【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

プレーンシェードの特徴|メリット・デメリットも

プレーンシェード

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーが「プレーンシェード」について特徴やメリットなどを紹介します。

おしゃれな空間の演出に欠かせないプレーンシェードは、カーテンよりも窓全体を広く見せることができるのが魅力です。

どんな空間にも合わせやすく、ファブリックの持ち味を活かしたやわらかさに人気があります。

プレーンシェードの特徴

プレーンシェードは、一枚のファブリックを操作コードで上下に昇降させて開閉できるスタイルです。

布を降ろせば絵画のようにフラットになり、たたみ上げると窓がすっきりみえ、上からの視線を防いだり日差し対策にもなります。

またカーテンと同じファブリック素材で作れるため、色や柄を揃えたコーディネートがしやすいのも特徴です。

プレーンシェードは、1枚の布で作るシングルタイプと2枚の布で作るダブルタイプがありますが、それぞれ1台で操作ができる仕組みになっています。

操作方法もコード式とドラム式の2種類があり、コード式は小窓に、ドラム式は大きい窓に適しています。

取付けの前に注意したい点は、布をたたみ上げた時のたたみ代(生地のたまり)が約15~25cm前後になるため、窓の開口部がせまくなりがちなことです。

なので高さの低い窓にプレーンシェードを付けるときは、窓の開け閉めや風の採り入れ方などを事前に確かめておくことが大切です。

プレーンシェードその①・ドレープ生地(厚地)

プレーンシェード

厚地だけで製作するシングルタイプ。特にレースが必要ない場所におすすめです。

プレーンシェード 裏面

こちらはシェードを裏側から見た時のイメージ。裏面は生地をたたみ上げるためのリングテープと昇降コードがついています。

プレーンシェードその②・レース生地

プレーンシェード レース生地

レース生地のみのシングルタイプ。厚地が不要な場所におすすめです。

プレーンシェードその③・ダブルタイプ

プレーンシェード ダブルタイプ

厚地とレースの2枚の生地を1台で使える便利なダブルタイプ。2つの役割が欲しい場所におすすめです。

また、前後の生地をどちらにするか配置が選べるのも特長です。

プレーンシェードは高い?

一般的には、カーテンに比べるとお値段が高くなります。

しかし、カーテンの場合は設置するためのカーテンレールを購入する必要がありますが、シェードの場合はレールを準備する必要がないためお値段的に変わらないというケースもあります。

プレーンシェードのメリット

〇カーテンと同じ生地を使ってコーディネートできる

〇窓周りがすっきりみえる

〇ファブリック本来の素材感と柄そのものが楽しめる

〇生地を取り外して洗濯ができる

〇ナチュラルでやわらかな印象

〇高さが調整できるので、目隠しや日焼け防止になる

〇大きい窓でも操作が簡単

プレーンシェードのデメリット

〇出入りの多い窓は上げ下げが面倒

〇風にあたると裾のバーがカツカツ音がする場合がある

〇生地をたたみ上げるとき布の両端がきれいにたたまれないことがある(形状記憶も可能)

〇たたみ上げた時の生地の厚み(たたみ代)が15~20cm前後になるため窓の開口部が狭くなりがちである

まとめ

このようにシェードにもメリットとデメリットはありますが、窓の配置やサイズ・使い勝手を考慮して選ぶと、ライフスタイルに合った商品選びができます。

ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

インテリアショップワークス
フリーダイヤル📞0120-117-806
メールでのお問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)