おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【ネジ穴不要!】つっぱり式のアルミブラインドで遮熱・遮光もばっちり

つっぱり式 ブラインド

窓装飾プランナーの山積です

今回は、便利な「ブラインド」をご紹介します。

窓にブラインドを取り付けたいけど、「壁に穴があけられない」とお悩みではありませんか?

多くの賃貸アパートやマンションでは、壁や窓の木枠に穴をあけることができないため、ネジ止めに苦労される方は多いもの。

そんな時に活躍するのが、つっぱり式のブラインドです。

今回は、遮熱や遮光対策にも便利なつっぱり式のアルミブラインドについて解説します。

つっぱり式のブラインドは壁に穴を開けなくてもOK

まずブラインドの魅力は「光を採り入れながら視線をコントロールできる」ことですが、中でもつっぱり式のブラインドが便利なところは、ネジがいらないという点です。

普段みなさんが使われている一般的なブラインドは、壁に「ネジ留め」をして固定されていると思います。

一方つっぱり式のブラインドは、壁と壁の間窓の内側を利用して取りつける「テンションタイプ」になっているため、壁に穴を開けなくても大丈夫。

壁にキズをつけずにブラインドを設置することができます。

マンションやアパートでも手軽につけられる

そのため、賃貸物件でも悩まずにブラインドを取り付けることができますし「新築で壁にキズをつけたくない」という時にも役に立ちますよね。

※ネジ留め不要のカーテンレールについてはこちらの記事をお役立て下さい。

突っ張りカーテンレールのアイデア2【カーテンの取り付け】壁に穴をあけられない時は突っ張りレールがお薦め

ネジを使わないので和室にも便利

また和室の場合は、主に「障子」や「襖」が主役。

そのためカーテンレールが付いておらず、そもそも和室にカーテンやブラインドを付けるという発想がない方も多いのではないでしょうか?

でも和室は「赤ちゃんのお昼寝」に利用したり「昼間の睡眠」につかう方もいて、そうなると障子から差し込む光漏れが気になりますね。

このような時でも、つっぱり式のブラインドなら和室にキズや穴をあけることなく取り付けができます。

窓の形状によっては、障子を外さなくてもつっぱり式のブラインドがつけられるかもしれません。

※和室にカーテンレールをつける場合はこちらの記事をお役立て下さい。

和室の障子【和室の窓DIY】障子を外してカーテンレールを取りつける方法

つっぱり式のブラインドは遮熱・遮光にもぴったり

年々暑さが厳しくなっていますが、エアコンが効かなくて悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

ブラインドは、部屋の中に差し込む光を遮ったり熱を防いだりと、夏の暑さ対策にもぴったりです。

カーテン+ブラインドで光漏れ対策

カーテンとブラインド

たとえば画像のように、一つの窓に「カーテンとブラインド」を組み合わせることは「遮光」や「遮熱」という点でも良く取り入れられる手法です。

でも、ネジ穴をあけてブラインドを取り付けるのはちょっと大変ですよね?

