おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【リビングの窓】カーテンのプロが教える15の機能と選び方

リビングのカーテン

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーがリビングのカーテン選びについて解説します。

リビングのカーテンで悩んでいる方はとても多いですが、最初は何を基準に選びますか?

この記事では、カーテンの機能に注目してお伝えします。

リビングのカーテン エレガント【オーダーカーテン】リビングの窓をエレガントに演出するスタイル

リビングのカーテン選びは「機能性」から考える

リビングカーテン プライバシー

リビングのカーテンは、まず機能性を考えるのがポイントです。

いきなりカーテンの色柄やスタイルを決めようとすると、選択肢があり過ぎて迷ってしまいます。

なのでちょっと視点を変えて「日差しの入り方」を考えたり「外からの視線は?」というように、機能性やプライバシーに注目すると、素材(生地)を絞ることができます。

リビングは機能性と装飾性のバランスが大事

住まいの環境は様々ですが、リビングは家族が共に過ごしたりお客様をもてなしたりと、お部屋の中でも中心となる場所ですよね。

人の視線が集まる空間だからこそ、どの部屋よりも気を配りますし、リビングは一日を過ごす時間も長く、カーテン選びを間違えると「快適さと居心地」にも影響します。

つまり機能性と装飾性を上手く取り入れたカーテン選びが最も理想的なのです。

とはいえ、「カーテンにどんな機能があるかさっぱり分からない」という方も多いはず。

カーテンには、住まいの環境に合わせて選べる様々な機能があります。

リビングの窓に必要なカーテンの機能を把握することで、それに合う素材や色柄、そして次に装飾性「カーテンにするか」「シェードにするか」などスタイルの選択ができます。

リビングのカーテン選び①:レースカーテンの機能を選ぶ

レースカーテン

まず最初に「窓の方角」や「外部の環境」を確認しましょう。

そうするとリビングの窓に必要なカーテンの機能性がみえてきます。

レースカーテンをいくつか挙げてみると、

  • 東向きの窓なら → 朝日が眩しいので(遮熱レース)
  • 西向きの窓なら → 夕方には強い日差しが差し込むので(超耐光レース)
  • 道路に面した窓なら → 人の視線が気になるので(ミラーレース)
  • 結露が多い窓なら → カビが気になるので(防カビレース)

このような選び方です。

とはいえ「視線は気にならない」「光も気にしない」という場合は、好みのレースカーテンを選べば全く問題ありません。

レースカーテンは朝から夜まで一日中活躍することが多く、いわば窓の主役ですね。

リビングの環境に合わせて選ぶことで、より快適に過ごすことができます。

ではレースカーテンにはどのような機能性があるのか、一つずつ見ていきましょう。

レースカーテンの機能

レースカーテンには、下記のような機能があります。

ウォッシャブルレース(洗濯可)

  • 選ぶポイント → 自宅で手軽にカーテンを洗いたいリビングの窓におススメ!

自宅でのお洗濯ができるレースカーテンに表示されています。

現在では、水洗いが可能でお手入れも簡単な「ポリエステル」を使用したカーテンが多く、ウォッシャブル機能付きのカーテンが主流になっています。一部洗えないものもあるので、念のため事前に確認しましょう。

ミラーレース

  • 選ぶポイント →「日中」の外からの視線が気になるリビングの窓におススメ!

生地の裏面に光を反射するブライト糸を織り込むことで、室内をみえにくくするレースカーテンです。

ミラーレースは昼間に効果を発揮し、夜に室内の照明を点けると透けてしまうので注意が必要です。

ウェーブロンレースカーテン

  • 選ぶポイント → 夜でもレースカーテン1枚で過ごすリビングの窓におススメ!

「夜間」に照明をつけても、室内がみえにくいレースカーテンです。

特殊な「四つ山偏平糸」の乱反射を使い、日中と夜間のプライバシーを守ります。

生地の特性上、お部屋の中からも外がみえにくくなる商品があるので、どちらかといえば景観を気にしない窓に向いています。

遮熱レースカーテン

  • 選ぶポイント → 室内の温度上昇が気になるリビングの窓におススメ!

繊維内に特殊なセラミック粒子を織り込んで遮熱効果を持たせたレースカーテンです。

遮熱糸が日射を乱反射させることでカーテンを通過する赤外線を減らし、お部屋の温度上昇を抑える効果があります。

UVカットレースカーテン

  • 選ぶポイント → 太陽光が強く紫外線が気になるリビングの窓におススメ!

室内の日焼けや、内装材の色あせの原因となる紫外線を吸収するので、生地を透して入ってくる紫外線の量を低減する効果があります。

強い紫外線は、家具や内装の日焼けにとどまらずお肌にも影響する可能性があるので、美肌に拘る方には必須な機能かもしれません。

採光拡散レースカーテン

  • 選ぶポイント → 外からの視線は遮りたいけど明るさは確保したいリビングの窓におススメ!

