クロス職人の親方ブログ

アクセントクロスに飽きる理由とプロも実践する後悔しないテクニック

アクセントクロスに飽きる

親方

この道30年、クロス工事の親方です。

アクセントクロスに飽きた方からの依頼で、部分的な壁紙張り替えに結構呼ばれています。

気に入ったアクセントクロスが見つかり使ってはみたものの…

「アクセントクロスに飽きちゃった」

こんな方が結構います。

1年程度で飽きてしまうと実に勿体ないですし、飽きたら飽きたで思い切って張り替えないとずっと気分がブルーですよね。

では、なぜ飽きてしまうのでしょうか?

この記事では

  • アクセントクロスに飽きる理由
  • 後悔しないアクセントクロスの使い方

この辺りをお伝えしたいと思います。

アクセントクロスを選ぶ時に気がかりな「アクセントクロスに飽きたらどうしよう」…とお悩みの方はぜひ参考にしてください。

アクセントクロスに飽きる理由

アクセントクロスを選ぶときは楽しくてワクワクしますが、いざ貼ってみたら…

「イメージと違う」…。

という事もあり得ます。

実際に私はそんな相談を受け「アクセントクロスの張替え」に伺っています。

いずれにしても、せっかく選んだアクセントクロスの感想が自分のイメージと違うなら、間違いなく数週間で飽きてしまいますよね。

もっと早い人なら数日で飽きてしまうんではないでしょうか。

という事で、アクセントクロスを貼ってしまう前に「飽きる理由」をチェックしてください。

  • アクセントクロスを使いすぎた
  • 選んだアクセントクロスの「色」が違った
  • 柄のあるアクセントクロスがゴチャゴチャする

この辺りが、私が依頼を受ける「アクセントクロスの部分張り替え」で多い事例になります。

少し詳しく見ていきます。

アクセントクロスを使いすぎた

飽きる理由で最も多いのは「アクセントクロスの使い過ぎ」です。

アクセントクロスを使うなら、多くても「1部屋に1か所」がベストでしょう。

1部屋に数か所の「アクセント」を使うとゴチャゴチャしますし、お部屋が狭く感じる原因にもなります。

さらに、家具やインテリアもありますので「壁紙」が主張しすぎるのは厳禁。

アクセントクロスはあくまでもお部屋の「アクセント」として考えると飽きにくいという事です。

選んだアクセントクロスの「色」が違った

アクセントクロスは「選んだ色」で飽きてしまうことも多いです。

最も多いのは「ダークカラーや派手な原色」の壁紙。

ダーク系のアクセントクロスは「高級感」や「格好良さ」を演出できますが、むやみに使うと圧迫感をもたらします。

派手な原色のアクセントクロスも最初こそ「良い感じ」と思うかもですが、後々飽きてしまう人が多いです。

アクセントクロスの配色をもっと知りたいという方は、この記事も参考になると思います。

アクセントクロスの色【簡単な配色】アクセントクロスは何色が良いの?壁紙の色選びで悩んだらどうぞ

柄のあるアクセントクロスがゴチャゴチャする

「花柄の壁紙」や「ハッキリした柄の壁紙」をアクセントクロスとして使うという方も大勢いますが、その場合は「ラグ」や「カーテン」などのインテリアとの調和を意識したいところです。

要するに「柄」がお部屋に溢れると「散らかったイメージ」になってしまいます。

柄が溢れた空間では「落ち着かない」という印象を受けがちですので、飽きてしまう原因になりかねません。

後悔しないアクセントクロスの使い方

ここまでは、せっかく貼った「アクセントクロス」に飽きてしまう原因を紹介しました。

この章では「どうすれば飽きないアクセントクロスが選べるのか?」を考えてみたいと思います。

といっても、飽きる原因が分かれば簡単です。

つまり、飽きる原因を排除したアクセントクロスを使えばOKということになります。

分かりやすくするためにポイントを挙げていきます。

後悔しないアクセントクロスの使い方
  • アクセントクロスを使いすぎず、使うならちょっとした「アクセント」を意識する
  • ダーク色、派手な原色を避けつつ調和を意識する
  • 柄のある壁紙を使うなら、家具などのインテリアは「シンプル」を心掛ける

こんな感じになります。

ですが…「どうしても」という場合は「寝室のようなプライベートな空間」で試してみるとリスクが少なく、たとえ失敗したとしてもダメージが少ないのでは?…と思います。

とはいえ「実際に失敗してしまったらどうすればいいの?」…という場合は、アクセントクロスだけ貼り変えればOKです。

部分的な張り替えなら、そこまでの費用はかかりませんし、面積が少ないのなら「DIY」でも良いと思います。

壁紙を部分的に張替えたいという方はこちらの記事もどうぞ。

【部分的な壁紙張替え予算】1部分を張替える壁紙リフォームのメリットとポイント

飽きるのは嫌だけど冒険したい

こんな方もいると思います。

「せっかくアクセントクロスを使うんだから冒険したい!」

私はクロス職人なので、たとえ失敗したとしても「張り替え」が簡単です。

とはいえ、一般の人が「張り替え」を考えると費用などの面が気になるのではないかと思います。

この問題の答えはと言うと…

「アクセントクロスに失敗した」

…と感じたら、すぐに変更を告げて「張替えて貰う」ことにつきます。

つまり、貼ってくれたクロス屋さんや業者にお願いして張替えて貰いましょう。

ポイントは「すぐに」という所です。

1番いいのは「工事中」ですが「引き渡し後」すぐであれば、そこまで嫌な顔をされることもなく対応してもらえますし、費用的にも安価に対応してくれるはずです。

事前に「もしかしたら張り替えるかも知れない」という事を伝えておけば尚更いいですね。

「アクセントクロスで冒険したい」という方は、失敗したときの対処法を覚えておけば思い切ったチャレンジも出来るのではないかと思います。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事では「アクセントクロスに飽きる理由と対処法」について記事にしました。

アクセントクロスについてもっと知りたいという方は、こんな記事もありますので参考にしてください。

親方

壁紙選びについてもっと知りたい方は下記関連記事をどうぞ
アクセントクロス【サルでもわかる】アクセントクロスをプロが徹底解説!7つのポイントを押さえて「実例」「選び方」「失敗しない方法」を伝授 壁紙選びの施工事例【おしゃれな壁紙】お部屋が激変!参考にしたいクロスの施工例50選 壁紙・クロスの選び方【壁紙・クロスの選び方】もう迷わない「プロ」が教える基本編

という事でこの記事は以上です。