おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【便利なカーテン留め】壁に傷をつけない!おしゃれなマグネットタッセル

マグネットタッセル

窓装飾プランナーの山積です

今回は、カーテンアクセサリー「マグネットタッセル」のお話です

カーテンをまとめる(束ねる)時に活躍する「タッセル」。

でもタッセルを引っ掛ける「ふさかけ」がなくて困った…という経験はありませんか?

そんなときに便利なのがマグネットタッセルです。

今回は、ふさかけ無しで使えるお洒落なマグネットタッセルをご紹介したいと思います。

マグネットタッセルって?

マグネットタッセル

マグネットタッセルの特徴は、名前のとおりマグネットでカーテンが留められることなんです。

通常のタッセルは、窓の両側についている「ふさかけ金具」に引っ掛けてカーテンをまとめますよね。

なので、タッセルを使うにはふさかけが必需品です。

更にふさかけを取り付ける場合、「壁」や「窓の木枠」に穴をあけなくてはいけません。

房掛けいらずのマグネットタッセル

一方マグネットタッセルなら、「ふさかけ無し」でカーテンを束ねられるので、壁に穴をあけなくても大丈夫。

壁や窓枠にキズが入るのは避けたい…という場合でも非常に便利なアイテムです。

しかも、カーテンを挟んでマグネットをぴたっとくっつけるだけなので使いやすいです。

スタイルマグネットならレースカーテンのお洒落なスタイリングも自在

スタイルマグネット

マグネットタッセルは、厚地のドレープカーテンはもちろん、レースカーテンをさっとまとめる時にも便利です。

中でも、「スタイルマグネット」がお勧め。

軽くて細いワイヤーのマグネットなので、目立ち過ぎずレースカーテンのアクセントにもなります。

ボイルレースのように柔らかい素材なら、裾をたくし上げてマグネットをピタッとくっつければ、ふんわりとしたウェーブを楽しむこともできますよ。

バルーンカーテンのような形や、窓辺をお洒落にスタイリングしたいときにお勧めです。

出窓にもいいですよね♪

スタイルマグネットはつっぱり棒にも活用できる

スタイルマグネット

スタイルマグネットは、つっぱり棒にも手軽につけられます。

ポールの上からぶら下げて「薄地の布」を挟めば、カフェカーテンのような使い方もできるので、ちょっとした目隠しにもなります。

賃貸物件にもおすすめのマグネットタッセル

マグネットタッセルは、賃貸のお部屋にも重宝します。

たとえば引っ越し先のアパートにふさかけが付いていなくても、マグネットタッセルなら悩む必要はありません。

賃貸のアパートやマンションの場合は、規約でほとんどの物件が壁に穴をあけられないので、カーテンレールやふさかけの取り付けに困る方は多いものです。

仮に穴をあけることができても、退居の際には修復しなければいけないので面倒ですよね。

また、ふさかけをうっかり買い忘れたとしても、マグネットタッセルなら気にせずカーテンをしっかり束ねられるのでお勧めです。

※壁に穴をあけずにカーテンを取りつける方法は、こちらの記事で解説しています。

突っ張りカーテンレールのアイデア2【カーテンの取り付け】壁に穴をあけられない時は突っ張りレールがお薦め

こんなタッセルも便利です

カーテンタッセル 縫い付け型

マグネットタッセル以外にも、ふさかけを使わずにカーテンをまとめられるタッセルがあります。

それは、画像のようにカーテンにタッセルを縫いつける方法です。

オーダーカーテンのオプション縫製になっているので、生地も自由に選べますよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、房掛けのいらないシンプルでお洒落な「マグネットタッセル」をご紹介しました。

タッセルには「カーテンと同じ布」でつくる舟形のものや、「ひも状」のタイプなど色んな種類がありますが、タッセルひとつでカーテンの雰囲気も変わります。

マグネットタッセルは、窓周りをすっきりみせたい時にもぴったり。

壁や窓枠にキズがつかないのも嬉しいですよね。

カーテンのおしゃれなアクセントに、ぜひ「マグネットタッセル」にも注目してみてはいかがでしょうか。