クロス職人の親方ブログ

【カーテンのサイズ】横幅のゆとりはどれくらい?プロが解説します

悩む女性 カーテン幅

窓装飾プランナーのマドカです

カーテンの横幅のゆとりについて解説します。

カーテンを選ぶとき、「横幅の大きさ」で悩んだ経験はありませんか。

カーテンは使い勝手や機能性の面から、横幅に少し余裕(ゆとり)を持たせるのが一般的です。

でも何を基準に決めたりサイズを選べば良いのか分からない…という方も多いと思います。

そこでこの記事では、カーテン幅のゆとりを決めるポイントについてお伝えします。

横幅のゆとりは「カーテンレールの長さ×1.03~1.05」が一般的

カーテンの横幅

まず結論から言いますと、カーテン幅のゆとりは「カーテンレールの長さ×1.05」が主な基準になります。

つまりカーテンの幅は、レールの長さに対して約5%くらいのゆとりをとりましょうということです。

このゆとりが必要な理由は、カーテンを閉じたときに中央がピチピチにつっぱるのを防ぐためで、ゆとりがないと中央に隙間ができてしまったり、光漏れの原因にもなりますよね。

またカーテンをお洗濯したときに縮む可能性もあるため、そうした点もカーテンの幅にゆとりをもたせる理由です。

大きい窓は3%~4%のゆとりで充分

一般的に、カーテン巾のゆとりは5%で問題ないのですが、大きい窓の場合は必ずしもそうではありません。

たとえば例を挙げると、

カーテンレールの長さが300cm~400cmの場合は、「レールの長さ×1.04」。

カーテンレールの長さが401cm以上の場合は、「レールの長さ×1.03」これくらいが理想的なゆとりになります。

これは何故かというと、窓が大きくなるほど5%のゆとりを加えると横幅が長すぎる状態になってしまうからです。

どんなに素敵なカーテンでも、幅が大きすぎると見た目が残念な結果になる可能性もありますので、自分でカーテンを作ったりゆとりを計算する際には、窓の大きさも考慮すると良いでしょう。

因みに、カーテン1枚あたりのゆとり(余裕分)は、4cm~8cmくらいがおすすめですよ。

窓装飾プランナーのマドカです

横幅のゆとりを細かく気にしないという方は、窓の大きさに関係なく5%をプラスすればOKですが、ゆとりがあり過ぎるのはNGという方は、3%~4%くらいを目安にしてください。

カーテンの横幅の測り方

カーテンの採寸

では実際に、カーテンの横幅はどこを測ればいいのでしょうか。

ゆとりを計算する前に、窓の大きさを正しく計測しなくてはいけませんよね。

カーテンの横幅のサイズは、カーテンレールの長さが基準になります。

でもよくあるケースでは「窓枠の大きさ」を測ってしまうこと。これは間違いです!

「窓の横幅=カーテンの横幅」ではありません。

これはカーテンレールが付いていないときにありがちなミスですが、通常は窓枠よりもカーテンレールを長めに取付けるのが一般的です。

そうすることで、「光漏れを防いだり」「装飾性が高まる」という利点があります。

例外として、エアコンや壁などの障害物があったり、やむを得ず「窓の横幅とカーテンレールの長さを同じにする」場合もありますが、カーテンの横幅を測るときには、必ずカーテンレールを基準にしてください。

カーテンレールを基準に測る

カーテンの横幅を測る位置は、次のようになります。

  • 機能性レールの場合:カーテンレール両端の固定ランナーから固定ランナーまで
  • 装飾性レールの場合:両端のキャップ(飾り)を除く中央のポール(レール)の長さ

機能性レールの場合は、両端の固定された「リングランナーから反対側のリングランナーまで」を測ります。

装飾レールの場合は「中央のポール(レール)の長さ」を測りますが、ここで注意すべき点は両端のキャップを含めないということです。

キャップはあくまでも飾りの一部。

長いものでは10cm~26cm位になるため、両サイドを合わせるとキャップだけで20cm~50cm前後にもなります。

なので、装飾レールはキャップを含まないように気をつけましょう。

レールの長さを測ったら、最後にカーテンに余裕をもたせるための「ゆとり5%」を加えます。

※カーテンレールの種類についてはこちらの記事をどうぞ。

装飾レールカーテンレールの種類と上手な選び方|取り付けの際に注意すること

「片開き」と「両開き」のカーテンのゆとり

カーテンは、「1枚の片開き」と「2枚の両開き」が選択できます。

正確にいうと5%のゆとりは、両開きが基準です。

そのため、片開きのカーテンに5%のゆとりは大きすぎる場合があるので、片開きでは1枚あたり4cm前後のゆとりを目安にすると良いでしょう。

  • (両開き)カーテンレールが165cmの時 → 165cm×1.05=カーテン幅は174cm
  • (両開き)カーテンレールが205cmの時 → 205cm×1.05=カーテン幅は216cm
  • (両開き)カーテンレールが310cmの時 → 310cm×1.04=カーテン幅は322cm
  • (片開き)カーテンレールが165cmの時 → カーテン幅は169cmまたは170cm
  • (片開き)カーテンレールが205cmの時 → カーテン幅は209cmまたは210cm
  • (片開き)カーテンレールが310cmの時 → カーテン幅は314cmまたは315cm

