【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【フラットカーテン】オーダー前に知って得する「7つの知識」

フラットカーテン

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーが「フラットカーテン」について解説します。

フラットカーテンをオーダーする前に!

今、フラットカーテンの購入をお考えなら少しだけお待ちください。

フラットカーテンには、意外と知らない「落とし穴」があります。

これを理解しておくと、想像しているフラットカーテンに限りなく近い状態で購入することができるはずです。

今回はフラットカーテンをオーダーする前に、知っておきたいポイントを「7つの項目」でまとめてみました。

カーテンのヒダ倍率【カーテンのヒダについて】 1.5倍ヒダや2倍ヒダとは?

フラットカーテンとは

フラットカーテン

フラットカーテンは、文字通りフラットに仕立てたカーテンのことをいいます。

ヒダを取らないので、真っ直ぐな1枚仕立てのカーテンになります。

最大の特徴は、柄がはっきりと見えてシンプルなこと。

大きな模様やお気に入りのデザインを目立たせる演出に向いています。

ではみなさんが想像しているフラットカーテンは、どのようなイメージでしょうか?

カーテンを閉じている場合です。

  1. レールと平行で真っ直ぐな状態
  2. ほぼ真っ直ぐだが少しゆとりがある
  3. 軽いウェーブがある
  4. 大きいウェーブがある

これはフラットカーテンの横幅のゆとりを表現していますが、4つの中でほぼどれかに当てはまるのではと思います。

とはいえ、全くイメージができない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここがポイントなので詳しく解説します。

重要なフラットカーテンの倍率

オーダーのフラットカーテンは、「フラットカーテン1.1倍」「フラットカーテン1.3倍」などと表現します。

この「〇〇倍」というのは、カーテンレールの長さに対する生地量を指していますが、重要なのがこの「倍率」です。

例えば・・・
フラットカーテン1.1倍なら、レールの長さに対して1.1倍の生地
フラットカーテン1.3倍なら、レールの長さに対して1.3倍の生地を使うという意味です。

つまり、倍率が大きいほど生地の量が増えることになります。

前述の1~4を改めて表現すると、

  1. 真っ直ぐな状態 →(1.0倍
  2. 少しだけゆとりがある →(1.1倍
  3. 軽いウェーブ →(1.2倍~1.3倍
  4. 大きいウェーブ→(1.5倍~2.0倍

このようになります。なので、

フラットにゆとりが不要なら1.0~1.1倍。

軽いウェーブなら1.2~1.3倍

大きいウェーブなら1.5倍~2.0倍が必要ということです。

一般的に多いフラットカーテンの倍率

フラットカーテンをオーダーする場合は、通常1.0倍~約1.5倍程度の指定が可能です。

最も多いのは、ほぼ真っ直ぐな1.1倍や軽いウェーブのある1.3倍ですが、カーテンを閉じた時の印象が変わります。

なので倍率についてお店から説明がなければ、どのような仕上がりになるか確認しましょう。

フラットカーテン・倍率による見え方の違い

少しざっくりではありますが、画像で説明するとこのような感じです。

↓フラットカーテン1.0倍 (カーテンレールに対して平行なイメージ)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン1.1倍 (ほんの少しゆとりがある)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン1.2倍 (少しだけゆとりがある)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン1.3倍 (ゆるやかなウェーブがある)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン1.5倍 (大きめのウェーブがある)

インテリアショップworks 著作権画像

↓フラットカーテン2.0倍 (かなり大きいウェーブがある)

インテリアショップworks 著作権画像

このようにひと口にフラットカーテンといっても、倍率が大きいほど生地量が増えてウェーブの溝が深くなり、閉じた時の印象が変わるのをイメージして頂けると思います。

フラットカーテンの「メリット」と「デメリット」

フラットカーテンは仕上がり巾によって、それぞれ「メリットとデメリット」があります。

●≪倍率が小さい場合(1.0倍~1.2倍)

メリット】→ 柄がはっきり見える。窓辺がすっきりとした印象。

デメリット】→ カーテン自体にヒダが無いので、開いた時まとめにくい。(生地の厚さによります

●≪倍率が大きい場合(1.3倍~1.5倍)

メリット】→ シンプルながらもウェーブがあるので重厚感がある。

デメリット】→ カーテンを閉じる際、中央は真っ直ぐに伸び、サイド側に生地が溜まりやすいため、均等なウェーブを出すには手で寄せる必要がある。(※イメージ図A参照)

インテリアショップworks 著作権画像

倍率の大きいフラットカーテンは、ウェーブの効果で奥行きが生まれます。

しかし、ウェーブの部分と真っ直ぐな部分が生じ、ウェーブラインを美しく見せるには自分で均等に寄せる必要があります。

これは何となく面倒ですね。

なので、倍率の大きな1.3倍以上のフラットカーテンには、形態安定加工がお勧めです。

どのようなものか見てみましょう。

フラットカーテンの【形態安定加工】

形態安定加工は、1.5倍ヒダや2倍ヒダのカーテンでもお馴染みですが、フラットカーテンも「形態安定加工」が可能です。(メーカーによって対応できない場合もあります)

フラットの1.1倍や1.2倍では、生地の量が少ないので形態安定加工はできませんが、1.3倍~1.5倍は推奨の範囲です

形態安定加工によってウェーブのクセが付き、カーテンを閉じた状態でも均等なウェーブになります。

なので、先ほどの画像(上図A)のように中央だけが真っ直ぐに伸びることはありません。

つまり大きい倍率(ウェーブ)のフラットカーテンなら、形態安定加工で見た目も美しく使い勝手も良くなるのです。(※イメージ図B参照)

インテリアショップworks 著作権画像

※イメージ図B

フラットカーテンには【Aフック】がお勧め

では、カーテンのフックについてはどうでしょうか?

