おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【使って便利】採光と目隠しができる【調光ロールスクリーン】

調光ロールスクリーン デュオレ

ボーダー柄の調光ロールスクリーンをご存知でしょうか?

生地を降ろしたままで、光の調節と室内のプライバシーが守れます。

そこで今回は、国内メーカータチカワブラインドから発売されている、調光ロールスクリーンデュオレをご紹介したいと思います。

「部屋は明るくしたいけど外からの視線が気になる」という方にお勧めの商品です。

調光ロールスクリーン「デュオレ」の特徴

調光ロールスクリーン デュオレ

デュオレは、「採光と目隠し」が同時にできる調光ロールスクリーンです

厚地(ドレープ)と薄地(レース)の2つのボーダー生地が前後に重なり、生地をスライドさせて光の量を調節することができます。

生地を降ろしたまま光が採り込めるという点では、ブラインドのイメージに近いですね。

濃い色のドレープ生地で「光や視線を遮り」、メッシュのレース生地で「光を採り込む」という仕組みです。

デュオレには、次の3つのポイントがあります。

  • ポイント①:室内に明るい日射しを採り込む
  • ポイント②:外出時のプライバシー保護と光のコントロール
  • ポイント③:夜は外からの視線をシャットアウト

順番にみてみましょう。

ポイント①:室内に明るい日射しを採り込む

調光ロールスクリーン レース全開

●日中はレースを全開にして太陽の陽射しを採り込める

●プライバシーを守りつつ明るい空間が確保できる

画像は、「デュオレ」のレース部分を全開にした状態です。

このようにレースが全開のときは、ドレープ生地(厚地)とレース生地が交互になって、くっきりとしたボーダー柄にみえます。

昼間は、プライバシーを守りながら「心地よい光」をたくさん採り入れられるので、部屋の中を明るく保つことができますね。

また、日射しをうけて部屋の中にボーダーの影が映り込むのも、調光ロールスクリーンならではの魅力だといえます。

ポイント②:外出時のプライバシー保護や光のコントロール

調光ロールスクリーン レース全閉

●外出時はレースを閉めて室内のプライバシーが守れる

画像は、「デュオレ」のレース部分を全閉にした状態です。

このようにレース部分が完全に隠れているときは、ドレープ生地で光と視線を防ぐことができます。

外出時や、日射しがまぶしいときに便利ですね。

ポイント③:夜は外からの視線をシャットアウト

調光ロールスクリーン レース全閉

●夜は外からの視線をシャットアウトする

日中は明るい日差しが恋しくなりますが、夜になれば外の明かりや室内のプライバシーが気になりますよね。

調光ロールスクリーンなら、昼間は心地よい光をたっぷりと採り入れ、夜にはドレープ生地でしっかりと遮蔽することができます。

調光ロールスクリーンと一般的なロールスクリーンとの違い

ロールスクリーン シングルタイプ ロールスクリーン ダブルタイプ
一般的なロールスクリーン「シングル」 一般的なロールスクリーン「ダブル」

調光ロールスクリーン「デュオレ」と一般的なロールスクリーンとの違いは、やはり調光機能です。

たとえば、一般的なロールスクリーンで「採光と目隠し」をする場合、右上の図のように「ダブルタイプ」にする必要があります。

でもダブルタイプは生地を別々に使い分けますので、調光ロールスクリーンのように閉じたままで光のコントロールはできません。

また左図のシングルタイプは、スクリーンを全開にすると外からの視線が気になったりもします。

このように、「部屋の中は明るくしたまま外からの視線も防ぎたい」という空間には、調光ロールスクリーンがお勧めです。

調光ロールスクリーン「デュオレ」の操作方法

調光ロールスクリーン「デュオレ」は、1本のチェーンを使って生地をスライドさせたり全開にすることができます。

調光ロールスクリーン

引用:タチカワブラインド

動画もありますのでイメージの参考にしてください。

調光ロールスクリーン「デュオレ」の種類

デュオレには、透過性の異なる3種類の生地「クエンテ」「シエンテ」「ダンテ」があり、色も全27アイテムから選べるようになっています。

さらに3種類の生地は「リビング」「和室」「寝室」とシーン別に分けられていますので、使う場所に合わせて選択することもできます。

  • リビングには → クエンテ(プライバシー生地で昼も夜も快適に)
  • 和室には → シエンテ(透過性ライトの生地で開放的な空間に)
  • 寝室には → ダンテ(遮光生地で快適な眠りに)

とはいえ、住まいの環境は人それぞれですから、お部屋のインテリアや好みに合わせてコーディネートしましょう。

調光ロールスクリーン「デュオレ」のメリットとデメリット

調光ロールスクリーン「デュオレ」のメリットとデメリットには、次のような点が挙げられます。

デュオレのメリット

●生地をおろしたまま調光(目隠しと採光の切替え)ができる

●視線を防いでも部屋の中に光を採り込める

●ボーダーのコントラストが楽しめる

●掃き出し窓でも上げ下げがスムーズ

デュオレのデメリット

●全面レースにはならない

●汚れても洗うことができない

●生地がデリケート(レースはメッシュになっている)

どんな商品にもメリットがある一方で、デメリットはつきものです。

調光ロールスクリーンを検討の際には、何を優先したいのかがポイントになりますね。

デュオレは、仮に子供がチェーンに引っかかっても「体重がかかると外れる部品(セーフティージョイント)」や「コード留めのクリップ」が付いているので安心ですが、特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭では慎重にご検討されるのが良いでしょう。

「デュオレ」はボーダー好きにもおすすめ!

ご覧のように調光ロールスクリーンは、ボーダー柄に圧倒的な存在感がありますよね。

なので、ボーダー好きという方にも魅力的な商品なのではないでしょうか?

カーテンにもさまざまなボーダー柄がありますが、次にカーテンを買い替えるときには少し気分を変えて「調光ロールスクリーンでボーダーを楽しむ」というのもありだと思います。

ただカーテンよりは断熱性が劣りますが…。

ボーダーのお洒落なコーディネートにつながるかもしれません。

調光ロールスクリーンが買えるお店

「デュオレ」は、横幅5mm単位、高さは1cm単位でつくれるオーダー商品です。

主にカーテンショップや大手百貨店などで購入することができます。

最近では、デュオレ以外の調光ロールスクリーンも大手通販サイトで販売されていますので、できるだけ安くオーダーしたいという方は、価格や色柄など色々とチェックしてみると良いですね。

※調光ロールスクリーン「デュオレ」は下記のリンクよりご覧いただけます。

【送料無料】【ポイント最大23倍】調光ロールスクリーン タチカワブラインドロールスクリーン『デュオレ』クエンテ

価格:16,632円
(2019/5/30 15:52時点)
感想(253件)

※大手通販サイトの調光ロールスクリーンは、下記のリンクよりご覧いただけます。

まとめ

調光ロールスクリーン「デュオレ」いかがでしたか?

生地を降ろした時は光を自由にコントロールでき、スクリーンを全開すれば「窓に何も付けていないようなスッキリさ」を感じられる調光ロールスクリーン。

カーテンやロールスクリーンを新調するときには、ぜひチェックしてみて下さい。