【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【フラットカーテン】オーダー前に知って得する「7つの知識」

フラットカーテン

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーが「フラットカーテン」について解説します。

フラットカーテンをオーダーする前に!

今、フラットカーテンの購入を考えていますか!?
であれば、ちょっと待って下さいね。

フラットカーテンには、案外見落としがちな「落とし穴」があるんです。

これを抑えておかないと、もしかしたら届いた後に「思ってたフラットカーテンのイメージと違う。。失敗した。。」なんて事になるかもしれません。

そこでフラットカーテンをオーダーする前に、知っておきたいポイントを「7つの項目」でまとめてみました。

フラットカーテンとは?

フラットカーテンは、文字通り、フラットに仕立てたカーテンの事です。

現在はフラットカーテンをご存知の方も増えていますが、一般的にカーテンといえば、プリーツが特徴の1.5倍(2ッ山ヒダ)カーテンや、2倍(3ッ山ヒダ)カーテンなのではと思います。

これに対し、フラットカーテンにはヒダがありません。

フラットカーテンの仕上がりイメージ

まず、みなさんが想像しているフラットカーテンは、どんなイメージでしょうか?

●生地をピーンと張った真っ直ぐな状態

●ほぼ真っ直ぐだが、少しだけゆとりがある

●軽いウェーブがある

●大きなウェーブがある

以上のように、4つの中で、ほぼどれかに該当すると思います。

けれど、全く想像すらつかない方も少なくないと思いますので、解説していきます。

フラットカーテンの倍率

このように、ヒダをとらないフラットカーテンですが、オーダーで注文する場合は、1.5倍ヒダや2倍ヒダと同じように、「フラットカーテン1.1倍」「フラットカーテン1.3倍」という表現をします。

ここで重要なのが、フラットカーテンをオーダーする際の、「倍率」です

この「〇〇倍」という倍率は、カーテンレールの長さに対する生地量のことを指しています。

例えば・・・
フラットカーテン1.1倍なら、レールの長さに対して1.1倍の生地
フラットカーテン1.3倍なら、レールの長さに対して1.3倍の生地を使うという意味です。

大まかに表現すると、カーテンレールの長さに対して下記の倍率(生地量)になります。

●生地をピーンと張った真っ直ぐな状態 →(1.0倍

●ほぼ真っ直ぐだが、ほんの少しだけゆとりがある →(1.1倍

●軽いウェーブがある →(1.2倍~1.3倍

●大きいウェーブがある →(1.5倍~2.0倍

つまり、ウェーブが大きくなるほど、生地を沢山使った波のようなフラットカーテンになるというわけです。

このように、フラットカーテンは倍率の範囲が広く、どの倍率を選ぶかで見た目の印象がガラリと変わるため注意が必要なのです。

因みに弊社では、通常1.1倍を推奨していますが、お客様のご要望に合わせてお仕立てしています。

同じようにフラットカーテンを購入先のカーテンショップで、お店の方から案内があれば特に問題はありませんが、分からないままに自分がイメージしたフラットカーテンと違うものが届く可能性もあるため、ヒダのないフラットカーテンでも、倍率によって印象が変わることを覚えておきましょう。

フラットカーテン・倍率による見え方の違い

少しざっくりですが、イメージはこんな感じです。

↓フラットカーテン1.0倍 (※カーテンレールの長さに対して1.0倍の長さ)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン1.1倍 (※カーテンレールの長さに対して1.1倍の長さ)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン1.2倍 (カーテンレールの長さに対して1.2倍の長さ)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン1.3倍 (カーテンレールの長さに対して1.3倍の長さ)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン1.5倍 (カーテンレールの長さに対して1.5倍の長さ)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン2.0倍 (カーテンレールの長さに対して2.0倍の長さ)

インテリアショップworks 著作権画像

このように倍率が大きくなるほど生地量がふえるため、ウェーブが大きくなっていくのがお分かりいただけると思います。

フラットカーテンの「メリット」と「デメリット」

フラットカーテンは、仕上がり巾によって、それぞれ「メリット」と「デメリット」があります。

●≪倍率が小さい場合(1.0倍~1.2倍)

メリット】→ 柄がはっきり見える。窓辺がすっきりとした印象。

デメリット】→ カーテン自体にヒダが無いため、開いた時まとめ辛い。(生地の厚さにもよります)

●≪倍率が大きい場合(1.3倍~1.5倍)

メリット】→ シンプルながらもウェーブがあるため重厚感がある。

デメリット】→ カーテンを閉じる際、中央は真っ直ぐに伸び、サイド側に生地が溜まりやすいため、均等なウェーブを出すには手で寄せる必要がある。(※イメージ図A参照)

インテリアショップworks 著作権画像

このように、倍率の大きなフラットカーテンは、ウェーブの効果でスタイリッシュに仕上がりますが

その反面、ウェーブにばらつきが出て、綺麗に見せるためには手でまとめる必要があります。

これでは何だか面倒くさいですよね。

そんな1.3倍以上のフラットカーテンには、形態安定加工がおススメなんです!

