おしゃれなオーダーカーテンの通販店【インテリアショップWORK's】を見に行く

【カーテンの買い方】既製カーテン・イージーオーダー・フルオーダーの違いとは?【初心者向け】

既製カーテン イージーオーダー フルオーダーの違い

窓装飾プランナーのマドカです

カーテンを買うにはどんな方法があるの?

こんな方のお悩みを解決します。

新生活での一人暮らしや引っ越しの際に、「カーテンを初めて購入する」という方も多いと思います。

でもカーテンが欲しくなったとき、どんな方法で買えるのか分からないのでは?

そこで今回は、カーテンの購入方法とそれぞれの違いについて分かりやすく解説します。

この記事の内容は

  • カーテンの買い方には3つの方法がある
  • カーテンの買い方で価格は違うの?
  • 既製カーテン・イージーオーダー・フルオーダーの良い点悪い点
  • カーテンはどんなお店で買える?

このような流れです。

では早速みていきましょう。

【カーテンの買い方】には3つの方法がある

まず初めに、カーテンを購入するには次の3つの方法があります。

  • 既製カーテン
  • イージーオーダーカーテン
  • フルオーダーカーテン

順番に説明しますね。

既製カーテン

既製カーテン

既製カーテンは、「一般的な窓の大きさ」に合わせて作られているカーテンのことです。

なのでホームセンターでもよく見かけるかもしれませんが、最初から決まったサイズのカーテンが販売されています。

そのカーテンサイズの中から、自分の窓の大きさに一番近いものを選ぶというのが既製カーテンです。

戸建てだとサイズが合わないことも多いのですが、アパートの窓に関しては既製カーテンでもぴったりということが多々ありますね。

このように、既製カーテンは「規格サイズとして大量生産」されるため、はっきり言って価格も安いです。

主に「既製カーテンの代表的なサイズ」は、次の3サイズになります。

※カーテン1枚あたりのサイズ(cm)

1枚(cm)①横幅✕高さ②横幅✕高さ③横幅✕高さ
ドレープカーテン100✕135100✕178100✕200
レースカーテン100✕133100✕176100✕198

一般的に、厚地のドレープカーテンに対してレースカーテンの丈を短くするのがカーテン業界のセオリーですが、既製カーテンの場合ほぼ一律でレースカーテンが2cm短くなっています。

既製カーテンの販売価格については、カーテン1枚あたり

①約2,310円~

②約2,540円~

③約2,800円~

およそこれ位のお値段から色々な種類があります。

最近では大手通販サイトでも、ドレープカーテンとレースカーテンの「2枚組セット」や「4枚組セット」などがあり、1枚ずつ買うよりもお手頃価格で販売されていますよ。

※既製カーテン4枚組セット(ドレープ2枚+レース2枚)はこちらからご覧いただけます。

イージーオーダーカーテン

イージーオーダーカーテン

イージーオーダーカーテンは、既製カーテンをベースにして、注文が入ってから「巾を直したり」「丈をつめたり」するカーテンのことです。

また最初から「巾が決まっていて丈のみを1cm単位で製作する」ものもあります。

要するに、既製カーテンをイージーオーダーカーテンに作り直すイメージですね。

そのため既製カーテンよりもお値段が高くて、フルオーダーに比べると安いです。

フルオーダーカーテン

フルオーダーカーテン

フルオーダーカーテンは、注文が入ってから窓のサイズに合わせて1cm単位で製作するカーテンのことです。

自分だけのオリジナルや、好みに合わせて色んなスタイルが楽しめます。

またフルオーダーは、1枚の生地から仕上げていきますので、どんな形の窓にもぴったりサイズで作れます。

さらに、カーテンの「柄合わせ」をしたりオプション加工を楽しめたりと、細部にまで拘れるのが魅力。

但し、1から縫製するため最もお値段が高いです。

 

カーテンの買い方で価格はどう違うの?

このようにカーテンの買い方には3つの方法がありますが、どの方法を選ぶのかはもちろん自由です。

ただ、どれくらい価格が違うのか気になりますよね?

