【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【白い遮光カーテンは透けるのか?】デメリットはないのか?プロが解説・検証してみました

白い遮光カーテン

白いカーテンに憧れる人は多いのですが、どうしても遮光機能のついたカーテンが必要な部屋もあります。

たとえば、西日の入る子供部屋や朝日の眩しい寝室など。

このような部屋に、白い遮光カーテンは使えないのでしょうか?

白には光が透けるイメージがあるので、遮光には向いていないような気がします。

とはいえ、遮光が必要な部屋に白いカーテンを使いたいという人は以外に多いもの。

この記事では、白い遮光カーテンについて分かりやすく解説してみたいと思います。

白い遮光1級カーテンは透けない

白い遮光カーテン

結論から言うと、白であれ遮光1級の機能があれば、ほとんど透けることはありません。

その理由は、遮光1級の性質にあります。

  • 絶対に透けてほしくない場合は、完全遮光1級。
  • ほとんど透けないが、かすかに透ける可能性もあるのが、遮光1級。
  • うっすらと光が透けてみえるのは、遮光2級。
  • 若干透けてしまうものは、遮光3級。

完全遮光1級 遮光率100% 人のシルエットが認識できないレベル
遮光1級 遮光率99.99%以上 人の顔の表情が認識できないレベル
遮光2級 遮光率99.80%~99.99%未満 人の顔あるいは表情がわかるレベル
遮光3級 遮光率99.40%~99.80%未満 人の表情はわかるが事務作業には暗いレベル

わずかな差にみえますが、人の目は0.01%のわずかな光でも敏感に捉えてしまいます。

完全遮光1級カーテン

生地本体からの光漏れは全くないと言えるのが、完全遮光1級のカーテンです。

遮光1級カーテン

色によってかすかに光を通す可能性はあるものの、遮光としては充分な機能を果たすのが、遮光1級のカーテンです。

遮光2級カーテン

程よい光を取り入れるのが遮光2級。遮光カーテンの中でも人気がある等級です。

遮光3級カーテン

遮光機能としては物足りなさを感じる遮光3級。明るさを感じます。


このように、遮光カーテンは完全遮光1級~3級までの4等級に分類されています。

白い遮光1級カーテンは素材や色の影響を考えると、縫い目の穴からかすかに透ける可能性も全くゼロではありませんが、遮光機能としては充分に機能を果たします。

※遮光カーテンの等級については詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

【遮光カーテン】1級・2級・3級の違いと光漏れを防ぐ取りつけ方

ほんとに白の遮光1級は透けないかを検証

白い遮光1級カーテン

花柄の白い遮光1級カーテンで検証してみました。

白い遮光1級カーテン 裏地

遮光カーテンは、裏地に黒い糸を混ぜることで遮光効果を高めています。

なのでカーテンの裏地が、黒っぽいグレーになっているのがお分かりいただけるでしょうか?

これは遮光等級が高いほど、糸と糸の間の隙間が縮まり密度が深まるため、このように黒っぽい裏地になります。

つまりこの裏地効果が、遮光1級カーテンの光を通さない理由といえるのです。

白い遮光1級カーテンは透けるのか 検証

実際に、白い花柄の遮光1級カーテンを西日の方角に向けて写真を撮りましたが、ほとんど光は通しませんでした。

なので白いカーテンでも遮光1級なら光を遮る機能としては充分だと証明することができます。

但し、遮光1級の白いカーテンでも、素材によってかすかに光を通す可能性もゼロではないと認識しておきましょう!

完全に光を防ぎたい場合は、白い完全遮光1級カーテンがおススメです。

好きな白いカーテンを遮光カーテンに変える魔法!

遮光1級カーテン以外にも、自分好みの白いカーテンを遮光カーテンにする方法があります。

こちらの記事に詳しく書いていますので、興味のある方は参考にして下さい。

【遮光カーテンのつくり方】手持ちのカーテンに裏地をつける簡単ウラ技

白い遮光1級カーテンのデメリットは?

では、白い遮光1級カーテンのデメリットについてはどうでしょうか?

デメリットを挙げるとすれば、白の鮮やかさに欠けるという点です。

白は明るさや鮮明さが魅力のひとつですが、遮光カーテンは、前述のように黒い糸を混ぜることで遮光機能をもたせています。

特に遮光1級完全遮光1級の場合は、遮光2級や3級に比べさらに糸の密度が濃くなり、表側の白い色が濁ってみえる要因があります。

このような理由で、本来のクリアな白を保ったままの、真っ白な遮光1級カーテンを探すのは難しいかもしれません。

けれど、最近ではそのクリアな白を目的とした遮光1級カーテンが次々に開発され始め、販売される数も増えています。

今後の白い遮光カーテンにも期待したいところですね。

まとめ

今回は、白い遮光カーテンについてお伝えしました。

白は多くの人に愛される色。

空間に明るさを演出するだけでなく、遮光としても積極的に使いたい色です。

現状では、白い遮光カーテンの種類は決して多くありませんが、個人的にも増やして欲しい色です。

結論として、白い遮光1級カーテンには効果を期待してもよさそうです。