おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

アクセントクロスを使う場所をプロがズバリ教えます

アクセントクロスの使い方

部分的にデザインを変えるアクセントクロスですが、どこに使えば良いのか迷っていませんか?

結論から言うと、ここに使うべきだという場所はありません。

いずれの場所でも最適な壁紙を選ぶことでお洒落にも、格好よくもできます。

とはいえ、どういう場所にどういう壁紙を使えば良いのか分からないという方のために、この記事ではアクセントクロスを使う場所の決め方を紹介します。

どうぞ参考にして下さい。

リビングダイニングにアクセントクロスを使うなら

私のお客様にも、リビングをお洒落にするために、アクセントクロスを使いたいという方が多くいらっしゃいます。

リビングでアクセントクロスを効果的に使うにはどうすれば良いのでしょうか?

一般的なリビングの間取り図を参考に考えていきます。

リビングの間取図でアクセントクロスを考える

一般的なリビングの間取図

上記参考図で考えるアクセントクロスを使う場所

  • ①流し台の裏面(北側の壁)
  • ②部屋入り口ドア正面(東側の壁)
  • ③掃き出し窓があり光が良く入る(南側の壁)
  • ④ソファーの背中(西側の壁)

上記画像のリビング・ダイニングには、アクセントクロスを使う候補は東西南北の①~④までの四面あります。

四面それぞれの位置でどのように選べば良いのか考えてみます。


もちろん一面だけではなく、二面にアクセントクロスを使っても構いません。

とはいえ、部屋の二面にアクセントクロスを使う手法は失敗した場合に貼替金額がかさみますので、絶対の自信がないのならやめておいた方が良さそうです。


①北側キッチンの後ろに使う場合

①番を勝手に北側に設定しましたが、キッチンの裏側にアクセントクロスを使う場合。

  1. 落ち着いた色を使う
  2. キッチンと同色系の壁紙を使う
  3. 食器棚などの色に合わせる

このようなパターンが良いでしょう。

キッチン廻りは何かと人が集まります。

落ち着いた壁紙を使うことで、精神的にリラックスできる効果が狙えます。

レンガ調や、木目調の壁紙も暖かく落ち着いた感じが出ますのでお勧めです。

②東側の壁にアクセントクロスを使う場合

参考間取図で言うと、リビングに入るドアを開けて正面に見える壁になります。

参考リビングでは一番目立つ場所だと言えます。

東面にアクセントクロスを使う場合。

  1. 好みの壁紙を使う
  2. カーテンとのバランスを考える
  3. テレビ視聴の邪魔をしない壁紙を使う

東面は一番遊び心が出せる場所ですが、同時にセンスを問われる場所でもあります。

これといった決まりはありませんが、カーテンとのバランスを考えてコーディネートしたり、飽きのこないデザインがお勧めです。

③南側の壁にアクセントクロスを使う場合

私がプランを考える場合、南側は唯一、暗い壁紙を使えるポイントだと考えます。

南側の壁は、大きな窓(掃き出し窓)が設置されてる事が多く、実際の壁面積は少なくなります。

黒ベースのような、濃い暗めの壁紙をアクセントクロスで使いたいなら、南側が最適です。

  1. 濃い茶系の壁紙
  2. 黒系の壁紙
  3. 花柄の壁紙
  4. 派手な壁紙

このような個性のある壁紙をアクセントクロスに使いたい場合は、参考図③のような一面で試して下さい。

④西側の壁にアクセントクロスを使う場合

西側の壁には、ドア(建具)が設置してあります。

このような場合、ドアと同色系、またはドアがある事でゴチャゴチャしない壁紙を選ぶと良いでしょう。

  1. ドアと同色系の壁紙
  2. 単色の壁紙
  3. 明るめの壁紙

西側の一面は、単色で明るい壁紙を使う事で、お部屋の雰囲気を明るいものに出来る場所でもあります。

参考図のリビングでの視線は東面、南面に集中しがちですので、西面は背中を向ける事が多くなります。

暖色系の壁紙や明るめの色を使う事で暗くなりがちな背後を明るくしましょう。

天井にアクセントクロス

壁面の場合で紹介して来ましたが、天井にアクセントクロスを使う事もあります。

天井の色を変える場合は、壁より明るくすると広く見えたり、明るい部屋に見えたりします。

逆に、壁より濃い色を使うと落ち着いたリビングになります。

ここまで、どこの壁にアクセントクロスを使うのか?

そして壁面ごとのアクセントクロスの選び方を紹介しましたが、プロにお任せする場合は、どの部分にアクセントクロスを使うか紹介していきます。

アクセントクロスをプロが使う方法

参考図のリビングでアクセントクロスを使うなら、多くのプランナーは②番、東側の壁にアクセントクロスを使うでしょう。

理由は、このリビングでメインの壁になるからです。

メインの壁と言ったのは、一番視線が集中するという意味からですが、東壁は面積も広くアクセントクロスを使いやすい場所になります。

このようにアクセントクロスは、ドアや窓のない壁に使うとしっくりきます。

選び方としては「床やドア、家具の色も考慮」し、お部屋全体のバランスが壊れないように考えたいです。

この事を意識するだけで、アクセントクロスを使ったお洒落なお部屋が作れるでしょう。


我々のようなプロはアクセントクロスを使う場合「理由」から考えます。

「なぜ?」が決まらないとアクセントクロス選びは簡単ではありません。

「家具」や「床の色」のようなお部屋のイメージを左右するものとの相性が非常にたいせつです。

家具選びがまだ済んでいないという方は、使う家具を初めに決めると良いのではないでしょうか?。

以下のサイトのような、デザイン性の高いものがそろった家具をたくさん見ると観念が変わるかもしれません。

時間があるときにでもゆっくりご覧ください。


アクセントクロスを使った沢山の施工事例を紹介しますので、参考にして下さい。

まとめ

壁紙だけでイメージを変えたいのなら、アクセントクロスは使い方によっては、お洒落なお部屋にしてくれます。

他の仕上げ材に比べ安価にコーディネートを楽しむ事が出来ますので、チャレンジして下さい。