おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【プロが忠告】自分でクロスを張替えると高確率で失敗する「出来そうで難しい」

壁紙の張り替えは自分ですると失敗する

親方

この道30年クロス職人の親方です。

自分で壁紙を張り替えたいという人に「本音」でお話しします。

自分でクロスを張替える「壁紙のDIY」ですが…大手通販や専門ショップを見ると糊付きの壁紙が販売されています。

「なるほど、あらかじめ壁紙に糊が付いているなら自分で出来そうだな」

こんな気持ちになり、さらに…

「壁紙は初めてでも簡単に貼れる」

こんな情報をインターネットで見つけて、その気になっていませんか?

結論から言うと、「高確率で失敗するからやめておいた方がいいです」とアドバイスします。

少し上から目線で申し訳ありません。

とはいえ、30年くらいクロスを貼っている私には伝える義務があるんじゃないか?…と思いましたので正直に書いていこうと思います。

それでは、何故、自分で壁紙を張り替えると高確率で失敗するのか?

理由はというと

  • クロスを貼るより剥がす方が大変(下地)
  • クロスの糊について知識が無いと大変(糊の量)
  • カッターなどの道具に慣れてないと大変(経験)

この辺りです。

壁紙を貼るのは簡単そうに見えるという方もいると思いますが、実際にやってみるとメチャクチャ難しい作業です。

つまり、本当に綺麗に貼るには「知識と経験」が必要だという事になります。

ということで、この記事では「自分で壁紙を貼ってみよう」という素人の方に向けて解説してみたいと思います。

自分でクロスを貼ると失敗する理由

冒頭の繰り返しになりますが、自分でクロスを貼ると高確率で失敗します。

その理由は

親方

初心者がクロスで失敗する理由はこのあたりです

  • クロスを貼るより剥がす方が大変
  • クロスの糊について知識が無いと大変
  • カッターなどの道具に慣れてないと大変

詳しく見ていきます。

クロスを貼るより剥がす方が大変(下地作り)

壁紙の下地作り

クロスの張替えでは、既存の壁紙を剥がす必要があります。

とはいえ、壁紙の種類や、経年変化によって「すぐに剥がれる壁紙」と「なかなか剥がれない壁紙」があるんです。

ネットを見ると「裏紙1枚残すように壁紙を剥がしましょう」というアドバイスがありますが…これはプロでもなかなか難しいのです。

つまり、壁紙によっては裏紙が残らない場合もあり、「パテ処理で平滑にする」必要もあるのです。

要するに、ポイントは2つ。

  • 壁紙は裏紙を1枚残すように丁寧に剥がす
  • 裏紙が剥がれてしまったらパテを使って下地を平滑にする

これですが…

「あなたは出来る自信がありますか?」

ちなみに、弟子入りしたばかりの人にやらせてみると、ほとんどの人が出来ません…手取り足取り教えても難しいのが現状です。

クロスの糊について知識が無いと大変(糊の量やオープンタイム)

クロスの糊はある程度経験のあるクロス職人でも、たまに失敗するので繊細な気配りが必要です。

例えばこの辺り

  • 壁紙の材質で糊の量を決める
  • 下地状況を判断して糊の量を決める
  • 壁紙の種類を判断してオープンタイムを決める

要するに、糊の塗布量は全部同じではなく、オープンタイム(糊の塗布後に壁紙に浸透させ馴染ませる時間)が必要な場合もあるという事です。

いい加減な塗布量では、繋ぎ目に隙間が出来たりしますし、壁紙の膨れ(浮き)が残ることもあります。

いかがでしょうか?…何の経験もなく、シチュエーションに合った糊の量が分かるでしょうか?

ちなみに、どうしても自分で貼りたいという方は「糊の付いていない壁紙」を購入し、「自分で糊付け」することをおすすめします。

その際には「原液糊」をお使いください。詳しくは関連記事で説明しています。

壁紙のり【おすすめの壁紙のり】クロスは糊無しで購入し原液糊で貼るのが最強

カッターなどの道具に慣れてないと大変(経験値や道具の差)

突然ですが、「カッターは進行方向に寝かせて使うと切れ味がいい」という事をご存知でしょうか…?

また、「壁紙の繋ぎ目処理でカッターを使う場合には下地を切ってはいけない」ということも最低限の知識として知っておく必要があります。

要するに、カッター、刷毛、ハンドローラーなどの道具を揃えるだけではクロスは綺麗に貼れないということです。

その証拠に、クロス職人修行中の弟子が一人前になるまでには3年~5年の歳月が必要です。

なので、動画や説明書を見るだけでクロスが綺麗に貼れる訳ありませんよね。

こんなことを書くと怒られるかもですが、あえて書きます。

「簡単にクロスが貼れる」なんて無責任な事を言うのは、糊付き壁紙が売りたいか、YouTubeの再生回数を伸ばしたいという目的があるからではないかと思っています。

どうかそんな偽りの情報に騙されないで欲しいです。

素人がいきなり綺麗にクロスを貼れるなら、クロス職人は消えてしまいます。

とはいえ、費用が安ければ「そこそこの仕上りで良い」という方は一定数いると思いますので、「絶対ダメ」とは言いませんが…

それでも「せっかくお金を使うなら、綺麗に仕上がった方がいいのでは?」と思ってしまいます。

ということで、次章では「DIYと業者に依頼する場合」の予算の違いを紹介しようと思います。

DⅠYと壁紙業者ではいったいいくら費用が違うの?

前提としてですが、ここからは「あくまでも綺麗に壁紙を張り替えたい」という方向けの内容になります。

なので、「そこそこでOK」という方の参考にはならないかも知れません。

DⅠYで壁紙を張り替える費用

6畳のお部屋(壁のみ張り替え)という条件で比べてみます。

壁紙の張り替えに必要な物

  • 壁紙40m(8,000円~12,000円)
  • 施工道具(5,000円~25,000円)
  • 備品・その他の道具(3,000円~10,000円)

合計:15,000円~47,000円

※注釈:壁紙の金額は、安いものから高いものまで色々ありますので費用は選ぶ壁紙で異なります。

また、施工道具も同じく、ピンからキリまで様々です。

備品・その他の経費については「脚立」「養生」「ドライバー」など施工以外の道具も必要です。

壁紙業者に頼んだ時の費用

条件は同じで6畳の壁のみの金額です。

業者価格:28,000円~50,000円

※注釈:壁紙業者によって費用は異なりますが、探せば破格の業者も見つかります。

結論:DⅠYはコスパが悪い

ご覧いただいた通りの金額ですが、かかる費用が大きく違う訳ではないですよね。

むしろ、業者に頼めば綺麗に仕上がるし、労力も必要ありません。

結論を言うと、DⅠYはコスパが悪いと言えるのではないでしょうか…?。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では、「自分でクロスを張替えても綺麗に出来ない」という内容を紹介しました。

実際には、お部屋が綺麗にならないばかりか、DⅠYはコスパも悪いという事が分かっていただけたのではないかと思います。

「それなら壁紙業者の探し方が知りたい」

という方はこちらの記事をどうぞ。

壁紙業者の探し方【壁紙業者の探し方】5分で分かる張り替え業者を選ぶおすすめの方法「クロス職人が教えます」

ということで、この記事は以上です。