フラットカーテンの場合、フックタイプは倍率に関係なく、Aフック(レールが見えるタイプがお勧めです。

Aフックは、生地とレールが干渉しないためスラスラと開け閉めができます。

一方、Bフックの場合は生地とレールが干渉するため、倍率が大きい(生地量が多い)と、レールにぶつかり開け閉めが困難になるためです。

フラットカーテン Aフックイメージ

このように、Aフックが使いやすくてお勧めです。

※カーテンのフックについては、こちらの記事を参考にして下さい。
【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

カーテンフックについて【カーテンフックの選び方】Aフック?それともBフック?

フラットカーテンが一番安いとは限らない

2倍ヒダや1.5倍ヒダは高いから、「予算を抑えるためにフラットカーテンで・・」と思った事はありませんか?

実はそこにも、ちょっとした落とし穴があります。

確かに、ヒダを寄せたプリーツカーテンに比べ、フラットカーテンは生地量も少なくお値段も安いです。

とはいえフラットカーテンでも、1.5倍ヒダカーテンと同じ価格、もしくは高くなってしまう場合があるのです。

理由は順番に説明します。

フラットカーテンと1.5倍ヒダが同じ価格とは?

まず、フラットカーテンと1.5倍ヒダカーテンが同じ価格になる理由です。

これは結論からいうと、オーダー製作時の生地量(使用生地巾)が同じことによるものです。

オーダーの場合、カーテンは反物から縫製されます。

つまり、反物にはそれぞれ有効巾(生地巾)があり「縦使い」の生地と「横使い」の生地があります。

縦使いの生地はタテ方向横使いの生地はヨコ方向に使いカーテンを仕立てていきます。(画像参照)
※刺繍や薄いボイル地のレース生地には、一部「ヨコ使い」の商品が存在します。

画像 インテリアファブリックス協会 窓装飾プランナーbook

●縦使い生地(縦使い生地はタテ方向に使用:画像左)

通常のオーダーカーテンは、「縦使い」になり、有効生地巾は100cmや150cmが多いです。

例えば、生地が縦使いで有効巾が150cm(1巾)だとすると、151cm以上のカーテンを製作する場合は1巾では足りません。

なので、生地を2巾・・3巾・・とつないで仕立てる必要があります。(縫い合わせた継ぎ目が入る状態)

特にフラットカーテンと1.5倍ヒダカーテンでは、使用する巾数が同じになるケースもあり、同価格の場合が生じるのです

〈予備知識〉

●横使い生地(横使い生地はヨコ方向に使用:画像右)※刺繍やボイル地のレースカーテンに多く見られます。

横使いの場合は、有効巾が約250cm~300cmが主流で、巾をヨコ方向に使うため生地をつなぐ必要がなく、1枚仕立ての美しい仕上がりになります。

※但し、横方向に使用するので高さの制限(約230cm~280cm)があります。

フラットの方が1.5倍ヒダカーテンより高くなるケースとは?

次に、フラットカーテンが1.5倍ヒダカーテンよりも高くなるケースがあります。

これはメーカー側の価格帯設定によるもので、1.5倍ヒダカーテンの定価とフラットカーテンの定価に違いがあるためです。

例えば、とあるメーカーの商品、生地巾は150cmで、横幅200cm×高さ260cmのカーテンを例にすると

フラットカーテン1.3倍でオーダーする場合 → 定価38,100円(税別)

1.5倍(2ッ山)ヒダカーテンでオーダーする場合 → 定価37,200円(税別)

このようになります。

カーテン専門店で見積もりを依頼し、フラットカーテンの方が高い場合には、こうした理由があります。

なので、フラットカーテンの見積もりを依頼する際には、1.5倍ヒダの価格も同時に確認してみると良いでしょう。

フラットカーテンを二重吊りにする際の注意点

ドレープ(厚地)カーテンとレースカーテンを二重吊りで使用する際、どちらもフラットカーテンにする場合は注意必要です。

倍率が小さければ問題ありませんが、1.3倍以上のようにウェーブが大きくなると、互いの生地が干渉しやすく開け閉めが困難になります。

なので、レールの取付状況にも気を配る必要があります。

まとめ

今回は、フラットカーテンの知っておきたい7つの知識をまとめてみました。

一口にフラットといっても、選ぶ倍率や加工によって、見た目や使い勝手に違いが生じることをお分かり頂けたのではと思います

フラットカーテンの良さは、シンプルさと、ヒダがないので窓がすっきりみえることです。

個人的にフラットカーテンは1.1倍~1.2倍が好みですが、1.3倍以上のフラットカーテンでは形態安定加工も視野に入れておくと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)