おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

カーテンのプロが教える【形態安定加工】と【形状記憶加工】の違い

カーテン 形態安定加工 形状記憶加工

窓装飾プランナーの山積です

こんにちは。

今回は、カーテンの「形態安定加工」と「形状記憶加工」の違いをみていきましょう。

この記事をご覧いただいている方は、カーテンの「形状記憶加工ってなに?」

おそらくこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

オーダーカーテンの基本の縫製には、

  • スタンダード(レギュラー)縫製
  • 形態安定加工
  • 形状記憶加工

この3つのタイプがあります。

そこで今回は、「形態安定加工」と「形状記憶加工」は一体何が違うのか、その点について分かりやすく解説したいと思います。

「形態安定加工」と「形状記憶加工」の違い

両方とも似たような名前で、区別がつかない方も多いのでは?

そもそも「形態安定加工」と「形状記憶加工」ではその性質が異なります。

たまに2つの名前が重なって「形状安定」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、どちらとも判断できるため、この機会に其々の特徴を区別しておきましょう。

形態安定加工とは?

カーテン 形態安定加工

「形態安定加工」は、カーテンを縫製した後に蒸気(熱)をあて、ヒダのプリーツを整える加工です。

要は、出来上がったカーテンにスチームアイロンをかけるイメージですね。

プリーツの山の部分が「尖ったイメージ(くの字型)」になるものが多く、どちらかというと「角ばった印象」のプリーツになります。

形態安定加工は、裾の広がりを抑えるアイロンプレス加工と認識しておきましょう。

※生地によっては丸みのあるプリーツになります。

形態安定加工の持続性

形態安定加工の持続性は、一般的にカーテンのお洗濯3回前後になります。

「生地の性質」や「糸の太さ」によって多少の違いはありますが、目安としてこれくらいの持続性です。

但し、遮光カーテンのような厚めの素材になると、「加工がつきにくかったり」「加工が早くとれてしまったり」と、効果が半減する場合もあります。

国内メーカーのスミノエでは、「お洗濯10回まで効果が持続」するドレスアップ10加工もありますが、やはり厚手素材の場合は裾が広がる可能性もゼロではありません。

形態安定加工は、おもに、

1.5倍(2ッ山)ヒダカーテン

2.0倍(3ッ山)ヒダカーテン

この2つに対応しています。

尚、国内メーカーの「スミノエ」と「川島織物セルコン」の場合は、フラットカーテンにも形態安定加工ができます。

形状記憶加工とは?

カーテン 形状記憶加工

「形状記憶加工」は、カーテンを縫製する前の段階で生地を「真空釜にセット」して、プリーツの形を記憶させる加工です。

こちらは、S字のような丸みのある美しいウェーブが繊維に記憶されますので、形態安定加工よりも持続性が長くなります。

プリーツラインを美しく保ちたいときには、形状記憶加工がおすすめです。

形状記憶加工の持続性

形状記憶加工の持続性は、カーテンのお洗濯約5回までは効果があるとされています。

けれど、「硬めの素材」や「ヨコ糸の張りが強い」生地は、お洗濯を繰り返すうちに、裾が広がりやすくなる可能性もあります。

形状記憶加工は、おもに、

2倍(3ッ山)ヒダカーテンのみの対応です。

国内メーカーの「サンゲツ」と「東リ」の場合は、1.5倍(2ッ山)ヒダカーテンにも形状記憶加工ができます。

スタンダード縫製とは?

カーテン スタンダード縫製

「スタンダード縫製」は、生地本来の風合いを活かした一般的なカーテン縫製です。

簡単にいうと、加工をなにもつけていないカーテンのことですね。

そのため、厚手の素材や横糸に張りのある生地では、画像のように「裾がバラバラに広がってしまう」こともあります。

加工の決め手は?

このように、カーテンの基本となる縫製には、

「スタンダード(レギュラー)縫製」

「形態安定加工」

「形状記憶加工」

この3つがあります。

でも実際にオーダーカーテンを購入するときには、どう決めればいいのでしょうか?

もしお店側のアドバイスを貰えない場合は、次の選び方を参考にしてください。

  • ナチュラルな風合いが好みなら「スタンダード(レギュラー)縫製」
  • 裾の広がりを抑える時は「形態安定加工」
  • 綺麗なプリーツが好みなら「形状記憶加工」

このようなイメージで選ぶと良いでしょう。

加工ができないカーテンもある

尚、生地の性質上、形態安定加工や形状記憶加工に対応していない「厚地のドレープカーテン」や「レースカーテン」もあります。

特にデリケートな素材のレースカーテンは、どちらの加工もできません。

「形態安定加工」と「形状記憶加工」の価格

では、価格についてはどうでしょうか?

