クロス職人の親方ブログ

【フラットカーテン】オーダー前に知って得する「7つの知識」

フラットカーテン

窓装飾プランナーのマドカです

今回はフラットカーテンについて解説します。

フラットカーテンをオーダーする前に!

今、フラットカーテンをお考えなら少しだけお待ちください。

フラットカーテンには、意外と知らない幾つかの「落とし穴」があります。

特に重要なのは、横幅のゆとり(生地の量)です。

これはフラットカーテンの仕上がりを大きく左右するため、しっかりと理解しておきたいところ。

そこで本記事では、フラットカーテンをオーダーする前に知っておくべきポイントを「7つの項目」でまとめてみました。

因みに、1.5倍(2ッ山)ヒダや2倍(3ッ山)ヒダについて知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

カーテンのヒダ倍率【カーテンのヒダについて】 1.5倍ヒダや2倍ヒダとは?

①フラットカーテンとは

フラットカーテン

まずフラットカーテンとは、文字通りフラットに仕立てたカーテンのことをいいます。

普通のカーテンには上部につまんだようなヒダ山があり、「2つ山」だったり「3つ山」になっていると思いますが、フラットカーテンにはこのヒダ山がありません

そのため出来上がりのフラットカーテンは、平面で真っ直ぐな1枚仕立てのカーテンになります。

フラットカーテンの最大の特徴は、柄がはっきりと見えてシンプルなこと。

無地のフラットカーテンも素敵ですが、「大きな模様」や「お気に入りの柄を目立たせる」という演出に向いています。

では、皆さんが想像しているフラットカーテンはどのようなイメージでしょうか。

たとえばカーテンを閉じているとき、

  • カーテンレールと平行で真っ直ぐな状態
  • 横幅に少しだけゆとりがある
  • ゆるやかなウェーブがある
  • 大きめのウェーブがある

これはフラットカーテンの横幅のゆとりを表現していますが、4つの中でほぼどれかに当てはまると思います。

とはいえ、全く想像できない方もいらっしゃると思いますので、ここから詳しく解説します。

②見た目を左右する!フラットカーテンの「倍率」

フラットカーテンをオーダーする際には、「フラットカーテン1.1倍」「フラットカーテン1.3倍」という表現をします。

この「〇〇倍」というのは、カーテンレールの長さに対して使う生地の量を指していて、仕上がりを左右するのはこの「倍率」です。

例えば・・・
フラットカーテン1.1倍なら、レールの長さに対して1.1倍の生地をつかう
フラットカーテン1.3倍なら、レールの長さに対して1.3倍の生地をつかう。

という意味です。

つまり、倍率が大きいほど生地の量が増えることになります。

これを先ほどの4つのイメージで表現してみると、

  • レールと平行で真っ直ぐな状態 →(1.0倍
  • 横幅に少しだけゆとりがある →(1.1倍
  • ゆるやかなウェーブがある →(1.2倍~1.3倍
  • 大きめのウェーブがある→(1.4倍~1.7倍

ほぼこのようになります。つまり、

横幅のゆとりがいらないなら1.0~1.1倍

ゆるやかなウェーブがほしいなら1.2~1.3倍

大きめのウェーブがほしいなら1.4倍~1.7倍

が必要ということになります。

では、さらに詳しくみていきましょう。

一般的なフラットカーテンの倍率

フラットカーテンをオーダーする場合、一般的には1.1倍~約1.7倍の範囲で指定します。

1.0倍だとまったくゆとりが無くて生地がピーンと張った状態になりますので「間仕切り」には適していますが、カーテンとして使う場合は1.1倍以上のゆとりをとるのがお勧めです。

中でも人気の倍率は、シンプルでほぼ真っ直ぐな状態の1.1倍や軽いウェーブの出る1.3倍ですが、カーテンを閉じた時の印象は違ってきます

倍率による見え方の違い

少しざっくりですが、画像で説明するとこのような感じです。

フラットカーテン1.0倍 (カーテンレールに対して真っ直ぐなイメージ)

インテリアショップworks 著作権画像

フラットカーテン1.1倍 (ほんの少しゆとりがある)

インテリアショップworks 著作権画像

フラットカーテン1.2倍 (ゆるいウェーブがある)

インテリアショップworks 著作権画像

フラットカーテン1.3倍 (ウェーブがある)