こんな時でも「つっぱり式」なら壁に穴をあけずに取り付けができますので、「カーテンとのダブル使い」で光漏れを防いだり、まぶしい日射しを防ぐことができます。

ただ気をつけたいのは、つっぱり式のため窓枠の中(窓の内側)に取り付けるということ。

また、しっかりと光を遮るなら「遮光カーテン」との併用がお勧めですが、その場合は「遮光等級」にも注意しましょう。

※遮光カーテンの等級の違いはこちらの記事をお役立て下さい。

完全遮光1級カーテン【遮光カーテン】1級・2級・3級の違いと光漏れを防ぐ取りつけ方

遮熱スラットなら光の反射率も高い

アルミブラインド 遮熱 サーモグラフィ—

アルミブラインドには、外からの熱を遮る「遮熱スラット(羽根)」があります。

太陽光の中で暑さを感じる日射の約50%は、赤外線ですね。

遮熱スラットはこの赤外線を反射できるように、スラットの表面に「遮熱塗料をコーティング」することでお部屋の中に熱を通しにくくします。

その赤外線の反射率は、一般的なスラットに比べてなんと「約2.5倍」にもなるので、遮熱スラットならかなり日射しも和らぐといえるでしょう。

参考までに、遮熱スラット遮熱加工をしていないスラットで性能を比較すると、ブラインドの温度差は、

ベージュ系の薄い色の場合、遮熱スラットの温度は「-1.3℃」低くなり

ブラウン系の濃い色の場合、遮熱スラットの温度は「-3.7℃」低くなります。

このように遮熱スラットとはいえ、色の違いによっても差が出てしまいます。

要は、白やベージュ系の薄い色は「元々光の反射率が高い」こともあり1.3℃の違いになっていますが、ブラウンやグレー系の濃い色は3.7℃とより遮熱性能が期待できるということですね。

こうした比較データを参考に、遮熱スラットのブラインドの色を選ぶ際には、濃い色にも注目してみると良いかもしれません。

このように、つっぱり式のブラインドでも遮熱スラットを選べば電気代が節約できそうですね。

因みに大手通販サイトでは、サイズや価格にも様々な種類があります。

また、遮熱スラットは初めから選べるお店とそうでないお店がありますので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

つっぱり式のブラインドは取付けが簡単

では、つっぱり式ブラインドの「取り付け方」をみてみましょう。

メーカーや種類によって部品の細かな違いはあるものの、つっぱり式の基本的な取り付け方はほぼ共通しています。

ご紹介するのは、国内メーカー「タチカワブラインド」のつっぱり式です。

注意
ブラインドを取り付ける際には、壁面を乾いた布などできれいに拭いてから両面テープがくっつきやすいようにしましょう

①プレート受けの貼り付け

つっぱり式ブラインド 取り付け方

まず最初に、ブラインドの取り付け位置を決めます。

位置が決まったら、両方の壁にブラインドをつけるための「プレート受け」を、ツメ側が下になるように「両面テープ」で貼り付けます。

②ヘッドボックスのはめ込み

つっぱり式ブラインド 取り付け方

次にレバーの位置を確認して、ブラインド本体のヘッドボックスを「プレート受けに押し当てて」はめ込みます。

③ヘッドボックスの固定

つっぱり式ブラインド 取り付け方

手で左右のダイヤルが固くなるまで左右均等に回します。

つっぱり式ブラインド 取り付け方

レバーを内側に操作して「ヘッドボックスを固定」させます。

つっぱり式ブラインド 取り付け方

ボックスカバーを端の方にスライドさせて取り付け完了です。

このように、つっぱり式のブラインドは簡単に設置することができますので、ネジの使えないタイル壁やコンクリート壁はもちろん、賃貸住宅や新築の窓にもお勧めです。

つっぱり式のブラインドが取付けできない場所

安全な取り付けと壁面の破損等を防ぐためにも、次のような場所には取りつけることができないため注意しましょう。

●凹凸のある壁面

●布壁

●砂壁

●ベニヤなどのざらざらした面

●フッ素コーティングが施されている面

つっぱり式のブラインドはこんな人にお勧めです

  • 窓枠内にブラインドの取り付け(天井付)ができる
  • キッチンや浴室の窓を隠したい
  • 賃貸物件に住んでいる
  • 壁に穴をあけたくない(ネジの跡をつけたくない)
  • 太陽の日射しを防ぎたい
  • 階上・階下からの人の視線が気になる

※お部屋のプライバシーは守りたいけど部屋の中も明るくしたい方は、こちらの記事もお役立て下さい。

調光ロールスクリーン デュオレ【使って便利】採光と目隠しができる【調光ロールスクリーン】

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、とても便利な「つっぱり式のブラインド」をご紹介しました。

ブラインドは、朝方のまぶしい日射しや西日の対策になりますし、つっぱり式なら必要なときに取り付けることができますよね。

しかも壁にキズがつかないのは、取り付けや取り外しの際にも非常に便利だといえます。

「カーテンじゃなくてブラインドを付けたい」という時には、つっぱり式のブラインドにも注目してみてはいかがでしょうか。