【インテリアショップWORK's】によるインテリア・内装の情報をお伝えするブログ

【壁紙に開いた穴の補修】対処法を知ってクロス修理・修繕の金額を抑える

壁に穴が開いたDIY

親方

プロのクロス職人で、親方の私が穴の開いた壁紙の補修方法を紹介します。

壁に物をぶつけたり、うっかり体が当たったりと壁に穴が開く事はよくある話です。

石膏ボードは思ったよりもろく、壊れやすい建材です。

とはいえ、穴を開けた人間に責任があるのは変わりません。

なので、この記事ではプロは壁紙の穴にどう対処してるのかを知って貰い、壁の穴を自分で補修し費用を押えるプチリフォームをお届けします。


自分で壁紙の穴を補修・修理・修繕した方が良い理由

壁に穴を開けてしまったとき、修理費用はどのくらいかかるんだろう?

こんな不安をもつ方が多いです。

穴の大きさや業者によって費用は違いますが「10cm四方の穴」の場合で考え、必要な金額を考えると以下の通り。

  • 出張費(あなたの自宅までの交通費)
  • 材料費(石膏ボード、壁紙などの費用)
  • 技術料(作業費)

です。

金額的には15,000円~40,000円くらい

※依頼する業者で金額はかわります。


もし、DIYできるなら「出張費」と「作業費」はかかりません。

材料費のみで直せるので、できるだけお金をかけたくないと考えるなら自分で直してしまいましょう。

とはいえ、絶対に直した跡が分からないように「完璧に直したい」のなら以下のような格安で対応してるプロに相談するほうが安心です。

  • 通販番組でも紹介された「イエコマ」家の困ったことに安価で何にでも対応してくれるサービス。

イエコマ公式サイト

  • 内装工事に特化した「内装マスター」壁紙専門のプロが対応してくれますが、WEB上で見積りでき金額的にもかなり安価。

内装マスター公式サイト


それではDIYの話をすすめます。

穴の開いた壁紙の補修で準部するもの

直し方の説明のまえに、今回想定しているDIYはこのような穴なのでこの記事が必要か画像で確認してください。

壁に開いた穴

こんなに穴が大きくない場合、たとえば押しピンのような小さな穴ならコーキングで簡単に直せますので、コーキングで以下のように直して終わりです。

押しピンの穴をコーキングで直す


上の画像のような大きな穴の場合、以下のものが必要です。

壁紙に開いた穴の補修・修繕・修理に必要な物

必要なものは以下の通り。

  1. 石膏ボード
  2. 石膏パテ
  3. ボードビス
  4. 木材
  5. クロス(壁紙)
  6. クロスの道具

順番に見ていきます。

1、石膏ボード

石膏ボードには厚みの種類があります。

メジャーで計って同じ厚みのものを準備しましょう。

※計って分かりづらい場合は少しカットしたものをDIYショップに持参してもいいでしょう。

2、石膏パテ

石膏パテ又はクロス用の粉末パテを用意しましょう。

※見つからない場合、インターネットで購入できます。

{{ヤヨイ ワイドスーパー60(3.2kg)粉末タイプ}} 下地用補修パテ3.2kg

価格:972円
(2018/3/8 19:40時点)
感想(44件)

ヤヨイ化学 ヤヨイハンター 120 ハード 4寸相当 412-042 1つ

価格:929円
(2018/3/8 19:42時点)
感想(0件)

3、ボードビス

ボードビスの長さは種類が豊富ですが25mm以上の物を選ぶと良いでしょう。

また、長すぎても支障が出る場合がありますので注意してください。

ホームセンターで買えます。

4、木材

木材は胴縁といわれる角材(45mm×45mm)を使いましょう。

必要なな長さをあらかじめ計り準備しましょう。

ホームセンターで買えます。

5、クロス(壁紙)