インテリアショップworks 著作権画像

フラットカーテン1.5倍 (大きめのウェーブがある)

インテリアショップworks 著作権画像

フラットカーテン1.7倍以上 (かなり大きめのウェーブがある)

インテリアショップworks 著作権画像

写真の生地はちょっと張りのある素材なので、1.3倍と1.5倍が少しわかりづらくてすみません。

このようにひと口にフラットカーテンといっても、倍率が大きいほど生地量が増えて、ウェーブの溝が深くなります。

何となく、カーテンを閉じたときの印象が変わるのをイメージできるのではないでしょうか。

③フラットカーテンの「メリット」と「デメリット」

またフラットカーテンは、倍率によってそれぞれ「メリットとデメリット」があります。

倍率が小さい場合(1.0倍~1.2倍)

メリット】→ 柄がはっきり見える。窓辺がすっきりとした印象になる。

デメリット】→ ヒダ山が無いのでカーテンを束ねるときに広がりやすい。(生地の厚さにもよります)

倍率が大きい場合(1.3倍~1.7倍)

メリット】→ シンプルだけれど存在感がある。

デメリット】→ カーテンを閉じると、中央は真っ直ぐに伸びて「サイド側に生地が溜まり」やすい。そのため均等なウェーブを出すには自分で寄せる必要がある。(※イメージ図A参照)

インテリアショップworks 著作権画像※イメージ画像A

中でも「倍率の大きいフラットカーテン」は、ウェーブの効果で奥行きが生まれます。

けれど、画像のように波の部分真っ直ぐな部分が生じるため、ウェーブを均等にみせるにはわざわざ手で寄せなければいけません。

この問題を解決するのが、形態安定加工です。

ではどのようなものか見ていきましょう。

④フラットカーテンの「形態安定加工」

カーテンの形態安定加工といえば、今ではご存知の方も多いのではないでしょうか。

いわゆる、カーテンの広がりを抑えるための加工ですね。

ヒダ山仕様のカーテンではお馴染みの加工ですが、実はフラットカーテンにも「形態安定加工」が可能なんです。(※メーカーや生地によって対応できない場合もあります)

形態安定加工をすることでウェーブが整いやすくなり、カーテンを閉じた状態でも均等なウェーブが保てます。

従って先ほどの画像(上図A)のように、中央だけが真っ直ぐに伸びることはありません。

このように、大きい倍率(ウェーブ)のフラットカーテンをオーダーする場合は、使い勝手もよくなる「形態安定加工」がお勧めです。

※こちらは、形態安定加工付きのフラットカーテンのイメージです(画像B)

インテリアショップworks 著作権画像※イメージ画像B

最近では、フラットカーテンのウェーブを美しく整えるカーテンレールも発売されています。

窓装飾プランナーのマドカです

カーテンレールとフラットカーテンの購入を同時に考えている方にお勧めですよ♪

興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

【知って得する】これでフラットカーテンのデメリットを解消!TOSOのカーテンレール【シエロクラウド】

⑤フラットカーテンは「Aフック」がお勧め

では、フックについてはどうでしょうか。

フラットカーテンのフックタイプは、倍率に関係なくAフック(レールが見えるタイプがお勧めです。

Aフックなら、生地とレールが干渉しないためスラスラと開け閉めができます。

一方、Bフックの場合は生地とレールが干渉するため、1.3倍以上のフラットカーテンにはお勧めしません。

倍率が大きい(生地量が多い)と、レールにぶつかって開け閉めがしにくくなるためです。

フラットカーテン Aフックイメージこのように、Aフックならレールに干渉しないので開け閉めがしやすいです。

カーテンフックについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

カーテンフックについて【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

⑥フラットカーテンが一番安いとは限らない

カーテンをオーダーする時、「フラットカーテンが一番安い」という言葉を耳にしたことはありませんか。

2倍ヒダや1.5倍ヒダは値段が高いから、「予算を抑えるためにフラットカーテンにしよう…」と思う方も多いはず。

実はそこにも、ちょっとした落とし穴があります。

確かに、ヒダを寄せたプリーツカーテンに比べると、フラットカーテンは生地量が減るためお値段も安いです。

しかしフラットカーテンでも、1.5倍ヒダカーテンと同じ価格、もしくは高くなってしまうことがあるのです

その理由を順番に説明します。

フラットカーテンと1.5倍ヒダカーテンが同じ価格って?

