クロス職人の親方ブログ

【一人暮らしの窓】賃貸におすすめのカーテンの選び方

賃貸物件一人暮らしのカーテン選び

カーテンの専門家

カーテン業界歴15年。窓装飾プランナーのマドカです。

この記事は、賃貸物件の一人暮らしの方向けです。

転職や転勤、そして進学などのタイミングで「一人暮らし」を始める方も多いと思います。

そんな新生活のスタートでは、家具や家電など揃えるものが沢山ありますが、中でもいち早く準備しておきたいのが「カーテン」ですよね。

例えば引っ越しの日にカーテンが準備できていないと、外の視線が気になったり、夜にはプライバシーにも関わるので安心してくつろげません。

そこで今回は、これから賃貸での一人暮らしを始める方に向けて、おすすめのカーテン選びをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

新築の賃貸物件で注意すべきこと!

賃貸物件カーテンのチェックポイント

まずカーテン選びの前に、大切なポイントをお伝えしますね。

賃貸のカーテン選びで、とくに注意していただきたいのが新築の賃貸物件です。

新築の賃貸アパートやマンションは何もかもが真新しく、内見の際にはお部屋のキレイさに心が奪われますよね。

そして物件が気に入ったら、水周りやコンセントなど色んなところを確認すると思いますが、ここで意外と見落としがちなのがカーテンレールの確認なんです。

これを忘れてしまうと、「引っ越し当日にカーテンレールが設置されてないことに気付く」なんてことも…。

ようやく一人暮らしが満喫できると思った矢先に、カーテンレールを慌てて購入しなくてはならなくなります。

賃貸物件のカーテンレールは入居者側が準備するケースも。

また、新築に限らずとも賃貸物件では、カーテンレールが入居者の負担というケースがよくあるものです。

カーテンレールの設置には「窓の採寸が必要」になりますし、取付けまでには時間もかかりますよね。

その上カーテンを取り付けるまでの間は、お部屋の中が丸見えになってしまうので、こうした状況を防ぐためにも、賃貸物件の内見時には必ずカーテンレールの有無を確認するようにしましょう。

カーテンの専門家

カーテンレールが付いていない場合は、自分で取付ける必要があるのか、大家さん側で取付けてもらえるのかを尋ねておくと良いですよ。

※賃貸物件に便利な、つっぱり式カーテンレールの記事も書いてます。

突っ張りカーテンレールのアイデア2【カーテンの取付け】壁に穴をあけられない時は「つっぱりレール」がお薦め!

賃貸の一人暮らしにはどんなカーテンを選ぶ?

一人暮らしのカーテン選び

では本題の賃貸のカーテン選びについてですが、カーテンの種類や価格もピンからキリまで様々なものがあります。

ただ一人暮らしと言えば、できるだけ「節約したい」という方も多いのではないでしょうか。

とくに学生さんや転勤族の方など、今後も引っ越しの可能性があれば尚更ですよね。

そう考えると、カーテンはある意味で消耗品になってしまいますから、少しでも安いほうがお得♪

低価格で、お部屋の環境に合う機能や好きな色柄のカーテンがみつかれば、節約にもつながると思います。

賃貸の窓には規格サイズのカーテンがおすすめ

実は、賃貸物件の窓は一部を除いて、集合住宅を例に「ほぼ似たような大きさ」で作られてますので、倹約家の人には割高なオーダーカーテンより、安く購入できる「既製カーテン」がおすすめです。

この既製カーテンとは、規格サイズで大量生産されているカーテンのことで、賃貸アパートや集合住宅の窓に巾広く活用されています。

もちろん窓の大きさ次第では、オーダーカーテンのようにぴったりとばかりもいきませんが、既製カーテンでサイズが見つかれば一人暮らしには重宝すると思います。

因みに既製カーテンの主なサイズは、カーテン1枚あたり、

  • 巾100cm×丈135cm(レースカーテンは丈133cm)
  • 巾100cm×丈178cm(レースカーテンは丈176cm)
  • 巾100cm×丈200cm(レースカーテンは丈198cm)

この3サイズが一般的ですが、近年では「巾150cm」や「丈も小刻みに選べる」など、サイズ展開しているお店もありますので、お住まいの窓に合わせて選ぶと良いでしょう。

