クロス職人の親方ブログ

【マグネットタッセル】壁に傷をつけない!おしゃれな「カーテン留め」

マグネットタッセル

窓装飾プランナーのマドカです

便利なカーテン留めをお探しではありませんか。

カーテンを束ねるときに必要なひもや布を、タッセルといいます。

一般的に、タッセルを使うには「ふさかけ」という金具が必要ですが、新築や引っ越しの際にふさかけが無くて困った経験はありませんか。

そんなときに便利なのが、マグネットタッセルです。

今回は、ふさかけ無しでもカーテンが留められるお洒落な「マグネットタッセル」をご紹介したいと思います。

ちなみに、普通の「タッセル」と「ふさかけ」はこんなアイテムで、2つが揃うことでカーテンを束ねることができます。

タッセルとふさかけ

【マグネットタッセル】壁に傷をつけない!おしゃれな「カーテン留め」

マグネットタッセル

マグネットタッセルは、名前のとおりマグネットでカーテンが留められるタッセルのことです。

先に述べましたが、通常のタッセルは窓の両側(木枠や壁のところ)に固定されている「ふさかけ金具」に引っかけてカーテンを束ねますので、ふさかけが必需品ですね。

また、ふさかけを取付けるには「壁」や「窓の木枠」にネジ留めの穴をあけなくてはいけません。

でもマグネットタッセルなら、そんな心配も不要です。

房掛けいらずのマグネットタッセル

マグネットタッセル

このようにマグネットタッセルは、付属のマグネットプレートでカーテンをぴたっと挟むだけなのでとても便利です。

「ふさかけ」を準備する手間もはぶけますし、壁に穴をあけなくても良いですよ。

また、真新しい壁に傷をつけたくない…という場合でも重宝するのではないでしょうか。

マグネットタッセルの使い方

マグネットタッセルにも色んな種類がありますが、使い方のイメージは次の通りです。

マグネットタッセルの使い方引用:TOSO

表側のマグネットプレートと、裏側のタッセル本体でカーテンを挟み取り付けます。

マグネットタッセルの使い方

裏側でカーテンを束ねて、表側のマグネットプレートで固定させればOKです。

マグネットタッセルの使い方

こちらのタイプなら、タッセルを使わない時でもカーテンの裏側に下げておけます。

※マグネットタッセルは大手通販サイトでも購入することができます。

「スタイルマグネット」はレースカーテンのお洒落な演出におススメ!

スタイルマグネット

こちらは、ワイヤータイプのスタイルマグネットです。

スタイルマグネットは、普通のレースカーテンをお洒落に演出できる万能アクセサリー♪

画像のように「軽くて細いワイヤー仕様」になっているので、ワイヤー部分が目立ちません。

なのでボイルレースなどの柔らかい素材なら、裾をたくし上げてマグネットをピタッとくっつければ、バルーンカーテンのようにふんわりしたウェーブを楽しむことができますよ。

また床のお掃除のときでも、レースカーテンの裾を汚さないようにちょこっと束ねておけます。

スタイルマグネットはつっぱり棒にも活用できる

スタイルマグネット

また別の使い方として、スタイルマグネットは「カーテンレール」や「つっぱり棒」に引っかけることもできます。

たとえば、ポールの上からマグネットタッセルをぶら下げて「薄地のカーテン」を挟めば、カフェカーテンのような演出に♪

これなら、ちょっとした窓の目隠しにも便利ですよね。

「マグネットタッセル」は賃貸物件にもおすすめ!

とくに賃貸物件に引っ越しの際には、カーテンは準備したのにふさかけが無くて困った…というケースは意外に多いものです。

賃貸だけに多くの物件が壁にキズをつけられないという状況がありますので、ふさかけの取付けには悩まされると思います。

また仮にネジ穴をあけられても、退居時に原状回復を求められた場合は費用もかかりますので、できればこういう状況は避けたいですよね。

マグネットタッセルなら、ふさかけ無しでもこのように磁石でカーテンが留まり、またクリップのような使い方もできますので賃貸でも使いやすいと思います。

※壁に穴をあけずにカーテンを取りつける方法はこちらの記事をご覧どうぞ。

突っ張りカーテンレールのアイデア2【カーテンの取付け】壁に穴をあけられない時は「つっぱりレール」がお薦め!

こんなタッセルも便利です

カーテンタッセル 縫い付け型

マグネットタッセルとはまた違いますが、カーテンをオーダーで注文する場合は、画像のようにカーテン本体にタッセルを縫いつけてしまう方法もあります。

これは、オーダーカーテンの「オプション縫製」として依頼することができますよ。

カーテンと一体型なので、当然ふさかけは要らないですし保管場所にも困りません。

ただカーテンの裏側にタッセルがくっついているので、邪魔になる可能性も否めませんが、こんな注文ができる事もひとつの参考にしてください^^

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、ふさかけいらずの便利でおしゃれな「マグネットタッセル」をご紹介しました。

カーテン留めのタッセルには、

●カーテンと同じ布で作る → 共生地タッセル(舟形タッセル)

●紐でできている → ロープタッセル

●マグネット付きの → マグネットタッセル

●ワイヤー付きの → ワイヤータッセル

など様々な種類があります。

一見、脇役的な存在のタッセルですが、実は選び方ひとつで窓周りの印象をガラリと変えることができます。

マグネットタッセルは窓周りがすっきり見えるコーディネートに向いていますし、賃貸や新築の壁にキズをつけたくない時にも便利なアイテムです。

カーテンのイメージをちょっとだけ変えてみたり、ふさかけの取付けに困ったときは、ぜひ「マグネットタッセル」にも注目してみてください。

お洒落なカーテンタッセル|窓を飾るアクセサリーの種類

※カーテン選びに迷った時はこちらの記事もどうぞ。

おすすめのカーテン屋