まず、フラットカーテンと1.5倍ヒダカーテンが同じ価格になってしまう原因についてですが。

これは結論からいうと、カーテン製作時に使用する生地巾が同じになるからです。

オーダーカーテンは、着物と同じようにひとつの反物から作られています。

1巾は大体100cm~150cmが一般的で、生地を「縦方向」に使いますので、カーテンの横幅がこの生地巾を超えてしまうときは「1巾、2巾…」というように生地をつなぎ合わせて仕上げる必要があります。

いわゆる、カーテンの巾つなぎ(継ぎ目のジョイントが入ること)ですね。

その1巾に対する「フラットカーテンと1.5倍ヒダカーテンの価格」が、メーカー側の価格帯設定により重なってしまう箇所があるということです。

因みに補足ですが、薄手の生地(刺繍レースや無地のレースなど)には、継ぎ目の入らないヨコ使いの商品が多く存在します。

画像 インテリアファブリックス協会 窓装飾プランナーbook

フラットの方が1.5倍ヒダカーテンより高くなるケースとは?

またフラットカーテンのお値段が、1.5倍ヒダカーテンよりも高くなるケースというのも存在します。

これはメーカー側が設定する価格帯によるもので、カーテンの横幅(大きさ)によって使用する生地巾の価格帯にズレが生じるためです。

例えば、ある国内メーカーの1つの商品を例に挙げてみますね。

《いずれも生地巾が150cm:横幅200cm×高さ260cmの両開きカーテンの場合》

1.5倍ヒダカーテンだと、2巾使用で

横幅91cm~200cm×高さ241cm~260cmまでの定価が33,700円(税別)

フラットカーテンも同じく、2巾使用で

横幅135cm~268cm×高さ241cm~260cmまでの定価が34,600円(税別)

このようになります。

つまり、同じサイズでも定価設定の範囲によって、フラットカーテンの方が高くなってしまうという訳です。

初めからフラットカーテンにこだわっている場合は別として、予算重視の場合はこうしたケースもあるので、参考までに1.5倍ヒダの見積りも同時に確認してみると良いですね。

⑦フラットカーテンを二重吊りにする際の注意点

最後に、フラットカーテンを二重吊りにする場合は「横幅の倍率」にも注意しましょう

たとえば、ゆとりが1.3倍以上になるとウェーブが大きくなりますよね。

そのため「カーテンレールの種類」や「設置状況」によっては、前後の生地が干渉し合う可能性があります。

というわけで、もし1.3倍以上のフラットカーテンを二重吊りにする場合は、レールの間隔(奥行き)などをお店側に相談されることをお勧めします。

フラットカーテンのコーディネート【窓の演出】フラットカーテンの組み合わせとコーディネート例

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

フラットカーテンには選べる倍率があり、加工によって使い勝手も変わりますので参考になれば幸いです。

最後にこの記事をもう一度まとめると、

  • フラットカーテンは横幅の「倍率」によって見た目が変わる
  • 横幅の倍率でそれぞれ「メリットとデメリット」がある
  • 1.3倍以上のフラットカーテンには「形態安定加工」がお勧め
  • フラットカーテンには「Aフック」が向いている
  • フラットカーテンが一番安いとは限らない
  • 倍率の大きいフラットカーテンの二重吊りはレールの間隔を確認する

このようになります。

フラットカーテンの魅力は、何といっても「デザインそのものを楽しめる」ことや「シンプルさ」にあります。

タペストリー感覚で窓をすっきり演出するなら1.1倍~1.2倍。

ウェーブを付けてスタイリッシュに演出するなら1.3倍~1.7倍程度がお勧めです。

形態安定加工については、カーテンを閉じた状態でも「ウェーブの形に拘りたい」方に向いていますので是非参考にしてください。

人気記事【知って得する】これでフラットカーテンのデメリットを解消!TOSOのカーテンレール【シエロクラウド】

人気記事【窓の演出】フラットカーテンの組合せとコーディネート例

人気記事【カーテンボックス計画】二重吊りカーテンの奥行きはどれくらい?【スタイル別にプロが解説】

おすすめのカーテン屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)