クロス職人の親方ブログ

【カーテンの丈は何cmが理想的?】窓にあわせたサイズの基準

カーテンの丈 採寸

カーテン専門家

カーテン業界歴15年、窓装飾プランナーのマドカです。

カーテンの丈って何cmにすればいいの?こんな疑問を解決します。

カーテンを購入するとき、丈の長さをどれくらいにすれば良いのか悩んだ経験はありませんか。

本来カーテンの丈には、「この長さにしなければいけない」という規定はありません。

とはいえ、カーテンを美しくみせるには窓の大きさに合う一般的な長さの基準があります。

そこで今回は、窓の種類別に「理想的なカーテンの長さ(丈)」について解説しますので参考にしてください。

【カーテンの裾上げ】丈が長いときにできる!5つの対処法

【カーテンの丈は何cmが理想?】窓にあわせたサイズの基準

カーテンの裾

では、掃き出し窓から順番にみていきましょう。

掃き出し窓には、次の2つのタイプがあります。

  • 一般的な「床までの掃き出し窓」
  • 床から窓枠の間に「数cmの立ち上げのある掃き出し窓」

一般的な「床までの掃き出し窓」のカーテン丈は?

床までの掃き出し窓

床までの掃き出し窓の場合、ドレープカーテンの丈は床から-1cm、レースカーテンの丈は-2cmにするのが一般的です。

例えば、窓の大きさを例に挙げると、

(例).カーテンレールの「リングランナーの下側から床までの高さ」が220cmのとき。

●ドレープカーテンの丈は219cm

●レースカーテンの丈は218cm

これが、カーテンの理想的な長さ(丈)になります。

窓装飾プランナーのマドカです

因みに、レースカーテンを短くする理由は、ドレープの裾からレースがみえてしまうのを防ぐためです。

床から数cm「立ち上げのある掃き出し窓」のカーテン丈は?

立ち上がりのある掃き出し窓

同じような大きい窓でも、床から「数cmまたは数十cm」の立ち上がりのある掃き出し窓がありますよね。

この場合は、カーテンの丈を窓枠下または床までのどちらかに基準を合わせます。

立ち上がりが15cm以内なら床まで伸ばすことが多いですし、立ち上がりが20cm以上の場合は窓枠までの長さに合わせることもあります。

もちろんこれは自由に決められますが、「窓からの冷気を防ぐ」場合や「窓が大きくみえる」という点でも、床までの長さに伸ばす方がメリットは大きいです。

こちらも窓の大きさを例にすると、

(例).カーテンレールの「リングランナーの下側から窓枠下までの高さ」が200cmで、「床までの長さ」が220cmのとき。(※立ち上がり20cm)

窓枠下までのカーテン丈は →ドレープが200cm。レースは199cm

床まで伸ばしたときのカーテン丈は →ドレープが219cm。レースは218cm

この長さが仕上がり丈の目安になります。

カーテンの丈を「窓枠下までの高さ」にする場合は、好みの長さでOK

基本的にカーテンの丈は、ドレープカーテンの長さに対してレースカーテンの長さを1cm~2cmくらい短くするのが一般的です。

また次のようなケースでは、ドレープカーテンとレースカーテンの丈を「同じ長さに揃える」こともあります。

  • フロントレースの場合
  • レースカーテンの裾がスカラップの場合

フロントレースにおすすめ!「カーテン丈の決め方」

フロントレース

たとえば、レースカーテンを室内側に取りつける「フロントレース(レースインスタイル)」の場合ですね。

フロントレースは主に柄入りのレースカーテンを目立たせる使い方で、1日中レースの柄を楽しむことができます。

この吊り方を選ぶときは、ドレープとレースのどちらを部屋側にしても「裾がはみ出ないよう」に、丈を同じ長さにすると良いですよ。

また、手前側のレースカーテンを窓側に移動したくなったときのために、カーテンのフックはどちらもAフックで揃えるのがお勧めです。

※カーテンのフックについてはこちらの記事をどうぞ。

カーテンフックについて【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

スカラップレースにおすすめ!「カーテン丈の決め方」

刺繍レースカーテンの丈

もう一つは、画像のようにレースカーテンの裾がスカラップ(貝殻)状の凸凹になっている場合です。

これは刺繍レース(エンブロイダリー)に多くみられる裾の形ですが、波型にカットされているため、丈を床から2cm上げてしまうと短く感じる可能性があります

そのため、このような刺繍レースカーテンを選ぶときは、スカラップの一番長い部分をドレープカーテンの丈と同じ長さに揃えるのがお勧めです。

もしもスカラップレースを1枚で楽しむ場合は、仕上がり丈を床から-1cmにすると丁度良いですよ。

腰高窓のカーテンの高さ(丈)

