クロス職人の親方ブログ

【カーテントップ】ヒダ(プリーツ)の種類でお部屋の印象が変わる!

窓装飾プランナーのマドカです

今回は、カーテントップの種類をみていきます。

カーテンの上部に施される処理のことを、「カーテントップ」や「カーテンプリーツ(ヒダ)」と呼びます。

ひと口にカーテンといっても、ヒダの取り方で印象が大きく変わります。

一般的によく使われているカーテンプリーツは、2つ山ヒダ3つ山ヒダですが、何のことかさっぱり?という方も多いかもしれませんね。

この2つ山や3つ山というのは、皆さんが普段つかっている1.5倍ヒダカーテンあるいは2倍ヒダカーテンと呼ばれるものです。

またカーテントップの形には、2つ山や3つ山以外にも「ギャザーヒダ」や「片ヒダ」「箱ヒダ」等さまざまな種類があり、仕上がりはもちろんですが、お部屋の雰囲気さえ変えることができます。

たとえば、同じ柄のカーテンでもヒダの取り方ひとつで印象が変わるため、自分だけのオリジナルが楽しめます。

空間をお洒落にスタイリングするのなら、こうしたカーテン上部のあしらい方を知っておくと便利です。

そこでこの記事では、代表的なカーテントップ(ヒダ)の種類と名前をご紹介したいと思います。

カーテントップ(ヒダ)の種類

カーテンにヒダを寄せるトップの形です。

3つ山ヒダ(2倍ヒダカーテン)

画像提供 スミノエ

カーテンのヒダ上部が3つ山になっているもの。

オーダーカーテンの標準的な縫製仕様です。

ヒダ間隔は10~12cm前後でウェーブラインの溝が深く取れるため、高級感のある仕上がりになります。

一般的に、2倍ヒダカーテンや2.5倍ヒダカーテンに多くつかわれています。

※仕上がり巾の2~3倍程度の生地が必要。

2つ山ヒダ(1.5倍ヒダカーテン)

画像提供 スミノエ

カーテンのヒダ上部が2つ山になっているもの。

大量生産の既製カーテンに多くみられる縫製仕様です。

ヒダ間隔は15cm前後と広めになり、比較的カジュアルな印象になります。

一般的に、1.5倍ヒダカーテンに多くつかわれています。

※仕上がり巾の1.5~2倍程度の生地が必要。

1ッ山ヒダ(ワンプリーツカーテン)

画像提供 スミノエ

カーテンのヒダ上部が1つ山になっているもの。

シングルプリーツやワンプリーツとも呼ばれます。

ヒダ間隔は10~12cm前後。1つ山ですっきりと仕上がり、フラットでは少しもの足りない場合にお薦めのスタイルです。

1.5倍~1.7倍ヒダカーテンに多くつかわれています。

※1.5倍ヒダや2.0倍ヒダについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

カーテンのヒダ倍率【カーテンのヒダについて】 1.5倍ヒダや2倍ヒダとは?

ギャザーヒダ

画像提供 スミノエ

カーテンの上部にギャザーテープを縫い付け、テープに付いている紐をキュッと絞ってギャザーを寄せるものです

薄手の素材や、レースカーテンに向いています。

※仕上がり巾の2.5~4倍程度の生地が必要。

ロッドポケット(カフェスタイル)

画像提供 東リ

カフェカーテンに多くみられるスタイル。

カーテンの上から数cm下の部分を袋状に縫って、ポールやロッドを通して吊り下げます。

ヒダを寄せないプレーンなスタイルから、ギャザー風まで調整が可能です。

ギャザー風に仕上げる場合は、レール巾の約2倍程度の生地を使用してギャザーを寄せるのが一般的です。

片ヒダ

画像提供 東リ

片ヒダカーテンカーテン上部のヒダを一方にたたんで平たく縫い上げたもの

ナイフプリーツとも呼ばれます。

箱ヒダ(ボックスプリーツ)

画像提供 東リ

箱ヒダカーテン

カーテン上部のヒダを左右均等にたたんで平らな形に縫い上げたもの。

ボックスのようなプリーツが等間隔に並びます。

※仕上がり巾の2~3倍程度の生地が必要。

ゴブレットプリーツ

カーテンの上部に綿などを詰めて、膨らみをもたせたもの。

ゴブレットとは取っ手の無い脚付きグラスのことで、その形に似ていることから名付けられています。

華やかな空間にぴったりのカーテントップです。

ヒダを寄せないカーテントップの種類

その他にも、ヒダを寄せないカーテントップがあります。

フラットカーテン

画像提供 東リ

カーテン上部のヒダを寄せないフラットなスタイル。

カーテンレールの長さに対して、約1.1倍~1.7倍程度の生地を使うのが一般的です。

倍率が大きいフラットカーテンには、形態安定加工がおすすめです。

フラットカーテン【フラットカーテン】オーダー前に知って得する「7つの知識」

タブカーテン

画像提供 東リ

カーテンの上部に、同じ生地を短冊状に縫い付けてポールを通すスタイル。

カジュアルな空間にぴったりで、まるでハンドメイドのような優しい雰囲気になります。

ループボタン

画像提供 東リ

カーテン上部に、タブとボタンを縫いつけたスタイル。

ボタンがアクセントになるので、子供部屋などお部屋を可愛く演出するときにお薦めです。

また、カーテンの柄に合わせてタブの色をコーディネートすることができます。

カーテンレールは、ウッド調のものがよく似合います。

ハトメスタイル(大)

画像提供 東リ

カーテンの上部に丸い穴をあけてポールを通すスタイル。

鳩の目にみえることから、ハトメカーテンと呼ばれています。

またハトメには大きなリング小さなリングがあり、こちらは大きいタイプのハトメです。

このハトメの大きさは数種類の中から選べるようになっていて、存在感をアピールするなら大きいリングがお勧めです。

※ハトメの色については、シルバーやゴールドから選ぶ。

ハトメスタイル(小)

画像提供 東リ

こちらは、小さいリングのハトメカーテン。

大きいリングに比べるとあまり目立たないので、さり気なく変化をつけたい時におすすめです。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、カーテントップ(ヒダ)の種類をご紹介しました。

一括りにカーテンといっても、このようにヒダの形はさまざまです。

なりたいお部屋のテイストやイメージに合わせてカーテントップを変えてみると、いつもとは違った雰囲気が楽しめますよ。

カーテンをオーダーする際には、ぜひヒダの上部にも注目してみてください。

※カーテン選びに迷った時はこちらの記事もどうぞ。

おすすめのカーテン屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)