クロスは型番、品番が分かれば一番良いのですが、分からない場合インターネットなどで探すと見つかると思います。

6、クロスの道具

クロスの道具と、壁紙がセットになった物があるのでこれがお得ではないでしょうか。

のりつき 壁紙 クロス 国産 初心者セット のり付き壁紙30mと必要な道具セットが揃った 壁紙かんたん貼り替えキット

価格:7,776円
(2018/3/8 19:34時点)
感想(202件)


準備するものは以上です。

ここからは穴の修復方法を解説します。

壁紙の穴「修復方法」

穴の開いた壁のボード(下地)を補修します。

用意した石膏ボードを穴が隠れる大きさにカットします。

カットできたら穴の開いたボードの上に重ね定規として使います。

インテリアショップworks 著作権画像

鉛筆やカッターを使い印をつけ、引き回しと呼ばれる鋸で印に合わせ切っていきます。

SK11 替刃式折込鋸120 引廻し S120-H

価格:970円
(2018/3/8 18:55時点)
感想(1件)

石膏ボードは簡単に切ることができるので簡単な作業です。

切り終わったら、用意した木材で下地をつくります。

木材で下地を作る

下地ができたら石膏ボードをボードビスでとめて完成。

石膏ボードを止める


この手順をくわしく見てみます。

下地の木材を取り付けていきます。

ボードのカットが終わったら、木材を既存のボードにビス止めします。

木材は、短くなり過ぎないように開けた穴に対して10~20cm程度長めにカットし準備します。インテリアショップworks 著作権画像
既存の下地木材に当たらない程度の長さが良いでしょう。

作業性を上げるため大きくボードを切り込む方法も有りますので、作業が簡単にできそうな切り込みを開けて下さい。

ボードを貼り付けます

先ほど定規として使ったボードを切り込んだ穴にはめ込み木材の上にビスが来るようにビス止めしていきます。

この時ビスがボードより飛び出た状態だとクロスを貼った時に目立ちますので手で触って確認しましょう。

塞いだボードの継ぎ目を石膏パテを使い平坦にしていきます

次はボードの継ぎ目にパテ処理をします。

パテ処理は平坦になるまで2~3回重ね塗りします。

インテリアショップworks 著作権画像

パテが乾いたら凹凸部分にサンドペーパーをかけます。
これでパテは完成です。

クロスを準備します

クロスは同じものが用意できたとしても経年焼けや色褪せにより若干色が違って見えます。

完全に分からなくしたい場合は角から角までの一面を張り替えると良いでしょう。

クロスを張って完成です

仕上がりを左右するクロス(壁紙)の張り方については関連記事で詳しく説明しています。

クロス(壁紙)を部分的に張り替える裏ワザ

部分的に張り替えるときのとっておきの方法をご紹介します。

既存の壁でドア裏のようなクロス1枚で貼ってある個所を探します。

ない場合はドア上などの目立たない場所でも良いでしょう。

この部分を破らないように慎重にはがします。

補修したボードより一回り大きく剥がせればOKです。

剥がしたクロスは穴の開いた個所と同時期に施工されていますので、剥いだクロスを補修に使う事でほとんど目立たなく補修できます。

剥がした部分には新しく用意したクロスを貼れば完成です。

ちなみに、壁の穴は火災保険で直すこともできます。

もちろん火災保険に加入していることが条件ですが….

火災保険に加入してるという方は、保険申請が可能か無料調査してくれる便利なサービスもあります。

詳しくは【おうちの保険相談センター】こんなことにも火災保険が使えるの?をご覧ください。

おうちの保険相談センター公式サイトはこちら


自分で直すのは大変そうだと感じた方には以下の記事がお勧めです。

まとめ

壁に開いた穴を自分で直す方法を紹介しました。

まとめると以下の通りです。

  • 穴をプラスターボードでふさぐ
  • パテで平坦にする
  • 同じ壁紙を見つけて張り替える

一連の工程が難しいと感じた方には以下の記事も参考になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)