次に、腰高窓をみてみましょう。

腰高窓とは、大人の腰の位置あたりを目安にした「中くらいの高さの窓」を指します。

腰高窓は、次の2種類の取り付け方により、カーテン丈の測り方も違ってきます。

  • 正面付け」→ 窓枠の正面部に取付ける(窓枠の外側)
  • 天井付け」→ 枠内の天井部に取付ける(窓枠の内側)

正面付けの場合

腰高窓

窓の外側(正面側)にカーテンを取り付ける場合は、窓枠下+15cm~20cm位が一般的です。

この長さの理由には、

●窓の下からの光漏れを防ぐ

●外から見たときカーテン裾の折り返し部分が隠れる

●窓を開けたときカーテンが風に煽られるのを防げる

こうした目的があります。

天井付けの場合

出窓

窓の内側(枠内)にカーテンを取り付ける場合は、窓の底辺-1cm~2cmにするのが一般的です。

上の画像では、窓の内側に裾が大きく開いたレースカーテンが掛かっているため、少しイメージしにくいかもしれませんが、普通のカーテンを枠内に取りつける場合は、「窓の底辺マイナス1cm~2cm」を基準にしてください。

出窓のカーテンの高さ(丈)

出窓

このような出窓に掛けるスカラップ状のレースカーテンも、窓枠の内側に取り付ける場合は、カーテン両端の一番長い裾窓の底辺-1cmにするのが一般的です。

窓装飾プランナーのマドカです

ただ出窓のスカラップレースは、裾の一番長い部分を窓の底辺と同じぴったりの長さにしても良いでしょう。

※出窓をオシャレに飾るレースカーテンの種類はこちらの記事をどうぞ。

出窓のカーテン出窓にぴったり!おしゃれなレースカーテンのスタイル【11選】

カーテンの丈を長めにするのも「お洒落な演出」に!

裾が長いカーテン

また、海外のインテリアや雑誌等でも目にする機会があると思いますが、カーテンの裾が床を引きずるくらいに長くなってたりしますよね。

特に欧米では一般的ですが、このようにカーテンの丈を床よりも10cm~20cmほど長くする演出法があります。

これには次のようなメリットが。

  • 防寒対策になる
  • 装飾性が高まる

カーテンの丈を長くすることで、冬場はカーテンの裾から入り込む冷気を防いだり、優雅な窓辺の演出にもつながるので、敢えて掃き出し窓はカーテンの丈を床に引きずる程度の長さに伸ばすこともあります。

ただカーテンの裾が床に着いてしまうと、ホコリや汚れが溜まりやすいと感じる方もいらっしゃるので、これは「装飾性」と「実用性」のどちらを重視するかで選択肢も変わってきますよね。

さらに、掃き出し窓に限らず「小窓」や「腰高窓」の場合でも、窓の高さよりカーテンの丈を長めにするケースもあり、お部屋のイメージにあわせてカーテンの丈を選ぶことも、それぞれに合ったスタイリング感性のひとつだと言えるでしょう。

窓装飾プランナーのマドカです

つまりカーテンの長さに規定はありませんが、窓にぴったりサイズのカーテンを作るには、高さ(丈)にも理想的なサイズがあるということなんです。

※カーテンの採寸方法はこちらの記事をどうぞ。

カーテンの採寸方法【カーテンの採寸方法】カーテンの正しい測り方について

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、「カーテンの丈(高さ)」についてお伝えしました。

窓の大きさも様々ですが、カーテンの丈には窓の種類にあう一般的な長さ好みで長めにする選択肢があることをお分かり頂けたのではないでしょうか。

カーテンの丈が短かすぎるのは見た目的にもNGですが、丈を長めにするのは特に問題ありません。

日差しの影響や機能性、またインテリアとのバランス等も考慮しながら、カーテンの丈(長さ)を決めるのがおすすめです。

裾が長いカーテン【カーテンの裾上げ】丈が長いときにできる!5つの対処法 悩む女性 カーテン幅【カーテンのサイズ】横幅のゆとりはどれくらい?プロが解説します

※カーテン選びに迷った時はこちらの記事もどうぞ。

おすすめのカーテン屋