おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【住みながらでも安い】壁紙の張替えを依頼するときに試したい方法

住みながらの壁紙張り替え

親方

クロス工事の親方です。

住みながらの壁紙張り替えは精神的にもつらいのです。

壁紙を張替えるリフォームしたいけど「住みながら」だと割高になりますよね。

「住みながら」壁紙を張替えるケースと「空き部屋」を張替えるケースでは…

  • 必要な予算が違う
  • 仕上りに差が出る場合がある
  • クロス屋さんのモチベーションが違う

ざっくり言うと、こんなところに差が出ます。

「住みながら」と「空き部屋」をキッチリ比べると、同じ面積だとしても「数万円」の差が出ることも普通にありえますので、出来ることなら「空き部屋」の間に壁紙を張替えた方がお得です。

とはいえ、壁紙のリフォームは「住みながら」という方も多くいますので…

もしも「住みながら」壁紙を張替えても「差」が生まれなければ嬉しいですよね。

ということで、この記事では「住みながら」の壁紙張り替えでも…

  • 予算が膨らまない方法
  • 壁紙が綺麗に仕上る方法
  • クロス屋さんのモチベーションを上げる方法

これらの方法をお伝えしたいと思います。

住みながらの壁紙張り替えで予算が膨らまない方法

壁紙の張替えリフォームで「空き部屋」と「住みながら」を比べた場合、明らかに違うのが家財道具など「家具」の有無ですよね。

つまり、家具が価格を引き上げていると考えられます。

ではなぜ家具があると費用が割高になるのでしょうか?…。

理由はこの辺りが一般的です。

  • 家具の移動費用
  • ホコリが付かないための養生費
  • 作業ペースが下がるので単価が割高

こんな感じになります。

少し捕捉しながら説明します。

家具の移動費用

壁紙の張替えでは、ある程度の作業スペースが必要です。

なので、大きな家具などが置いてある状態では作業に支障がでますので、移動する必要があります。

例えば「テレビ」「ピアノ」「ソファー」などを移動するだけで5,000円以上もの移動費用を請求されることも珍しくありません。

「ちょっと動かすだけで5,000円!?」

「ボッタクリじゃないの?」

実際このように感じる方も多いのですが、立場を変えて移動する側から見てみます。

【クロス屋さんが移動する場合】

  • クロスを貼るのが専門なので、家具なんか移動したくない
  • 移動中に壊してしまったら弁償なので「保証料」が欲しい
  • 重たい家具は1人では移動できないので「助手」が必要。いわゆる人件費

個人のクロス職人さんに壁紙の張替えを依頼した場合に「家具の移動」があるとこの辺りを想定した費用がかかります。

なかには「家具の移動はサービスしますよ」というクロス屋さんもいますが、壊してしまえば弁償になるのは避けられませんので、リスクを想定してそもそもの「単価」が高いこともあります。

【リフォーム業者が移動する場合】

  • 管理費用が必要
  • 家具移動などの雑用が仕事だが「つきっきり」だと人件費が割高
  • 1人で移動できない大きさの家具では、別に人件費が必要

リフォーム業者が移動する場合でも「人件費」や「管理費」などは避けられません。

逆に「無料で家具移動します」というような業者は責任が薄いので、ちゃんと工事してくれるかが心配です。

ホコリが付かないための養生費

仮に家具の移動は無料だとしても、ホコリが付かないための養生は必要です。

養生するには「マスカー」や「マスキングテープ」が必要になります。

このような養生用の備品は無料じゃありませんので、見積書に記載がなくても必ず張替え費用に含まれています。

詳しい内訳をもっと知りたいという方はこちらの記事をどうぞ。

クロス工事、見積書の作り方【クロス工事の見積書】作り方や注意点・内訳を紹介します

作業ペースが下がるので単価が割高

「住みながら」のリフォームで最大のネックになるのは作業が進まないこと。

家具を別の部屋に移動できれば良いのですが、少し動かしてはまた動かすような内容のリフォームだと圧倒的に作業ペースが遅れます。

なので、いつもよりも稼げない状態になりますから、その分だけ割増した「単価」を設定しているところも見られます。

つまり、予算を抑えるためには「自分で家具をどかしておく」ことが重要ということです。

壁紙が綺麗に仕上る方法

壁紙の施工では「貼る技術」よりも「下地を作る技術」の方が難しいと言えます。

なので、壁紙の張替えが綺麗に仕上がるには「下地処理」が本当に重要な作業です。

下地処理では壁を平滑にするために「パテ処理」をするのですが、パテ処理後にはサンドペーパーを使い「なめらか」にする必要があります。

しかし、サンドペーパーを使うとパテの粉塵が部屋中に溢れますので「住みながら」の場合は思い切ったやすり掛けができ無いというクロス屋さんもいます。

なので、パテ処理が甘く下地の凸凹が残ったまま施工という事になりかねません。

つまり、このあたりの問題を工事前に了承することで、クロス屋さんも気兼ねなく下地処理ができますので美しい仕上りが期待できます。

分かりやすく言うと「汚れたとしても掃除するのでOKですよ」と一声かけることで綺麗な仕上りが期待できるという事になります。

下地の重要性について知りたいという方は次の記事もどうぞ。

新築とリフォームの壁紙施工の違い【考察してみた】壁紙の張替えは「新築」より施工が難しいのか?

クロス屋さんのモチベーションを上げる方法

はっきり言うと「住みながら」の壁紙リフォームは、クロス屋さんのモチベーションが低くなりがちです。

理由は上記したように「進まないので稼ぎが悪いから」ですね。

しかし、工事日に…

  • 家具が移動してある
  • 汚してもOKだと聞かされる
  • 少しくらい遅くまで作業してもOKと了承してもらえる

これだけで作業が捗りますので、クロス屋さんのモチベーションは一気に上がります。

逆に、クロス屋さんのモチベーションを上げることが出来れば壁紙の張替えは成功したも同然です。

「結局どうすれば住みながらの壁紙張り替えが安くなるの?」

分かりやすくまとめてみたいと思います。

まとめ

それでは最後にまとめます。

住みながらの壁紙張り替えを安く済ませるには…

  • 自分で移動できる家具は「別の部屋」に移動する
  • ホコリが付いて困るものは自分で養生しておく
  • これらをリフォーム業者に伝え「値引き交渉」をしてみる

これで業者側の負担が減りますので、値引きに応じてくれる業者は案外たくさん見つかります。

それでも

「ウチは値引きできません」

と言われたら「値引き交渉」に応じてくれる業者を探せばいいだけという事ですね。

結論として相見積もりを取寄せて交渉すればOKという事になります。

そのあたりは、壁紙の張り替え業者を探す方法を説明した記事がありますので、気になる方は関連記事をチェックしてください。

壁紙張り替え業者【壁紙業者の探し方】5分で分かる張り替え業者を選ぶ方法「クロス職人が教えます」

という事でこの記事は以上です。

親方

親方もツイッター始めました!良かったらフォローお願いします