クロス職人の親方ブログ

(縦型)バーチカルブラインドが回転しないときの対処法

縦型バーチカルブラインド

窓装飾プランナーのマドカです

もしかしてバーチカルブラインドの故障??とお悩みではありませんか

縦型のバーチカルブラインドを購入した場合、多くの人が取付けはカーテン専門店やプロの業者に依頼されると思いますので、

「縦型ブラインドが回転しない(回らない)」

このようなお悩みは少ないかもしれません。

けれども、ちょっとした取扱いの誤りでブラインドが回転しなくなることがありますので、突然動かないと慌てますよね。

この記事では、縦型のバーチカルブラインドが回らなくなった時の対処法についてお伝えしますので、困ったときの参考にしてください。

おしゃれカーテン・インテリア通販「MUTUKI」

(縦型)バーチカルブラインドが回転しないのはなぜ?

縦型ブラインドのルーバー

まずバーチカルブラインドが回転しないときは、ルーバー(羽根)の取り付け方に主な原因があります

バーチカルブラインドは、自宅でも洗えるものが多く1枚ずつ取り外せるので、例えばルーバーを入れ替えてみたり、汚れたルーバーだけ外してお洗濯をされる方も多いのではないでしょうか。

外したルーバーは簡単に取り付けられますが、つけ方を間違えてしまうとルーバーがうまく回転せずに動かなくなってしまいます。

窓装飾プランナーのマドカです

縦型ブラインドはルーバーを動かすランナーが連動しているので、1枚だけ角度が違っても開閉に影響する場合がありますよ。

(縦型)バーチカルブラインドが回転しないときの対処法

対処法

今回は、縦型ブラインドの大手国内メーカー「ニチベイ」さんと「TOSO」さんの画像をもとに、バーチカルブラインドが回転しないときの対処法について解説したいと思います。

因みに、メーカー「タチカワ」さんの縦型ブラインドも、部品や仕様の細かい部分は異なるものの、ほぼ同じ対処法です。

バーチカルブラインドにはシングルスタイルレース付き(センターレース)スタイルの2種類がありますので、それぞれみていきましょう。

シングルスタイルの場合

シングルスタイルの縦型ブラインドが回転しないときの対処法は、次の通りです。

  • ①ルーバーを取り外してランナーフックの向きをそろえる
  • ②ルーバーの表裏を一定方向にそろえる
  • ③ボトムコードを取付ける(ボトムコード付きの場合)
  • ④ルーバーが正常に回転するか確認する

①ルーバーを取り外してランナーフックの向きをそろえる

縦型ブラインドのヘッドレール出典(画像):TOSO

一旦、ルーバーを全て取り外します。

窓装飾プランナーのマドカです

因みに、ルーバー(羽根)はランナーフックから1枚ずつ取外せます。

そのあと回転操作棒を回して、ランナーフック(ルーバーをひっかけるツメの部分)を本体のヘッドレールと直角の状態にします。

※裾にボトムコード(ルーバーを繋いでる紐)が付いてる場合は、ボトムコードもはずして下さいね。

②ルーバーの表裏を一定方向にそろえる

ルーバーの表裏を揃える出典:ニチベイ

次に、縦型ブラインド本体のヘッドレールに対して垂直に並ぶように、ルーバーを1枚ずつ取り付けていきます。

ルーバーにはがありますので、ちぐはぐにならないよう必ず表裏が一定方向に揃うように取り付けてください。

③ボトムコードを取付ける(ボトムコード付きの場合)

縦型ブラインドが回転しない時の対処法出典:ニチベイ

ルーバーの裾にボトムコード(スペーサーコード)が付いている縦型ブラインドの場合は、一番端から順にコードをひっかけて完了です。

④ルーバーが正常に回転するか確認する

縦型ブラインドが回転しない時の対処法出典:TOSO

最後に、回転操作棒(操作バトン)を回して、ルーバーが正常に回転するか確認しましょう。

ルーバーが正常に回転しないときは上図のようにねじれている可能性がありますので、その場合はルーバーとボトムコードを正しく付け直してください。

センターレーススタイルの場合

センターレーススタイルの縦型ブラインドが回転しないときの対処法は、次の通りです。

  • ①ルーバーを取り外してランナーフックの向きをそろえる
  • ②不透明(厚地)のルーバーを取り付ける
  • ③センターレースのルーバーを取り付ける
  • ④ルーバーが正常に回転するか確認する

①ルーバーを取り外してランナーフックの向きをそろえる

縦型ブラインドのヘッドレール出典(画像):TOSO

まずはシングルスタイル同様、ルーバーを全て取り外します。

そのあと回転操作棒を回して、ランナーフック(ルーバーをひっかけるツメの部分)を本体のヘッドレールと直角の状態にします。

※レース付きの場合は、裾にボトムコード(ルーバーを繋いでる紐)は付属しません。

窓装飾プランナーのマドカです

但し、タチカワのレース付き縦型ブラインド(ツーウェイタイプ)の場合は、ボトムコード付が選べるようになっていますので仕様をご確認ください。

②不透明(厚地)のルーバーを取り付ける

センターレース付き縦型ブラインドが回転しない時の対処法出典:ニチベイ

レース付きの場合は、最初に不透明ルーバーを取付けます。

(注).このとき、レース用のフックを1コずつ飛ばしながら付けてくださいね!

縦型ブラインド本体のヘッドレールに対して垂直に並ぶように、ルーバーを1枚ずつ取り付けていきます。(レース用のフックは回転しません)

ルーバーにはがありますので、ちぐはぐにならないよう必ず表面が左側に揃うように取り付けましょう。

③センターレースのルーバーを取り付ける

縦型ブラインドが回転しない時の対処法出典:ニチベイ

次に、センターレースルーバーを不透明ルーバーのあいだに1枚ずつ取付けていきます。

こちらも、表と裏が一定方向に揃うように注意してくださいね。

レース付縦型ブラインドの取付け方

④ルーバーが正常に回転するか確認する

縦型ブラインドが回転しない時の対処法出典:TOSO

最後に、回転操作棒(操作バトン)を回して、ルーバーが正常に回転するか確認しましょう。

ルーバーが正常に回転しないときは上図のようにねじれている可能性もありますので正しく付け直してください。

ウィルトン織り

まとめ

今回は、バーチカルブラインドが回転しない時の対処法についてお伝えしました。

縦型のブラインドは、ウィンドウトリートメントの中でも高額な商品になりますが、実際に取り付けてみると操作も軽くて快適ですし、窓周りがすっきりした印象になります。

ただ1枚の布を開け閉めするカーテンとは違い機械で操作する仕組みなので、時には予期せぬ不具合が生じるかもしれません。

もしもルーバーが回転しなくなった時には、一旦ルーバーを取り外して、また最初から取り付けてみてくださいね。

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)【縦型バーチカルブラインドの特徴とは?】メリット・デメリットも解説します バーチカルブラインドの洗濯方法【バーチカルブラインドの洗濯】自宅での洗い方(お手入れ)について バーチカルブラインド【バーチカルブラインド選びの参考に】コーディネート実例20選 バーチカルブラインド【施工事例】ニチベイのバーチカルブラインドの取付け「DIY」

おすすめのカーテン屋