クロス職人の親方ブログ

【トイレの壁紙】絶対おすすめのクロスを紹介!水回りはこれで決まり

親方

クロス職人の親方です。

トイレ」や「洗面・脱衣室」に使う壁紙はもう決まりましたか?

30年のキャリアを持つ私がイチオシの壁紙を紹介します。

壁紙選びで悩む方も多いですが、今回は「トイレ」「洗面・脱衣室」限定でおすすめの壁紙を紹介しようと思います。

結論は「珪藻土」の壁紙です。

それでは、おすすめの理由をお話しします。

トイレの壁紙は珪藻土壁紙が圧倒的におすすめ

珪藻土は人気の素材で「珪藻土バスマット」なんかはヒット商品として有名ですよね。

こんなやつです。

そんな珪藻土が人気の理由はというと

  • 調湿性能に優れている
  • 断熱性が高い
  • 室内の空気を清潔に保つ

こんなところです。

天然素材なので、一般的な「ビニールクロス」と違い、質感も良いですね。

それではなぜ「トイレ」や「洗面・脱衣室」におすすめなのか?

繰り返しになりますが

  • 調湿性能に優れている
  • 断熱性が高い
  • 室内の空気を清潔に保つ

これが理由です。

理由のなかでも特に痛感するのは「かび」ですね。

「トイレ」や「洗面・脱衣室」のような水回りは湿気による「かび」のトラブルが多いです。

どのくらい多いのか?というと年間で数えきれないほどです。

新築時は気になりませんが、数年経つと「かび」に悩む人も増えますので最初から予防するに越したことはありません。

「トイレ」や「洗面・脱衣室」に汚れ防止機能のついた壁紙を選ぶ方もいますが、私ならお勧めしません。

理由は「かび」です。※個人の感想なので気にする必要ありません。

トイレや水回りには「板張り」がおすすめ

壁紙(クロス)にこだわらないなら「杉板」などの無垢材を強く推したいです。

調湿性能に優れている「天然材」は本当におすすめできます。

押入れやウォークインクローゼットなどの壁にも「無垢材」を使う工務店もありますが予算的に高くつきます。

しかし、日本の気候は「湿度」が高いため、当然室内の「かび」も多いです。

ですので「かび」の発生を抑える建材を高くても使うという工務店は、お客様のことを真剣に考えてるということでしょうか。

「あっぱれ」だと思います。

トイレ壁紙のリフォーム(張替え)にも珪藻土壁紙がおすすめ

リフォームや壁紙の張替の場合でも「トイレ」や「洗面・脱衣室」には珪藻土がおすすめです。

下地や仕上りの問題を気にする人もいますが、しっかり下地処理すれば問題なく綺麗に仕上がります。

むしろ、剥がしてみると分かるのですが「珪藻土壁紙」の張替えは下地の状態も良く、家自体が長持ちしてるように感じます。

なので、「トイレ」「洗面・脱衣室」リフォームの際には珪藻土をおすすめします。

※下地の状態が良いのは珪藻土壁紙は空気を通すからです。

ちなみにですが、私の案件では「寝室」に使うお客様も多いです。

珪藻土壁紙はデザインが少ない

かなりお勧めな珪藻土ですが、デメリットもありますので書いていきます。

デザインの種類が少ない

サンゲツ珪藻土

上記画像は「サンゲツFAITH」のカタログから引用したのですが、種類はこれだけです。

これでも少し増えたかな?という印象ですが、バリエーションが少ないというデメリットがあります。

若干価格が高い

壁紙自体の価格は、1000クラスの壁紙とほとんど変わりませんが、施工するクロス屋さんによっては「特別単価」を要求することもあります。

天然素材ということで少し難易度があがりますので、技術料をくださいという感じです。

トイレや洗面・脱衣室のような狭い空間なら「特別単価」だとしても、そんなに高くならないので値切るよりは安心できますね。

仕上がりの保証金として数千円なら安い買い物です。

まとめると

  • 種類が少ないのでデザインを楽しめない
  • クロス屋さん次第で価格が高くなることもある

デメリットとしてはこのような感じです。

珪藻土壁紙をアクセントクロスとして使う

上記で紹介したデザイン性のデメリット部分の補足をします。

デザイン性を解消するなら「アクセントクロス」も有効です。という話です。

部分的に壁紙を変える「アクセントクロス」という手法があります。

当サイトでも、アクセントクロスを使いたい方に失敗しない選び方を紹介しています。

【アクセントクロス40選 】失敗したくない方にプロが選び方を解説

アクセントクロス【サルでもわかる】アクセントクロスをプロが徹底解説!7つのポイントを押さえて「実例」「選び方」「失敗しない方法」を伝授

そんな「アクセントクロス」として使えば美的センスに優れた方も満足してもらえるのではないでしょうか。

使い方の例として

  • 1面だけ珪藻土壁紙を使う(色のある珪藻土壁紙)
  • 3面に珪藻土壁紙を使う(白系の珪藻土壁紙)
  • 天井に珪藻土壁紙を使う
  • 天井と壁の1面に珪藻土壁紙を使う

いろいろパターンが考えられますが、機能性を高めたいなら珪藻土壁紙の割合は多い方が良いです。

こんな方法もありますので、デザイン性は解消できるのではないでしょうか。

トイレの壁紙に関する関連記事も書いてます良かったらどうぞ

トイレの壁紙・クロス選び方・参考になる施工例30選

トイレの壁紙・クロス選び【解決】トイレの壁紙(クロス)プロが教える選び方「参考施工例30選」

まとめ

トイレの壁紙には珪藻土がおすすめという話をしました。

最後にまとめたいと思います。

  • トイレなどの水回りは「かび」が発生しやすい
  • 珪藻土壁紙は調湿性能に優れている
  • 珪藻土壁紙は下地に空気を通すので「下地」も長持ちする
  • デザイン性はアイデア次第で解消できる

こんな感じです。

「トイレ」や「洗面・脱衣室」「押入れ」などの壁紙選びで迷ったときは、ぜひ「珪藻土壁紙」を試してください。

この記事は以上です。

トイレのkベガ身張り替え業者【最安】トイレのクロス張替えが安い業者を探す方法 トイレの壁紙・クロス選び 【解決】トイレの壁紙(クロス)プロが教える選び方「参考施工例30選」 トイレ 【トイレの壁紙を張り替える費用】部分的に壁紙をリフォームすると割高? トイレの壁紙張替えは業者に依頼する トイレの壁紙(クロス)張替え「業者」or「DIY」どちらが正解? クッションフロアのDIY 【CFのDIY】トイレのクッションフロアを簡単に張替える方法 トイレの床にクッションフロア リフォーム【トイレの床にCF】ボコボコを補修してクッションフロアを貼りました