スワッグバランス|失敗しないための購入ポイント

窓をおしゃれに演出するカーテンの上飾りとして、人気のスワッグバランス
見ための美しさとその優雅な縫製技術は、多くの人の目を惹きつけます。

ホテルや結婚式場、人々をもてなす高貴な場所で目にする機会の多いスワッグバランスですが、一般家庭にも多くみられます。

せっかく予算をかけてオーダーするのですから、納得のいく形に仕上げたいですよね。

ここでは、スワッグバランスを購入する前に失敗しないためのチェックポイントをご紹介します。

cucan ネットショップ

スワッグバランスとは

スワッグ&カスケードバランス 画像提供川島織物セルコン

画像中央にある、半円状に垂らした生地をスワッグ
両サイドの垂れ下がった生地を、テール又はカスケードといいます。

スワッグバランスは細かく分けると色々な呼び名がありますが、この2つが組み合わさったバランスを、インテリア業界では総称して「スワッグバランス」といいます。
生地の組み合わせや小物の使い方で、色んな表情が楽しめるのがスワッグバランスの魅力です♪

スワッグバランスの主な形をチェック

スワッグバランスには、様々なバリエーションがあります。ここでは、基礎的な形となる3つをご紹介します。

フリンジ(縁飾り)付き

縁飾りのフリンジを付けたものは、最もポピュラーで華やかな印象になります。

【タイプ①】

スワッグバランス フリンジ付 画像提供リリカラ

1つのスワッグと、縁にフリンジを付けた形。
カーテンレールの長さに合わせた、ゆったりと大きなスワッグが特長です。

【タイプ②】

スワッグバランス フリンジ付 画像提供リリカラ

3つのスワッグと、縁にフリンジを付けた形。
カーテンレールの長さに合わせて、奇数または偶数のスワッグが指定できます。

【タイプ③】

スワッグバランス フリンジ付 画像提供リリカラ

スワッグとスワッグの間にジャボ(又はタイ)と呼ばれる帯状の垂れ下がりと、縁にフリンジを付けた形。

ネクタイを締めたようにみえるのが特長です。

スワッグバランスは、1つのスワッグで作る形と複数のスワッグで作る形があります。後者の場合は、カーテンレールの横幅が長くなるほどスワッグ数も増えるため、作る前に確認しておきましょう。

また、スワッグの数を奇数で作るか偶数で作るかによって、見た目も違ってきます。

フリンジ(縁飾り)無し

フリンジ無しは、すっきりとした印象です。

【タイプ①】

1つのスワッグとフリンジ無しの形。

スワッグバランス 画像提供サンゲツ

 

【タイプ②】

3つのスワッグとフリンジ無しの形。

スワッグバランス 画像提供サンゲツ

同じスワッグバランスでも、飾りがあるものとないものでは、印象が違いますよね!

天井や窓の高さをチェック

スワッグバランスとカーテン丈の美しい比率

バランスはカーテンの吊り元にかぶせて取り付けるのが一般的ですが、高さはカーテン総丈の約15%~20%が美しいとされます。

よって、天井や窓の高さを事前にチェックすることは、相対的なバランスをみる上でも非常に重要です。

また、スワッグバランス本体の丈が約30cm以上になるため、窓の開口部が狭くなることを意識しておかなくてはいけません。

テールの長さもチェック

テール丈は、長ければ長いほど優雅でよりフォーマルにみえるので、華やかさの度合いを決める目安にもなります。

部屋に入った時、窓を飾るスワッグバランスには、圧倒的な存在感があります。

窓はお部屋の印象を大きく変えるので、空間にあった理想的な形を見つけたいですね。

スワッグバランスに相応しい生地

スワッグバランス トリム付 画像提供サンゲツ

スワッグバランスには、厚手の生地よりも薄手の生地が向いています。

厚地は、せっかくの美しい曲線が出にくく、ゴワゴワした印象になるので、できれば薄めの生地を選ぶのがオススメです。

スワッグバランスの取り付け方法

バランスは、基本的にバランス専用レールに取り付けます。(※イメージ画像参照)