スタンダード縫製が標準縫製なら、「形態安定加工」と「形状記憶加工」はどちらもオプション縫製になります。

そのため、スタンダード縫製に比べると少し割高になってしまいます。

窓の大きさや、カーテンのサイズで違いはありますが、窓1ヵ所あたり(両開き)で考えると、

《形態安定加工の場合》

 

→スタンダード価格+約2,000円~3,000円前後

 

《形状記憶加工の場合》

 

→スタンダード価格+約3,000円~5,000円前後

といったところです。(※目安です)

でもここ数年の傾向として、メーカー側が初めから「形態安定加工」を推奨していることもあり、スタンダード縫製が標準縫製ではなく、形態安定加工を標準縫製とするメーカーも増えています。

つまり初めから、ある程度プリーツの形が整っているカーテン「形態安定加工」をお客様にお届けしたい…ということですね。

形状記憶加工の注意点

カーテンのプリーツが美しくみえる「形状記憶加工」ですが、時前に把握しておきたい注意点が3つあります。

それは、

  • カーテン裾のコーナーウェイトが無い
  • 縫製後のカーテンには加工ができない
  • 裏地付きカーテンには加工ができない

それぞれ簡単に説明します。

1.カーテン裾のコーナーウェイトが無い

カーテン コーナーウェイト

この図をみてお分かりいただけるでしょうか?

一般的にオーダーカーテンの場合は、カーテンの裾の端にコーナーウェイト(細長いおもり)が入っています。

しかし、形状記憶加工の場合はこの「コーナーウェイト」が入りません

この理由は、形状記憶加工による熱でウェイトが溶けてしまうことを防ぐためですので、はじめに理解しておきましょう。

※コーナーウェイトは、カーテンの裾に入れることで「裾のツレ」を防いだり、生地に安定感をもたらす役割があります。

2.縫製後のカーテンには加工ができない

形状記憶加工は、「縫製したあとのカーテン」に加工することはできません。

3.裏地つきカーテンには加工ができない

カーテン生地に「裏地をつける」ことがありますが、その場合も形状記憶加工はできません。

各メーカーの「形態安定加工」と「形状記憶加工」の呼び名

「形態安定加工」と「形状記憶加工」は、カーテンメーカー各社で呼び名が違います。

メーカー名 形態安定加工の名称 形状記憶加工の名称
サンゲツ ライトプリーツ加工 パーマネントプリーツ加工
東リ ソフトプリーツ加工 プリーツ加工
リリカラ 形態安定加工 形状記憶加工
スミノエ ドレスアップ加工 プリーツS加工
川島織物セルコン ソフトウェーブ加工 ファインウェーブ加工
シンコール ライトウェーブ加工 ウェーブ加工

このように、メーカーによって色んな名前がつけられていますね。

しかしカーテン専門店であれば、「形態安定加工」もしくは「形状記憶加工」と伝えるだけで、どちらの加工なのか判断がつきます。

なので、この2つの名前と加工の違いを抑えておきましょう。

各メーカーの「形態安定加工」と「形状記憶加工」のサイズ制限

また、カーテンをオーダーする場合は「形態安定加工」と「形状記憶加工」にサイズ制限があります。

※横幅と高さの対応サイズ

メーカー名 形態安定加工の対応サイズ 形状記憶加工の対応サイズ
サンゲツ 横幅300cmまで
高さ300cmまで
横幅300cmまで
高さ280cmまで
東リ 横幅300cmまで
高さ260cmまで
横幅300cmまで
高さ280cmまで
リリカラ 横幅270cmまで
高さ280cmまで
横幅300cmまで
高さ270cmまで
スミノエ 横幅300cmまで
高さ300cmまで
横幅300cmまで
高さ280cmまで
川島織物セルコン 横幅300cmまで
高さ310cmまで
横幅300cmまで
高さ260cmまで
シンコール 横幅300cmまで
高さ270cmまで
横幅250cmまで
高さ320cmまで

これは、メーカー毎に取り扱っている機会が異なるためです。

表に記載している横幅はカーテン1枚あたりの製作可能なサイズになりますので、形態安定加工を例に挙げると、

サンゲツでは、カーテンの両開き(2枚分)の場合

巾は600cm・丈は300cmまで。

リリカラでは、カーテンの両開き(2枚分)の場合

巾は540cm・丈は280cmまで。

ということになります。

製作サイズに制限があるとはいえ、この大きさなら一般的な窓にはほぼ対応しているといえます。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、カーテンの「形態安定加工」と「形状記憶加工」の違いについてお伝えしました。

最後にもう一度まとめたいと思います。

  • 形態安定加工は、カーテン縫製後のアイロンプレス加工。(お洗濯3回前後)
  • 形状記憶加工は、カーテン縫製前の生地に形を記憶させる加工(お洗濯5回は持続する)
  • 形態安定加工は、1窓あたり2,000円~3,000円前後高くなる
  • 形状記憶加工は、1窓あたり3,000円~5,000円前後高くなる
  • 形状記憶加工には、コーナーウェイトが入らない

このように、形態安定加工と形状記憶加工の違いを理解しておくと、カーテンをオーダーする際に役に立つかもしれません。