外からの視線を遮りつつ、窓から差し込む光を広範囲に拡散させて光の偏りを軽減します。

一般的なミラーレースやウェーブロンは、採光性が低くなる(暗くなる)傾向にありますが、採光拡散レースは適度な光を採り込ながらプライバシーを守ります。

超耐光レースカーテン

  • 選ぶポイント → 太陽光によるレースカーテンの変色を防ぎたいリビングの窓におススメ!

太陽光などの強い光に変色しにくい、耐光性のあるレースカーテンです。

リビングの窓に注ぐ強い日差しなど、窓際のカーテンの日焼けに強くて白さを保ちます。

超耐光レースは、効果の高い「耐光堅牢度7級以上」です。(一般的なレースカーテンは5級程度になります)

防カビレースカーテン

  • 選ぶポイント → 結露しやすいリビングの窓におススメ!

カビの繁殖を抑える加工によってカビが抑制されるので、結露しやすい窓にお勧めの機能です。

防汚レースカーテン

  • 選ぶポイント → カーテンの黒ずみを防いだり白さを保ちたいリビングの窓におススメ!

洗濯の際に汚れが落ちやすいレースカーテンです。

更に洗濯時の逆汚染による黒ずみを防止する加工が施され、洗濯液からの再汚染も少ないので、白さを長く保つことができます。

防虫レースカーテン

  • 選ぶポイント → 「蚊」が侵入しやすいリビングの窓におススメ!

蚊や虫を寄せつけにくい加工を施した、防虫効果の高いレースカーテンです。

消臭レースカーテン

  • 選ぶポイント → イヤな臭いを防ぎたいリビングの窓におススメ!

イヤな臭いや加齢臭などに含まれる成分「ノネナール」の消臭に効果があります。

特に初期段階での消臭性に優れた機能です。

花粉キャッチレースカーテン

  • 選ぶポイント → 花粉が気になるリビングの窓におススメ!

花粉を吸着してくれるレースカーテンで、花粉の多い時期でも室内環境をよりクリーンにすることができます。

アレルギーの原因となる花粉やホコリをカーテンに付着させ、お洗濯により花粉はゼロになるので、空調の清浄化にも役立ちます。

効果は一般的なレースカーテンの2倍以上のキャッチ率で、室内への花粉やホコリの侵入を抑えます。

繊維の構造そのものが花粉キャッチ効果を果たすので、お洗濯を繰り返しても機能は維持したままです。

防炎レースカーテン

  • 選ぶポイント → 消防法検査や防炎機能が必要なリビングの窓におススメ!

カーテンの防炎機能は、火がついても(または焦げても)燃え広がりにくい(延焼しない)性能のことを指します。

一般的なカーテンに比べて「火の燃えうつる時間が遅いという機能」で、全く燃えないという意味ではありません。

高さ31メートルを超える高層建築物や地下街、劇場、映画館、公共施設やホテルなど不特定多数の人が出入りする場所に使用するカーテンや布製ブラインドなどには義務付けがされています。

リビングのカーテン選び②:ドレープカーテンの機能を選ぶ

ドレープカーテン

では、夜に活躍するドレープ(厚地)カーテンの機能を挙げてみましょう。

  • リビングの明かりを外に漏らしたくないなら → 光りを遮る(遮光カーテン)
  • カーテンに人影が映るのを防ぎたいなら → プライバシーを守る(遮光カーテン)
  • オーディオや楽器の音を遮るなら → 音を遮る(遮音カーテン)

このような選び方です。

ドレープカーテンの機能

ドレープカーテンには、主に次のような機能があります。

遮光カーテン

  • 選ぶポイント → 遮光性やプライバシーが必要なリビングの窓におススメ!

遮光カーテンは、光を遮って室内を暗くするためのカーテンです。

主に夜はプライバシー目的で、日中は太陽光による室内の日焼けなどを防ぐことができます。

遮光カーテンは1級~3級までのランクがあり、その効果には違いがあるため、購入時に確認することが大切です。

完全遮光1級カーテン【遮光カーテン】1級・2級・3級の違いと光漏れを防ぐ取りつけ方

遮音(防音)カーテン

  • 選ぶポイント → 音を遮断したいリビングの窓におススメ!

音を遮断する目的でつくられたカーテンで、生地の裏側を特殊コーティングすることで「遮音効果」を高めています。

「遮光性や遮熱性」を併せもつものもあり、省エネ効果も期待できます。

たとえば「楽器の演奏や映画鑑賞」などで室内からもれる音を防いだり、外からの騒音で眠れないなどの対策にも役立ちます。

遮音性能が高くなるほど、カーテンの生地も分厚くなるため、それに比例して重量も増します。

このようなことから遮音カーテンを使用する場合は、生地の重さに耐えられるカーテンレールの選び方も重要だといえます。

完全遮光1級カーテン【完全遮光1級カーテン】防音(遮音)としての効果やメリット・デメリット

まとめ

今回はリビングのカーテン選びについて、機能性をポイントにお伝えしました。

窓は方角や環境によって求められる役割が違います。

それぞれに「機能の必要性」を考えることで、生地の選択肢が絞られるので選びやすさにもつながります。

少しでも参考にしていただけたら幸いです。