クロス職人の親方ブログ

【バーチカルブラインドの洗濯】自宅での洗い方(お手入れ)について

バーチカルブラインドの洗濯方法

窓装飾プランナーのマドカです

縦型バーチカルブラインドの洗濯方法についてお伝えします。

「バーチカルブラインドって洗えるの?」

カーテンの打ち合わせの時に、会話の中でこんな質問をいただく事があります。

確かにブラインドといえば、アルミ製や木製タイプのイメージが強く「洗えない」と思っている方も多いのではないでしょうか。

実はバーチカルブラインドの主な素材は、カーテンと同じポリエステルが主流です。

そのため自宅の洗濯機でも簡単に洗うことができます。

また、ルーバー(羽根)は1枚ずつ取り外せますので、汚れたルーバーを部分的に洗うことも可能です。

というわけで、今回は「バーチカルブラインドのお洗濯」について、その手順や注意点をご紹介しますのでお手入れ時の参考にしてください。

お伝えする内容は、

  • バーチカルブラインドはどれも洗える?
  • バーチカルブラインドの洗濯方法
  • バーチカルブラインドを洗う時の注意点
  • まとめ

このような流れです。

バーチカルブラインドはどれも洗える?

縦型ブラインド

洗えるとは言っても、バーチカルブラインドの全ての生地が「水洗い」できるわけではありません。

素材によっては水洗いができないものも含まれていますので、事前に確認することが大切です。

もしも汚れが気になったら、まずはルーバーに縫い付けられているラベル(取扱絵表示)をチェックしましょう。

自宅でお洗濯ができるものには、「水洗い」の絵表示が付いています。(※下記を参照)

但し、グラスファイバーやアルミ製の場合は洗えませんので、ハンディモップ等でほこりを払い落とすのがおすすめですが、汚れが付いてしまったら、中性洗剤を薄めたものを布に含ませてから軽く拭き取るようにしてください。

ルーバーの洗濯絵表示を確認する

バーチカルブラインドの洗濯絵表示

ルーバーには上の画像のようなラベル(取扱絵表示)が縫いつけられています。

ただ、このラベルはーチカルブラインド1台分の全てのルーバー」に付いている訳ではありません

縦型ブラインド1台(片開き)に対してたった1枚のルーバーにのみ付けられていますので、台数が多くてラベルを探すのに手間がかかりそうな時は、まず左右の一番端のルーバーを確認してみましょう。

