クロス職人の親方ブログ

【遮光カーテンのつくり方】手持ちのカーテンに裏地をつける「簡単ウラ技」

遮光カーテンのつくり方

カーテンを買ってはみたものの、

「思ったより生地が薄くて落ち着かない」

「遮光カーテンにすればよかった…」

こんなお悩みはありませんか。

生地にもう少し厚みが欲しかったり、遮光機能が必要になったとしても、せっかく手に入れた新品のカーテンを使わずに処分するのは勿体ないですよね。

そんなときにおすすめなのが、裏地用のカーテンです。

この記事では、薄地のカーテンを「遮光カーテンに変えることができる簡単な方法」をご紹介します。

非遮光カーテンと遮光カーテンとの違い

まず遮光カーテンとは、名前のとおり光を遮るカーテンのことです。

カーテンの「遮光生地」と「非遮光生地」は、生地の裏側をみると判断できることがあります。

非遮光カーテンの裏地

遮光無しカーテンの表側                            遮光なし(表側)

遮光無しカーテンの裏側                            遮光なし(裏側)

こちらは非遮光(遮光なし)のカーテンです。

このように、カーテンの裏側からでも模様が分かる(柄が透けている)場合は、遮光機能が付いていません。

遮光付カーテンの裏地

遮光付きカーテンの表側                            遮光あり(表側)

遮光付きカーテンの裏側                            遮光あり(裏側)

一方、こちらは遮光カーテンです。

カーテンの裏側をみると、無地になっていて柄がみえませんよね。(※柄部分は裾の折り返しです)

このようにカーテンの模様が裏側にでない(柄が透けていない)場合は、ほぼ遮光付きと判断することができます。

つまり遮光カーテンは種類によって、

●「黒糸」を織り込んだもの

●生地の裏に合成樹脂をラミネート加工したもの

●アルミ粉末をバックコーティングしたもの

など、初めから光を反射する特殊な加工が施されているため、一枚でも室内を暗くしたり光を遮断する効果があります。

遮光カーテンには等級があります

このように「非遮光カーテン」と「遮光付カーテン」では、裏側からみたときの仕立てが違っていますので、実店舗等でカーテンを探すときは手に取って確かめてみると良いですね。

また、遮光カーテンには暗さの度合いを示す等級がありますから、遮光カーテンを注文する際は、目的に合った等級を選ぶようにしましょう。

※遮光カーテンの等級についてはこちらの記事をどうぞ。

完全遮光1級カーテン【遮光カーテン】1級・2級・3級の違いと光漏れを防ぐ取りつけ方

手持ちのカーテンを遮光カーテンにする方法

では本題ですが、遮光裏地用のカーテンとして裏地ライナーというものがあります。

これは手持ちのカーテンに取付けることができますので、せっかく購入したものを無駄にせずに遮光カーテンがつくれます

しかもライナーは取り外しのきく着脱式ですから、必要なときだけ遮光として活用できるメリットも♪

室内のプライバシー保護が必要なときや、暑さが厳しい真夏の時期にだけ使ってみるのも良いのではないでしょうか。

このように裏地ライナーなら取り外しもきくので、「薄地のカーテンと遮光カーテンの使い分けができる」ところがお勧めです。

※光を通しにくい完全遮光1級カーテンについては、こちらの記事を参考にしてください。

完全遮光1級カーテン【完全遮光1級カーテン】防音(遮音)としての効果やメリット・デメリット

裏地用ライナーの取り付け方

着脱式の裏地ライナーはカーテンフックの裏側に引っ掛けるだけなので取り付けも簡単です。

カーテンに遮光裏地をつけた吊り元のイメージ

さらに、着脱方法もマジックテープまたはサイドクリップの2パターンから選べます。

サイドクリップで留める方法

こちらは、手持ちのカーテンと裏地ライナーを重ねてその両側を「サイドクリップ」で留める方法です。

カーテンの遮光裏地をクリップで留める方法

遮光裏地をつけた時のイメージ

いかがでしょう。

これなら簡単に遮光カーテンがつくれますね。

マジックテープで留める方法

こちらは、カーテンと裏地ライナーの両側をあわせて「マジックテープ」で留める方法です。

カーテンの遮光裏地をマジックテープで留める方法

画像のように、裏地を縫いつける必要がありませんので、どんなカーテンにも取り付けることができます。

カーテンの裏地なしと裏地付きの画像

こちらは裏地なしのカーテンと、裏地ライナーを付けたカーテンのイメージですが、室内から見た印象も違っていることが分かりますよね。

また、カーテンに裏地をつけることは光を遮断するだけではありません。

例えば、

  • カーテンが長持ちする
  • 冬場は室内の温かい空気を逃がしにくい
  • 日差しによるカーテンの劣化を防ぐ
  • 家具やインテリアの日焼け防止になる
  • 重厚感が増す

このような効果が得られます。

遮光裏地をつけると価格は2倍になるの?

では、遮光裏地の価格についてはどうでしょうか。

薄地のカーテンに「裏地ライナー」を付ける場合は、2枚の生地が重なった状態になりますので、価格も2倍になるのでは?と想像しそうですよね。

でも実際には、表側のカーテンの約3割~6割ほど上乗せになる程度で、価格が2倍になることはほぼありません。

但し、これはメインのカーテンと裏地用ライナーを同時に購入する場合のケースなので、後から「裏地用ライナーのみ」を注文する場合は、種類によってそれなりの費用もみておかなくてはいけないでしょう。

「裏地用カーテン」はこんな方におすすめです

初めから遮光機能がなくても、あとから取り付けられる「裏地用のカーテン」は、次のような方におすすめです。

  • 「手持ちのカーテンを遮光にしたい」
  • 「必要なときだけ遮光にしたい」
  • 「お気に入りのカーテンを長持ちさせたい」

遮光カーテンが苦手な方でも、必要なときだけ使えて便利だと思います。

※遮光の裏地用ライナーは大手通販サイトでも探すことができますよ。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、「専用の裏地で、手持ちのカーテンを遮光にする方法」についてお伝えしました。

太陽の強い日射しはお部屋の居心地を左右したり、安眠の妨げになる可能性もあります。

手持ちのカーテンや薄地のカーテンに遮光機能をプラスしたいときには、手軽に取り外しのきく裏地専用の「ライナー」をぜひ活用してみてください。

※こちらの記事もお役立てください。

プチプチで窓の断熱【部屋がさむい】窓の防寒(断熱)対策にはプチプチがおすすめ! 防音カーテン【防音カーテンで解決!】ピアノルームやホームシアターの遮音対策 カーテンのヒダ倍率【カーテンのヒダについて】 1.5倍ヒダや2倍ヒダとは?

おすすめのカーテン屋