では、どのようなものかみてみましょう。

フラットカーテンの【形態安定加工】

形態安定加工は、1.5倍や2倍ヒダのカーテンをオーダーする際に耳にすることもあると思いますが、フラットカーテンにも「形態安定加工」がつけられます。
(メーカーによって対応できないところもあります)

1.1倍や1.2倍の場合は、生地の量が少ないため形態安定加工はできませんが、1.3倍~1.5倍なら推奨の範囲です

形態安定加工をすることでウェーブにくせづけができるので、カーテンを閉じた状態でも均等なウェーブになり、上図Aのように中央だけが真っ直ぐに伸びることはありません。

なので、大きいウェーブのフラットカーテンをお望みなら、加工をつけた方が見た目も美しいですし使い勝手も良くなると思います。(※イメージ図B参照)

インテリアショップworks 著作権画像

※イメージ図B

フラットカーテンには【Aフック】がおススメ!

では、カーテンのフックについてはどうでしょうか?

フラットカーテンの場合、フックタイプは倍率に関係なく、Aフック(レールが見えるタイプがお勧めです。

Aフックは、生地とレールが干渉しないためスラスラ~っと開け閉めができます。

一方、Bフックの場合は生地とレールが干渉するため、倍率が大きい(生地量が多い)と、レールにぶつかり開け閉めが困難になります。

画像提供 スミノエ

※1.1倍程度ならBフックでも特に支障はありませんが、Aフックの方が間違いないです。

カーテンのフックについては、こちらの記事を参考にしてください。

フラットカーテンが一番安いとは限らない

2倍ヒダや1.5倍ヒダは高いから、予算を抑えるために「フラットカーテンにしよう・・」と考えた事ありませんか?

実はそこにも、ちょっとした落とし穴があります。

確かに、一般的にはヒダを寄せたカーテンに比べると、フラットカーテンの方が生地量も少なくて済みますし、お値段も安くなるのは当然です。

ところがフラットカーテンでも、1.5倍ヒダカーテンと同じ価格、もしくは高くなってしまうケースがあるのをご存知でしょうか?

これには3つの理由があります。

フラットカーテンと1.5倍ヒダが同じ価格とは?

1つ目は、カーテンのオーダーサイズによって、フラットと1.5倍ヒダの価格が同じになるケースです。

これは結論からいうと、製作時の生地の使用量(生地巾)が同じことによるものです。

オーダーの場合、カーテンは反物から縫製されますが、反物にはそれぞれ有効巾(生地巾)があり「縦使い」の生地と「横使い」の生地があります。

縦使いの生地はタテ方向横使いの生地はヨコ方向に使いカーテンを仕立てていきます。(画像参照)
※刺繍や薄いボイル地のレース生地には、一部だけ「ヨコ使い」があります。

画像 インテリアファブリックス協会 窓装飾プランナーbook

●縦使い生地(縦使い生地はタテ方向に使用:画像左)

一般的に多いのは「縦使い」の生地で、有効生地巾は100cmや150cmが主流です。

例えばオーダーの際に、生地が縦使いで有効巾が150cm(1巾)だとします。

1巾は150cmなので、151cm以上のサイズを製作する場合は、1巾では足りませんから、生地を2巾・・3巾・・とつないで仕立てる必要があります。(継ぎ目が入る状態)

これはフラットカーテンでも1.5倍ヒダでも同じ仕組みなので、オーダーのサイズによって使用する巾数が同じになることもあるため、価格が同じになってしまうのです。

●横使い生地(横使い生地はヨコ方向に使用:画像右)※刺繍やボイル地のレースカーテンに多く見られます。

横使いの場合は、有効巾が約250cm~300cmが主流で、巾をヨコ方向に使うため生地をつなぐ必要がなく、1枚仕立ての美しい仕上がりとなります。

※但し、横方向に使用するので高さの制限(約230cm~280cm)があります。

フラットカーテンの方が1.5倍ヒダより高くなる理由とは?

2つ目は、フラットカーテンの倍率によって、1.5倍ヒダより価格が高くなるケースです。

前述のように、フラットカーテンは、1.0倍~約1.5倍程度の倍率が選択できるようになっています。

一般的なフラットは1.1倍~1.2倍程度ですが、大きめのウェーブが欲しい時には、1.3倍~1.5倍をオーダーすることになります。

そうなると生地の量も増えてしまうので、1.5倍ヒダよりフラットの方が高くなってしまうことがあるのです。

3つ目は、メーカー側の価格帯の設定によって、フラットカーテンの方が1.5倍よりも高くなるケースです。

カーテン専門店で価格を尋ねたときに、フラットカーテンの方が高くなっている場合には、この2つ理由が考えられます。

なので、フラットカーテンの見積もりを依頼する際には、1.5倍ヒダの価格も確認してみると良いでしょう。

フラットカーテンを二重吊りにする際の注意点

厚地のドレープカーテンとレースカーテンを二重吊りで使用する場合、どちらもフラットカーテンにする際には注意必要です。

倍率が小さければ問題ありませんが、1.3倍以上のようにウェーブが大きくなると、互いの生地が干渉しやすく開け閉めが困難になります。

なので、レールの取付状況や窓の形状にも気を配る必要があります。

まとめ

今回は、フラットカーテンの知っておきたい7つのポイントについてお伝えしました。

一口にフラットといっても、倍率や加工によって見た目や使い勝手にも差が出ます

フラットカーテンは倍率の選び方で印象が変わり、シンプルにもスタイリッシュにも変化するお洒落なカーテンスタイルです。

ウェーブの大きいフラットカーテンをオーダーする際には、必ず形態安定加工も視野に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)