おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

スワッグバランス|失敗しないための購入ポイント

窓装飾プランナー

窓装飾プランナーが「スワッグバランス」について説明します。

窓をおしゃれに演出するカーテンの上飾りとして、人気のスワッグバランス
見ための美しさとその優雅な縫製技術は、多くの人の目を惹きつけます。

ホテルや結婚式場、人々をもてなす高貴な場所で目にする機会の多いスワッグバランスですが、一般家庭にも広く利用されています。

せっかく予算をかけてオーダーするのですから、納得のいく形に仕上げたいですよね。
ここでは、スワッグバランスを購入する前に抑えておきたい、失敗しないためのポイントをいくつかご紹介します。

スワッグバランスとは

スワッグ&カスケードバランス 画像提供川島織物セルコン

画像中央にある、半円状に垂らした生地をスワッグ
両サイドの垂れ下がった生地を、テール又はカスケードといいます。

スワッグバランスは細かく分けると色々な呼び名がありますが、この2つが組み合わさったバランスを、インテリア業界では総称して「スワッグバランス」と呼びます。
生地の組み合わせや小物の使い方で、色んな表情が楽しめるのがスワッグバランスの魅力です。

スワッグバランスの主なスタイル

スワッグバランスには様々なバリエーションがありますが、まず基本となる代表的なスタイルをご紹介します。

スワッグバランス・フリンジ(縁飾り)付

最もポピュラーなスタイルです。

【タイプ①】

スワッグバランス フリンジ付 画像提供リリカラ

1つのスワッグとテールの縁にフリンジ(飾り)をあしらったスタイル。
カーテンレールの長さに合わせた、ゆったりと大きなスワッグが特長です。

【タイプ②】

スワッグバランス フリンジ付 画像提供リリカラ

3つのスワッグとテールの縁にフリンジをあしらったスタイル
カーテンレールの長さによって、奇数または偶数のスワッグが指定できます。

【タイプ③】

スワッグバランス フリンジ付 画像提供リリカラ

中央のジャボタイ)と呼ばれる帯状とテールの縁にフリンジをあしらったスタイル

ネクタイを締めたようにみえるのが特長です。

スワッグバランス・フリンジ(縁飾り)無し

フリンジを付けないシンプルなスワッグバランスです。

【タイプ①】

スワッグバランス 画像提供サンゲツ

1つのスワッグとテール付きのスタイル(フリンジ無し)

 

【タイプ②】

スワッグバランス 画像提供サンゲツ

3つのスワッグとテール付きのスタイル(フリンジ無し)

このように、スワッグの数やフリンジの有無でイメージも変わります。
空間をより華やかに魅せたいときは、やはりフリンジ付きがおススメです。

また両端のテール部分の長さは、一般的にスワッグ(半円)の2倍程度が推奨ですが、長くすればする程よりフォーマルな印象になります。

スワッグの数については、窓サイズ(カーテンレールの長さ)によって異なり、好みの数を指定することも可能です。※個人的には奇数で製作するのがお薦めです。

一般的には、巾が180cmの窓ならスワッグは3つ、巾が300cmの窓ならスワッグは5つという具合に、それぞれのサイズに相応しい割り付けがあります。

なので、ネットや雑誌で理想のスワッグバランスを見つけたとしても、窓の大きさによって見た目の印象が変わる可能性は十分考えられます。

カーテン専門店なら細かく詳細を教えてくれると思いますが、ポイントとして抑えておきましょう。

取付け場所や窓の高さをチェック

スワッグバランスとカーテン丈の美しい比率

一般的に、理想的なバランス(上飾り)の高さはカーテン丈の約15%~20%が美しいとされます。

スワッグ本体は約25~35cm前後になるため、窓の高さには気を配る必要があり、取り付け場所の開口部が狭くなることも視野に入れておく必要があります。

テールの長さをチェック

テールは、両端の垂れ下がり部分です。
この部分は丈が長いほど優雅でゴージャスさが増すので、空間の華やかさの度合いを決める目安になります。

テールの一般的な長さはスワッグの約2倍ほどですが、窓や空間のイメージに合わせて希望の長さを指定することもできます。

スワッグバランス トリム付 画像提供サンゲツ

スワッグバランスの取り付け方法

バランス(上飾り)は、基本的にバランス専用レールを使用します。(※イメージ画像参照)

