クロス職人の親方ブログ

【対処法】アクセントクロスで失敗したら張替えれば解決します

アクセントクロスの失敗

親方

この道30年クロス職人の親方です。

アクセントクロスを失敗してガッカリしていませんか?

「アクセントクロスで失敗した!」

正直に言いますが、アクセントクロスの失敗は少しも珍しくありません。

要するに、あなただけではありません。

ちなみに、アクセントクロスに失敗しない方法は色々あります

  • 大きなサンプルを取り寄せイメージを掴む
  • ベースの壁紙とメリハリを付ける
  • アクセントクロスを使う位置を考える

こんな感じですが、詳しく知りたい方は関連記事もどうぞ

アクセントクロス【アクセントクロス】サルでもわかる7つのポイントをプロが徹底解説!「実例」「選び方」「失敗しない方法」を伝授

とはいえ、アクセントクロスを貼ってから失敗に気付く事もありますよね。

そんな時は、迷わず「アクセントクロス」を張替える事をおすすめします。

ということで、この記事では「アクセントクロスで失敗した時の対処法」をお伝えします。

アクセントクロスで失敗したら2択

結論から言いますが、アクセントクロスに失敗した時の対処方法は2つです。

  • そのまま我慢する
  • アクセントクロスを張替える

こんなことは誰でも分かることですが、事実、本当にこの2つしかありません。

ちょっと詳しく見ていきます。

我慢する

「自分で選んだアクセントクロスが気に入らない」

こんな場合、責任は全部自分にあるので「我慢」する人が多いです。

そして、気に入らないアクセントクロスを見るたびに失敗を後悔する人も多いです。

ただ、もしも、アクセントクロスを選んだのが業者なら変更を頼みませんか?

つまり、我慢する理由は

  • 費用の問題
  • 自己責任だから仕方ないという感情

ここら辺ではないかと思います。

しかし、考えて欲しいのですが、これから長い間生活するお部屋に気に入らないポイントがあっても平気でしょうか?

諦めたとしても、我慢する事実は変わりませんよね?

要するに、アクセントクロスに失敗したら張替える方が建設的だと言えます。

「でも、高いんでしょ?」

こんな方に費用や所要時間などもお伝えしていきます。

アクセントクロスを張替える

ここからは、実際にアクセントクロスを張替えた事例をもとに紹介します。

通常、アクセントクロスは「壁の1面」に使うことが多いため「アクセントクロスの張替え」では張替え面積が少ないことが一般的です。

つまり、「平方メートル×単価」という業者にアクセントクロスの張替えを依頼すれば安上がりだと言うことになります。

例えば、アクセントクロスの張替面積が10㎡で工事単価が1000円なら1万円でアクセントクロスを張り替える事が出来ます。

下記の画像を見て欲しいのですが・・・

石目調のアクセントクロス

実際の案件で、この石目調のアクセントクロスが気に入らないという方から、「アクセントクロスのみを張替える」依頼がありました。

張替え後がこちらの画像

木目調アクセントクロス

このアクセントクロス張り替えに掛かった費用はと言うと12,000円です。

詳細は

「8㎡×1500円=12000」

という事になりました。

いかがでしょうか?

考え方次第だとは思いますが、ずーっと我慢して生活するなら張替えた方がスッキリしますよね?

ただ、何十万もの費用が必要なら躊躇するかもですが、このくらいの費用なら外食を数回我慢すれば捻出できます。

要するに、安い業者に依頼すればアクセントクロス選びの失敗を取り戻せるという事になります。

ちなみに、安い壁紙業者の探し方は関連記事に詳しく書いていますので、必要ならどうぞご覧ください。

クロス職人さんに依頼する方法【格安】1番安い壁紙張替え業者を教えます!クロス職人に直接依頼で激安に

アクセントクロスを張替えるとき気になる問題

この記事では「アクセントクロスに失敗したら張替えましょう」という提案をしていますが、いざアクセントクロスを張替えるとなると色んな不安や面倒くさいという感情もあると思います。

たとえば

  • 壁紙の張替で下地が悪くならないだろうか?
  • 荷物移動などの手間が面倒くさい
  • 業者を部屋に入れたくない

こんなところ。

なので、業者が実際にアクセントクロスを張替える流れを解説しつつ、気になる問題を見ていきたいと思います。

アクセントクロスを張替える流れ

実際の張替え工事は非常にシンプルです。

  • 1.業者に依頼
  • 2.工事日程を決める
  • 3.着工、完成

ざっくりですが、たったこれだけでOKです。

ちなみに、業者視点でいうならアクセントクロスの張替にかかる時間は半日程度あれば充分です。

また、親切な業者ならちょっとした家具の移動はサービスしてくれますし、あなたが面倒だと感じることはほとんどないと言えます。

ただ、「業者を部屋に入れたくない」という事に関してはどうすることも出来ませんが・・・

あと、親切で安い業者を探すのが難しいという方には相見積もりを気軽に取ることが出来る「リフォーム比較プロ」をおすすめします。



まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では「アクセントクロスに失敗したら張替える」と言う私の意見を提案しました。

実際のところを言うと、私の場合では年間で相当な数のアクセントクロスを張替えています。

要するに、多くの方がアクセントクロスに失敗し、アクセントクロスを張替えているという事ですね。

ですので、「アクセントクロスに失敗してしまった」と消耗するくらいならサッサと次のアクセントクロスを選んだ方が精神的に良いという感じではないでしょうか。

という事でこの記事は以上です。

アクセントクロス【アクセントクロス】サルでもわかる7つのポイントをプロが徹底解説!「実例」「選び方」「失敗しない方法」を伝授