おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

レースカーテンに形状記憶加工は必要?プロの視点から解説します

レースカーテン 形状記憶

窓装飾プランナーのマドカです

こんにちは。

今回は、レースカーテンの「形状記憶加工」にスポットをあてます。

先日、お客様から

「レースカーテンに形状記憶は必要ですか?」

このようなご質問をいただきました。

確かにレースカーテンの形状記憶加工は、好みの問題もあり、賛成派と反対派で意見が分かれるところです。

そこで今回は、レースカーテンに「形状記憶加工」は必要なのか…専門家としての個人的な観点でアドバイスしたいと思います。

その前に「形状記憶加工」と似たような名前で「形態安定加工」というのもありますが、この2つは加工の性質が違いますのでチェックしておくといいですね。

形態安定加工形状記憶加工の違いについてはこちらの記事をどうぞ。

カーテン 形態安定加工 形状記憶加工カーテンのプロが教える【形態安定加工】と【形状記憶加工】の違い

レースカーテンに「形状記憶加工」は必要?

私自身は、薄地で透明感のあるレースカーテンが好みということもあり、基本的にレースカーテンに形状記憶加工は必要ないと思っています。

少しくらいヒダが撚れたり裾が広がっても、それはそれで味わいがありレース特有のナチュラルな素材感を楽しめるので…。

この記事をご覧いただいている方の中にも

「レースカーテンに形状記憶加工は必要ないし大げさなのでは?」

と思っている方がいらっしゃるかもしれませんね。

とはいえ、形状記憶加工にはカーテンのプリーツ(凹凸)を美しく整える効果がありますので、レースカーテンの種類や目的に応じて「形状記憶加工を使い分ける」のがベストな方法だといえます。

そこで、私自身のこれまでの経験から、

形状記憶加工がお勧めなレースカーテン

形状記憶加工が必要のないレースカーテン

それぞれを例に挙げてご紹介したいと思います。

形状記憶加工がお勧めなレースカーテンは?

改めて付け加えるなら、レースカーテンの形状記憶加工は、きっちりとしたウェーブが好みという方に向いている加工です。

私が思う「形状記憶加工がおすすめのレースカーテン」には次のようなものがあります。

  • 厚めのレースカーテン
  • つぎ目が入るレースカーテン

順番に説明します。

厚めのレースカーテンには「形状記憶加工」がおすすめ

形状記憶加工が向いていると思うのは、まず「厚めのレースカーテン」です。

たとえば外からの視線を防ぐ「ミラーレースカーテン」や、太陽の熱を反射する「遮熱レースカーテン」がありますよね?

こうしたミラーレースや遮熱レースには、太い糸が使われていたり、生地の裏側に特殊な糸が編み込まれているため、レースカーテンの中でも生地が厚めになります。

なので、薄くて透明度の高いレース生地に比べると、裾が横向きに広がってしまうことも。

こうした理由から、特に高さの低い「小窓」や「腰高窓」に厚めのレースカーテンを取りつける場合は、形状記憶加工の方が美しいプリーツが楽しめるでしょう。

つぎ目が入るレースカーテンには「形状記憶加工」がおすすめ

もう一つは「つぎ目」が入るレースカーテンです。

オーダーカーテンは1つの巻き物(反物)から作られますが、選ぶ生地によって、有効巾(1巾)が100cmだったり150cmだったりとそれぞれ違います。

つまり、窓の大きさに合わせて「1巾、2巾、3巾…」と生地をつなぎ合わせるため、出来上がったカーテンには「つぎ目が入る」ということです。

たとえばこんなイメージですね。

レースカーテン 継ぎ目

画像で、カーテンの縦方向に「つぎ目」の跡がくっきりとみえているのがお分かりいただけますか?