画像提供 toso

このように、普通のカーテンレールの上にバランスレールを重ねるよう取り付ける方法が一般的です。

バランスレールには、マジックテープのオス触るとチクチクする方)が付いています。一方バランスにはマジックテープのメス触ると柔らかい方)が付いているのでピタッと貼り合わせて取り付けます。(※上図参照)

バランスレールは、直線タイプの他に「直角コーナータイプ」「コーナータイプ」が作れます(※上図参照)

楽天でバランスレールを探す

スワッグバランスの測り方(他のバランスにも共通)

スワッグバランスはレールの長さを基準に測ります

バランスレールに取り付ける場合

●≪バランスレールが付いてる場合

 

【横幅】→ バランスレールの正面巾左右の奥行き(15cm+15cm)

【高さ】→ バランスレールの上部から希望の長さ(※美しく見える比率は、カーテンの総丈に対して15%~20%)

 

●≪バランスレールが付いていない場合(仮採寸)

 

※カーテンレールを目安(バランスレールは後から準備します)

【横幅】→ カーテンレールの横幅巾のゆとり(約10cm)左右の奥行き(15cm+15cm)

【高さ】→ カーテン総丈の約15%~20%が目安です (バランスレールの取付け位置を考慮する)

カーテンボックスに取付ける場合

●≪カーテンBOXに取り付ける場合

 

【横幅】→ カーテンBOXの横幅左右の奥行き(15cm+15cm)※コの字型

【高さ】→ カーテンBOXの高さ。又は、BOXから希望の長さまで。

 

●≪左右の奥行きなし、直線的なBOX、又は梁などに取り付ける場合

 

【横幅】→ カーテンBOX(梁)の横幅

【高さ】→ カーテンBOX(梁)の高さ。又は、BOX(梁)から希望の長さまで。

装飾レールにも取り付けはできる?

バランス自体は、装飾レールにも取付けることはできます。

この場合、カーテンフックを利用するため、ギャザーバランスや三ッ山バランスのように比較的軽量でレールに負荷がかかりにくいスタイルがおすすめです。

スワッグバランスは、生地をたっぷり使って優雅なヒダを表現するため、思いのほか重量がかかります。

なのでスワッグバランスを装飾レールに取付けることは本来向いていませんが、生地の厚さや種類・使用目的によって対応することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

スワッグバランス取付け前の確認作業

バランスを取付ける前に確認すべき点は、「取付け位置の高さ」と「下地の確認」です。

取り付け位置の高さ

 

スワッグバランスは、スワッグの高さが約25~35cm前後になるため、窓の開口部下地の位置カーテン丈との比率(見た目のバランス)を考慮して、取付け位置の高さを把握しておきましょう。

下地の確認

 

バランスレールは通常、一般のカーテンレールの真上に重なるよう取付けますが、バランスレールだけを使って取り付ける場合もあります。

 

いずれにしても、必ず下地のある個所にビスを打たなければいけないので、しっかりとチェックしましょう。

画像提供 toso

バランスを付けられないケースは?

バランスを付けたくても、下記のように取付ができないケースもあります。

●賃貸マンションで壁にビスが打てない。
●希望のバランススタイルと、取り付け位置や窓の形状が合わない。

まとめ

スワッグバランスは空間を華やかに魅せてくれるアイテムです。
窓の条件さえ揃えば取り付けも特に難しくありません。素敵なスワッグバランスでお部屋をイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)