クロス職人の親方ブログ

【何が原因?】カーテンレールが壊れたときの対処法

窓装飾プランナーのマドカです

カーテン業界歴15年、窓装飾プランナーのマドカです。

今回は、壊れたカーテンレールの対処法についてです。

カーテンレールが壊れてしまったら、新しいレールに交換する必要がありますよね。

でもその前に、カーテンレール本体が破損しているのか、それともレール以外の部品が壊れているかを確認することが大切です。

つまり、

  • カーテンレール本体が折れている(破損している)
  • リングランナーが割れている
  • ブラケットが外れた

このうちどれに該当するかを確かめて下さい。

壊れた箇所によっては、わざわざレールを買い替えなくても済む可能性があります。

そこで今回は、カーテンレールが壊れたときの対処法についてご紹介します。

カーテンレールが壊れたときの対処法

カーテンレールが壊れたときの対処法

では、先ほどの3つの例を一つずつみていきましょう。

  • カーテンレール本体が折れている(破損している)
  • リングランナーが割れている
  • ブラケットが外れた

「カーテンレール本体が折れている(破損している)」ときの対処法

カーテンレール本体が曲がったり折れている場合は、新しいカーテンレールに交換する必要がありますね。

ただ、交換の際に注意しておきたいのは、

●新しいカーテンレールを壊れたレールと同じ長さにする

という事です。

つまり、手持ちのカーテンサイズは壊れたレールの長さが基準になっていますから、レールの長さを変えるとカーテンが使えなくなる可能性があります。

なのでカーテンレールを購入する際には、必ず既存のレールと同じくらいの長さで注文しましょう。

壊れたレールの長さを調べる方法

もしも壊れたレールの長さを測るのが難しければ、手持ちのカーテンの横幅(長さ)を測ってみると良いです。

どんな風に測るのかというと、

●カーテンの裾を横方向にピーンと伸ばした状態で長さを測る

こうすると「カーテンの総巾」が分かりますので、そこから逆算してカーテンレールの長さを割り出すことができます。

この時に、手持ちのカーテンの上部(ヒダ山)が「2つ山」なのか、それとも「3つ山」なのかもチェックしておきましょう。

つまり、

2つ山だったら、カーテンレールの長さに対して約1.5倍の生地が使われている

3つ山だったら、カーテンレールの長さに対して約2.0倍の生地が使われている

ということになります。(※例外もありますが一般的なカーテンに該当します)

例えば、2枚仕様の両開きカーテンで考えてみると、

カーテン巾(裾)の全長が284cm(142cm×2枚)で、ヒダ山が2つの場合は、

284cm÷1.5-10cm(カーテン巾のゆとり)=179.3cmで、カーテンレールの長さはおよそ180cmほどになります。また、

カーテン巾(裾)の全長が420cm(210cm×2枚)で、ヒダ山が3つの場合は、

420cm÷2.0-10cm(カーテン巾のゆとり)=200cmで、カーテンレールの長さはおよそ200cmくらいになっているはずです。

カーテン巾のゆとり

この計算の中で、「-10cmのカーテン巾のゆとりって何?」と疑問に感じた人もいらっしゃるかもしれませんね。

このゆとりに関しては、カーテンを閉じたときに中央がピチピチに突っ張らないようにするため余巾のことで、通常ではレールの長さよりも約3%~5%くらいの余裕をもっておくのが一般的です。

カーテンの大きさや種類によって多少の誤差はありますが、約10cmくらい差し引けばOKです。

因みに、壊れたレールの長さを大まかに測ってみて、計算で割り出したレールの長さと同じくらいになっていれば問題はないでしょう。

※大手通販サイトでも機能性のカーテンレールがご覧いただけます。

機能性カーテンレール
¥2,100 (2021/10/18 15:34:34時点 Amazon調べ-詳細)

「リングランナーが割れている」ときの対処法

次に、リングランナーが割れている場合の対処法についてですが、

カーテンレール本体の破損ではなくリングランナーの故障だったら、ランナーのみを交換することができます。

このリングランナーは、カーテンレールに付属している部品のことです。

つまりカーテンを左右に動かすための滑車ですが、レールのメーカーや種類が分かれば、カーテンショップ等で同じものを注文すると良いでしょう。

但し1個単位ではなく、何個かまとめてのセット注文になるケースが多いです。

またランナーを交換する際には、まずカーテンレールの端っこに付いている「サイドキャップ」を外してから、リングランナーを滑り込ませればOKです。

後入れランナーならレールを分解せずにつかえる

とくにメーカーや品番に拘りがなければ、近くの大型量販店や大手通販サイトでも購入できる後入れランナーというものがあります。

この後入れランナーは、カーテンレールのサイドキャップを外したりしなくても補充できますので、キャップを外すのが困難な場所におすすめです。

※後入れランナーはこちらからも購入できます。

「ブラケットが外れた」ときの対処法

最後は、ブラケットが外れたときの対処法についてですが、

ブラケットは、カーテンレールを取り付けるための部品です。

このブラケットが外れてしまうと、レールが傾いたり、突然落下する原因にもなりますので非常に危険ですよね。

ただ、ブラケットが外れるのはネジが緩んでいる証拠ですから、ネジをしっかり締め直せば、再びカーテンレールを固定することができます。

しかしネジの穴が大きく広がっている場合には、同じところに固定することはできませんので、新しく位置をずらしてネジ留めする必要があります。

このときは、カーテンレールが次のどちらにネジ留めされていたのかを確認しましょう。

  • 窓の木枠
  • 壁の下地

窓の木枠

カーテンレールが窓の木枠に設置されていた場合は、どの位置にずらしてもネジ留めが可能です。

但し、窓の木枠は割れやすいため、必ず下穴をあけてからネジを留めるようにしましょう。

いきなり電動ドライバーを使うと「木枠のひび割れ」につながります。

壁の下地

カーテンレールがに設置されていた場合は、新しいカーテンレールも必ず下地の入っている場所に取付けなければいけません。

つまり下地の無いところは「壁の奥がスカスカの空洞」になっており、カーテンレールを取付けても落下の危険性がありますので注意が必要です。

因みに、基本的な壁の構造については下の画像をご覧ください。

窓が付けられる耐力壁には、間柱(構造材)と内装仕上げ材(石膏ボード)を固定するための胴縁があり、これらの木下地がカーテンレールの下地としてネジ(ビス)が効く部分となっています。

住宅工法によって窓周りの下地位置は違ってきますが、代表的な工法を知っておくと下地の見当がつきますよね。

カーテンレールの取付け 壁の下地

このように柱が入っていない場所は空洞になっています。

ですから、石膏ボードにネジ留めしても固定できなくなりますので、必ず下地部分の柱にブラケットをネジ留めするようにしましょう。

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
¥3,980 (2021/10/18 15:34:35時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では、カーテンレールが壊れたときの対処法についてお伝えしました。

内容をもう一度まとめます。

  • カーテンレール本体が破損している → 同じ長さの新しいレールに交換する
  • リングランナーが割れている → ランナーのみを交換できる
  • ブラケットが外れた → ネジを締め直す・新しい下地場所にネジを留める

カーテンレールの故障は、日常生活にも影響を与えますのでできるだけ早く解決したいものですね。

ただ、レールに不具合を感じても決して慌てる必要はありません。

部品だけの交換だったら余計な出費も抑えられますので、まずはどこに原因があるのかを確かめることが大切です。

関連記事【カーテンレールが外れそう】グラグラするときの対処法とは?

人気記事【おしゃれなカーテンレール】窓辺を美しくみせるコーディネート【32選】

おすすめのカーテン屋