オーダーの際には、多くのレースカーテンにもこの「つぎ目」が入りますが、これによりヒダが出にくかったり、プリーツの形が崩れやすくなる可能性もあります。

そのため継ぎ目が入るレースカーテンには、形状記憶加工の方がプリーツの凹凸が綺麗に整うでしょう。

形状記憶加工が必要のないレースカーテンは?

次に、私が思う「形状記憶加工が必要のないレースカーテン」には次のようなものがあります。

  • 「継ぎ目」が入らないレースカーテン
  • 大きい窓のレースカーテン

こちらも順番に説明しますね。

「継ぎ目」が入らないレースカーテン

先ほどは「継ぎ目のあるレースカーテン」についてお伝えしましたが、継ぎ目が入らないレースカーテンもあります。

とくに透明感のあるサラッとしたボイルレースなどに多くみられますが、「刺繍入りのレースカーテン」や「シンプルな無地のレースカーテン」等があります。

たとえばこんなイメージです。

レースカーテン

これは継ぎ目なしで美しく仕上げることができ、業界では「ヨコ使い」とか「ワイドレース」と呼ばれています。

ワイドレースの場合は、本来縦向きにつかう反物を横向きにつかいますので、生地を1巾、2巾とカットしたり何枚もつなぎ合わせる必要がなく、1枚の生地で美しいレースカーテンが出来上がります。

なので、先ほどの画像のような継ぎ目(タテの縫い目)は、どこにも見当たりませんよね。

このようにワイドレースは、継ぎ目無しの美しいプリーツが作れるため、形状記憶加工は必要ないと言えます。

チェックポイント

因みに、ヨコ使いのワイドレースを選ぶときの目安としては

有効巾が260cm以上のものを選ぶと、継ぎ目が入ることなく美しいレースカーテンができるのでお勧めですよ。

※ヨコ使いのため、カーテンの丈が「生地巾に納まるもの」を選ぶのがポイントです。

大きい窓のレースカーテン

そのほか「大きい窓」に取り付けるレースカーテンの場合も、形状記憶加工は必要ないといえます。

窓の高さが大きくなればなるほど、レースカーテンの重心も下の方にかかりますよね。

その重力で下向きに引っ張られる力が働いて、形状記憶加工をつけなくても割と綺麗なプリーツが楽しめます。

予算を抑えるなら「形態安定加工」という選択もあり

最初にもお伝えしたように、オーダーのレースカーテンは「形態安定加工」と「形状記憶加工」が選べるようになっています。

但しこの2つはオプションになりますので、価格として安いものから順に並べると

  • スタンダード(レギュラー)縫製
  • 形態安定加工
  • 形状記憶加工

このようになります。

スタンダード縫製が標準価格だとすると、

形態安定加工は → 1窓あたり約2,000円~3,000円前後

形状記憶加工は → 1窓あたり約3,000円~5,000円前後

ほぼこれ位の範囲で高くなりますので、予算的にも決めかねる要因になるかもしれません。

結論としては、レースカーテンの形状記憶は必要ありませんが、お伝えしたレースカーテンの種類お部屋のコンセプト(エレガント・クラシック・ナチュラルなど)に合わせて

「スタンダード縫製」

「形態安定加工」

(形状記憶加工」

このように使い分けるのが理想的だといえます。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

レースカーテンは日中もお部屋の主役。

なので目にする時間も長いですし、窓辺を美しく飾りたいという想いから「形状記憶加工」で悩むこともありますよね。

もし迷ったときには、

  • 厚めのレースカーテン・継ぎ目ありのレースカーテン → 形状記憶加工を選ぶ
  • 大きい窓のレースカーテン・継ぎ目無しのレースカーテン → 形状記憶加工は選ばない

これをひとつの選択肢としてみてはいかがでしょうか。

関連するおすすめ記事

マドカ

形状記憶をお探しならこちらの記事もおすすめです。
カーテン 形態安定加工 形状記憶加工カーテンのプロが教える【形態安定加工】と【形状記憶加工】の違い

おすすめのカーテン屋