綿や麻などは縮みやすい

また、カーテンの素材によって「ゆとりの取り方」が変わることがあります。

特に綿麻(リネン)などの天然素材100%のカーテンは、生地の性質によって違いはあるものの、水洗いをすると幅が2%~10%以上も縮む可能性があるため、通常よりも横幅のゆとりを大きくしたり、あえて丈も長くします。

中でもリネン素材は洗えないものが多いのですが、ポリエステルとの混合であればほぼお洗濯が可能です。

いずれにせよ、天然素材は「伸び縮み」が激しいので横幅のゆとりにも注意したいですね。

もし水洗い可能な表示があれば、通常よりもカーテン幅に余裕をとっておくと安心です。

カーテン幅のゆとりの目安

カーテン幅の余裕で悩む

では参考までに、カーテン幅のゆとりを例にあげてみます。

「既製カーテン(規格サイズ)」と「オーダーカーテン」の2つのパターンで記載してみました。

既製カーテンの「幅と丈」の目安

既製カーテンは大量生産されるもので、最初からサイズが決められています。

規格サイズのため窓に合わないケースも多いのですが、窓の大きさに合えば既製カーテンで間に合わせることができます。

そのため、オーダーで注文する必要がありません。

こういうケースは「カーテンの予算をできるだけ抑えたい」という方にお勧めですね。

既製カーテンは、大型量販店やホームセンター、インターネットでも手軽に購入できるのが特徴です。

一般的なサイズは下記の通りで、最近では様々なサイズを取り扱っているお店もあります。

既製カーテンの場合、丈は厚地のドレープカーテンよりレースカーテンの方が2cm短くなります。

一般的な「既製ドレープカーテン」のサイズ

  • ①幅100cm×丈135cm ※カーテン1枚
  • ②幅100cm×丈178cm ※カーテン1枚
  • ③幅100cm×丈200cm ※カーテン1枚

一般的な「既製レースカーテン」のサイズ

  • ①幅100cm×丈133cm ※カーテン1枚
  • ②幅100cm×丈176cm ※カーテン1枚
  • ③幅100cm×丈198cm ※カーテン1枚

例えば、両開きなら

カーテンレールの長さが:180cm~200cm

高さは:カーテンレールのリングランナー下側~窓枠下まで120cmの窓の場合

→(既製カーテン)幅100cm×丈135cm✕2枚の既製カーテンが合います。

カーテンレールの長さが:180cm~200cm

高さは:カーテンレールのリングランナー下側~床まで(又は希望の位置まで)180cmの窓の場合

→(既製カーテン)幅100cm×丈178cm✕2枚の既製カーテンが合います。

カーテンレールの長さが:180cm~200cm

高さは:カーテンレールのリングランナー下側~床まで202cmの窓の場合

→(既製カーテン)幅100cm×丈200cm✕2枚の既製カーテンが合います。

 

窓装飾プランナーのマドカです

巾のゆとりが大きくなったりして、オーダーカーテンのように「窓にぴったりサイズ」というわけにはいきませんが、既製カーテンならば大体このような窓の大きさに使うことができますよ。

オーダーカーテンの「幅」の目安

こちらは1cm単位でオーダーする場合の、カーテン幅を目安にまとめたものです。

普通のカーテンと天然素材を分けて記載しています。

前述のように、綿や麻の天然素材は水洗いをすると「縮みやすい」傾向にありますね。

なので、ゆとりは大きくみています。

※カーテンレールの長さは一般的な規格サイズを基準にしました。

※普通のカーテンと天然素材(綿や麻)に分けています。

カーテンレールの長さカーテン幅の目安
(レール幅×1.05)
天然素材の幅の目安
(レール幅×1.05~1.1)
91cm96cm96cm~100cm
100cm105cm105cm~110cm
150cm158cm158cm~165cm
182cm192cm192cm~200cm
200cm210cm210cm~220cm
273cm287cm287cm~300cm
カーテンレールの長さカーテン幅の目安
(レール幅×1.04)
天然素材の幅の目安
(レール幅×1.04~1.08)
300cm312cm312cm~324cm
364cm378cm378cm~393cm
400cm416cm416cm~432cm
カーテンレールの長さカーテン幅の目安
(レール幅×1.03)
天然素材の幅の目安
(レール幅×1.03~1.06)
455cm469cm467cm~482cm
500cm515cm515cm~530cm

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は「カーテン幅のゆとり」についてお伝えしましたが、何となく計算方法がお分かりいただけたのではないでしょうか。

カーテンの幅は大きすぎてはダメ!という事ではありませんが、窓の大きさにぴったりマッチしていれば見た目も美しいものです。

天然素材やポリエステルなどの素材なども考慮しつつ、カーテンに相応しいゆとりをとって窓の装飾性を高めましょう。

窓装飾プランナーのマドカです

カーテンの丈について気になる方はこちらの記事も参考にしてください。

カーテンの丈 採寸【カーテンの丈は何cmが理想的?】窓にあわせたサイズの基準 裾が長いカーテン【カーテンの裾上げ】丈が長いときにできる!5つの対処法

※カーテン選びのお店に迷った時はこちらの記事もどうぞ

おすすめのカーテン屋