画像提供 toso

上記のようなバランスレールに取り付ける方法が一般的です。

バランスレールには、マジックテープのオス触るとチクチクする方)が付いていて、生地にはマジックテープのメス触ると柔らかい方)が付くので、ピタッと貼り合わせて取り付けます。(※上図参照)

バランスレールは、直線型で使用する他にも「直角コーナータイプ」「コーナータイプ」が作れます(※上図参照)

【バランスレール】画像参照

 

ヤフーショッピングでもバランスレールが買えます。(※サイズにご注意下さい)
バランスレール(yahooショッピング)

スワッグバランスの測り方(他のバランスにも共通)

スワッグバランスはレールの長さを基準に測ります

バランスレールに取り付ける場合

●≪バランスレールが付いてる場合

 

【横幅】→ バランスレールの正面巾左右の奥行き(15cm+15cm)

【高さ】→ バランスレールの上部から希望の長さ(※美しく見える比率は、カーテンの総丈に対して15%~20%)

 

●≪バランスレールが付いていない場合(仮採寸)

 

※カーテンレールを目安(バランスレールは後から準備します)

【横幅】→ カーテンレールの横幅巾のゆとり(約10cm)左右の奥行き(15cm+15cm)

【高さ】→ カーテン総丈の約15%~20%が目安です (バランスレールの取付け位置を考慮する)

カーテンボックスに取付ける場合

●≪カーテンBOXに取り付ける場合

 

【横幅】→ カーテンBOXの横幅左右の奥行き(15cm+15cm)※コの字型

【高さ】→ カーテンBOXの高さ。又は、BOXから希望の長さまで。

 

●≪左右の奥行きなし、直線的なBOX、又は梁などに取り付ける場合

 

【横幅】→ カーテンBOX(梁)の横幅

【高さ】→ カーテンBOX(梁)の高さ。又は、BOX(梁)から希望の長さまで。

装飾レールにも取り付けはできる?

装飾レールにも、スワッグバランスは付けられます。

しかし、スワッグバランスは全体的に重量がかかるため、薄手の生地に限ります

つまり、装飾レールへの取付けはマジックテープではなく、カーテンと同じようにフックを使って引っ掛けるため、スワッグバランスのような重量感のあるスタイルには向いていないということです。

お薦めはレースや薄手の生地で、ギャザーバランスや三つ山バランス等の比較的軽いものです。

スワッグバランス取付け前の確認作業

バランスを取付ける前に確認すべき点は、「下地の確認」と「取付け位置の高さ」です。

下地の確認

 

バランスレールは通常、一般カーテンレールの真上に重なるよう取付けますが、バランスレールだけを使って取り付ける場合もあります。

 

いずれにしても、必ず下地のある個所にビスを打たなければいけないので、しっかりとチェックしましょう。

取り付け位置の高さ

 

スワッグバランスは、スワッグ本体の丈が約25~30cm以上になります。

 

特に出入りする窓やカーテンとバランスを組み合わせて付ける場合は、その分、窓の開口部も狭くなってしまいます

 

よってスワッグバランスを付ける前に、窓の開口部カーテン丈との比率(見た目のバランス)・下地の位置を考慮して、取付け位置の高さを決める必要があります。

画像提供 toso

バランスを付けられないケースは?

バランスを付けたいけれど、下記のように付けられないケースがあります。

●賃貸マンションで壁にビス穴を開けれない。

●希望のバランススタイルと、取り付け位置または、窓の形状が合わない。

cucan ネットショップ

バランス生地を選んで見積もり依頼

バランスとカーテン生地は、こちらのメーカーカタログから選べます。

まとめ

空間をおしゃれにするエレガントな窓装飾 スワッグバランス!

スワッグバランスはオーダー商品です。バランスを取り扱っているお店でオーダーすることができます。

弊社はご相談からお見積もりまで無料です。

お電話でのお問い合わせは、フリーダイヤル📞0120-117-806
インテリアショップWORK’sまでお気軽にご連絡お待ちしています。

お洒落なオーダーカーテン通販店(インテリアショップWORK’s)

メールでのお問い合わせはこちらから

カーテンバランスその他の種類については、こちらからもご覧いただけます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です