トイレの壁紙貼替は「クロス屋さん」に依頼する

綺麗なトイレの壁紙

それでは、実際に業者に依頼しようという方に「一番お得な方法」を紹介します。

一般的に壁紙を貼替るときに探すのは…

  • リフォーム業者
  • 大工さん
  • 内装屋さん
  • クロス屋さん

このような候補がありますが、トイレの壁紙を貼替えるなら圧倒的に「クロス屋さん」がお得です。

もちろん、自分の好きな候補に依頼してもOKですが、最終的に壁紙の貼替は「クロス屋さん」の仕事になります。

たとえば、近所の大工さんにお願いしても工事するのは「クロス屋さん」です。

大工さんは「紹介」するだけとなりますが、しっかりと「仲介料」を取る場合もあります。

つまり、費用が高くなります。

なので、自分でクロス職人を探し、依頼することで「費用」をおさえることができます。

トイレは面積が少ないので頼みづらい

冒頭でも触れましたが、業者に依頼した方が満足できるのは分かるけど「トイレ」だけだと頼みづらい…という方がいらっしゃいます。

これについても結論になりますが…考えすぎです。

逆に「トイレだけでも良いので工事させてくれ!」という業者は五万といます。

その理由は「口コミ」ですよね。

クロス工事というカテゴリーでは、一般家庭の「リピーター」は何年も先の話になりますので、そもそも「お得意様」は望めません。

壁紙の耐用年数は10年くらいありますので、10年後のためというよりは「口コミ」での宣伝効果を期待しています。

トイレの貼替だけだとしても「良い評判」が流れることで、費用対効果は大きいのです。

なので、繰り返しですが「トイレだけでは頼みづらい」と思う必要はないということになります。

…でも…「クロス屋さんの知り合いがいない」という場合でも安心してください。

クロス屋さんに知り合いがいないという方は「探す」ことで解決しますし、5分~10分で誰でも簡単に見つかります。

具体的には

このあたりのマッチングサイトや、職人紹介サイトが便利です。

と言ってもインターネットは不安だから詳しく知りたいという方は関連記事にて深堀してますので、どうぞご覧ください。

クロス職人さんに依頼する方法【壁紙の張り替え】安く抑えたいならクロス職人さんに直接依頼する

今の時代は、どんな情報でも「スマホ」で簡単に見つかります。

なので、腕が良く、人柄の良い「クロス職人さん」も簡単に見つかるようになっています。

ぜひ探してください。

まとめ

トイレのクロスを変えようかと迷ってる方に向けた記事を紹介しました。

私自信もクロス屋さんですが、業者に任せた方が絶対にお得だと断言できます。

自分で何とかしたいという気持ちも分かりますが、上記した通り「トイレ」の壁紙を貼替るのは難易度が高いですし、費用も大きく変わりません。

それよりも、おしゃれな壁紙を選ぶことや、トイレに使いたい壁紙の機能を調べる方に時間をかけた方が満足度が高いのではと思います。

そんな関連記事もありますので、あわせてご覧ください。

ということで、この記事は以上です。

リフォーム業者の賢い探し方

リフォームの専門業者は沢山ありますが「価格」や「仕上り」で満足できる業者を探すことが1番大事なポイントです。

1社だけで工事を決めてしまうと「ぼったくり」ではありませんが「リフォーム費用が適正なのか?」判断が出来ません。

ということで、おすすめ出来る「リフォーム業者比較サイト」を紹介します。

一括見積を取って最適な業者を探す。

おすすめの比較サイトは「リフォーム比較プロ」です。

リフォーム比較プロは累計利用者数30万人を超える総合リフォーム比較サイトです。

自宅にいながら「スマホ」や「パソコン」から気軽に複数社の見積もりを取寄せることができます。

チェックポイント

  • 3~4社の相見積りが比較できる
  • 必要事項が少なく「60秒」で無料見積りが取れる
  • 厳選された加盟店の工事だから安心
  • 自分にあったリフォーム会社をじっくり選べる

「リフォーム比較プロ」で相見積もりを取り、業者を「比較」すれば自分の条件にあった最安値の会社を探せます。

リフォーム比較プロは、あなたがお住まいの地域にある専門業者3〜4社の見積を無料で取寄せ「見積り内容を比較」することが出来ます。

また、リフォーム比較プロでは厳格な審査基準を設けており、審査を通過した業者のみが登録されています。

評判が悪い業者については 登録削除される仕組みになっているので、安心して利用できます。

専門家に気軽な相談が出来るのでリフォームの失敗がありません。