クロス職人の親方ブログ

【プロが伝授】カーテンレール「正面付」と「天井付」の違いと注意点!

正面付けと天井付け

カーテン専門家

カーテン業界歴15年。窓装飾プランナーのマドカです。

今回は、カーテンレールの取り付けに関する内容です。

カーテンレールの取り付け方には、

  • 「正面付け」→ 窓枠の外側に取り付ける
  • 「天井付け」→ 窓枠の内側に取り付ける

この2つの方法があります。

これは窓の形状や、選ぶカーテンレールの種類によって変わることがありますので、自分でカーテンレールを取り付ける際にも知っておきたいですよね。

そこで本記事では、カーテンレールの「正面付」と「天井付」の違いと、取付け前の注意点についてご紹介します。

カーテンレールの「正面付け」とは?

まずは、カーテンレールの「正面付」と「天井付」の違いをみていきましょう。

カーテンレール 正面付け

正面付けは、カーテンレールを窓の木枠または壁面に取りつける方法です。

ごく一般的な取り付け方で、カーテンレールの種類を問いませんので、次のどちらのタイプでも正面付けが可能です。

●機能性カーテンレール(一般的な角型カーテンレール)

●装飾性カーテンレール(インテリア性に優れたカーテンレール)

※カーテンレールの種類については、こちらの記事をどうぞ。
カーテンレールの種類と上手な選び方・取り付けの際に注意すること

正面付けのメリット

正面付けカーテンレールのメリットとしては、

  • 断熱効果がUPする
  • 光漏れの防止につながる
  • 窓を大きくみせることができる

このような点が挙げられます。

つまり窓全体がすっぽりと隠れるようにカーテンを掛けることで、室内の空気を外に逃がしにくかったり、窓の隙間から漏れる光を防ぎやすくなります。

正面付けのデメリット

一方、正面付けカーテンレールのデメリットとしては、

  • 窓の両側に生地がたまる(たたみ代のスペースをとる)

これはカーテンを開けたとき、両端に「生地溜まり」ができるので、家具にも干渉しやすかったり「窓の両端がもたついてみえる」という点です。

カーテンレールの「天井付け」とは?

カーテンレール 天井付け

天井付けは、カーテンレールを窓枠内天井部・あるいはカーテンボックス内に取り付ける方法です。

窓枠の内側なので、レール本体はあまり目立たなくなります。

また設置可能なカーテンレールの種類は、主に「機能性レール」や「小さいキャップの装飾レール」に限定され、両端に飾り(ギボシ)のつい装飾性レールの取付けはできません。

カーテン専門家

因みに、どんなお部屋にも合わせやすいTOSOの装飾レール「ヴィンクス22」は、天井付けも可能ですよ。

天井付けのメリット

天井付けカーテンレールのメリットとしては、

  • 窓周りがすっきりした印象になる
  • カーテンと壁面が一直線(フラット)になる

このような点が挙げられます。

つまりカーテンが枠内に納まるため、カーテンを閉じても窓まわりがすっきりした印象になります。

天井付けのデメリット

一方、天井付けカーテンレールのデメリットとしては、

  • 窓の開口部が狭くなる
  • 結露しやすい窓には不向き(カビの発生)

これはカーテンを枠内に設置することで、窓にかかるカーテンの面積が大きくなる分「開口部が小さくみえてしまう」ことと、結露が出やすい窓には「カビの原因になりやすい」ということです。

カーテンレールを取り付ける前の注意点

またカーテンレールを取り付ける際には、次の点に注意しましょう。

下地の確認

カーテンレール 正面付け

まず一番重要なのは、カーテンレールを取り付けるための下地の確認です。

下地は壁の内側に通っている「柱部分」のことですが、壁の裏側は一部空洞になっているため、下地のない場所にカーテンレールを取付けてしまうと、ネジが外れてレールが落ちる危険性があります。

なのでこのような状況を防ぐためにも、必ず下地探し等を使って、カーテンレールを安全な場所に取り付けるようにしましょう。

※下地探しは、大手通販サイトでも購入できます。

建具やエアコンとの干渉

カーテンレールとクローゼット 干渉

また、とくに新築時のカーテンレールを「正面付け」で取付ける際に注意しておきたいのが、

●建具(部屋のドアやクローゼット)

●エアコン

この2つです。

たとえば、カーテンレールを購入した後にクローゼットのドアやエアコンに干渉することが分かり、結局購入したカーテンレールが無駄になったというケースもあります。

これは「装飾性カーテンレール」にありがちなことですが、せっかく自分好みのレールを購入しても、使えなければ意味がありませんよね。

なので「正面付け」の際には、エアコンの設置場所や、窓の近くに障害物がないかを必ず確認するようにしましょう。

家具のレイアウト

またカーテンレールの「正面付け」と「天井付け」は、家具のレイアウトにも大きく関係しています。

これはどういう事かと言いますと、たとえば窓の下側にベッドや家具を配置する予定があれば、正面付けだとカーテンが干渉したり邪魔になる可能性もあります。

そうなると、天井付けのほうが使いやすいかもしれませんよね。

なのでカーテンレールの購入時には、まず家具やベッドの配置などをシュミレーションしたりして、確認しておくことをおすすめします。

とくに新築や引っ越しの場合は、お部屋の中がまだ何も無い状態ですので注意しておきましょう。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、カーテンレールの「正面付」と「天井付」の違い、そして取付け前の注意点についてお伝えしました。

例えば一ヶ所の窓でも、機能性レールと装飾性レールを使い分ければ、

窓枠内にレースカーテン

外側に厚地のカーテン

というコーディネートも可能ですよ。

カーテンレールの種類や取り付ける位置によって、カーテンの見栄えや空間全体の印象も変わります。

※こちらの記事もお役立てください。

カーテンとレールのおしゃれな窓スタイリング【おしゃれなカーテンレール】窓辺を美しくみせるコーディネート【32選】 カーテンレールお部屋が激変!見栄えがよくなるカーテンレールの取付け方 北欧 スウェーデン【おすすめ5選】プロが選ぶ!北欧スタイルのカーテンレールはこれで決まり!

おすすめのカーテン屋