縦型ブラインドの施工を専門店や職人さんに依頼したのであれば、おそらく一番端にラベル付きのルーバーが設置されているはずです。

私自身がそのようにしているため、これは勝手な推測ですけど…。

端っこに見当たらない場合は、ちょっと大変ですが1枚ずつチェックしてみてください。

また、バーチカルブラインドの素材によって取扱絵表示の内容が違っている可能性がありますので、必ず絵表示に従ってお手入れするようにしましょう。

因みにこの水洗いに関する絵表示は、販売メーカーによって表記の仕方が異なります。

バーチカルブラインドの洗濯絵表示の例

こちらは、国内メーカー「ニチベイ」と「TOSO」の縦型ブラインドに付いている水洗いのラベルです。

バーチカルブラインドの水洗い絵表示

そしてこちらが、国内メーカー「タチカワブラインド」の縦型ブラインドに付いている水洗いのラベルです。

バーチカルブラインド 水洗い絵表示

窓装飾プランナーのマドカです

この2つのマークのどちらかが付いていれば、水洗いOKです。

バーチカルブラインドの洗濯方法

バーチカルブラインドの洗濯方法

では、洗い方の手順をみていきましょう。

手順1.ルーバーをランナーフックから取りはずす

バーチカルブラインドのお洗濯 ルーバーを外す

まず初めに、バーチカルブラインドのルーバー(羽根)を、レールのランナーフックから取り外します。

手順2.バランスウェイトを抜き取る

バーチカルブラインドのお洗濯 バランスウェイトを抜き取る

次に、ルーバーの裾に入っている四角い「バランスウェイト」を抜き取ってください。

裾に細長いひも(コード)が付いている場合は、それも外します。

手順3.ルーバーを束ねてひもを通す

バーチカルブラインドのお洗濯 ルーバーに紐を通す

ルーバーを束ねて上部にひもを通しましょう。

このときルーバーを多くまとめ過ぎるとお洗濯の際に汚れが落ちにくくなったりしますので、5枚くらいを目安に1つの束にしてください。

窓装飾プランナーのマドカです

ルーバーは1枚ずつでも洗えますので、汚れた部分だけを取り外して洗ってもOKです。

手順4.ひもを結ぶ

バーチカルブラインドのお洗濯 束ねたルーバーのひもを結ぶ

束ねたルーバーのひもを結びます。

手順5.束ねたルーバーを巻く

バーチカルブラインドのお洗濯 ルーバーを巻く

ひもで結んだ部分を中心にして、ルーバーをくるっと巻きます。

30分前後くらい浸け置きにする

この状態のまま「洗剤を入れたバケツ」や「洗い桶」などに、しばらく20分~30分ほど浸しておきます。

洗面台に水を溜めて、そのまま浸け置きにしても良いですね。

このひと手間で一段と汚れが落ちやすくなります。

手順6.洗濯ネットに入れる

バーチカルブラインドのお洗濯 ネットに入れる

30分ほど洗剤に浸したあとは目の細かい洗濯ネットに入れて、巻きがくずれないようにしっかりとゴムバンドで縛ります。

窓装飾プランナーのマドカです

洗濯ネットは、目の粗いものよりも、できるだけ細かいものが良いです。

手順7.洗濯機の弱モードで洗う

最後に洗濯機に入れて、「手洗いモード」または「弱水流」で洗いましょう。

脱水については長くし過ぎると、生地のほつれやシワ・傷みの原因になりますので、30秒くらいを目安に短時間で行ってください。

脱水が終わったら、いつものようにレールに吊り下げて乾かせばOKです。

この時点ではまだ半渇きの状態で、もしかすると水滴が垂れるかもしれませんので、下にタオルや布を敷いておくと良いでしょう。

どんな洗剤を使えばいいの?

バーチカルブラインドのお洗濯には、「オキシクリーン(洗濯用の漂白剤)」がお勧めです。

漂白剤なので「色落ちしないの?」と心配になるかもしれませんが、オキシクリーンは染料を脱色しにくいので色柄もののお洗濯にもつかえます。

バーチカルブラインドの場合は、そんなに汚れが酷くなければ浸け置き洗いでも十分でしょう。

※オキシクリーンは大手通販サイトでも購入することができます。

OXICLEAN(オキシクリーン)
¥4,980 (2020/08/12 07:01:45時点 Amazon調べ-詳細)

バーチカルブラインドを洗う時の注意点

バーチカルブラインド お洗濯時の注意点

このようにお洗濯ができるとはいえ、バーチカルブラインドを洗う前には注意点も!

生地を綺麗な状態で長く保つためにも、下記のことを必ず守りましょう。

バーチカルブラインドのお洗濯で注意したい事

●必ずウォッシャブル(水洗い)マークを確認する

●ルーバーを取り外すときにはそっと優しく扱う(激しく扱うと根元のランナーフックが折れる可能性あり)

●ブラシなどでゴシゴシ洗わない(生地がほつれる可能性あり)

●他の洗濯物と一緒に洗わない

●乾燥機は使用しない

窓装飾プランナーのマドカです

ルーバーを取り外しする際には、優しく扱いましょう。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は「バーチカルブラインドの洗濯方法」についてお伝えしましたが、これなら自分にもできると感じていただけたでしょうか。

洗い方から乾燥までの、細かな手順をもう一度まとめます。

  • 1.ルーバーをランナーフックから取り外す
  • 2.バランスウェイトを抜き取る(裾のコードも)
  • 3.ルーバーを束ねて紐を通す(1束は5枚くらいを目安に)
  • 4.ひもを結ぶ
  • 5.束ねたルーバーをくるっと巻く
  • 6.洗濯ネットに入れる(目が細かいもの)
  • 7.30分くらい水でうすめた洗剤の中に浸け置きにする
  • 8.手洗い(弱)モードで洗う
  • 9.レールに吊るして乾燥させる

汚れが軽いうちは洗濯機で洗わなくても、浸け置きしたまま優しく手洗いするだけで綺麗になることがあります。

バーチカルブラインドを長く使っているけれど、何だか不安で「一度も洗ったことがない」という方はぜひ一度試してみてください。

※こちらの記事もお役立て下さい。

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)【縦型バーチカルブラインドの特徴とは?】メリット・デメリットも解説します バーチカルブラインド【バーチカルブラインド選びの参考に】コーディネート実例20選