クロス職人の親方ブログ

【新築一戸建てのカーテンレール】選ぶときに失敗しないための注意点!

新築間取り エアコン カーテンレールの干渉

新築一戸建ての注文住宅では、「カーテンレールの取り付け」に関するトラブルというのがあります。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

これから新築をお考えの方は、事前に知っておけば回避できますので、注意点をご紹介したいと思います。

※オーダーカーテンで「宝塚の無料チケットが当たる」キャンペーンの記事もどうぞ。

宝塚大劇場【2020宝塚歌劇の無料チケット】知らなきゃ損する!スミノエの太っ腹キャンペーン

新築戸建てのカーテンレールで多いトラブルとは?

結論から言うと、それはカーテンレールと窓周りの障害物との関係です。

実際に、私もこうしたトラブルを抱える現場をいくつか見てきました。

新築一戸建ての場合は、一般的にカーテンレールが設置されません。

この背景には、次のようなものがあります。

  • 施主側(家の持ち主)の好みを反映させるため
  • 全ての窓にカーテンを付けるとは限らない
  • ブラインドやスクリーン系の場合はカーテンレールが不要になる

そのため、「カーテンレール」や「窓装飾」の取り付けは改めて業者に依頼するか、または自分で設置することになります。

つまり事前にカーテン(窓周り)についての話し合いができておらず、カーテンレールを取付ける段階で、ようやく施主側がトラブルに気付くというもの。

そもそも「新築にカーテンレールが設置されない」ことを知らされず、引き渡しになってから慌ててレールを準備したという事例もあるほどです。

新築戸建ての設計とカーテンレールの関係

では、失敗につながるような新築戸建ての「設計」と「カーテンレール」の関係はどのようなものでしょうか?

それは次のようなケースです。

  • カーテンレールとエアコンが干渉してしまう
  • カーテンレールとクローゼットの扉がぶつかる

2つのケースをみてみましょう。

カーテンレールとエアコンが干渉してしまう

カーテンレールを選ぶ時の注意点

新築でよくあるケースが、カーテンレールエアコンの干渉です。

これは「装飾レール」を希望していた方に多いトラブルといえます。

一般的な「機能性レール(普通のもの)」なら、窓枠と同じ長さにすれば解決できますので。

しかし装飾レールの場合は、両端に付いているおしゃれな飾りキャップが目的で選ぶことが多く、サイズはレールの長さ+飾りとなります。

つまり、窓枠ギリギリの場合エアコンとの干渉は避けられません。

結果として、装飾レールの片方だけ飾りがつけられなくなったり、カーテンレールを他のものに変えなければならない可能性も出てきます。

事前にエアコンを設置することは分かっていても、「エアコンの大きさ」や「取り付ける位置」によって、このようにカーテンレールと干渉してしまうため注意が必要です。

エアコンとカーテンレールがぶつかる場合は、

対処法
  • カーテンレールを窓枠と同じ長さにする(機能性レール)
  • 装飾レールの場合はぶつかる側のキャップを変える(変更可能なレールの場合)
  • カーテンレールを別の種類に変更する

このような選択になります。

カーテンレールがクローゼットの扉にぶつかる

カーテンレールがクローゼットにぶつかる

次に多いのは、部屋のコーナー(角)に設けられた窓クローゼットの扉が干渉してしまうケースです。

このような間取りも、カーテンレールの設置を見直さなくてはいけない可能性があります。

また飾りのある装飾レールでは、前述のようにキャップを変更するかカーテンレールを他のものに変える必要があります。

クローゼットの扉とカーテンレールがぶつかる場合は、

対処法
  • カーテンレールを天井に取り付ける(機能性レール)
  • カーテンレールを窓枠よりも高い位置に取り付ける(下地のある場所)
  • カーテンレールを窓枠の内側に取り付ける(機能性レール)

このような方法で対処することになります。

しかしカーテンを既に注文している場合は長さまで変わってしまうため、早い段階で確認することが大切なのです。

新築戸建てのカーテンレールで失敗しないために

このようなことが、新築の注文住宅でありがちなケースです。

あとはカーテンをつけるだけ!と、楽しみにしていたはずの工程が振り出しに戻るなんて悲しいですよね。

カーテンの柄選びに関しては、イメージが出来てからの後回しでも全く問題はないです。

むしろ「色や柄」については、部屋の中のインテリアが決まらないと選びにくいかもしれません。

しかし、「カーテンにするか?」「ブラインドにするか?」など希望のスタイルにするためには建築段階での打ち合わせが重要なのです。

特にカーテンの場合は、カーテンレールが必需品ですから、エアコンやクローゼットの扉の開け方、建具のドアなどと干渉しないように配慮する必要があります。

まとめ

このように新築一戸建ては、カーテンレールを付ける場合「窓と障害物の関係」を打ち合わせの段階で把握しておかなければ、失敗につながります。

設計士はカーテンの専門家ではないため、窓周りのことまで十分に考慮した上で設計してくれる建築士は少ないものです。

私の知人の建築士さんのようにきちんと考えて下さる方もいるのですが…。

希望のカーテンレールが付けられなくなったりカーテンのサイズが変わってしまうなど、せっかくの新築なのに後悔したくないですよね。

クローゼットは、扉を「両開き」から「折り戸」に変更せざるを得ないケースもあるようです。

トラブルを防ぐためにも、できるだけ早い段階で打ち合わせしておきましょう。

※こちらの記事もお役立てください。

カーテンレールの取付けで注意すべきこと【落下の危険性あり!】カーテンレールの取付けで注意すべき「2つの重要ポイント」 装飾レールカーテンレールの種類と上手な選び方|取り付けの際に注意すること 新築戸建てのカーテン予算と選び方【プロが教える】新築一戸建てのカーテンにかかる費用と予算について【実例付】

おすすめのカーテン屋