安いものや高いものにはそれなりの理由がありますが、カーテンも例外ではないため、そこはやっぱり差が出てしまいます。

またフルオーダーの場合は、カーテンの種類やサイズによって価格もピンからキリまでと様々。

正直言って比較する対象商品を選ぶのが難しいので、「この金額です」と断言することはできません。

そこで1つだけに絞って金額を挙げるとするなら

(例).無地のカーテン1.5倍ヒダで、窓の大きさが「横幅200cm✕高さ200cm」として考えた場合。

●既製カーテン⇒5,600円(カーテン2枚分)

●イージーオーダーカーテン⇒11,050円(カーテン2枚分)

●フルオーダーカーテン⇒12,690円(カーテン2枚分)

安いもので比較しても、これ位の金額の差はあります。

製作過程や仕上がり等をみれば当然のことと言えますが、カーテンの買い方によって価格にも開きがあるということは理解しておきたいですね。

既製カーテン・イージーオーダー・フルオーダーの良い点悪い点

カーテンの買い方 良い点と悪い点

では、それぞれのメリット(良い点)とデメリット(悪い点)についても見ていきましょう。

既製カーテン

既製カーテンは「価格も安くて手軽に買える」という一方で、「安っぽさや窓のサイズにぴったり合わない」という点が挙げられます。

既製カーテンのメリット

  • 大量生産なので価格が安い
  • 近くの量販店でもすぐに買うことができる
  • ネットで注文しても即日出荷(すぐに発送してもらえる)

既製カーテンのデメリット

  • 安っぽさがある
  • サイズがぴったり合わない
  • 生地の種類が限定される
  • 1.5倍(2ッ山)ヒダのみ

イージーオーダーカーテン

イージーオーダーカーテンは「横幅はアバウトで高さぴったり1枚の合う」ものの、「納期はフルオーダーと変わらない」という点が挙げられます。

イージーオーダーカーテンのメリット

  • ほぼ既製カーテンに近いので価格が安め
  • 既製カーテンを作り直すのでイメージがしやすい
  • 窓の高さに合わせられる

イージーオーダーカーテンのデメリット

  • 横幅がぴったり合わない
  • デザインの柄合わせができない
  • 納期がフルオーダーとほぼ同じ
  • 生地の種類が限定される

フルオーダーカーテン

フルオーダーカーテンは、「窓にぴったりのサイズで作れる」けれど、「価格が高め」という点が挙げられます。

フルオーダーカーテンのメリット

  • 1cm単位で窓にぴったりのサイズが作れる
  • オリジナルの色んなスタイルで作れる
  • デザインの柄合わせができる
  • 生地の種類が豊富

フルオーダーカーテンのデメリット

  • 価格が高め
  • 1枚の生地から仕上げるため出来上がりのイメージがしにくい
  • 納期が約1週間~10日前後かかる

カーテンはどんなお店で買える?

「既製カーテン」「イージーオーダーカーテン」「フルオーダーカーテン」はいずれも、大手通販サイトやネットショップ、または大型量販店で購入することができます。

中でもフルオーダーのカーテンは、細かいところまでカスタマイズできるというメリットがありますし、せっかく1から作るのであれば失敗は避けたいですよね。

なので、気軽に相談できるという点でも「プロが在籍するカーテン専門店」で購入するのがお勧めです。

《カーテンが買えるお店》

  • 既製カーテン ⇒ 大型量販店・大手通販サイト・ネットショップ等
  • イージーオーダーカーテン ⇒ 大型量販店・大手通販サイト・ネットショップ等
  • フルオーダーカーテン ⇒ カーテン専門店・大手通販サイト・ネットショップ等

これら以外でも、地域によってカーテンを取り扱っているお店が色々とありますので、近くのインテリアショップなど実際に足を運んでみるのもおすすめです。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は初心者向けの「カーテンの買い方」についてお伝えしました。

この記事をまとめると、

  • コストを安く抑えたい人は ⇒ 既製カーテンが向いています。
  • コストを安く抑えたいけどサイズが合わない人は ⇒ イージーオーダーが向いています。
  • 窓にぴったりでおしゃれなカーテンが欲しい人は ⇒ フルオーダーが向いています。

このような結論です。

「価格を重視するか」あるいは「見た目を重視するか」で選択肢も変わりますが、たとえ既製カーテンでも自分の好きなデザインがみつかったり、窓にぴったり合うのならOKです。

間違っても避けてほしいのは、窓のサイズを完全に無視して「寸足らず」や「巾の短すぎる」カーテンを選ぶこと。

これはみていてとても見苦しいですし、機能性の面でも効率が良くありません。

お部屋の中で快適に過ごすためにもカーテンはとても重要なアイテムになります。

ここでお伝えした3つの購入方法の中で、ぜひ自分にふさわしいカーテンの買い方を選んでくださいね。