既製カーテン イージーオーダー フルオーダーの違い【カーテンの買い方】既製カーテン・イージーオーダー・フルオーダーの違いとは?【初心者向け】

光や視線をコントロールするならブラインドやロールスクリーンがおすすめ

また賃貸の一人暮らしなら、カーテン以外にも、低価格な「横型のブラインド」や「ロールスクリーン」もおすすめですよ。

ブラインドは、光の調節や外からの視線を手軽にコントロールすることができますし、ロールスクリーンは、高い場所からの視線を遮るのに向いています。

但しブラインドやロールスクリーンは、カーテンレールのようにネジ留めが必要なため、賃貸物件だと、

  • 壁にキズがつけられない
  • ネジ留めがNG

という事情から、諦めてしまう方もいらっしゃいます。

そのため、ブラインドやロールスクリーンを選ぶ際には、既存のカーテンレールに取付けたり、またはカーテンレールを外して同じ穴にネジ留めする、という方法で設置するのがおすすめです。

因みに、既存のカーテンレールを外す場合は、退居時に原状回復できるようきちんと保管しておきましょう。

カーテンの専門家

カーテンレールにブラインドやロールスクリーンが取り付けできるのは、一般的な角型の機能性レールのみとなります。

また、その場合は専用のカーテンレール取付金具も必要です。

トーソー
¥779 (2020/10/23 23:15:51時点 Amazon調べ-詳細)

賃貸の一人暮らしにおすすめのカーテンの選び方

一人暮らしのカーテン選び

また、賃貸の一人暮らしに相応しいカーテンの選び方といえば、

  • 既製カーテンのセット販売
  • つっぱり式ブラインド・ロールスクリーン

このようなタイプも、低コストでおすすめです。

既製カーテンならセット購入がお得!

大手の通販サイトでは、既製カーテンの「2枚組セット」や「4枚組セット」というのが販売されていますので、一人暮らしにはお財布に優しいと思います。

これは、通常だとカーテンを1枚ずつ購入しなければならないところを、セット売りでさらにお安く購入できるもの。

例えば、カーテン1枚のサイズが「巾100cm×丈200cm」の2枚組セットなら、両開きのドレープ(厚地)カーテンのみが揃います。

またカーテン1枚のサイズが「巾100cm×丈200cm」の4枚組セットなら、両開きのドレープカーテン+両開きのレースカーテンがセットで揃います。

つまり、いずれも「窓1ヵ所分のカーテンがお得に購入できる」という事ですね。

カーテンの専門家

4枚組セットの場合、レースカーテンはドレープカーテンよりも丈が2cmほど短くなりますよ。

ブラインドやロールスクリーンならつっぱり式が便利!

先ほど、ブラインドやロールスクリーンは「カーテンレールにも取付ができる」とお伝えしましたが、賃貸物件でネジ留めNGの場合は、つっぱり式もおすすめです。

つっぱり式ならネジ穴も不要ですし、賃貸物件でカーテンレールがないお部屋でも、手軽に取付けることができます。

また、通常のブラインドやロールスクリーンに比べて、つっぱり式は低価格ですから節約もできるのではと思います。

※つっぱり式のブラインドについては、こちらの記事もどうぞ。

つっぱり式 ブラインド【ネジ穴不要!】つっぱり式のアルミブラインドで遮熱・遮光もばっちり

【一人暮らしの窓】賃貸におすすめのカーテンの選び方・まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、「賃貸での一人暮らしにおすすめのカーテンの選び方」についてお伝えしました。

一人暮らしは自分だけの好みや、好きなインテリアでコーディネートできるのが醍醐味ですよね。

カーテンもオーダーに拘れば人とは違うスタイルを楽しめますが、それなりにお値段が高くなるのも事実。

賃貸物件で今後も引っ越しする可能性があれば、お金をかけなくても、低価格の既製カーテンやブラインド、そしてロールスクリーンで十分おしゃれな窓のインテリアが実現すると思います。

2枚組または4枚組セットのお得なカーテンに、つっぱり式のブラインド・ロールスクリーンなども参考に、賃貸での素敵な一人暮らしを実現してください。